腰痛の痛みを

北九州市小倉南区で30年のカイロプラクティック徳力整体院。

腰痛を改善して楽に生きていくためには腰痛の原因になっているものを見つけ出さなければいけませんので見つけ出すためにも検査することをしています。

腰痛とは

腰痛と言うと多くの方の場合ですがいろいろな治療を受けていることがありますのでいろいろな治療と言うのは多くの場合、対症療法と言う治療法だと思いますが対症療法と言う治療法は良い治療法なんですが原因を見つけ出すこともなく検査をしていませんので痛みがあるところに何かをしているのが対症療法と言う治療法になります。

対症療法とは

対症療法と行療法は一般的な治療院で多くも用いられている治療法ですからそれなりの効果はあるんですが、痛みを楽にすることができますが、原因が残ったままになっていると言うことを考えなければいけません。

腰の痛みがどうして起きるのか、腰痛はどこから起きるのかということを考えなければいけませんので、痛みを楽にすればいいと言うわけではなく対症療法ばかりしていると原因も、いつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことが起きてしまうのが怖いところなんです。

腰痛と対症療法

腰痛の原因

腰痛の原因と言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるときに重たいものを持ったり中腰をしたり前かがみをしたりすることで体を支えることができませんので急激な痛みが走ったり急に痛くなったりということが起きてしまうのが腰痛です。

もし仮に骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレがなければ痛みが起きる原因がないので何をしても痛みになる事はありません。

腰痛と歪みやズレ

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるときに何かをしたら、支えられなくなったときに痛みになっていくと言う事なんですが、座っていても座る時間が長いと徐々に負担が大きくなっていきますので、何かをしたら痛くなると言うことではありませんので寝て朝起きたら、いつも腰が痛いと言う方もいますしくしゃみをしただけで腰が痛くなると言う方までいますし立ったままだと腰が痛くて体が曲げられなくなると言う方までいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのは土台が歪んだり開いた位いる事ですから土台の上に立っているもの全ては影響受けてしまいますので1番に影響受けるのは背骨のズレになっていきます。
骨盤が安定していない時に

骨盤が不安定状態になっているときに重たいものを持ったりバランスが悪くなることをしたり同じ姿勢を続けたりすると疲れやストレスが多くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積と言うのは大変多くなっていきますので積み重なったものが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたり背骨がずれてガタガタ状態になっていると体を支えることができませんので回復しない限りはいつまでたっても腰が痛いと言う感じになってしまい長期間、腰痛を患うようになってしまいます。

急性捻挫がぎっくり腰

逆にぎっくり腰の方が3日位で回復する場合もありますのでぎっくり腰と言うのは体調が悪いことから起きている急性状態の捻挫ですから急性状態さえ収まってしまえば少しは動けるようになっていきますので安静をとって休んでいたほうがいいと思いますし休まなければいけないと言う体調でぎっくり腰を起こしています。

ぎっくり腰と言うのは警報ですから警報も自分の体でなっている警報ですから危険だと言うことでぎっくり腰を起こして休めようと言うふうに体は言っているわけです。

これを何も考えずにぎっくり腰だけ改善しようとしてもなかなか難しく他と力もなければ回復する力もうないと言う事ですから実際にゆっくり体を休めることも大切な治療法になります。

腰痛の原因

北九州市小倉南区からも30年のカイロプラクティック徳力整体院。

2019年04月20日