小顔矯正

北九州市小倉南区で小顔矯正するなら、何をして小顔にできるのか? 考えることも必要です。

専門家の小顔矯正を行う先生もわかっていない方が多くいますが、小顔矯正をする時には、一番、重要なのはストレスの蓄積なんです。

顔を小さく

小顔矯正する時には

ストレスが体に溜まっていると痛みやコリが無くても骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが起こります。

そして、起きるのは、それだけじゃありません。

あらゆる所の働きが悪くなり、血液の循環、リンパ液の流れ、代謝も悪くなり、内臓の働きも正常ではいられません。

しかし、内臓の働きが悪くなると言っても病気と言う意味ではありません。

ストレスの蓄積は、ありとあらゆる体に影響していきますので、当然、流れも悪くなると言うことは、循環や代謝だけにとどまりません。

小顔とストレス

小顔矯正していく時にはストレスの蓄積が

小顔矯正していく時には、ストレスの蓄積と無縁ではいられません。

ストレスが体にたまっていくと、気が付く方もいれば、気が付かない方もいるからです。

ストレスと言うのは、普通に生活しているだけで増えていきます。

そして減る事は、あまりなく増えていくばかりなんです。

ストレスは仕事をしても増えていき、運動しても増やすばかりで、歩いても増えていき、階段の登り下りでも増えます。

車の運転でもストレスの蓄積は増えていきます。

荷物を持つことでも増えていくのがストレスなんですが、多くの方は減らす事が出来ていませんし、減らす努力をしていません。

ですから体には大量のストレスをためている訳です。

ストレスをためると

ストレスを増やしてしまうと当然な事ですが浮腫みや脂肪は増えていきます。

全体的に増える場合と部分的に増える場合があります。

ストレスをためるから浮腫みや脂肪が増えていきます。

体重が増加したりすることも運動不足もあると思いますが、ストレスの蓄積の方が体に与える影響は大きく浮腫みや脂肪を増やしてしまいます。

ストレスの検査は

ストレスが溜まっても検査することはできません。

ストレスが溜まっても、感じる事ができるのは、新しくストレスが作られた時だけです。

仕事をして、”あ~今日は疲れた”と思っても、その時だけ感じて、しばらくすると感じなくなります。

これが、後々のストレスになって良くとも気が付かないで……

そうです、ストレスと言うのは緊張や硬縮、プレッシャーと言う意味もありますが、妥当な意味は疲れなんです。

緊張すれば、疲れます。

プレッシャーを受ければ、疲れます。

上司から怒られると、委縮して疲れます。

旦那から何か小言を言われると緊張したり縮こまったり、疲れます。

車の運転をしても、疲れます。

誰かがクラクションを鳴らしても驚いて、疲れます。

テレビを見る事やユーチュウブを見ても、疲れます。

スマホの操作でも疲れます。

このように疲れることは生活の周りでいっぱいあるのに、そのときだけ”疲れた”とわかっていても、消えることなくたまっているのに気が付いていません

この蓄積が、食べ過ぎなくても浮腫みや脂肪を生み出していきます。

これが体にも、顔にも浮腫みや脂肪が増える原因です。

ストレスの蓄積

小顔矯正と眠り

気が付かないで眠りが浅い方がいます。

この方の場合もストレスをためやすく脳疲労が強くなっていきますから、浮腫みや脂肪を増やしてしまいます。

 

眠り

 

 

 

 

 

2022年06月23日