小顔矯正で小顔に

北九州市小倉南区からも小顔になる小顔矯正。

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしているんですが小顔矯正をしていくときには簿記簿記したり痛いと言うこともない小顔矯正を心がけるようにしていますので安心して受けてもらうことができます。
小顔矯正をしていくときにはどうやって顔小さくしていくのかと言うことがありますので説明を聞いてください。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには自分で顔が小さくなったのが、わかるようにしているのが特徴ですから小顔になったのを比べることができます。
小顔矯正をする前にどうやって比べてもらうのかと言うと必ず全員の方に来てもらうことがあります。

小顔矯正と浮腫み

顔を鏡で見る

まずはなんといっても小顔矯正に入る前に行分の顔を鏡に映して見てもらうことをしていますので鏡に見て何を見るのかと言うと顔の形と大きさと左右差を感じ取るようにしてもらえます。

鏡で顔をみる 

顔と言うのは端を中心にして右側の形と左側の形が違いますので何が違うのかというと形も違うし大きさも違うんです。
鼻を中心にして顔の右側と左側をしっかりと比べてみてください。
多分、全員の方が顔が違うと思いますので顔認証というのがあるように顔の輪郭と言うのは皆さん指紋と同じような状態で違うんです。

端を中心として右側の顔の大きさと左側の顔の大きさを比べてもらうことをしていますので1番は顔の輪郭や大きさと言うのも大切なんですが左右差を見てもらうようにしています。
左右差がわかったら今度は手で触ってもらいます。

顔手で触ると言う事

顔を手で触ると言う事は鏡で自分の顔映して目で見るよりも難しいことですから簡単だと思って触った方ほどわからないと言うこともありますので小顔矯正といっても10センチも20センチも顔が小さくなる事はありませんので1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じで顔が小さくなっていくと思いますので例えば1センチ変わってもしっかり触っておけばわかると言う事ですから1センチ変わってもわかるように触っておいて欲しいんです。

小顔矯正の顔の触り方

顔の触り方

顔の触り方と言うのは両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指先を顔に密着させるようにして触ります。

単純に顔の触り方はこれだけなんですがこれだけしていたらただ顔に手を当てているだけだし置いているだけですから解りませんのでしっかりと意識を持つと言うことが大切になります。
今まで数%の方が本当に顔が小さくなっても小さくなったのがわからなかったと言う方までいますし手で触ってわからなかったのに鏡で見たらわかると言う方までいましたので手で触ってわかるのが当院の推薦ですから手で触って大きさを判断してもらうことをしています。

手で顔が小さくなったのを比べることができると、本当に笑顔が違いますので他人が測ったりすると笑顔がないまま嬉しいと言う感じですからびっくり驚く方もいますので顔がこんなに変わるんだと言うことを、実感してもらいますが変わる度合いと言うのは皆さん違いますので、全員が全員びっくりするぐらい変わるかというとそうではありません。
小顔矯正をしていくときに関係するものが2つあります。
1つ目は疲れやストレスです。

疲れやストレスと小顔矯正

顔を小さくしていく小顔矯正をしていくときには関係ないような感じで深く関係しているのが疲れやストレスです。
疲れやストレスを減らすことをしないで顔が小さくなる事はありませんし小さくなっても戻りやすくむくみが多くなったり脂肪が多くなっていくのが特徴です。
疲れやストレスを溜まった所から減らしていくと顔が徐々に小さくなると言うことで疲れやストレスを減らす事は当院ではよくやっていることです。

顔の大きさが

疲れやストレスと言うのはどこに、たまるのかと言うと体にもたまるんですが顔にもたまると言うことが検察でわかっていますので溜まった部分から疲れやストレスを減らしていくと徐々に顔のむくみや脂肪が減っていき顎のLINEは引き締まっていくと言う効果があるんです。

小顔矯正とは

北九州市小倉南区で小顔矯正なら。

2019年08月02日