小顔矯正で顔を小さく小顔に

小顔矯正をするときに、当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしているんですが顔を小さくするためには、初回から減らすことができるのはむくみや脂肪からです。

小顔矯正の方法

小顔矯正とは

しかし単純にむくみや脂肪を減らせばいいわけではなく、今までむくみや脂肪を多くしてしまった原因が存在していますので、原因も考えながら確認しながら減らすことをしないとむくみや脂肪を減らしても、また、すぐに増えてしまいます。

小顔矯正をしていくときに、何をしたら顔を小さくすることができるのかということも考えて欲しいところなんですが、エステの小顔矯正のように顔をマッサージして刺激すると顔が引き締まると方法もありますし、またエステでは発汗させるような方法で小顔矯正をしていると思いますが、当院では全然そういう風な方法ではなく体や顔を整えていくことで、顔を小さくする方をしていますのでエステの小顔矯正とは全然、違います。

エステの小顔矯正

一応、例としてエステの小顔矯正を臨調の見解として説明すると顔をマッサージすることで代謝率を上げたり肌を引き締めたりする事をしている可能性がありますしラップやタオルやクリームなどを塗って発汗させるような方法や温かい上記は出て発散させて肌を引き締めていく方法をしていると思います。

小顔矯正は浮腫み、脂肪から

当院の小顔矯正は

当院でしている小顔矯正と言うのは発汗させる方法をしていませんし機械やクリームなどを使ったりすることもなく顔を整えていくことで顔を小さくする方法を実践していますのでエステのような小顔矯正とは意味からも違いますしどうしてむくみや脂肪が増えてしまったのかとか肌が引き締まっていないのかと言う理由があるからできているわけですから、それの逆を考えて小顔矯正をしていくと言うことになります。

むくみや脂肪も増えてしまうと言うのではなくどうして増えてしまうのかと言う理由がありますのでむくみや脂肪を増えてしまう原因を見つけ出すことをしていくわけですけどむくみや脂肪が増えてしまう原因と言うのは運動不足と一般的には言われますが顔の運動不足というのがほんとにあるのかなと思いますし顔は食べるものを食べて顎を動かしたり歌ったりすることで顎の部分を動かしているのにどうして顎の周辺に脂肪やむくみが多くなるのかという問題を考えてください。

顔を動かすこと

確かに昔に比べたら顎を動かす回数や硬いものを噛む回数が減っている可能性もありますし笑うことや歌うことや話すことも減っている可能性もありますしいろいろな現象があるかもわかりませんが一般的にはそんなに口数が多くなっていたり減ったりする事はないと思っています。

特に顎の部分と言うのはおしゃべりをしたり会話をしたり携帯やスマートフォンで話したりする時でも使うことが多くありものを噛んだりする時でも、動かす回数が減っている可能性もあるんですが、単純にそれだけで脂肪やむくみが増えるのかということがありますので、逆に考えれば動かせば動かすほど、その部分に疲れが溜まっていくということが考えられれば、疲れが溜まることが原因で働きが悪くなり代謝が悪くなることも起きてリンパの流れや老廃物が多くたまる現象が起きていくということを考えれば当然の結果だと思うんです。

蓄積疲労の度合で顔が

テレビなどに出てくる学者の先生に言わせると、確かに硬いものが減って噛む回数が減ったりすることがありますが、本当にそれだけなのかと言うことも考えて欲しいところなんですが、テレビのタレントで出ている方が、多くお話をしても二重顎になっている方もいますので、そういう状態の意味とは違うんじゃないかなと思うんです。

小顔矯正をするときに

小顔矯正をするときにはボケボケすることもなく電気や機械を使ったりグッズを使うこともしていませんので、『手の技術力』だけで顔を小さくすることをしていますが、当院の小顔矯正は他人が見ていてもマッサージをしているようにしか見えませんが、実際には上手にマッサージをしていることもなく、顔の状態を確認しながら何を減らせばいいのか、何を変えることができれば顔が小さくなるのかと言うことを考えて小顔矯正を行っております。

マッサージやコロコロローラーで、どれぐらい肌が引き締まるのかと言うことがありますので、定期的に1日、何分かやっていけば引き締まる可能性もあるんですが引き締まる前に、手や腕が疲れてしまいます。

小顔になっても肩こりが起きれば意味はありませんので、どうして顔を小さくすることができるのかと言う問題なんですが、むくみや脂肪が増えてしまっている原因に関係しています。

むくみや脂肪を増やしてしまっている原因は、日常で多くなっていく疲れが原因なんです。

疲れの蓄積が浮腫みや脂肪を増やす

疲れと言うと検査することができないくらい難しいものですから、自分で実感して疲れが溜まっているなと、思わなければ溜まっていることさえ感じないかも分かりませんが実は多くたまっているんです。

小顔矯正をするときに、体にも疲れは溜まっていくんですが、ありとあらゆるところに疲れが溜まっていき疲れと言うのは、限界なく蓄積する傾向がありますので限界なく蓄積したものを、ストレスに変換されてしまう場合がありますので、疲れやストレスの蓄積から、むくみや脂肪が増えていくということが、顔にも起きてしまっていると顔が徐々に大きくなっていくんです。

小顔矯正と疲れやストレスと蓄積疲労
2020年05月20日