肩こりになると

肩こりになってしまうと、辛い思いをしなければいけない状況になっていきますので、家族の方にもんでも、しばらくは楽になるんですが、また、しばらくすると同じことが繰り返されてしまう場合もあり、何か良い方法は無いのかなと言う感じで探している方やテレビや雑誌の特集などで取り上げられている肩こり解消法をしたりダンベル体操したり、筋肉を鍛えたりストレッチをしたり体操したりする方法もあり多くの改善法があると思いますし、湿布を貼ったり、サプリメントを飲んだりする方法で筋肉を和らげているということもありますし 、専門家の先生に頼んでマッサージをしてもらうこともあると思いますし、低周波治療器は電気などをかけると言うこともあります。

肩こりとは

肩こりとは

肩こりと言うのは日常でバックを持ったり荷物を持ったりする指先や腕や肩の部分の筋肉のコリのことを言うんですが、普通は筋肉のコリが起きてしまうと自力で解消できていなければいけないと思いますので、解消ができない状況が肩こりだと言うことになりますし、筋肉のコリが起きてしまうと、代謝が悪くなりリンパの停滞が起きて老廃物が多く溜まっていることから肩こりをより強く感じさせてしまっているということもあるんですが、単純に肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きている事は無いと30年間の臨床経験から思っています。

リンパの解消して老廃物を流す

必然的に筋肉のコリを起こすのは、当然の結果ですから、筋肉が凝りを起こしていたり緊張を起こしていると代謝が悪くなり、リンパの停滞が起きて老廃物が多くたまる現象は起こりやすくなっていますので、単純にリンパを流せばいいと言うわけでもないし、リンパマッサージをすればいいわけではありません。
リンパが流れないのは、どうしてなのかということも考えなければいけませんので流せばいいと言うわけではないんです。

肩こりと湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても

老廃物が多くたまると言う現象は、リンパの問題から起こりますがリンパを流して老廃物を流せばいいわけではなく、どうして流れていかないのかと言うことを探さなければいけません。

リンパマッサージやリンパ療法とは

リンパマッサージやリンパ療法の方は失礼な言い方をするかもわかりませんがよく考えていないしわかっていないと思いますけど女性になぜか人気なのは事実です。
リンパが流れないと言う事は実は大変な状況が起きていると言うこともわからずにやっている方もいますし受けることも簡単に考えて流せばいいだろうと思っている場合があるんですがリンパが流れないと言う事は実は大変なことなんです。

どうしてリンパが流れないのか

どうしてリンパが流れていかないのか流れていかないから老廃物が多く溜まりむくみや脂肪になってありとあらゆる不調状態を起こしていく事なんですがリンパは他の役目を請け負っていますので血液とリンパは色の違いはあるだけで同じ働きをしています。

肩こりと仕事の疲れ

これを言えば血液を流せばいいと言う方法はありませんし血液療法とか血液マッサージと言うのもないと思いますので必然的に流れて行かなければいけないものが流れないと言うことになれば大変なことになっていると考えた方がいいと思いますしリンパの最終的に流れていくところは鎖骨下静脈に流れてきますので、つまり静脈、つまり血管に流れていくと言うことも考えてください。

リンパと血液は同じものに流れる

最終的に同じところに流れていくリンパと血液なんですが血液が流れないと聞くと大変なことだと思うでしょうが、リンパが流れないと言うと簡単に流せばいいと言う事を思う方が多くいるんですが血液と同じようにリンパも流れて行かなければ大変なことになっていると言うことが起きてしまいますので流れない原因から解消していかなければいけないと思います。

血液で回収できないものがリンパから吸収されて流れていくので結果的には鎖骨下静脈に流れて血管の中に入っていくと言うことが起きていきますので血管の中に入っていて心臓もあってさらに最終的に腎臓の中に入って腎臓で処理されてゴミとして尿として出されてしまうが使えるものは体内に戻されます。

肩こりが起きる原因

肩こりが起きる原因と言うのは日常で多く積み重なっていくものが体に蓄積していくのが原因ですけど、蓄積していくものはしばらくすると消えたように忘れてしまうため多くの方が溜まっていることさえ気がついていません。
溜まっていくものは疲れです

肩こりと蓄積疲労

疲れと言うと簡単に考えてしまう方が多くいますが疲れほど厄介なものはなく、疲れほど検査が、ややこしいものはないので疲れを減らすことが1番だと思いますが疲れを溜めてしまって『疲れたなぁ』と感じても人は減らす努力もしていませんし放置状態です。

『仕事をして疲れたなぁ』と思っても、しばらくすると忘れたように消えていきますのでそのままの状態の方が多くいるんですが疲れは実は体に蓄積しているということもあります。

どれぐらい疲れが蓄積していくのか、疲れが残っているのかと言う事は人それぞれ違いますが疲れが解消できないうちにまた次の日を迎えて同じことをして同じように疲れを溜めてしまいますので疲れは一過性でしか感じ取ることができません。
一過性で感じ取ることしかできないため疲れが溜まっていることさえわからないんです。

2020年05月20日