ブログ一覧

小顔矯正をするなら

小顔矯正をする時に眠りが浅いことが気が付いていない方が多くいます。眠りが浅いと体調が良いことはありません。

最近は多くの方が寝つきが悪いとか夜に目が覚めると言うよりも、一番、悪い睡眠の寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は、脳疲労を起こしていきます、脳疲労は睡眠負債になって脳を弱らせていきます。
この脳の弱りは痛みやコリが起きている状態でも感じません。どんなに歪みやズレが起きていても感じることができません。

小顔矯正

ですから自分でも体調が良いと思っていました、と言う方も多くいます。
寝ながら考え事をしている睡眠は朝、目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。夢ほど記憶に残りません。脳疲労から心臓が弱っていても症状を感じません。
自分は、寝ながら考え事をしている睡眠をしていないと思っている方も多くいますが、当院では検査することで確認ができます。

本当に寝ているのか??、そうではないのか??
寝ていない方は体調が悪く小顔矯正をしても維持する力がありません。持続力がありません。戻りやすくなります。
今日も数人の方に小顔矯正をしていますが、全員、顔が小さくなっています。
当院の小顔矯正は30年の経験と実績で初回から顔が小さくなることで人気がある小顔矯正をしています。当院では

小顔になりたい方が多く来院していますが、100人中100人が顔が小さくなっています。
当院の小顔矯正は、他院とは違う小顔矯正をしています。顔を無理に押さえつけたりすることなく低周波治療器や電器類も使いません。
手のみで顔を小さくしていく小顔矯正ですから、院長の手のみで顔を小さくしていきます。院長の手が特殊ですから、顔を揉むようにしているだけで顔が小さくなります。
顔を揉むようにして小顔矯正をしていますが、マッサージではありませんし、マッサージしても顔は小さくなりません。

当院の小顔矯正は他のエステや小顔矯正をしている治療院ともやり方が違います。
当院では特徴がある特殊な検査ができますから、その検査で顔の異常がある部分を見つけることができます。
体に疲れやストレスがたまると体は骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。
これと同じで顔にも疲れやストレスはたまります。この顔に疲れやストレスがたまると浮腫みも起きやすく脂肪が多くなります。

●顔にも疲れやストレスがたまると顔が変形していきますから左右差ができます。
●目の左右の違い、目の位置の違い、目の高さの違い、目の大きさの違い、などなどです。
●鼻が真っすぐか、鼻が曲がっていないか、鼻が低くなって広がっていないか???.
●くちびるの歪みが起きていないか。
●ほほ骨のハリが出っ張っていないか。
●エラのハリが大きくなっていないか。
●エラの部分が左右が違う。
●前頭部のおでこのハリ。
などなどが顔の異常状態で起きていますから検査することで正確に判断して変えると顔が小さくなっていきます。

院長がすると顔を揉んでいるだけで顔が小さくなるということが、本当だからです。

当院の小顔矯正を受ける時には、条件があります。その条件とは、自分の顔を触っておぼえておくことです。
顔を触っておぼえることは、簡単ではありません。簡単に考えて触る方ほど、いくらどんなに顔を小さくしても分からない方がいます。このため、当院ではある程度わかりやすい触り方を伝授しますから、しっかり触っておぼえて下さい。

その顔の触り方とは

写真のような触り方で顔を触って下さい。
顔を触ったら、今度は同じ位置で左右差を感じるようにしていきます。人の顔は歪みや左右が必ず違います。この左右差を感じるように、わかるように触ることが、脳を働かせることになります。脳が働きと感覚神経を動員できて、変化が良くわかるようになるからです。

小顔矯正とは

最近、自分でも気が付いていない方が多くいますが、多くの方は眠りが浅くなっています。眠りが浅い方ほど、脳疲労が起きています。脳疲労が起きていると感覚神経の働きが低下してしまいます。つまりわかるものもわからなくなると言う現象が起きてしまいます。
大変なことが体に起きていても自分では判断できませんので、進行しても分からなくなります。この現状は年齢に関係なく起きています。

当院で小顔矯正をして、院長が顔が小さくなったから触ってみて下さいと言っても、わかりずらかった方、わからなかった方はこの問題に関係しています。
院長は嘘や誇大には言いません。顔が小さくなったから小さくなりましたよ、と言います。
当院の小顔矯正は、初回から必ず、小顔になることができます。
小顔矯正をしていくときには、矯正法として、2つあります。
一つは
①体調を上げていく事で、小顔矯正で顔が小さくなる方法と
もう一つは
②体質改善で小顔矯正をしていく方法です。

初回は
●初回にする小顔矯正は、①の体調を上げて小顔矯正をして顔を小さくしていきます。体調と言うのは、誰でもほとんどの方にある、疲れやストレスの蓄積を減らしていく事です。
体や顔に疲れやストレスが、たまると、顔は浮腫みやブヨブヨしたりします。
疲れやストレスがたまっていない方はいません。誰でも疲れやストレスはたまっています。普通は疲れやストレスがたまると、自分で気がつきますが、気がつかないほどの多くの疲れやストレスがたまることがあります。
小顔矯正と疲れやストレスと言うのは、関係がないようですが、綿密な関係があります。
と言うのは、疲れやストレスを少しでも減らしていかないと、小顔矯正をしても効果が少なく、また、戻りが多くなるからです。
今まで他院で小顔矯正を受けた方が来院されると、多くの方が、簡単に、小顔矯正をしていることに、おどろく方がいますが、当院では普通の事です。
他院で小顔矯正を受けたけど、効果がないと言う方も来院されますが、当院では基本的な状態を把握して小顔矯正をしていきますので、小顔になることができます。
基本的な状態とは、疲れやストレスの蓄積度合いです。
疲れやストレスも多くなれば多くすることができます。際限なんく限界なくたまるのが疲れやストレスです。
多くの他院では、小顔矯正と言うと顔だけと言う事ですが、体や頭にも疲れやストレスが多くたまります。
当院でも初回の小顔矯正をするときに、小顔にしていかなければいけませんので、初回は、顔だけを触って小顔矯正をしていきます。

2回目からは、顔を触るか、体を施術して小顔矯正をしていきます。顔を触らなくても、体から施術する事でも小顔になるからです。
どうして体しか触らないのに小顔になるのかと言う事がありますが、体は顔にも影響していると言う理由です。

