腰痛、腰の痛みが起きるのは

腰痛を楽にしていくためには腰痛がどうして起きているのかと言う原因や理由を考えなければいけませんので単純に痛みだけを改善すると言う方法もありますが、多くの場合原因が残ったままになっていてこじらせたり悪化させたり椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に進行させてしまうということが表面上の痛みだけを楽にする治療法で多く見受けられます。

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みとは

腰痛を改善していくためには2つの方法がありますが1つ目は対症療法と言って痛みだけを楽にする方法です。
もう一つの方法は痛みを楽にするだけではなくその先にある原因を見つけ出して少しずつでも改善していく方法なんですが少しずつと言う意味は簡単には改善できるレベルでは無いからです。

しかし原因と言うのはいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言う怖さがありますので先将来の問題を考えればまだ若いうちに改善していくことをしないと徐々に蝕まれていくと言うことも起きてしまいますので原因もいつまでも同じままではいられないと言うことが老化してしまえば大変な結果になってしまうと言うこともあります。

痛みのj状況

今はスマートフォンなどで検索することができますので腰痛を繰り返したり何回も腰痛を起こした方の場合脊椎管狭窄症と言う症状になってしまって大変な結果になってしまったり腰痛の痛みの原因の部分が悪化すれば先将来の問題も関係してしまうということが起きてしまいます。

腰痛、腰の痛みが起きるのは

しかし、その現象は先将来出会って半年先かもわかりません40年先かもわかりませんし20年先なのかもわかりませんが腰痛や腰の痛みやぎっくり腰や椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になってしまった方の場合、必ず同じ因子が関係していますがどのぐらい深く関係しているかで違いがあります。

重たいものを持ったりして腰を痛めてしまったり何かを取ろうとして手を伸ばした時に1ぐっとして腰が痛くなったとか車の運転をしているだけで腰がズキズキ痛むとか布団の上で寝て朝起きたらいつも腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか料理を作ったり掃除をしたりするときに前かがみになってしまうと腰が痛いと感じるなどいろいろな腰痛があるんですがすべては骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレに原因があります。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレ

しかし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレと言うのも原因があって起きている現象ですから何も原因がなくて歪んだり開いたりずれたりすることはありませんのでどうして歪みが起きているのかどうしてずれたのかどうして開いているのかなどを考えなければいけませんので単純に骨盤矯正したりボキボキしたりすればいいわけではありません。

足の長短

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きる現象と言うのは日常で多くなってしまうことが原因で徐々に起きていきますが軽い場合は何も感じることがありませんのでつい何かをしたときに急激な痛みが起こりますが急激な痛みが起きたときには歪みや開きやズレが大きくなっているときに起こります。

誰でもきれいに骨盤が整っている方はいませんので多少なりとも骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを持っているんですが痛みになっていないと言うだけであり完全に骨盤が正常な方は1人もいません。

骨盤の異常はどこから起きる

骨盤の異常が起きてしまうのは日常で多くなってしまうことが原因だと説明しましたが日常で多くなると端料理を作ったり掃除をしたり洗濯をしたり階段を登ったり降りたり歩いたり買い物をしたり車の運転をしたり荷物を持ったり仕事をしたりパートをしたりバイトで働いたりジョギングをしたり筋トレをしたり腹筋をしたり腕立て伏せをしたりサウナに入ったりヨガに行ったりエステに行ったりすることでも多くなってしまうものが原因なんです。

腰痛、腰の痛みと運動

いろいろなことで多くなってしまうのは疲れが原因です。

しかし疲れと言うと多くの方は簡単に考えてしまいますが疲れほど怖いものはなく研究すればするほどいろいろなことがわかってきます。

疲れるほど体に与えるダメージが大きいものはありませんので疲れも精神的な疲れと肉体的な疲れの2つに分けられます。

腰痛、腰の痛みと骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレ

疲れの蓄積が疲労になり

精神的な疲れが多くたまってしまうと脳疲労を起こし眠りが浅くなったりイライラしたり頭がぼーっとしたり自律神経が乱れたり鬱になったりパニックになったりすることも多くあります。
そして肉体的な疲れが溜まると蓄積状態と言うのは限界はありませんので疲れがここまでしかたまらないと言う事はありません。

疲れは限界なく溜まってしまいますので限界なく溜まったものがありとあらゆる状況を起こし歪みや開きやズレを起こしたり筋肉のコリを解消できなくなってしまいます。

もちろんその時には疲れが多くなってしまいますので、疲れが多くなってくるとストレスに変換されてしまいストレスの蓄積から骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていきます。

つまり体に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていくんですが疲れと言うのは仕事をしてあー今日は疲れたなぁと思ってもうしばらくすると消えたように忘れてしまいますのでなくなったと思う方が多くいるんですがなくなっていないとすればどうでしょう。

腰痛、腰の痛みと蓄積疲労

疲れは一過性しか

感じなくなっているだけであり体に蓄積している状態が多くなればなるほどストレスに変換されてしまいますのでストレスの蓄積の状態の多さから回復ができなくなり何かをしたときに骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが大きくなったときに両方が合わさった状態で急激な痛みを起こしていきます。

運動してもジョギングをしても筋トレをしても疲れやストレスが多くなります。

生活で掃除をしたり片付け物をしたり階段を登ったり降りたり布団をたたんだりすることでも疲れやストレスは多くなります。

仕事をしてもパートで働いてもバイトで働いても疲れやストレスが多くなってしまいますので疲れやストレスの蓄積と言うのは体にどんどんどんどん溜まっていきます。

溜まっていくことがわかっているのに減らす努力はしていません。

腰痛、腰の痛みと骨盤の歪み・骨盤の開き

疲れやストレスは減らさなければ減りませんので一時的に疲れを感じてもしばらくすると忘れたように消えたように回復したように良くなったように思えるでしょうが残っている部分が大半なんです。

眠りと歪み頭を開とズレ

最近多くの方が眠りが浅い方が多くなっていますので眠りが浅い場合も気がつきやすい不眠症と睡眠歳と言う言葉があります。

不眠症と言うのは寝付きが悪く夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症の特徴なんで眠れていない方は不眠症かなと思っている方が多くいますが現実に自分が不眠症だと言われるとやはり感情的になったりむっとしたりすることが多くあるようです。

不眠症の場合は夜寝ようとするときに後噴5分火10分で眠れる事はなく30分かかったり1時間かかったり2時間かかったり寝付きが悪いことで起きていますのでその場合は毎日でもなくて気がついている方が多くいます。

しかし1番気がつきにくい睡眠剤と言う言葉がありますが睡眠剤と言う言葉は最近の言葉なんですが目が覚めることがないけど眠りが浅い睡眠になっていると言うことです。

眠りとは

眠りが浅いと寝ているわけではありませんので眠れていないと言うことを自覚できないんです。
目が覚めなければ寝ていると多くの方が持っているでしょうが目が覚める瞬間に夢を見るから寝ていると思っている方も多くいます。

腰痛、腰の痛みと眠り

寝ている方が自分の睡眠を本当に眠れているか眠れていないかと言う事はわからないと思います。
寝ている方が夜寝ようとしてすぐ眠れるからといって本当に熟睡ができているとは言えないと言うことなんです。

眠れていない方ほど睡眠負債や不眠症の方の両方とも体がボロボロガタガタになっているんですが脳は弱ってしまっている場合が多くあり脳が弱ることで起きてしまうのは脳が麻痺したり鈍感になる現象です。

そのため自分がどんなに体がボロボロになっているのかとかガタガタになっているのかということがわからなくなっていて腰痛や腰の痛みや椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になっている方も多くいます。


2020年05月13日