小顔矯正で小顔になれるから

顔を小さくしていくためには小顔矯正が1番だと思いますので顔を小さくするためにはいろいろな方法があると思いますが当院では初回から顔が小さくなることで人気のある矯正をしています。

小顔矯正で小顔になれる

小顔矯正をしていくときにはエステなどはクリームを塗ったり海藻パックをしたりスチームを当てたり、汗をかかせて発汗させるような小顔矯正をしていますので、顔の中に溜まっている水分を少なくすることで顔を小さくする小顔矯正だと思いますし肌の部分も海藻パックなどをするとつやつやになる可能性もある小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正はエス等の小顔矯正とは違ってクリーム塗ったり海藻パックをしたりスティーブが出て発汗させるような小顔矯正ではありません。

ではどうやって顔を小さくすることをしているのかと言うと

当院の小顔矯正は

当院では小顔矯正をするときには、体の状態を確認することをしています。

小顔矯正といっても発汗させるような小顔矯正ではありませんので体の状態が1番重要になってしまいます。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしてきましたが、全員の方が顔を小さくすることを希望されていますが検査をしてみると、体がガタガタ状態になっていて体調がすごく悪いと言うことがわかります。

顔を鏡で見たり比べる

顔を小さくすることと小顔矯正をしていくことと体調と言うのは、あまり関係が無いような感じなんですが日は密接に、すごく関係があります。

エステの小顔矯正と言うのは体がガタガタになっていようが体調が悪かろうが関係ありませんので体の中にある脂肪やむくみを減らすために代謝を上げるしかなく発汗させるようなことをしています。

体調と小顔矯正

小顔矯正をしていくときには顔がどれぐらい小さくなるのかと言う事の問題や小さくなったら小さくなったで維持することができるのかまたは持続性があるのかということをよく聞かれますので、その状態はご自分の体に全て関係があると言うことを説明しています。

疲れの蓄積と小顔になること

どうすれば小顔になれるか

例えばや疲れやすいとかいうのも感じなくても何かをした疲れと言うのは、いつの間にか感じなくなってしまうため、すべてなくなったような感じに思えるかも分かりませんが多くの部分は残ったままになっています。
例えばですけど仕事をして疲れたと思っても時間とともにいつの間にか疲れは感じなくなってしまっているんですが、感じなくなっているだけで多くの疲れは残ったままになっていると言うことです。
残ったままになっている疲れと言うのは日に日に多くなるばかりですから日常的に積み重なることばかりですから、仕事だけじゃなく生活することや掃除をすることや洗濯することで料理をすることや買い物をすることや車の運転をすることで積み重なる疲れというのが多くなるばかりなんです。

蓄積される疲れ

蓄積される疲れと言うのは体にも溜まりますし、体だけじゃなく顔にも溜まる事はわかっていることなので、顔にも疲れが溜まると言うと大変、変な話のような感じで受け取られる方が多くいるんですが本当のことなんです。

蓄積される疲れが、むくみや脂肪を作ると言う事は専門家の先生も知らないことですしそれを検査をする方法がないために実証することができませんが、実際に積み重なっていることがわかります。

疲れが多く溜まっていくとストレスに変換されてしまいますのでストレスの蓄積が多くなればなるほど代謝が悪くなりむくみや脂肪が多くなってしまいます。

しかしそれだけじゃなく骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレも起きてしまうと余計に代謝が悪くなることでリンパのあたりが悪くなって老廃物が多く溜まりむくみになっていきます。

顔が小さくなる
2020年02月13日