小顔矯正をしても

小顔矯正をしても体調が悪ければ、歪みも多く起きています。歪みが起きていると、小顔矯正をしても小顔効果が半減してしまいます。
小顔になっても、顔が疲れた顔をしている、老け顔、目の下のクマ、顔色が悪い、お化粧のノリが悪い、肩こりがある、腰痛、腰の痛み、頭痛、生理痛などがあると顔に出てしまいます。
体の不調は、顔に即、反応して出てしまいます。
※小顔矯正をしても体力がない方はダルクなる場合があります。小顔の変化に体力がないとダルクなります。ダルクなる方は、当院で体力を上げていく必要があります。体力を上げていく施術でも、小顔になっていきますが。

蓄積疲労と小顔矯正

顔が小さくなる小顔矯正は、当院の特徴の一つです。
顔が小さくなる小顔矯正をするときには、ボキボキしない痛くない矯正をしている当院へ。
小顔矯正をするときに、無理に押さえつけたりしませんので、安心の小顔矯正をしています。
小顔矯正を初めて受ける方も、他院で受けたことがある方もいると思いますが、当院の小顔矯正は、効果の違うし、持続も抜群です。
他院では効果がないと思った方や、小顔が続かないと悩んでいる方も多いと思いますが、当院の小顔矯正はこの両方を兼ね備えている小顔矯正をしています。

矯正は

保険は効きませんが、小顔矯正で保険が効く所はないと思います。と言うのは小顔矯正は病気ではないからです。
エステみたいにクリームを顔に塗ったりすることはありませんが、そして電器や機械も使いませんが、当院では手のみで変えていく小顔矯正をしています。
クリームを表面に塗っても、体の歪みがあると、本当に塗っただけになります。

顔を小さくすること

顔が小さくなることは色々な面から見ていくようにしなければなりません。
ただ、顔を小さくしていく施術だと持ちません。効果も出にくくなります。
どうして顔と歪みが関係があるのか??
最近多くの方が顔の歪みが起きています。顔の歪みこそ体の状態に関係しています。
歪みが起きていると肌の荒れ、顔色が悪くなっています。お化粧のノリも悪くなります。
初回は
初回は、顔を触って小顔にしていきます。本当は体の歪みから整えていきたい所ですが、目的が小顔矯正なので顔から変えて小さくしていく事をしないと納得してもらえませんので。
とにかく初回は顔を小さくしていく事をしますが、小顔矯正も初回から変わりますが、できたら数回は受けて下さい。

と言うのは初回から変わりますが、もっと変える事ができるからです。小顔矯正で顔が小さくなる、アゴのラインをスッキリさせる、頬骨矯正、輪郭矯正、体重よりも見た目から体を細くする矯正、ウエストがクビレてくる矯正などがあるからです。
もちろん、小顔矯正を1回だけでもOKです。

体質改善で小顔矯正

当院には体調と体質改善と言う施術があります。
体質改善と言う矯正は体の中から変えて強くすることで持続性向上や維持しやすくする方法です。
顔をさらに小顔にする事も可能ですし、顔だけではなく浮腫み、脂肪も減っていきダイエット効果もあり、それだけではありません。変わらない体を変えていくことができますが、一遍にはできません
そして小顔矯正をうける時には期間を変えると体を直せなくなります。
どうしてかと言うと毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れがたまっていくからです。

それでは、前へ進むことができません。
せっかく、体を変えるチャンスなのに!!
初回から数回にわたってする小顔矯正は、体調段階で変えていく小顔矯正をしています。
数回目で体調が良くなると、院長から体質改善の施術に入れますが、どうしますかと言います。

体調で小顔矯正をするのと、体質改善で小顔矯正をするのとでは効果と持続力が全然違います。
●体調でする小顔矯正は、多少戻りがあります。
●体質改善でする小顔矯正は、戻りが一番少なく変わり方も大きくなります。
体質改善の施術は体を直していく方法で小顔矯正をしていくので、効果と持続時間があります。

2020年12月24日

整体とは


整体とは、歪みが起きた体や骨盤、背骨の歪みを整えていく事で、色々な症状を改善することが目的の手技です。手の技(わざ)で背骨や骨盤の歪みを整えていく事をしています。手の技で体を整えていく事が整体なので電器や機械は使いません。電器などは整体院以外でもしています。電器は整体院に行かなくても割安な保険が効く所でしています。

腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みを整体で

痛みやコリは、必ず、疲れやストレスが体内に蓄積して起こります。

整体とは

整体の適応は色々ありますが、ストレス解消、腰痛、腰の痛み、肩こり、肩がダルイ、肩が重い、疲れやすい、ダルイ、生理痛、便秘、下痢、首の痛み、首のコリ、頭痛、片頭痛、頭がボーっとする、寝つきが悪い、眠れない、夜に目をさます、夢ばかり見る、寝ながら考え事をしている、、股関節の痛み、膝の痛み、冷え、めまい、貧血、足がツル、足のツリ、背中の張り、背中の痛み、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、足のシビレ、足の痛み、尿漏れ、外反母趾、イライラしやすい、自律神経失調症、更年期障害、うつ、パニック障害などなどが適応症です。このほかにも色々ありますのでお電話で相談してください。

そして小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、エラのハリを減らす矯正、頬骨矯正、ウエストがクビレてくる矯正、体重よりも見た目から体を細くする矯正をしています。

当院の整体療法は

電器などで できない歪みを整えていく施術をしています。

当院も初めは色々な低周波などの電器を使用していました。 電器の意味も分からずに低周波の電器をしていました。しかし、あることが切っ掛けで一切の電器を処分しました。このあることが重要な意味を持ちます。

低周波などの電器は、痛みやコリを直しているのではなく散らしてわからなくしているだけです。この事を原因を解消することなくしている施術になるので対症療法と言います。整体の施術は、歪みを整える事が目的で健康にしていく事をするわけですが。テクニックを上げる事よりも、一番の手っ取り早い電器に走ることが多くなっています。

どんな良い電器も体を直すことはできません。以前あるメーカーが家庭用低周波治療機を発売しました。爆発的な売れ行きでしたが、数年ですたれてしまいました。この家庭用はコンセント式ではなく、乾電池式でした。しかし、電機でも、電池でも出力が違うだけで、ほとんど変わりないから、あてている時だけだから低迷していきしました。

整体院以外でも、痛みやコリの原因はわかっていないのが現実です。痛みやコリの原因は簡単ではありません。ある方が痛みやコリを訴えて来院しても病理検査(レントゲン、尿検査、血液検査など)で異常がなければ わからないと言う事です。もし病理検査で異常があればわかりますが、この時点で、もう病気になっているからわかった訳ですから。

病理検査で

異常が見つかるときには、もう病気になっています。

痛みやコリは歪みから起きるとういうのは、整体の原理です。整体の施術以外では歪みはわかりません。整体と言うのは業界です。整体業界ですが、施術法の名前でもあります。

しかし、腰痛、肩こりなどでは、病理検査をしても、多くの場合、異常は出てきません。と言うのは病気ではないからですけど。あくまでも、病院に行って検査して見つかるのは病気になったからです。

