小顔になれる小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますが小顔矯正をするときには必ず矯正に入る前に鏡で見たり手で顔を触ったりと言うことで大きさを覚えてもらうことをしていますので院内のスタッフがメジャーや計測する道具で他人が図る事はありません。

小顔矯正

スタッフや他人が計測したりすると位置が違ったり矯正する前は緩く測って矯正した後はきつく測れば誰でも小さくなったように思えるからです。

そのために自分で触ってもらうことをしていますが簡単な方法ではありません。

メジャーや計測する道具でメモリを見て変化がわかる状況であれば誰でも簡単にわかっていいんですが目で見たり手で触ると言う事は難しい方法ですから簡単に手を置いただけの形は顔の変化が分かりません。

小顔矯正をしていくときに

小顔矯正をしていくときに顔が10センチも20センチも小さくなる事はありませんので変化する度合いと言うのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じだと思いますのでたとえ1センチ変わってもわかるように触っておかなければ変わったのがわかりません。

そのため当院では小顔矯正をする前に院長から触り方の説明をしています。

簡単な方法なんですがまずは鏡で見てもらうことをしています。

顔を鏡で見る

顔を鏡で見て何を見るのかと言うことを説明しなければいけませんので単純に顔を見ただけではおぼろげな顔しか見ていませんので集中してみなければ顔の大きさを把握することができません。
朝起きたときに顔などを見たりお化粧のメイクの度合いを見たりする時のように意識を持って見ることが大切になります。

鏡で自分の顔を見るときには左右の違いを覚えるようにしてみたほうがいいし顔のどの辺がむくんでいるということも注意しながら見ることをお勧めしています。

顔を手で触る

鏡で見てある程度、判断できたら今度は両方の手のひらを顔に当てて手で顔の大きさを覚えてもらうことをしています。
手で触るときには鏡で顔を見るよりも大変難しいので手で触って手のひらが浮いた部分がないのかということを集中して意識しながら確認してください。

小顔矯正をする前に

集中ができたら左右を感じ取るようにして触ります。
顔と言うのは左右が対象ではありませんので、必ず左右に違いがあります。
例えばですけど右側が大きいとか左側の1部分だけが出っ張っているとか言う感じで意識しながら両手の手のひらを

顔に当てて触るとしっかりと分かります。

鏡で見たり手で触ったり

鏡で見たり手で触ったりして、顔の大きさや左右差がわかったら矯正に入っていきますので痛くない方法で顔をマッサージするような感覚で小顔矯正をしていきますが発汗させるような小顔矯正ではありませんので、スティームをかけたりクリームを塗ったりする事はしていませんし、ラップを巻いたりタオルを巻いたりすることもしていません。

当院の小顔矯正は発汗させるような水分を出すような小顔矯正ではありませんので体を整えていくと言う感じで顔を整えていくことで、顔のむくみや脂肪が減ると言う小顔矯正をしています。

浮腫みや脂肪をへらす 

小顔矯正と言うのは顔だけすればいいと言うわけでもなく、小顔になった分だけ持続性や維持することができなければいけませんので、顔だけ整えていくと言うことも大変重要なことなんですが、体にも多くのむくみや脂肪が多くなっていては顔に影響が出てしまうのは、必須だと思いますので、体を整えていくと言うこともしていかなければいけませんので総合的に体を整えると言うことで小顔の状態を維持することができやすくなりますし、さらに、その次のステップとして体質改善と言う矯正をしていますので体質改善で矯正していくことで維持しやすくなったり、持続性が向上したりさらに小さくなると言う小顔矯正をしています。

小顔矯正をする前に

小顔矯正をする前に、当院では必ず鏡で顔の大きさや形などを確認してもらったり顔を手で触るようにしてもらったりして覚えてもらうことをしていま。

鏡に顔を映して何を見るのかと言うことも意識しながら見ないと、ただ鏡で自分の顔を見ても何も確認することができませんので、必ず鏡で見るときには意識をしながら顔の形や左右差を比べてもらうことをしています。

顔と言うのは左顔に左右のさがありますので、左右の指を確認すると言う事は1番大切なことになりますので、例えばですけど、右側の全体が大きくて左側の1部分だけが大きいと言う感じの方が、普通一般的に多くいますので目で確認してもらうことをしています。

目で確認することができたら、今度は手のひらを顔に当ててもらいます。
ただ手のひらを顔に当てただけではわかりませんので、左右差を比べるようにして触るために比べてもらうことをしています。

比べてもらうためには、顔を右に体を密着させるようにして触らないと浮いた部分があると確認することができませんので、できるだけ顔に密着させるようにして手のひらを当ててください。
時々いらっしゃるのが、ただ手を当てているだけの方がいますので手を当てているだけが置いているだけではわかりません。

手を置くだけでは

手を当てているだけが置いているだけでは、何も感じようとしていないので頭を働かせることができていませんので頭にある感覚神経をしっかり働かせることをしないと顔の大きさの変化が分かりません。

手で顔を触ると言う事は簡単な方法ではありませんが何も考えていない方ほど、ただ手を置いているだけや当てているだけの場合があり、変化してもわからないと言うことがありますので、当院では、必ず全員の方が小顔になっていますのでしっかりとわかるように矯正する前に触ることを教えています。

自分の手で触って大きさを覚えると言う事は目で見るよりも大変難しいことですから簡単に触って欲しくないところなんですが。

鏡で見たり手で触ったりして大きさの確認ができたら小顔矯正に入っていきますので痛くない方法でボキボキもしませんので安心して受けてもらうことができます。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をするときには、当院では顔をマッサージするようにして顔を小さくすることができますがマッサージをして顔が小さくなる事はありません。

ということを考えれば、マッサージではないと言うことがわかりますのでマッサージをして顔が小さくなると言う事はむくみや脂肪を減らしても顔は小さくなるかも分かりませんが当院の院長はむくみや脂肪を減らすための汗を書かせたり発汗させるような小顔矯正をしているわけではありませんので電気や機械を使ったりラップで巻いたりタオルを巻いたりスティームが出たりする事はしていません。

よく当院の小顔矯正をやっているところを見た人が簡単に自分でもできますかと聞かれることがありますが簡単な方法でしているわけではありませんし30年の経験があるからできる技だと言うことも考えずに質問される方がいます。

簡単にできるようであれば小顔矯正をするときに研究なんかもすることもなくお酒を飲んでいればいいと思います。

そんな簡単な小顔矯正が世の中にあるわけはありません。

小顔矯正をしていくときには当院では発汗させるような汗をかかせるような方法で顔を小さくする事はしていませんので院長が、手のひらで顔をマッサージするような感じで小顔矯正をしているんですが、何をして顔を小さくすることができているのか。

当院の小顔矯正は体を整えていくことで汗をかいたり、発汗させるような方法ではないので、体を整えていくことで、むくみや脂肪を減らして代謝を上げてリンパの働きや老廃物を流していくと言う小顔矯正をしています。

小顔矯正とは
2020年03月02日