腰痛、腰の痛みを楽にするなら原因も

腰痛腰の痛みが起きてしまう原因と言うのは、重たいものを持ったりして腰を痛めてしまったとか前かがみをしたら腰が痛いとか、靴下をはこうとしたら腰が痛くなったとか掃除機をかけてる前かがみの姿勢が腰が痛いとか、車の運転をしているときに腰が痛くなるとかデスクワークで仕事をしてる時に腰が痛くなるとか、くしゃみをしただけで、腰が痛くなるとか朝、布団から起きる時に腰が痛いとかいろいろなことを言われます。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みが起きるときには重たいものを持ったりして痛くなったとかデスクワークで痛くなったとか言うのが切っ掛けにしか過ぎません。

切っ掛けと言うのは原因ではありませんので別に原因があると言うことです。
何をしていたくなったですかと聞くと、多くの方が畑を耕す落として座っていて立とうとしたら腰が痛くて体を伸ばせなかったと言う感じで、言われることがあります。
これが全て切っ掛けになります。

腰痛や腰の痛みの原因とは

腰痛や腰の痛みの原因と言うのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがある現象のことをいいます。
しかし、何も原因がなくて、歪んだり開いたり背骨がずれたりすることはありません。

どこかに歪みやズレを起こす原因が、存在していると言うことです。

歪みや開きを起こす原因は

歪みや開きを起こす原因と言うのは、日常的に多くなるものが積み重なったものが原因ですから特別なものが原因ではありません。

特別なものじゃない原因と言うのは、生活することや仕事をすることで多くなってしまうものが原因で何をしても多くなるものですし、何もしなくても多く体に蓄積していくものが原因です。

日常的で多くなってしまう疲れと言うのは誰でも溜まっているものですから、骨盤の歪みや言葉の開きと言うのは、誰でもある現象なんですが単純に軽い歪みや開きなのか大きく拡大してしまった骨盤の歪みや開きなのかと言う問題で違います。

腰痛、腰の痛みなら

肩こりでも腰痛でも頭痛でも生理痛でも便秘でも、必ず関係しているのが骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレになります。
疲れと言うのは多くなればなるほどストレスに変換されてしまいますのでストレスの蓄積から体はダメージを受けていき、ありとあらゆるものが悪く働きを低下させてしまいます。

そしてさらに眠りが浅くても骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまいますので、眠りと言うのは1番大切なものになりますし疲れが取れるのは唯一寝ている時だけなります。

人と言うのは何かをして疲れたと思っても、いつの間にか疲れを感じなくなって疲れが消えたように思えるでしょうが、実は残ったままになっています。

残る疲れの蓄積がストレスになる

残った疲れと言うのは、どれぐらい残ってるのかと言う事はそれぞれ人によって違いますが多くは残っていると言うことで、それが毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや寝不足状態で積み重なっていっている状態があります。

何かをして疲れたと思っても、いつの間にか時間の経過とともになくなっているのが疲れなんですが、解消することがなく、全てなくなる事はないと言うことで積み重なっていきます。

眠りが浅い状態でも疲れが多くなっていき疲れがストレスに変換されてしまうので疲れを感じていなくても、または、ストレスを感じていなくても、ストレスや疲れはどんどん多くなるばかりですから多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていくということが起きてしまいますので、いつかはくしゃみをしただけでも腰が痛むことがあります。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み

しかも、いつまでも骨盤の歪みや背骨のズレがあったりすると、元に戻りにくくなっていき人体や筋肉も硬くなっていきますので、靱帯や筋肉が硬くなっていくと脊椎間を圧迫したりすることもありますので、循環が悪いとか代謝が悪いだけではなく狭窄状態を招くと言うこともあります。

対症療法とは原因なんか関係ない

単純に、どこかの治療院に行ってマッサージを受けたり電気治療を受けたり針をしたり指圧をしたりすることはいいと思いますが、原因が残ったままになっていると言うことも考えなければいけませんので、痛みを楽にすればいいと言うわけではなく原因を見て下すということが、大変、重要なことだと思います。

そして腰痛や腰の痛みと言うと整体やカイロプラクティックでは、骨格行動の矯正をしていますが、普通の整体やカイロプラクティックでは、歪みや開きやズレの原因を見つけ出すまではできていないと思います。

正しい位置に早く戻すことが1番だと思いますので整体やカイロプラクティックの矯正だけでも中途半端になってしまうと言うこともありますが原因を見つけ出しても改善すると言う方法は簡単な方法ではできません。

腰痛とは

腰痛になってしまうときには重たいものを持ったりして腰を痛めてしまったり前かがみの姿勢で腰が痛いとか車の運転をしていると時々、腰が痛むとか長く立っているだけで腰が痛くなって体を曲げることができないとかくしゃみをしただけで腰が痛くなるとか朝起きていつも腰が痛いとか言う感じで腰痛を感じてしまっている方が多くいます。

腰痛には腰痛が起きてしまう原因が存在していますので、原因と言うのはどういうことなのかと言うことを説明していきたいと思いますが腰痛も切っ掛けがないと起きる事はありませんのできっかけと言うのは重たいものを持ったり、中腰や前かがみやくしゃみをしただけだということが切っ掛けになります。 

どうして痛くなったのかと、質問すると重たいものを持って腰を痛めてしまったと言われる方が多くいますが、これはすべてきっかけです。

何かを取ろうとして腰を痛めてしまったと言うことも、切っ掛けにしか過ぎませんのできっかけだけで痛みが起きる事はありません。

腰痛や腰の痛みが起きるときには

腰痛や腰の痛みが起きるときにはきっかけと必ずあるものが大きくあるときに痛みになりやすくなります。
あるものと言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレです。

骨盤と言うのは体を支えることができる土台ですから土台が歪んだり開いたりしているだけでも体を支えることができない位になりますので体を支えていることができないのに前かがみをしたり重たいものを持ったりすることでバランスが悪くなりギリギリで支えられていたものが外れる事はありませんが急激に体を支えることができないような状態になってしまうのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰が起きたりすることや腰痛や腰が痛みが起きたりすると悪化したものが椎間板ヘルニアですから悪化させたりすることをしてしまうと椎間板ヘルニアになったりまたは坐骨神経痛になって足に痺れや痛みが起きると言うことが起きます。

骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレがどこから?

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨がずれたりをするのは毎日毎日の生活することや仕事をすることや運動することで身体動かしたりすることで多く生み出されていくものが弱い部分に溜まったのが原因です。

腰痛、腰の痛みの原因の骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレは

弱い部分がどこなのかで起きる反応が違いますので方が弱い人であれば疲れやストレスが溜まることで肩こりになっていき生理痛に関係するものが弱い人の場合は生理に関係するところに多く積み重なったものが成立を起こしていきます。

腰痛を起こすときには必ず骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあるんですが歪みやズレや開きと言うのも原因があるから歪んだり開いたりずれたりしているわけですから原因を見つけ出すことをしなければいつまでたっても歪みや開きがズレがあってると大変なことになって行きます

2020年03月03日