それまでは、病気ではありませんので。

しかし、本当のことを言えば、根底にあるものは積み重ねです。色々なものを積み重ねると、いつかは、病気になっていきます。これは誰でも進行していきます。しかも、年齢以上に内臓年齢が多くなると、近づいていきます。

当院の整体の施術は、痛みやコリの原因が歪みから起こると言う事でしています。しかし、この歪みが起きるのは、本当は内臓疲労から起きています。多くの場合は、弱い内臓に疲れやストレスがたまって歪みになります。

整体と言うのは歪みが起きた体を整えていく事です。歪みが起きたのは歪みが起きた原因があります。

電器などの対症療法で抑えていないで原因があります。この原因から改善することをしています。

痛みやコリがないときも歪みが起きています。体は歪みやズレを起こして、痛みやコリになっています。その歪みやズレを整えていくのが整体という施術です。 体を整えていく整体の施術で、歪みやズレを矯正しで痛み解消することをしています。

整体と言うのは歪みが起きた体を整えていく方法です。痛みやコリなどの体に不調状態が起きている時には、必ず歪みが起きています。この歪みを矯正して整える事で色々な症状が改善させて楽になっていきます。

骨の歪みは、内臓にたまる疲れやストレスから起きています。

●内臓と言うのは食事に関係なくたまります。脂っこいものを食べ過ぎると胃が持たれたりしますが、同じ食事をしても、胃のモタレが起きないこともあります。これは胃に疲れやストレスがたまっているせいです。胃の疲れやストレスを軽くしていかないと、もっと胃炎が起きたり、胃の壁がただれたりすることも起こります。この時には肩甲骨の真ん中付近の肩から数えて5番の骨がズレを起こしています。

●アルコールを飲んでだけが肝臓の働きを低下させるものではありません。同じ量のアルコールを飲んでも悪酔いしないこともあります。肝臓の働きが低下して弱っていると肌荒れ、ニキビ、吹きでもの、顔が黒くなる、顔が日焼けしたように赤黒くなることも、そして疲れやすくなります。肝臓が疲れた時に背骨の8番目がズレを起こしています。8番目の位置は胃の後ろあたりのズレになります。

●塩分の取り過ぎだけが腎臓の働きを低下させるものではありません。腎臓の働きが低下して弱くなると腎臓に関係する筋肉バランスが悪くなって腰痛、腰の痛み、ギックリ腰が起こります。腎臓に関係する背骨の位置は腰の少し上のあたりがズレています。

整体をお勧めする理由

整体で体を整えていくのは理由があります。この理由の為、ほかの施術よりも整体の効果の方が大きくなります。
整体院によって施術の方法なども違いますが、施術の得意分野などは様々です。そして、整体と整骨院やマッサージとの違いがあります。

病院とマッサージ、整骨院、鍼灸などと整体の違いは前者が保険適応で、整体は保険が効かないと言う事ですかね。
しかし、保険が効くところがあるのに、なぜ、整体などがあるのかと言う事に理由があります。

●病院では主には外科ですがレントゲンが撮影できます。主には骨折、外傷(ケガ)、注射、湿布をもらう事が出来ます。腰痛、腰の痛み、肩こりなどは注射や薬、湿布、電機などで対症療法的に改善しています。

●整骨院さんは施術項目が決まっています。骨折、打撲、脱臼、捻挫です。低周波などの電器や揉むことで対症療法的に痛みがある所を改善しています。

●マッサージさんは癒し、筋肉の疲労やコリに対して対症療法的にしています。低周波などの電器を当てて対症療法をしている場合が多いようです。
●鍼灸さんも良い施術だと思いますが、ツボに原因があると言う事で施術しています。

※対症療法とは、痛みやコリなどの、ある所に施術していく方法です。痛みやコリを感じている所に、何らかの機械、電気を当てたりすることです。原因などや歪みは関係ありません。

2020年12月04日

骨盤矯正で小尻に


当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが当院の骨盤矯正はボキボキもしたりしないし痛くもない骨盤矯正を心がけて小尻にすることをしています。

骨盤矯正をしていくときには院長である私自身が骨盤を矯正していきますが 本本当に痛くもない電気や機械を使うこともしない 骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正をしていくときには 初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますので始めから骨盤が小さくなりますから小さくなったのがよくわかるように骨盤矯正をする前に触って覚えてもらうことをしています。

骨盤矯正をして行く時には必ず全員の方にしてもらうことがありますので骨盤矯正に入る前にご自分の骨盤の幅を覚えてもらうようにして骨盤矯正に入っていきます。

骨盤の幅を変えて行くことができるので人気がありますが骨盤矯正というのを多くの方がわかっていません。

骨盤矯正というのは

骨盤矯正と言ってもただ骨盤が小さくなったりこ尻にすればいいと思ってくる方が多くいますので骨盤矯正の本当の意味を知ってもらうために説明していきたいと思います。

骨盤矯正というのは骨を変えることです。

骨を変えるというのは骨を取り替えることではなく本来の時代を小さくすることができれば小尻になることができるわけです。

しかし骨盤の骨である 物を小さくすることができるのかということになりますが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると今まで多くの骨盤矯正に訪れた方の全員が骨盤に何らかの異常を持っていました。

この異常状態を矯正で整えていくことができれば骨盤が小さくなり骨盤周辺にできてしまった脂肪やむくみなども解消していき骨盤が引き締まっていくということで骨盤が小さくなり小尻になることができます。

骨盤の異常状態というのは骨自体が炎症を起こしたり腫れたりということで変形している方が多くなっているからです。

骨が炎症を起こしたり腫れたりということで変形するということは普通は起きるものではありませんが検査することで確認できたものがありますから確認してみると本当に骨が炎症を起こしたり腫れたりしている方ばかりです。

骨の炎症や腫れを正常状態に戻すことができればそれだけでも骨は小さくなり変形が解消されていくと本当に骨盤が小さくなるということがあります。

何も異常がない骨を矯正して小さくすることができるわけではありませんしそんな事は現実にしません。

骨が炎症を起こしたり腫れたりしていくと本当に骨が変形して肥大していくということで骨盤が大きくなりお尻が大きくなるということがあります。

普通では骨盤の炎症や腫れというのは現実味を帯びていませんし考えられないことなんですが最近は多くの方が骨盤の骨が肥大しながら変形しているという状態が本当に起きています。

