腰痛とは

北九州市小倉南区からも腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの矯正に予約が増えています。

腰痛を楽にしていこうと思うなら表面上の痛みを、まずは楽にすることからしていかなければいけませんが表面上の痛みを楽にしたら治ったと言うわけではなくその先にあるものから見つけて改善していかないと繰り返しやすく戻りやすく原因もいつまでも同じままではいられませんので進行するということが起きてしまいます。

腰痛とは

腰痛と言うと多くの治療法が存在しますが、皮膚を貼ったりすることでも痛み止めになってしまいますし、サプリメントを飲んだりすることでも緩和できる可能性もありますし家族の方に揉んでもらったり、専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも緩和できる可能性もありますし、低周波治療器や電気などをかけても緩和できる可能性もあるんですが原因が残ったままになっています。

腰痛とは

腰痛と言うのはどうして起きているのかということがしっかりと原因が存在していると言う事ですから原因から直さないと原因も、いつまでも同じままでは、いられませんので長時間慢性化になってしまった方ほど回復しにくく焦ったり治りにくくなったりと言うことが起きてしまいます。

腰痛の原因

腰痛の原因と言うのは特別なものではなく重たいものを持ったりしたからではなくくしゃみをしただけではなく何かを取ろうとして前かがみになったから結局原因がしっかり存在していますので原因から改善していかなければいつまでたっても同じことを繰り返したり腰の痛みがない時でも進行していくと言うことが起きているのが怖さです。

腰痛の原因と言うのは

腰痛の原因と言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きにあるんですが何も原因がなくて歪んだり開いたりする事はありませんのでどうして歪みや開きが起きるのかと言う原因が存在していると言う事ですから原因を改善することなく痛みだけを押さえてしまっていいものかと言うものがありますので検査をしてみると多くの方が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしているし歪みや開きを起こしている原因がそのままに放置状態になっています。
腰痛や腰の痛みを起こしている方の多くは対症療法ばかりして痛みが治まったからといって安心してしまっていますが実際にそれだけでは直しているわけではなく表面上の痛みを一時的に楽にしている事にしか過ぎません。

疲れやストレスと腰痛

腰痛や腰の痛みの原因とは

腰痛や腰の痛みの原因と言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや筋トレすることや歩いたりすることや階段を登ったり降りたりすることやジョギングをしたりすることやいろいろな物事で多くなるのが体に蓄積していくのが原因なんですが何をしても多くなるし何もしなくても多くなってしまうものが体に蓄積して骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしています。

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのは誰でも起きているものなんですが逆にない方はいないと言うふうに考えてもらっても構わない位に多くの歪みや開きを着ていますが軽ければ痛みやコリになる事はありませんし何も感じません。
しかし疲れやストレスが多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていきますので大きくなったものが体を支えきれなくなった状態で初めて痛みやコリになっていきますので腰の痛みや腰痛を起こしていくと言うことです。

腰痛と眠り

腰痛と睡眠

腰痛の起こしている方の多くは眠りができていない場合も多くありますので眠りができていない場合は体調が凄く悪く落ちていることさえもわからない位に状態になっていますので腰の痛みが起きているときには朝から体調が悪い時で生活したり仕事をしたりすることで余計に疲れやストレスを溜めてしまい骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていき痛みになっています。
寝ていれば腰の痛みは続くこともなく朝から腰が痛いと言う事はありません。

不眠症とは

不眠症と言うのは夜寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり寝付きが悪くなっていたり夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症の特徴でもありますから夢ばかり見てね寝た気がしないと言うのも不眠症です。
不眠症の場合は気がついている方が多くいますので不眠症だとは考えていなかったと言う方も多いでしょうが。

不眠症と腰痛

睡眠負債とは

最近は多くの方が不眠症と言うよりも睡眠負債の方が多くなっていますので睡眠剤の方は夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴です不眠症と言うのは夜寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり寝付きが悪くなっていたり夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症の特徴でもありますから夢ばかり見て寝れた気がしないと言うのも不眠症です。
不眠症の場合は気がついている方が多くいますので不眠症だとは考えていなかったと言う方も多いでしょうが。

睡眠負債とは

最近は多くの方が不眠症と言うよりも睡眠負債の方が多くなっていますので睡眠生の方は夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴ですから。
夜寝て朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が異常に多くいますのでどんなに眠りが浅い睡眠をしていたのかと言うこともわからずに大脳を麻痺させてしまい痛みやコリで鈍感になってしまい限界までため込んだ疲れやストレスで骨盤が最大限に広がったり背骨がずれすぎたりと言うことで腰の痛みになっている方もいます。

睡眠負債と腰痛
2019年04月09日