体の崩れと体調

体の崩れとは体調と同じなんですが体の崩れが大きいと体調も落ちています。

① 総合的な体調

多くの方は良い訳ありません、つまり体調が悪いです。

本当は総合的な体調も上げていかなければいけないんですが。本当なら体調も上げていかなければいけないんですが、先に症状のある部分、痛みを感じている部分が中心に解消していきます。

② 筋肉、じん帯の炎症やハレ、バランスを検査  ⇒ 筋肉、じん帯の炎症やハレ、バランスを矯正

筋肉や靭帯の炎症や腫れなどはバランスというのも一回で整うこともあれば数回、繰り返して改善していかなければ良くならないこともありますので程度と言うか、段階と言うか、悪い深さがあります。筋肉や靭帯の炎症や腫れやバランスを整えるためにも眠りが浅い形は脳の回復する力がありませんので脳からもやっていかない限りはいくら骨盤周辺の問題をやろうとしても回復しない方も多くなっています。

③ 腹膜の炎症の検査と解消

普通は起こりませんが、多くなっています。筋肉や靭帯や背骨の前澤にある腹膜が炎症を起こしたりする方もいますので腹膜の炎症も見つけ出したいしなければ腰全体の問題が解消しないということもありますので腹膜の炎症も改善するようにしています。 これは検査することで見つけ出していきます。普通は起きていませんが最近、多くなっています。

④ 骨盤の歪みや背骨のズレの検査と矯正

骨盤の歪みや背骨のズレを整えていかないと骨盤が不安定になったままだと腰痛が治りませんので骨盤のゆがみや背骨のズレを矯正したりまた骨と骨の間にある椎間板が合流して損傷を起こしていれば椎間板ヘルニアになっていますので検査をすることで見つけ出して解消していくことをします。

⑤ 骨盤、背骨の炎症やハレの検査と矯正

普通は起こりませんが、多くなっています。最近は時々いるのが普通では腹膜の問題も起こらないんですが骨盤の骨や背骨の骨が炎症や腫れを起こしている方もいますので骨盤の骨や背骨の骨の炎症や腫れを抑えて行かなければ腰痛がいつまでたっても治らないということもあります。

⑥ 腎臓疲労の検査

先ほども説明しましたが腰痛や腰の痛みやぎっくり腰や椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の原因というのは腎臓疲労が原因ですから体調的に腎臓を整えていくことをしなければ、効果は半減してしまいますので、筋肉を揉めば良いというわけでもなく電気をかければいいというわけではありません。 腰の痛みのある方が治療に来ると腎臓のある部分がパンパンに張って固くなっているか、ブヨブヨ状態になっている方がいますので、腎臓がパンパンに張っていたり、ぶよぶよになっていても数値的な異常が出ることはありませんので病院に行って検査を受けても病気ではありません。

⑦ 腎臓に関係する筋肉のバランスを解消

腎臓に関係する筋肉は階段を上ったり足を上に引き上げる時に使う大腰筋と腸骨筋という筋肉が腎臓に関係する筋肉ですから腎臓の疲労が取れて炎症や腫れがなくなってくると腎臓に関係する筋肉のバランスをとらなければ骨盤が安定しないのでバランスを解消してことをします。

⑧ 検査して弱い部分を見つけて体質改善で強くする

当院では体質改善という治療をしていますので病気になっていない腎臓や弱い腎臓を強くすることをしています。
体質改善の治療は一回で終わることがありませんので体質改善を受ける場で体調をあげたり整えたり身体を整えたりしなければ進むことができませんので体質改善の治療は早い方で3回目ぐらいからになります。 また眠りが浅い方や不眠症や睡眠歳の方は大脳の疲労が強いために維持する力がないから期間をあけて来院しても体質改善の治療に進むことはできません。 つ

まり治療はできるだけ期間をあけないで続けて受けるようにしてください。
どちらかと言うと腰痛は腰の痛みよりも厄介なものが大脳の問題だからです。腰痛は腰の痛みのある方は可能性なんですが腎臓の病気を持つ可能性が多い方が腰を痛めを起こしやすくなっていますので可能性を減らしていくことや遅らせることをしなければいけないと思うので、その効果が大きい体質改善の治療のみになります。何も原因がなくて腰痛が起きることもありませんし何かがあるから腰痛を起こすことになっています 。

あとは、どれぐらい受ければ良くなるのかと言うと腎臓だけであれば2、3ヶ月とか半年とか場合によっては、ひどい方の場合は1年ぐらいかかる可能性もありますので、簡単に考えないでください。 弱くなっているのは腎臓だけではないかもわからないからです。簡単に体質が変わることもありませんし改善しなければ、どんどん進行していくばかりだからです。 自分の体はひとつしかありません、悪さが完成する前に、悪くなる前になんらかのことを考えないと。

2020年08月06日