骨盤矯正は

普通の骨盤矯正というのは骨盤周辺の脂肪やむくみなどを解消したりすることでも骨盤が小さくなり小尻になることができますが 検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きは誰でもある現象です。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると 骨盤が大きくなって循環が悪くなったりリンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まったりすることも起こります。

骨盤の歪みは骨盤の開きを整えて解消していくだけでも骨盤が小さくなっていくことはありますが最近は骨盤の歪みや骨盤の開きだけで骨盤が小さくなることはなく、それ以上のことが起きている骨盤が多く見受けられます。

骨盤の周辺のむくみや脂肪というのは骨盤が歪んだり言葉が開いたりすることで多くなっていきますので 股関節の出っ張りなども関係して骨盤が大きくなってしまいます。

骨盤の矯正をしていくだけでも骨盤が小さくなっていく子言葉の周辺にできてしまった脂肪や浮腫みが解消される場合も多くあります。

当院の骨盤矯正は

当院の院長である私が骨盤矯正をしていきますが骨盤矯正をしていくときには骨盤の検査をすることを重要視して骨盤の矯正にあたります。

骨盤の検査をすることを重要視していますので検査をしてみると骨盤の歪み骨盤の開きだけではなく骨盤の骨自体に炎症や腫れがあるということがわかります。

普通では骨盤の骨自体が炎症を起こしたり腫れたりということはまずは起こりませんが最近は多くの方が骨盤の炎症や腫れということが起きていて骨が変形したり肥大したりという方が多くなっています。

骨盤の骨が炎症を起こしたり腫れたりしていると骨盤が大きくなっていきむくみや脂肪が溜まって多くなり循環も悪くなります。

どうして骨盤の炎症や腫れがあるのかということも原因がありますのでその原因から見つけ出して改善していくことをすると骨盤の骨が正常に戻っていき正常に戻ると骨盤が小さくなるということがあります。

当院では骨盤矯正をしていくときには骨盤の検査をしていますので骨盤の炎症を起こしていたりハレたりすることがどこに起きているのかどうして起きているのかということを見つけ出すことができます。

何も原因がなくて骨盤の骨が腫れたり炎症を起こしたりして肥大したり変形したりすることはありませんし骨盤に炎症や腫れがあると骨盤自体が形が変わってしまい変形するということが最近多くなっています。

骨が炎症を起こしている方や腫れている方は自分でも確認することができますので畳などをの硬い上にまっすぐ寝てもらうと骨盤の上側を触ると形が違えば片方だけが出っ張っていたり大きくなっていたりということが自分で確認することができます。

骨盤の歪みでも多少は骨盤がずれたりしていますので形が違うということがありますが、この形というのは位置が違うだけですから骨が大きくなったり一代したりということではありません。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をしていくときには当院ではボキボキもしないしたくもないし怖くない骨盤矯正をしていますのでマッサージをするような感覚で骨盤矯正を受けてもらうことができますがマッサージではありません。

骨盤矯正を普段からしている専門家の先生が見てもマッサージをしているようにしか見えませんがマッサージをするようにしているだけで骨盤が小さくなり骨盤が歪んだり開いたりしている骨盤が矯正できていきます。

当院の骨盤矯正は誰が見ても特殊な骨盤矯正ですからマッサージをしたり骨盤を揉んだりしているだけで骨盤が小さくなっていきますが体マッサージをしているわけではなくもんだりしているわけではありませんし特殊な治療をしていますからできるからマッサージをするようにして骨盤が整って来ることができます。

マッサージをするような感覚で揉んだりしているだけで骨盤の治療ができるので人気があります。

何回もいいますがマッサージではありませんしただ骨盤矯正と言っても骨盤だけを矯正すればいいというものではなく内臓の状態も検査せて内臓に溜まった疲れやストレスを減らしていくことで内臓を元気にしたりすることをしていかないと骨盤矯正をしてもまた戻りやすく歪みが起きます。

骨盤矯正と言っても 骨盤だけが関係するものではなくその中に入っている内臓の状態も関係しますので病気ではない状態で 骨盤の歪みや骨盤の開きになっています。

骨盤が歪んだり骨盤の開きが起きる時には内臓に疲れやストレスが溜まっていますので内臓と言っても即何でもかんでも病気というのを考えることなく内臓に疲れやストレスが溜まるということで骨盤の歪みは骨盤の開きになります。

小倉南区で 骨盤矯正 が 人気があります

2020年11月25日

肩こりを楽にするなら


肩こりを楽にする為には筋肉のコリから改善。

肩こり

日常的に肩というのは 足よりも多くを使っていますので、いつもいつも使う筋肉ですから 筋肉も疲れたりストレスを溜めたりということが起こります。

体に疲れが溜まったストレスが溜まったと簡単に言うように疲れやストレスというのも筋肉にたまって蓄積することが多くあります。

筋肉に疲れやストレスが溜まっていくと筋肉が硬くなりますので硬くなればなるほど リンパの働きを悪くなって老廃物が多く溜まり循環が悪くなっていきます。

何も原因がなくてリンパの働き悪くなったり老廃物が溜まるということはありませんので、その原因は筋肉の疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスというのは軽るいうちに改善していくようにしないと、つもり積もれば限界な靴持って行きますので積もったものが肩こりとして起きていきます。

疲れやストレスというのは限界なくを蓄積していきますので 多くしてしまえばしまうほど多くなります。

肩こりというのは

肩こりというのは大変多くの方が感じている症状ですが ほとんどの肩こりを改善しているという治療が対症療法的な治療が多くあります。

対症療法という治療は原因なんか見つけることなく コリを起こしている部分に対して何かをするという行為です。

一番簡単な対処療法というのが湿布を貼るということです。

肩こりと言うと湿布を貼る方が多くありますが冷たい湿布でも温かい湿布でも 原因がどこにあるのか原因がどうして起きているのか肩こりがどこから起きているのかということを見つけることなくただ湿布を貼ることばかりに専念しています。

湿布を貼ってしまえば楽になる肩こりもありますが どうして肩こりが起きているのか原因を見つけることをしていません。

肩こりには原因がありますから湿布を貼って楽にすることばかりしていれば一時的に楽になることもありますが原因はどんどん進行していきます。

肩こりを起こしている原因が進行してしまうと 湿布を貼っても効かないということも多くなります。

なんでもかんでも原因を見つけることなく湿布を貼ったりしていると単純に捻挫などではありませんので肩こりの原因を見逃す結果になることもあります。

湿布以外の治療では

湿布を貼ること以外で治療するには家族の方や専門家のマッサージの方に肩を揉んでもらうということがあります。

家族やお孫さんなどや 夫婦間で肩を揉んだりしているという方もありますがこの場合も原因なんかを見つけることなく楽にすることばかりしているのが桃ということです。

どうして筋肉が凝りを起こしているのかということを見つけなければいけないのに単純に筋肉を揉んでしまえば楽になることもありますので、そればかりしていて原因の発見を遅らせることになります。

