肩こりをほぐしたり

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリからほぐしたり柔らかくしたり緊張を解いたりしていかなければいけませんので筋肉を揉んだりマッサージをするような感じで整えていきますが目的が筋肉を揉んだりマッサージをしているわけではありませんので、その先にあるものを見つけ出すことのためにする方法です。

肩こりを楽にするには筋肉から

肩こりとは

肩こりと言うと多くの治療法というのが湿布を貼ったり肩こりに効果があると言うサプリメントを飲んだり家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり鍼灸をしたり指圧をしたり整骨院などで低周波治療器や電気などをかけたりする方法が一般的です。
しかしどれもこれも肩こりの原因を探すこともなく見つけ出すこともしていないため中途半端になっていることがあります。

肩こりがどうして起きてしまうのかと言う事は専門家の先生の間でも謎に包まれている事ですから簡単に解明しようとしてもわかっていないのが事実なんですが肩こりと言うのはある現象が起きて起きていることだと思います。
肩こりが起きるときには
肩こりが起きるときには日常的に多くなる疲れが溜まってしまい疲れが溜まると体と言うのは補正的に筋肉の緊張が解消できなくなったり背骨のズレを起こしたりしていきます。
筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから骨が動くと筋肉は引っ張られたりして緊張して反対側は緩むと言うことが起きてしまいますので引っ張られたり緩むことでリンパのあたりが悪くなって老廃物が溜まっていきます。

しかし日常的に多くなる疲れと言うのは限界なくため込んでしまうことがあるために単純な疲れではなくなってしまいストレスに変換されてしまいます。

ストレスに変換されてしまうことが起きてしまうと筋肉のコリと言う状態で済まなくなってしまい肩こりとして感じてしまうということが起きてしまいます。

疲れが溜まる部分

日常的に多くなる疲れと言うのは溜まる部分があるから溜まっていっているわけですから溜まる部分がどこなのかと言う問題があります。

疲れが溜まるところと言うのは肩こりと同じように究極な謎に包まれた部分でもありますから簡単に解明できる方はいないと思います。

などに包まれている肩こりの部分のため多くの研究家の間でもいろいろな研究がなされていますが本当の理由はわかっていないのが現実です。

しかし体に何があるのかということを考えてみると体は肌があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があって神経と血管とリンパと骨格の骨と内臓しか存在していませんのであと残ったものは水分です。
水分は停滞することが起きても水分が何か起こすと言う事はないと思いますので水分の部分は除いてもいいと思います。

水分が何か起こすときには疲れの蓄積とストレスの原因で起きていますので水分が何か起こすと言う事はありませんので水分が滞留したりリンパ流が働き悪くなったり老廃物が溜まると言う事はストレスの蓄積で起こる現象です。

肩を揉むことから

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2020年02月18日