体を整える

マッサージではありませんが、まずは体を揉んだり押したりすることで楽にしていきますが、目的が筋肉だけではありませんので、次の問題として骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを痛くない施術で矯正して整えていくと、歪みや開きやズレを起こした原因を見つけ出して回復させること。
体の崩れを整えることをすると多くの症状は楽になります。
しかし、それでも楽にならない症状もありますから、そこは、体の中の状態を詳細に検査することから始めて改善を目指していきます。

普通通り施術しても、矯正しても良くならない症状もありますので、状況に応じて施術を適応させるためには、体の崩れを整えてからになります。
普通は体の崩れを整えると楽になりますが、そうはいかない症状もありますので。

① まずは患部を中心に確認するために、痛みやこりを起こしている部分が、どうなっているのか大まかに検査していきます。
⇒ 筋肉であれば、筋肉のコリ、疲労、バランス、炎症、腫れなどがあるのか、検査します。 ⇒ 問題があればあれば体を押したり揉んだりマッサージして解消をしていきます。
最近は押したり揉んだりマッサージしたり、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを矯正しても楽にならない方、変わらない方も増えています。

しかし、まずは、どんな方も、筋肉の問題と骨格の歪みや開きやズレから改善しなければなりません。
普通は、筋肉の問題と骨格の歪みや開きやズレを解消することから始めて、歪みや開きやズレを起こした原因を回復させると、ほとんどの症状は楽になっていきます。

体に痛みやこりが起きる時には、全体の体の崩れと、症状を感じる部分の問題が起きています。
症状を感じる部分は、特に崩れが大きい部分です。

体の崩れと言うのは、体にある全てのものが関係します。
と言うことは、筋肉だけでもありませんが、筋肉をマッサージすると、楽に感じてしまいます。しかし筋肉をマッサージしても、マッサージだけでは体の崩れは整いません。

ましてや低周波治療器や電器をしても一応、楽になることもありますが、電器で刺激しているだけですから痛みやこりを散らすことは電器でできます。しかし電器をかけても体の崩れは整いません。
つまり電器をかけても崩れたままです。


体の崩れが起きるのは

体の崩れが起きるのは、筋肉をマッサージすればいい訳ではなく、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレだけを矯正すればいい訳でもありません。
体の崩れが起きる時には、筋肉の問題と骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレの問題と内臓の問題が大きくあります。
どちらかと言うと筋肉の問題よりも、骨格の歪みや開きやズレよりも、一番は内臓の働きの問題が最大に関係しますが、内臓と言っても病気と言う訳ではありません。

体の崩れが起きるのは

体の崩れが起きるのは、特別なことが原因ではなく、日常でしていることが原因です。
そこに、怖さがあります。

特別な事ではなく、普段からしていることが原因で体の崩れは起きているからです。
体の崩れは、普通の生活している時や仕事をしている時や運動している時や体を動かす時や、家でゆっくりしている時に起きています。
普段の生活の中には、掃除したり洗濯物を干したり畳んだり、、料理を作ったり、買い物をしたり、歩いたり、車の運転をしたり、階段を上ったり下りたり、入浴するとき、ゲームをするとき、スマートフォンを見たり扱う時、
そして、仕事をする時、デスクワークする時、立ち仕事をするとき、営業をするとき、通勤するとき、飲酒するとき、
また、運動するとき、ジョキングするとき、筋トレするとき、体操する時、ストレッチするとき、
などで新しく生み出されるのが原因で体の崩れは起きていきます。
新しく生み出される物は、どんどん増えていきますが、感じるのは生み出された時だけです。
それが疲れです。
疲れは、新しく生み出された時しか感じません。
多くの方が疲れを感じても長く感じていません。
なにか、疲れる事をして、「疲れな~」と思っても数分から数十分で感じなくなりますが、すべて無くなることはありません。
感じなくなるだけで、体にたまる疲れがあります。
一つのことの蓄積が、一日単位になり、減ることなく、解消できることなく積み重なったものがストレスになります。
疲れの蓄積が多くなっても、すべて感じることはしていませんので、その全てが体の崩れになり、筋肉のコリになったり、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレになり、ダルイ、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、頭の痛み、偏頭痛、背中の痛み、背中のハリ、首の痛み、首のこり、膝の痛み、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、シビレ、自律神経失調症、更年期障害になっていきます。