単純にマッサージをしたり筋肉を揉むということはリンパの流れが良くなって老廃物が流れていき循環が良くなるということはあります。

循環を良くしてしまえば 肩こりが楽になることもありますが 肩こりというのは原因があると説明しているように 原因の発見を遅らせる結果になります。

原因を見つけ出して原因から改善していくようにしないと肩こりは繰り返しやすく肩こりとして感じていないでも原因はいつまでもそのままではありません。

肩こりがひどい方は病院などに行って注射を打ってもらうということも時々聞きますが注射というのは痛み止めにしかなりませんので痛み止めをしていると楽になることもありますが原因を見つけ出すことを遅らせることにもなります。

痛み止めと言うと頭痛薬や生理痛などの痛みを楽にする方法で痛み止めの薬を使うということはありますが肩こりや腰痛などにも効果があることもありますがそんなことばかりしていると原因の発見を見つけることが遅れていきます。

肩こりを楽にすること

肩こりを治すということと肩こりを楽にすることは違います。

対症療法という方法は肩こりを楽にすることはできるかも分かりませんが肩こりを治すことはできませんし代表的なものがマッサージや湿布を貼ったりという行為ですがさらにもう一つのことがあります。

もう一つのことというのは多くの治療院で設けている方法なんですが低周波治療器やその他の電気を使うということです。

当院でも昔は低周波治療器やその他の電気、レーザー光線などを使って肩こりを楽にすることをしていました。

ある時、低周波治療器やその他の電気を研究することをしていきました。

例えば低周波治療器というのはどんなことをしているのか。

低周波治療器というのは 低い周波数の電気をプラスからマイナスに流して 筋肉に刺激を与えるているだけです。

電気というのはプラス端子からマイナス端子へ電流が流れていきますが 低い周波数の電気を流すことで筋肉をほぐしたり柔らかくするという目的で開発されたのが低周波治療器なんですが低周波治療器というのを与えると筋肉疲労を起こし一時的に循環やリンパの働きが 改善されますがまたすぐに筋肉疲労が戻っていきます。

しかしさらに低周波治療器をすると筋肉疲労が起きているということも分からなくなって神経が麻痺するということが起こります。

神経が麻痺段階まで起きると肩こりを感じません。

神経が生きているから肩こりとして感じます。

神経が働かないぐらい 低電流を流していると 肩こりを起こしていても肩こりを感じなくなります。

肩こりを感じないくらい神経が麻痺していくと肩こりが治ったと言っていることが多くあります。

肩こりを麻痺させて感じなくしても原因は残ったままになっていますから原因もいつまでも同じままではなく肩こりとしてではなく形を違えて出てくることが多くあります。

肩こりとは

肩こりとは筋肉にも疲れやストレスが溜まりながらさらに多くの数倍以上の疲れやストレスは内臓に蓄積していきますが内臓といっても病気という理由をではありません。

内臓の病気で肩こりが起きるということもあるでしょうが当院で治療する肩こりの原因は内臓の病気ではなく内臓に溜まった疲れやストレスが原因です。

毎日毎日生活しているだけでまた仕事をしているだけでまた寝不足などをしているだけで眠りが足りない状態で疲れやストレスは肉体に溜まっていきます。

体に多くの疲れやストレスが溜まってその蓄積がどんどん多くなって行けば行くほど疲れやストレスの蓄積度合いから弱い内臓に溜まっていきます。

自分の内臓のどこが一番弱いかで起きる症状が違いますから腰痛に関係する内臓に多くの疲れやストレスが溜まるとぎっくり腰を起こしたり腰が痛くなったり腰痛を起こしたり椎間板ヘルニア起きたり坐骨神経痛になります。

肩こりを起こしやすい方また肩こりを繰り返しやすい方は肩こりに関係する内臓に疲れやストレスがたまりやすくなっています。

肩こりに関係しやすい内臓に疲れやストレスが溜まると 弱い内臓はどんどん老化が急速に進行していきます。

老化した最終形態が病気につながっていくことも多くありますので病気になるためには今すぐなるものではなく半年かけてなるものでもなく1年や3年でなることもなく8年や10年や20年かけながら細胞の変化が行われて最終的には病気に繋がっていきます。

細胞の変化が完成する前か完成した後でないと病院で検査しても異常反応は見つからず健康と言われます。

定期検査をしている方が1年前は正常だったものが1年後には数字に異常が出るというのは大変、おかしな話です。

そんなに急速に細胞の変化が行われるのかということがあります。

 

小倉南区 で肩こりが楽になる。

2020年11月25日

腰痛、腰の痛み


当院では腰痛を原因から見つけ出して楽にして行くことをしています。

腰痛の原因を見つけ出して楽にしていくためには 骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレなどを矯正して整えていくことをしなければ本当の意味で腰痛を楽にすることはできません。

腰痛、腰の痛みと低周波治療器や電器

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。

骨盤の問題や 背骨のズレがある時に 重たいものを持ったりすることで 体が支えられない姿勢をすると腰痛になったりぎっくり腰になったり更に悪化したものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と言われます。

腰痛が起きる時には骨盤の歪みや骨盤の開きが必ず起きていますので 普通一般的に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあってもあまり痛みはありません。

骨盤の歪み、骨盤の開き そして背骨のズレというのは程度があります。

骨盤の歪み・背骨のズレの程度

程度というよりも骨盤の歪みなどが大きくなったり小さくなったりしています。

普段から骨盤の歪みが一定で固定された方はいませんので骨盤の歪みが大きくなったり小さくなったりして変化しています。

骨盤の歪みなどが小さい時にはあまり症状も感じませんしなんか動きづらいなとか固いなとかいうことを感じるくらいです。

しかしあるものが体に多く蓄積していくことが原因で 骨盤の歪みがさらに拡大されて大きくなっていくと何かをしたきっかけで 強い痛みが起きていきなかなか治らなくなっていきます。

あるものが体に蓄積していくことが原因ですがそのあるものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは限界なくまた際限なく蓄積していきますので蓄積すればするほど貯まれば溜め込むほど歪みが大きくなります。

疲れやストレスというのは大変多くの方に起きていますのでないという方はいませんから骨盤の歪みがないという方はいません。

骨盤の歪みがあると腰の痛みで感じなくても生理痛は生理不順が起きたりすることは知られていますし便秘なども関係していますし 膀胱炎を繰り返す形また繰り返しやすい方などは骨盤の歪みが原因で繰り返したり起きやすくなっています。

