腰痛、腰の痛みを楽にしていく為には原因も

腰痛腰の痛みが起きたり椎間板ヘルニアになってしまったり坐骨神経痛になって足が痛くなったりしびれたりする原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きから起きています。

腰痛、腰の痛みになるのは

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると体を支えることができないために体が不安定になってしまう姿勢をした時に急激にぎっくり腰になることがあり体を支えられるか支えられることができないのかということで痛みの度合いが違います。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛と言うと普通一般的には湿布を貼ったりして痛みが治ることもありますし腰の部分をマッサージしてもらうことでも痛みが緩和することもあるでしょうしサプリメントを飲んでも痛みが治まることがありますし低周波治療器や電気などをしても鍼灸をしてもしやつをしても整体やカイロプラクティックでボキボキしても治ることがあるかもわかりませんが本当の原因が残ったままになっています。

腰痛、腰の痛みの原因


腰痛や腰の痛みが起きる時には骨盤の歪みがあって骨盤の開きもあってそして背骨のズレもあるから体を支えることができない姿勢をした時に痛みがあるため前かがみの姿勢や中腰をした姿勢などが腰を痛めてしまう原因になってしまいますがすべては骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるために起きている現象なんです。
仮に同じ姿勢をしても骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがないときや、軽い時というのは痛めることはありません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時には程度がありますので、ひどい時もあれば、中ぐらいの時もあれば重症程度に大きくなってしまうこともあれば、かなりひどい状態になってしまう場合もありますのでゆがみやひらきやズレというのも程度があります。

骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレは

しかし骨盤の歪みや骨盤の開き、そしてそこでのズレというのも、どうして起きてしまうのかという原因がありますので原因を見つけ出さなければ、いくら骨を矯正しても骨盤を矯正してもまたすぐに戻ってしまいます。

どうして歪みやズレや秀明が起きるのかという原因があるために、起きた現象ですから結果ではなく原因を見つけ出すことをして原因から改善していかなければ、一時的に痛みが楽になったとしてもまた繰り返しやすくなっていき痛みがないときでも原因は、いつまでも同じままではいられませんので進行してしまうということがあるのが怖いところです。

腰痛、腰の痛みとは

しかし腰痛がおきてしまう原因として考えられている骨盤の歪み骨盤の開きがどうして起きてしまうのかそして背骨のズレがどこから起きているのかということを見つけ出すことをしなければいけませんので、当院では、骨格の歪みを矯正すればいいというわけではなくその先にあるものを見据えています。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレの起こす原因

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こす原因というのは特別なものが原因ではなくいつも生活したり仕事をしたり体を動かしたり運動したりすることで積み重なっていくものが原因ですから特別なものが原因ではありません。

日常的に多く生み出されてしまう ことがありますが、それは疲れです。

疲れと言うと多くの方が簡単に考えているようですが実は簡単に考えていいものではなく何かをして『体が疲れた』と思ってもいつのまにか感じなくなってしまっているのが原因です。

普通一般的に生活することで階段を上ったり下りたりしてもショッピングをしても買い物をしても歩いても疲れが生み出されてしまいますし仕事をしても疲れは溜まるばかりですけど、疲れというのはいつのまにか時間が経てば感じなくなっています。

しかし実は感じなくなっているだけであり疲れが全てなくなっているわけではないとしたらどうでしょう。

生み出されてしまった疲れは食べることでも減ることもなく時間が経っても減ることはないんですが脳の力でやっと減らすことができるんですが脳の力が落ちている方が細菌を送りますので次の日まで前の日の疲れを残したままになっていて生活しているということでまた多くの積み重なった疲れを乱されてしまっているということがあります。
疲れというのは極力減らさなければいけないんですが、どうやって減らしているのかと言うと脳が寝ている時だけ減らすことができるんです。

眠りと腰痛、腰の痛み


しかし最近は脳から眠ることができないために多くの方が次の日も疲れが残ったままになっている場合があるんですが、それを感じなくなってしまっています。

感じなくなった疲れが多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが拡大していき背骨のズレが起きて行きます。

北九州市小倉南区で腰痛、腰の痛みを楽にすることをしています。

2020年02月13日