生理痛を解消する

北九州市小倉南区で生理痛の解消には。

生理痛を楽にしていくためには生理痛の原因になっているものから変えていくことをしないと薬ばかり飲んでいると一時的に楽になることもあるでしょうが原因が残ったままになっていると生理痛を繰り返すような状態になってしまい進行すると言うこともあるので早めに生理痛の原因になっているものを改善していく必要があります。

生理痛というと薬ばかり

生理痛とは

生理痛と言うのは多くの方の生起きている症状なんですが下腹部が重たくなったり貼ったり腰痛が起きて腰が痛くなったり全身がだるくなったりイライラしたり吐き気がしたり頭痛になったりと言う感じで、あらゆる症状が起きてしまっていますがこれらの症状が起きるのはすべて原因があって起きていることです。

生理痛と言うと検査しても異常がないためにホルモンの異常だとか言う感じで説明される場合も多くありますので実はしっかりとした検査をしていれば原因が判明すると言うことも多くありますので生理痛と言うのは病院で検査をしても病気ではないためにわからないと言うことでホルモンの異常だと決めつけられることも多くあります。
そのため生理になってしまうと生理に関する症状がいろいろ起きてしまって生理痛がひどくなると言うこともありますのでしっかりとした原因を追求することも必要になります。

生理痛とは

生理痛の原因

生理痛には生理痛になる原因があるから生理の時にいろいろいろんな症状が起きてしまうわけですから原因を見つけ出すたびにも生理痛と関係する部分と言うのは体調と体質が深く関係しています。

体調と言うのは

体調と言うのは日々の生活による疲れやストレスの蓄積で落ちている状態なんですが生活だけではなく仕事による疲れやストレス精神的な緊張やプレッシャーなどによる疲れやストレスなどいろいろな疲れやストレスが存在しますので、買い物をしても疲れやストレスが多くなりますし階段を登ったり降りたりしても疲れやストレスは多くなっていき運動することでも疲れやストレスは多くなっていきますので積み重なったものが徐々に弱い部分にたまっていく傾向があります。

疲れやストレスが弱い部分に溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたり背骨がずれてガタガタ状態になっているということが起きてしまうんですがこの現象も疲れやストレスが弱い部分に溜まったのが原因で起きているものです。
骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレと言うのも勝手に起きてしまうこともありませんのでしっかりとした弱い部分に疲れや

ストレスが溜まることが原因で起きている現象です。

生理痛

疲れやストレスを減らしていくと徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きや改善できると言うことで炎症や腫れが取れる可能性もありますが当院では検査をしてみると下腹部の部分が炎症や腫れを起こしていたり膿が溜まっていたりと言うこともあります。

炎症や腫れがおさまっていくと

炎症や腫れがおさまっていくと下腹部のぶよぶよした感じが減っていきますので炎症や腫れが解消されていくということが、わかると思いますので矯正を行う前に触っておくことも1つの案だと思います。
生理痛は体質から起きていますので生理痛が起こりやすい体質の方が生理になるといろいろな症状が複合的に起きてしまうわけです。

そのため体調を上げて整えたり炎症や腫れが改善できて膿も減っていくと次にできる治療と言うのは体質改善の治療で弱い部分を変えていく事をしていくのが生理痛を改善していく治療になります。

体質改善を行う前にまずは体調を上げて疲れやストレスの蓄積したところからできるだけ多くの疲れやストレスを減らしていくことが組織をまたは細胞をしっかりさせることになります。

生理痛になるのは

北九州市小倉南区からも生理痛を解消する為に。

2019年04月09日