腰痛で起きるのかということがありますし生理痛や生理不順でも起きてしまいますし生理痛などでも腰痛が起きるということは知られていることです。

内臓も腰痛の原因

これも全て骨盤の歪みや骨盤の開きが原因と 関係するということは言えると思いますが生理痛や生理不順などはこれだけではありません。

普通一般的に疲れやすいですがたまったと簡単に言いますが疲れやすトレスというのはどこにたまるのかということが原因になっています。

疲れやストレスは体に蓄積していくものですが 筋肉にも疲れやストレスを溜まっていきますが筋肉よりさらに 多く疲れやストレスが溜まる場所があります。

疲れやストレスをためる場所は内臓です。

内臓と言っても病気と言っているわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まると言っているわけですから病気と考えるのは 違います。

普通一般的に我々は生活をしたり仕事をしたりして疲れやストレスを置くためていき日常的にも生活的にも色々な多くの疲れやストレスが存在して行きます。

腰痛、腰の痛みとは

この疲れやストレスの蓄積というのがつもりつもって 腰痛の原因になっていきます。

疲れやストレスも 軽いうちは骨盤の歪みも小さく腰痛を起こす原因では ありません。

毎日毎日の生活の積み重ねが多くなっていきますが眠れている方はこれを減らすことができます。

しかし最近の方は眠れているようで眠れていないというのが現実ですから眠れていないと疲れやストレスは多くなるばかりです。

疲れやストレスを眠ることで減らすことができるのに眠れていないから縁ことはなく減らないどころかどんどん大きくなっていきます。

疲れやストレスが多くなればなるほど骨盤の歪みが大きい背骨のズレも大きい筋肉、靭帯のバランスが悪くなっていきます。

腰痛を起こす原因として知られている内臓というのは腎臓です。

腎臓疲労が

腰痛を起こしてる方は腎臓の位置を触ると腫れていたり大きくなったりパンパンに張っているということが分かるという方までいます。

腎臓が炎症起こしたり腫れたりまたは弱ったりすると 大腰筋と腸骨筋という2代筋肉に影響を出してしまい骨盤の歪みが大きくなっていきます。

腰痛を起こした患者さんが来られると腎臓が原因かなと思うくらいですから腰痛=腎臓という関係が成り立ちます。

まとまりに関係するのは膀胱や子宮や 前立腺が関係することもありますが腰痛の8割は腎臓が関係して起きていることが多くあります。

腎臓に疲れやストレスが溜まりやすいという方がいます。

腎臓に疲れやストレスが溜まりやすいから腰痛になります。

腎臓に疲れやストレスがたまらない固まりにくい方は腰痛を起こしません。

どうして腎臓に疲れやストレスが溜まるのか。

腎臓に疲れやすいですがたまりやすい原因は弱いからです。

腎臓が弱いから疲れやストレスが溜まりやすくなります。

弱い腎臓を強くしていくことができるのが体質改善という施術になります。

多くのぎっくり腰というのは腎臓が深く関係して起きていますが腎臓の弱い方が疲れやストレスを腎臓に食べてしまうことで骨盤の歪みが大きい腰痛になっています。

急な痛みは湿布を貼ってもしばらくすると楽になることもありますしマッサージをしてもしばらくすると腰痛が楽になることもありますしてー周波治療器などを当てることでもしばらくすると腰痛が楽になるということもありますし病院に行って痛み止めの注射をしても急激な強い痛みは楽になることがありますが多くの場合は骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きたままになっているという方が多くなっています。

そしてさらに最近、普通では起こらないことが起きています。

普通では起こらない起きないことというのは骨盤の骨が炎症を起こしたり腫れたりまた骨自体がじゅくじゅく状態になっているということで痛みになっている場合です。

普通は骨が炎症起こしたり腫れたりまたじゅくじゅくすることまで起きるということはありませんが眠りが浅い形が異常に多くなっていますので眠りが浅いと普通では起こらない普通では起きないことが起きてしまっています。

夜寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで起きないから寝ている自分は違うと思うかと思いますが頭を触ってみるとすぐに違いがわかります。

眠れている頭というのは柔らかいと言うか硬いと言うか中間タイプでしっかりしている状態という言葉が適切なくらい頭がしっかりしています。

しかし眠れていない方眠りが浅い形というのは頭を触ると ブヨブヨしていたり非常に固くなっているということが見受けられます。

頭を触ると言いましたが簡単に触っている理由はではなく感じようとしないと分かりにくいと思いますが院長から指導されて触ってみるとわかるという方までいます。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで脳がどれくらい夢を見るというよりも寝ながら考え事をしている睡眠をしているかということになります。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのが一番最低最悪の睡眠ですから最低最悪な睡眠が多くなればなるほど骨盤の歪みや背骨のズレが起きているということは不思議なことではありません。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていても目が覚めた瞬間に全て忘れてしまうことができるのが寝ながら考え事をしているという睡眠です。

忘れてしまうため自分は寝ていると勘違いしてる方が多くなっていますので異常なほど体調が落ちてしまっている方が多くなっていますが眠りが浅いということは脳が弱っていきますどうが弱るということは脳麻痺が起きていきますので脳マヒが起きれば痛みやコリを感じないということもありますし体調の悪さをわからなくなっていきます。

小倉南区で腰痛を原因から楽にして行くことをしています。


2020年11月25日

肩こりを楽に


肩こりを楽にしていく時には筋肉のこりからほぐして楽にしていくことをしていきます。

肩こりを楽にして行く時には筋肉の問題を改善していかなければ肩こりを楽にして行くことはできませんので筋肉のコリから改善して肩こりを楽にしていることをしていきます。

肩こりとは

しかし筋肉のコリということを言いましたが筋肉のコリというのはどういうことでしょうか。

筋肉のコリという日本語は意味不明な言葉ですから筋肉のこりというのを簡単に分かりやすく説明していくと筋肉が緊張している状態のことを筋肉とこりという感じだと思います。

筋肉が緊張して筋肉のコリになって肩こりとして感じてしまうわけですけどどうして筋肉が緊張したり筋肉のコリが起きるのかというわけになります。

肩の筋肉というのは、いつも使うことが多く日常の生活上でも使いすぎているぐらい肩を使うことがあります。

毎日の生活で肩や腕を使うことが多くありますから肩や腕も毎日の生活で使うことで疲れやストレスを溜めていきます。

重たいものを持ったりしなくても 肩の筋肉や腕の筋肉は疲れをためていきますので連続使用において疲れやストレスが抜けなくなって行きます。

筋肉の連続使用が肩コリに

車の運転をしている時に肩や筋肉を動かすことというよりもハンドルを維持することで肩や腕に力が入っていますので肩や腕に力が入ることが筋肉疲労につながって肩こりになります。

