筋肉のコリが肩こり

肩こりを楽にしていこうと思うなら多くの治療と言うのは筋肉ばかり揉んだり、マッサージをしたり柔らかくしたりする方法が多くありますし。

筋肉のコリが肩こり

普通一般的に肩こりと言うと、湿布を貼ったり鎮痛効果のある薬剤を塗ったり家族の方に肩を揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり、整骨院などに行って電気治療をしたり整体やカイロプラクティックに行って簿記簿記したり針をしたり、お灸をしたり指圧をしたりと言う方法が、一般的に多く行われている方法です。

肩こりとは

肩こりと言うのはどうして起きているのかということが、わかっていない場合が多くありますし、専門家の先生でも知らない方が多くいます。

肩こりが起きる原因は、一般的には筋肉のコリと言うイメージがあるんですが筋肉のコリと言うのは、意味不明な言葉だと思いますので、筋肉の緊張や筋肉疲労と言う意味になっていると思います。

筋肉が緊張したり、筋肉疲労が起きたりすると、必然的に代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまると言うことで起こります。

しかしそれだけではありません。

肩こりが、どうして起きるのかということが一般的にはわかっていないので、筋肉を揉んだりマッサージをしたり、やらかくすることばかりしているんですが、肩こりを感じてしまうときには、全身的に疲れが溜まっていて、疲れの蓄積が多くなった状態でストレスに変換されてしまいストレスから肩こりを強く感じてしまっています。

肩こりを感じやすい方も、肩こりが軽い時もあればひどい時があると思いますのでひどくなったり軽くなったりするときには必ず体に溜まったストレスが関係してストレスの度合いが多くなればなるほどひどく感じてしまう結果になってしまいます。

肩こりを楽にするには

肩こりとストレス

肩こりと言うとストレスに深く関係がありますので、ストレスを減らすことが1番なので筋肉を揉めばいいと言うわけではありません。

ストレスが、どういう風に溜まるのかと言うと、普通一般的には考えていない方が多くいますのでストレスと言うのは日常的に多くなっていくものが蓄積されていきます。

ストレスが溜まるときには、必ず仕事をしたりすることや疲れたと仕事をして思うこともあるでしょうが、いつの間にか疲れは消えたように思えます。

しかしこの疲れが感じていないだけで残ったままになっていると言うことがあるんです。
普通一般的に何かをして疲れたと思っても、いつの間にか時間の経過とともに感じなくなってしまっています。

しかし感じていないだけで、多くの疲れが残ったままになっていて、残った疲れがストレスに変換されてしまい体に蓄積した状態でダメージを与えていきます。

このダメージを与えてしまう結果、筋肉の疲労が起きてさらに筋肉だけじゃなくて背骨のズレが必ず起こります。
これが肩こりです。

しかし蓄積してしまうストレスなんですがストレスも溜まるところがあるから体に溜まっているわけですけど体の中ではどこにたまるのかということが問題がありますのでストレスが溜まるところは体の弱い部分に溜まっていきます。

体の弱い部分に泊まりながらストレスはどんどん増えていき最終的には筋肉のコリの問題と背骨のズレを起こしていく結果となってしまい肩こりが悪化した状態で感じてしまいます。

肩こりと背骨のズレ
2020年02月13日