【肩こりを解消する】

北九州市小倉南区からも肩こりの解消に予約が増えています。

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリからほぐすようにしていますが筋肉のコリと言うのは筋肉疲労だったり筋肉の緊張だったり筋肉が一時的に硬くなる現象のことをことを言いますので、この現象が起きてしまうと筋肉の中にあるリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなっていくことから肩こりを感じてしまいます。

筋肉のコリとストレッチと肩こり

筋肉のコリとは

筋肉のコリがどうして起きてしまうのかという問題があるんですが筋肉のコリの原因から見つけ出すことをしていかないといつまでたっても筋肉のコリが起きてしまって肩こりが強くなったりすることも多くありますので、ひどい肩こりの方も多くなっています。

筋肉のコリがどうして起きるのかということを探すこともなくただ湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽にする可能性もあるんですが原因が残ったままになっていると進行していくと言うことが起きてしまいますので単純に筋肉のコリをほぐしたり柔らかくすればいいのかと言う問題があると言うことなんです。

肩こりと言うのは

肩こりと言うのは今まで30年間、解消をしてきましたが筋肉のコリだけで起きている方は1人もいませんでしたので筋肉のコリを起こしながら背骨のズレを起こしていました。
肩こりの多くは背骨がズレることで筋肉が引っ張られたり緩んだりしながらリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していくことから肩こりとして感じてしまっていますので筋肉の凝りがいつまでも起きていること自体普通ではないと言う状態もあります。

肩こりとは

しかし筋肉のコリをほぐしてみると肩こりを楽にすることができるために一般的には対症療法と言う治療法が多く見受けられますので対症療法と言う治療法は原因を見つけ出すこともなく検査することもなく表情を感じている部分に対して何かを治療する方法です。

肩こりの原因

肩こりの原因と言うのは多くの場合背骨がずれて筋肉を引っ張ったり緩んだりした状態でリンパの働きが悪くなり、老廃物が多く蓄積していくことから起きているんですが停滞を起こすのはリンパだけではありませんので、中に入っている神経も影響を受けるでしょうし血管も影響受けると言うこともありますので肩の筋肉の部分に関係する神経や血管と言うのは腕に行く血管や神経でもあります。

腕に行く神経や血管に、影響出てしまうと血行不良起こしたり、握力低下を起こしたりこわばりを起こしたりと言うことが起きてしまいますので普通一般的に筋肉だけをほぐせばいいと言うものではなく筋肉だけ解していると原因もう一度までが進行していくと言うことが起きてしまいます。

疲れやストレスと肩こり

肩こりを感じない時でも

原因と言うのは肩こりを感じていない時でも進行していきますので進行したものが影響を出していくと、肩こりと言うわけではありませんが違った形として現れてくることもありますから注意しなければいけないのが肩こりです。

背骨のズレと肩こり

何も原因がなくて背骨がずれると言うこともありませんので背骨のズレがどこから起きているのかということを見つけ出さなければいけませんが背骨のズレの部位を見つけ出すことも大切な手段になります。

背骨といっても首の骨もあるし頸椎や胸椎と言うこともありますので部分は大きく広がって行きます。
見つけ出す部分が多くなればなるほど関係する部分が増えていきますのでどこでどうして道の部分が起きているのかと言う事見つけ出さなければいけません。

背骨のズレと肩こり

何も原因がなくて背骨がずれるということもありませんので背骨のズレがどこから起きているのかということを見つけ出さなければいけませんが背骨のズレの部位を見つけ出すことも大切な手段になります。
背骨といっても首の骨もあるし頸椎や胸椎と言うこともありますので部分は大きく広がっていきます。
見つけ出す部分が多くなればなるほど関係する部分が増えていきますのでどこでどうしてどの部分が起きているのかということを見つけ出さなければいけません。

肩こりと疲れやストレスと背骨のズレ

北九州市小倉南区で肩こりを解消する他には筋肉のコリと背骨のズレと疲れやストレスから。

2019年08月10日