当院では体の崩れを整えていくことを中心にしていますが、なによりも症状の緩和を優先してしていきますので、体の崩れは、症状の緩和ができたあとにしています。
なによりも優先されるのは体の崩れを整える事よりも、痛みやこりなどの症状を緩和することだからです。
多くの方が、何かの痛みやコリ、体の不調が起きると、「どうしてだろう?」、とか、悩んだり、困ったり、どうすれば良いのか、どこに行けば良いのか、と思います。

何かを良くしたり、楽にしたり、気持ち良くしたり、改善したり、する方法は色々あります。
しかし、多くは、原因を見つけることまでいたっていません。
多くの施術で楽にする事ができても、いつかは楽にする事ができなくなります。その理由は、原因まで見つけ出すことも、変える事も出来ていないからです。
原因を見つけ出して、変えることは簡単なことではありませんし、そんなに簡単に変わるものであれば原因であるはずもありません。

多くの症状のダルイ、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、背中の痛み、背中のハリ、膝の痛み、花粉症、アレルギー、自律神経失調症、更年期障害などが起きるのは、体の崩れと体質が原因で起きています。

① 根底にあるのが体質の弱さです。

② 弱い体質の部分に、疲れは溜まりやすくなります。
数年に一度でも何かの痛みやこりが起きると言うことは、疲れがたまる度合いが進行して解消できていないと言うことと、根底にある体質も悪くなっていくからです。
弱い体質の部分に日々の生活することや掃除したり、料理を作ったり、洗濯ものを干したり、階段の上り下りでも、買い物でもや仕事や運動する事や体を動かす時などで気が付かない疲れの蓄積が多くなり、疲れの多さがストレスとして起きてしまい、ストレスの蓄積から体は悲鳴を上げるような状態になり筋肉のコリが自力で良くなる事ができなくなり、筋肉の緊張やバランスが悪くなり肩こりになったり、また、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが起こり痛みになります。

結局は、弱い体質を変える事をしないと、同じ事の繰り返しなんですが、実際は繰り返しではなく年齢による老化の弱さが重複していきます。

つまり、始めは体の崩れを整えていくことからです。
体の崩れは筋肉のコリやバランスだけではなく骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレだけではなく、体にあるもの全て関係します。疲れの蓄積から起きるのは筋肉のコリや緊張だけではなく、内臓にも疲れがたまり内臓疲労から骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが起こります。
なので骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを解消して筋肉のコリやバランスを整えて内臓の確認をする必要がありますが、内臓と言っても病気ではありません。
当院で施術する内臓は、病院でもわからない内臓疲労です。

そして体を整えても、また崩れれば同じですから、崩れても以前と変わっていれば、症状が出ても違うと思います。その違いを見つけ出して変えていくのが体質改善の施術です。

体の不調、痛みやコリが起きるのは、普段の生活することや仕事することや体を動かすこと、運動することで生み出された疲れが体の中に残ったままになっているからです。

疲れほど蓄積するものはなく、悪いものはありません。
体に疲れがたまると、風邪も引きやすくなるだけではなく、体がダルクなったり、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが起きて筋肉のコリと痛みやコリになります。

しかし疲れの蓄積ほど専門家の先生でも検査することはできません。
例えば以前、テレビで疲れの蓄積を検査するのに口の中のヘルペス菌を検査して多くあれば、免疫細胞の数が減少するため疲れが多くあると説明していました。

疲れほど検査することができないものはありません。検査しない限りはサプリメントを飲んでも、マッサージしても、低周波治療器や電器をしても、気分転換をしても、旅行や温泉に入っても、癒しても、パワースポットに行っても、あまり減りません。

※気分転換は、気分ですから精神的なものですから、体の疲れを減らしている訳ではありません。
疲れが多くたまっていくと、体はストレスとして感じてしまい、補正的な体の崩れを起こして自分に気が付かせます。

それが痛みやコリです。

もちろん、その時には、筋肉の緊張や疲労が自力で解消することができない状態でコリになっていますし、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレも同時に起きています。
疲れの蓄積から筋肉の緊張、疲労が起きれば、肩こりになります。
骨盤の歪み・骨盤の開き・腰椎のズレが起きると腰痛になります。
他の症状のダルイ、キツイ、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、背中の痛み、背中のハリ、膝の痛み、自律神経失調症も同じことで起こります。

2021年02月26日