腰痛を楽にする

北九州市小倉南区で腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消。

腰痛や腰の痛みが起きる時には必ず原因が存在しますので原因から直さなければいけませんが多くの治療法というのが原因を見つけ出すこともなく検査することもなく表面上の痛みだけを楽にすることをして直したとか治ったと言うことを言っています。

腰痛とは

腰の痛みとは

表面上の痛みだけを治すことが多く治療法として見受けられるために、この治療法のことを対症療法といいます。
対症療法と言う治療法は多くの治療院で用いられている治療法の1つですから病院に行って注射を打ったりすることも検査することもなくただ痛いと言うところに注射をしてしまうだけです。

もちろんレントゲンを取ったりすることもあるでしょうがけど、レントゲンと言うのは骨折とかヒビとかを発見する道具ですから、骨折やヒビを確認できればレントゲンの方が有効だと思います。

病院で注射を打ったりする事は痛み止めと言う感じで打つ場合が多くありますのでどうして痛みが起きているのかということを検査もしてないし発見することもしていないと言うことで対症療法の1つだといえます。

対症療法

対症療法とは

対症療法と言うやり方は病院で注射をうったりするばかりではなく、湿布を貼ったりすることも家族の方にマッサージをしてもらうことも専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも低周波治療器や電気などすることも対症療法の1つです。
しかし腰痛や腰の痛みと言うのは骨の骨折や日々でなければ検査することもできないし内臓の病気でもなければわからないと言うことで多くの治療法が対症療法になっているんです。

対症療法ばかりしていて痛みを緩和することばかりに集中してしまっていると原因もいつまでも同じままではいられませんので原因が進行していくということがありますので急に椎間板ヘルニアが起きたり坐骨神経痛になってしまったり足の痛みや足のしびれが起きたり足の麻痺が起きたりさらに厄介な脊椎間狭窄症と言う状態になったり筋肉や靭帯が骨化したり硬くなったりすることもあります。

腰痛は骨盤の歪みや背骨のズレ

腰痛が起きてしまうときには必ず骨盤の歪みや背骨のズレが存在するんですが、歪みやズレを矯正しなくても、発見しなくても検査しなくても、表面上の痛みを楽にする対症療法があるために原因が置き去りになって残ったままになっています。
原因が残ったままになっていると痛みがない時でも進行していきますので筋肉や靭帯が萎縮したり変性したり拘縮したり硬くなると言うことが起きてしまうということがあるということです。

疲れやストレス

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのはまた背骨のズレと言うのは痛みに直結するものではありませんので直結する状態よりも原因になってしまっていることがありますので痛みになるときには原因と切っ掛けだけ必要なんです。

切っ掛けとは

切っ掛けと言うのは重たいものを持ったりして腰を痛めてしまったり前かがみになって何かを取ろうとした時に腰が痛くなったり座って仕事をして立とうとしたときに体が伸ばせない位腰が痛くなったりくしゃみをしただけで腰が痛くなったり車の運転をしていて腰が疼き出したりと言うことが切っ掛けになります。
切っ掛けと言うのは原因ではありませんけど切っ掛けと原因が揃って痛みになっていきます。

どちらかが欠けても痛みになる事はありませんが骨盤の歪みや背骨のズレと言うのはいつも変化しているんですが変化している限り軽くなったりひどくなったりと言うことが起きてしまいますのでひどくなったときにはいつ痛みを起こしても不思議ではないと言う状態になっています。

骨盤の歪みや背骨のズレの原因

骨盤が歪んだり背骨がずれたり骨盤が開いてしまったりする事は普通日常的に起きている現象なんですが起きる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張や睡眠の問題で多くなっていくのが原因です。

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで疲れやストレスが多く生み出されていき疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が腰痛に関係する方でしたら腰痛になってしまうと言うことで腰が痛くなります。

北九州市小倉南区で腰の痛みを解消。

疲れやストレスと骨盤の歪み・背骨のズレ
2019年04月18日