腰痛、腰の痛みになるのは

腰痛腰の痛みを改善するためには原因から改善したほうが根本的だと思いますけど、多くの治療法は痛み度目のような感じの治療法が、多くあるため原因が残ったままになっている場合が、多くありますので原因が残ったままだと、表面上の痛みだけを楽にしても繰り返しやすくなったり、腰痛や腰の痛みがない時でも原因はいつまでも同じままではいられませんので、進行していくと言うことが起きてしまいます。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛とは

根本的なものからやっていかない限りは原因が残ったままになっていると大変なことになってしまいますので原因を改善していかなければいけませんが腰痛を起こしている原因と言うのは何なのかと言う問題があります。

普通一般的に腰痛や腰の痛みを感じてしまったら湿布を貼ったり腰痛に効くと言うサプリメントを飲んだり痛み止めを使ったり家族の方に腰を揉んでもらったりマッサージをしてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり鍼灸をしたり指圧をしたり整骨院に行って低周波治療器や電気などをかけたりと言うことで痛みを楽にしています。

整体院でも矯正をする前に筋肉を揉んだりして揉んだりした後に骨格構造をボキボキすることをしています。

腰痛や腰の痛みが起きるのは

腰痛や腰の痛みが起きてしまうのは根本的には骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが原因なんですが開きや歪みやズレがあるときに体のバランスが崩れるようなことをすると体を支えることができないために痛みになってしまいます。

体のバランスが崩れることと言うのは同じ姿勢を続けたり前かがみをしたり中を使用したりくしゃみをしたり重たいものを持ったりすることです。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレもどうして起きるのかと言う原因が存在していますので何も原因がなくて歪んだり開いたりずれたりする事は起こりません。

ではどうして歪みや開きやズレが起きるのか

歪みや開きやズレが起きる原因は毎日毎日の生活すること仕事をすることや運動することや眠りの浅さから起きている積み重なっていくものが、原因で起きています。

日常的に多くなるものであり避けることができないため、多くの方にたまっているものですけど骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあっても、軽ければ何も症状を感じていません。

痛みの原因は

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きる現象と言うのは、疲れの蓄積から起きています。
疲れの蓄積から起きていると説明すると、多くの方は簡単に考えてしまいますが、疲れの蓄積が多くなればなるほど限界なくため込んでしまうためストレスに変換されてしまいます。

ストレスと言うのは簡単に考えて良いものではありませんので、ストレスの蓄積が体にダメージを与えていく、結果になり骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていく結果になります。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあっても軽ければ、何も症状も感じませんので感じないときに徐々に大きくなったりしていくと時に重たいものを持ったりすると痛みになります。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2020年05月07日