荷物など思っても重たいものを持たなくても維持する力というのが大変働いていますので維持する力が筋肉に伝わっていきますから筋肉疲労を起こし疲れやストレスが筋肉にたまっていき肩こりになります。

軽いものを持つことでも維持する力は使っていますので維持することで肩や腕の筋肉が疲れをためていき肩こりになります。

勉強をすることでもものを書くことをしますので物を書けば書くほど肩や腕を使うことになりますので肩や腕を使うことで筋肉疲労が起きて肩こりになります。

スポーツをすることでも肩や腕を使っていることが多く見受けられますので肩や腕を使うことで筋肉疲労が起きて、疲れやストレスが溜まって肩こりになります。

最近は多くの方がスマートフォンを扱っていますのでスマートフォンを扱うことで肩や腕の筋肉が自然と入っていますので肩や腕の筋肉を使うことが負担になって連続使用により疲れやストレスが抜けないうちにまた次の疲れやストレスが溜まっていきますので、その筋肉疲労が肩こりになります。

仕事でも多くの方が肩や腕を使っていますのでデスクワークなどが特徴的ですがデスクワークで肩や腕の力が入れば連続使用において 抜けないうちに疲れやすレスが溜まっていき肩こりになります。

肩こり

美味しい食事を作る時でも肩や腕を使うことが多くありますので包丁で物を切ったりする時でも肩や腕を自然と使うことをしていますので肩や腕を使うと筋肉疲労が起きて肩こりになります。

掃除をする時でも力を入れないと掃除機を動かしたり雑巾を動かすことができませんので肩や腕を使えば使うほど筋肉疲労は知らない間に溜まっていきます。

筋肉疲労が起きて肩こりになります。

筋肉疲労が肩こり

肩こりと言うのは毎日の生活や仕事でも多くの方掘り起こす物事をしていますのでその物事を意識しないと肩こりの原因になって積み重なっていきます。

肩こりを改善しようと思うなら肩こりの原因になっているものをした時に筋肉を癒さなければ肩こりになっていきますので筋肉の凝りが多くならないうちに肩こりを解消していく必要があります。

どうしても肩というのは仕事でも生活でも日常的に使うことが多くありますので 肩こりを起こしやすい性質があります。

筋肉に疲れやストレスが多く溜まってしまわないうちに肩こりを改善していくというのが基本的な姿勢になりますが同じことをしても肩こりを起こさない方がいるということを意識しなければいけません。

どうして同じことをしているのに肩が凝るのか肩こりが起こるのかということを見つけていくことが本当の意味で肩こりを治していくということにつながっていくと思います。

肩が凝る肩と肩がこらない方がいるということを考えなければいけません。

何かが違うから同じことをしても肩こりを感じる方も、肩こりとして感じない方もいます。

当院では肩こりの方がよく来院していますが検査することを重要視して筋肉のコリを見つけていくことをしていますしどこから筋肉のコリが起きているのかということを検査することで見つけながら改善することをしています。

肩こりを改善していくためには筋肉のこりからほぐしていくようにしていますが筋肉のこりも筋肉のこりだけで起きるということはあまりありません。

肩コリには背骨の歪みが存在する場合が多く見受けられますので 筋肉のコリがほぐれたら背骨の歪みも見つけて改善していくことをしなければいけませんが最近は体調の悪い形が多くなっていますので体調が悪いと歪みだけで起きているということはなく椎間板ヘルニアが起きているかたやまた特殊な事例として骨自体が炎症を起こしたり腫れたりという形まで出てきています。

最近は体調が悪い形が多くなっている現実がありますが4キロ変動や気温差なども関係してしまうし多くの体調を落としてしまう原因の一つとして考えられていることは眠りが浅いということです。

夜に寝ているようで眠れていない方が多くなっていますので眠れていなければ 体調が悪くなって歪みが起きてしまい歪みから筋肉の凝りが起こるという方が多くなっているということです。

夜、寝る時間になったらすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

眠るということは脳から眠らないと眠れていません。

体が横になってグーグー寝息を立てていても脳が緊張したりして夢を見るというよりも寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に多くなっています。

寝ながら考え事をしている睡眠の方は目が覚めた瞬間に忘れてしまいますが夢というのは目が覚める前に見ていますので夢は覚えていて寝ながら考え事をしているというのは意識として残ることは少ないようです。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしている状態になっていますが時間的なものも考えれば寝てすぐに寝ながら考え事をしている時間に入ってしまい朝近くまで寝ながら考え事をしてる睡眠になって目が覚める瞬間に夢を見ているという方が多くなっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳の部分に疲れやストレスを溜めてしまう脳疲労に繋がっていき脳が弱ると自律神経系は全て落ちていきますので自律神経において支配されている内臓も疲れやストレスを多くためていき背骨の歪み骨盤のズレになっていきます。

脳が弱っているのに脳が関係している自律神経系が正常な理由はありません。

脳というのは一番大事な中枢神経系ですから中枢神経系の問題は全て駄目になっていきますので中枢神経系の呼吸中枢がやられれば無呼吸になったりしますし 脳への血液が酸素の量が減っていきます。

脳疲労が強くなればなるほど限界なく強くしてしまいますので脳疲労が強くなった状態で起きるのは体調の悪さをすごく感じてしまうというよりも麻痺した状態になっていきます。

脳が麻痺していくと痛みやこりは感じにくく風邪もひかないような感じになってしまいます。

風邪の細菌やインフルエンザウイルスのウイルスが入ったら脳が元気だったら熱を上げて細菌やウイルスを減らすことをします。

動画元気だから熱を上げて細菌やウイルスを殺します。

脳が元気ではないと痛みやこりも感じませんし細菌やウイルスが多く繁殖していても何も起こりません。

自分の体調は自分がわかっているということが基本なんですが分からなくなっているということがわからない方がいます。

小倉南区 で 肩こり を楽にしていきます。

2020年11月25日

小顔矯正で小顔に


小顔矯正をする時には何をしたら顔が小さくなることができるのかどうすれば顔を小さくすることができるのかそして維持することや持続させることができるのかということが一番の小顔矯正をする時には問題になると思いますのでそれらを説明していきたいと思います。

小顔矯正


今まで多くの方の小顔矯正をして顔を小さくすることに成功していますが顔が小さくなっても維持することや持続する力を気にする方が多くいますので何をしたら持続させることができるのかどうすれば維持することができるのかということを説明していきたいと思います。

