肩こりを楽にしていく為に

肩こりを楽にしていこうと思うから筋肉のコリから解消していきますが筋肉のコリと言うのは意味不明な言葉であり凝りと言うのをわかりやすく説明すると筋肉疲労とか筋肉疲労から起きた緊張と言う状態で硬くなる現象だと思います。

肩こりを楽にすること

肩や腕や指先の筋肉と言うのは日常的に多くを使うことがありますので使えば使うほど筋肉疲労が残りやすくなっていき肩こりの原因になってしまいます。

そして重たいものを荷物を持ったりバックを肩に下げたりすることでも何気ない動作で肩を使うことが多くありますので筋肉疲労は日常的に起きている現象でもあります。

肩こりとは

肩こりが起きてしまう現象と言うのは日常的に多く積み重なっていく筋肉疲労がどんどん重なった状態で解消できなくなるほど大きくなったものが肩こりだと言われていますので筋肉を揉んだりマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりすることで肩こりは楽になっていきます。

肩こりを楽にする方法

しかしそれだけで楽になったとしても本当にそれだけで良いでしょうか。

当院の肩こり解消法と言うのは根本的にとことんまで肩こりの状態を確認しながら解消することをしています。
と言う事は肩の筋肉だけでと言うことになります。

肩の筋肉と言うのは日常的に多く積み重なっていくあらゆる動作で筋肉のコリを起こすことが考えられていますので単純にその時だけ筋肉を揉んでも、しばらくは楽になることがあるでしょうがまた繰り返したり戻りやすくなったり同じことをしても効果がなくなっていくと言う事は進行していると言うことであるんです。

肩こりは筋肉のコリ

肩こりと疲れ

肩こりと言うのは日常的に多く積み重なっていくことで筋肉疲労を起こすことだと説明しましたので日常的に多くなってしまったものが普通は何もしなくても解消できなければいけないんですが多く積み重なれば積み重なるほど限界はありませんので限界なく積み重なったものが肩こりを起こしていきます。

その時に解消してもまた積み重なっていくものが筋肉疲労として起こしていきますので一時的に解消ができてもまた積み重なったものが同じことを繰り返すして生み出してしまいます。

肩こりと言うと普通は筋肉のコリを起こしても自力で解消できなければいけないんですが何かの状態が起きたときにはギリギリ解消ができない位になっていると言うこともありますが早めに自力で解消できていれば普通は肩こり何か起きる事はありません。

しかし自力で解消できない位の状態になってしまったときにはどういう状況になっているのかということが1番だと思いますので自力解消ができない位になってしまったときには多くの疲れが溜まって疲れが多くなった状態でストレスに変換されてしまいストレスが多く蓄積した状態のことをいいます。

自力で解消できない位多くなってしまうとどうなっているかと言うと体は骨盤の歪みや背骨のズレを起こしてしまい筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから骨がずれていることで筋肉が引っ張られたり緩んだりしながら凝りを余計に増強させていきます。

しかしさらに気がついていないで眠りが浅い方が多くなっていますので夜寝ようとするときに朝まで目が覚めないから寝ていると多くの方が考えているでしょうが眠りの深さが関係しています。

眠れているようで眠れていない状態のことを睡眠負債と言いますので最近は多くの方が睡眠負債の方が多くなっていますので体は自分でも気がついていない位ボロボロ状態の方やガタガタ状態の方が多くいます。


原因がある肩こり
2020年02月13日