当院では小顔矯正をしていくときにはご自分の両方の手のひらを顎の部分に当てて そして手のひらと指全体を顔に密着させるようにして触ってもらうことをして顔の大きさや形や幅などを覚えてもらうことをしています。

この触り方は全員に対して やってもらっていますが簡単な方法のようで簡単ではありませんので鏡で見たり他人がメジャーで測ったりすることなくご自分の両方の手のひらが一番、信用があると思いますので 自分で触って覚えてもらうようにしていますが目で見て判断するものではなく感じようとしないと変化してもわからないという方までいますのでしっかりと触って覚えてもらうことをしています。

小顔矯正で小顔に

小顔矯正をする時に他人がメジャーなどで測ったりすると気づく測ったりゆるく測ったり位置が違ったりということがありますので嘘偽りがないし自分の両方の手のひらの感覚神経を大切にしていますので自分で変化が分かるように顔が小さくなったのが分かるようにしているのが当院の小顔矯正の特徴です。

小顔矯正の触り方は 顎の部分に両方の手首をくっつけるようにして触って手のひらと指を顔に密着させて触るだけなんですがこの時に一番、重要なのは手が浮いたり指が浮いたりすることなく顔に密着させることと左右差を感じようとして触らないといくらどんなに小さくなっても分かりませんし小顔矯正と言っても10 CM 、20 CM も顔が小さくなることはありませんから1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで変わっていきますのでその一センチメートル変わってでもわかるようにしてください。

小顔矯正をするときには自分の両方の手のひらは顔に当てて大きさ覚えてもらうようにしてそして小顔矯正に入って小さくなったのが自分の両方の手のひらで感覚神経を利用して覚えてもらうことをしていますので小さくなったのが分かるようにしているのが特徴なんですが練習も2度ほどを行いますが二度練習を行っても、なおかつ、わからないという方はいますのでその分からないという方は手だけで触っている方です。

手だけで触って大きさを感じようとしないと頭が働きませんので頭を働かせることつまり脳を働かせることができない方は記憶することまで行けなく今現在の幅や大きさをこれぐらいの大きさだということが分かるということはありませんので頭を働かせながら脳を働かせることが一番重要になりますので脳の感覚神経を働かせて幅や大きさを覚えるように記憶してください。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時には今まで30年の小顔矯正の歴史の中で小さくならなかったという方はいませんので全員が顔が小さくなっていきますが顔の周辺のむくみや脂肪を減らすことはもちろん小顔矯正の対象になりますがそれだけでは顔が小さくなることはなく 小顔矯正とは言えませんのでそれ以上のことをしていかなければ顔が小さくなることはありません。

小顔矯正をする時にはボキボキすることもなく痛くもないと思われる小顔矯正をしているのが当院の特徴ですから本当に痛くもない怖くもない小顔矯正ですので安心して受けてもらうことができます。

小顔矯正をする時には皮膚のたるみや顔にできた脂肪やむくみなども減らすことは当然なんですがそれだけではなく消去法で説明すると顔には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と血管と神経と顔面の骨しかありません。

顔を小さくしていくためには皮下脂肪などを減らすこともしていきますがむくみを減らすこともしていきますが、なおかつ、それだけではないということなんです。

小顔矯正をしていくときには 顔の骨を小さくすることをしていかなければ本当の意味で小顔矯正とは言えませんので顔の骨をどうやって小さくすることができるのか危険なことはないのかということになりますけど危険なこともなく今から説明していくことをよく聞いていてください。

最近は多くの方が体調が異常と思えるほど悪くなっていますが悪くなっていることさえわからないという方もいますので体調はどうですかと院長が聞いてみると全ての人が体調はいいですと答えている次第です。

実は当院では体調を検査することをしていますので小顔矯正を希望されて訪れた方全員が体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調をしているにもかかわらず体調が良いと言います。

検査する状態の判断とご自分で感じる体調と差があるということが分かると思いますがこの差というのは睡眠負債状態に関係しています。

体調と睡眠と小顔矯正

睡眠負債状態というのは 寝ているようで眠れていない方ですからね無理というのはどうから眠れていないと寝ているとは言いません。

脳が休養とって寝ていることが眠りということですからいくら体がスースーに行きを立てていて気持ち良さそうだね無理をしている人でも脳の中のことまで 確認ができていない状態で勝手に判断しています。

寝ている方は当然寝ているから分からないと思いますが 女無理というのは脳から寝ていない限りは眠りとは言えませんしねていると思いませんしいい睡眠をとっているということは全然ありません。

脳から眠れていないと 体は異常と思えるほど疲れやストレスを溜めていきますので疲れやストレスを溜めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが多くあったり椎間板ヘルニアがあってひどい痛みやコリを起こしている状態でも脳が弱ってしまっていると感じることができません。

大脳が元気だから痛みやコリが起きている状態を感じ取ることができますしインフルエンザウイルスが入って増殖した状態でも脳が元気だから熱を上げてインフルエンザの症状を起こすことができますが脳が弱ってしまったら熱を上げることもインフルエンザの症状を起こすこともありません。

その状態のことを隠れインフルエンザと言います。

体調や睡眠負債状態があると

睡眠負債状態が多くなっていればいるほどのは弱っていきますので脳は弱ることで自分の体調でさえも感じ取ることができなくて体調が落ちていることさえわからない状態では顔を小さくしてもすぐ戻ります。むくみが多くなることが当然送りますので体調を上げていくことから整えていかなければ維持する力や持続させる力なんかは出てきやしません。

維持すること、持続させることができるのは脳の力や内臓が元気な方だけですから眠りが浅いということは脳が弱っている歯膿に支配されている内臓というのもお疲れやストレスを溜めて疲弊状態を起こしていき循環が悪くなっていきリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。

何も原因がないのにリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまるということはありませんので必ず体調が関与しています。

しかしその体調を感じ取ることができなければ痛みやこりが起きている状態がわからなければ体調がいいと思うのは当然なんです。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には体調や疲れやストレスの蓄積度合いと睡眠負債状態で脳が弱ってしまっている方ほどを維持することができませんしそれ以上に浮腫が多くなったり脂肪が多くなったり骨まで肥大しながら変形しているという方が多くなっていますので特に骨が変形しているところというのは顎の部分なんですが顎の部分を炎症や腫れが起きている状態を 戻していくことができれば顎のラインはすっきり細く引き締まっていきます。

骨の変形を戻していくだけですし正常に行っていくだけなので安心安全だということが言えます。

小倉南区 で 小顔矯正 するなら人気のある初回から顔が小さくなると評判の良い子顔矯正をしている徳力整体院

2020年11月16日

膝の痛みには


膝の痛みを楽にするためにはまず膝関節自体を確認して炎症があれば炎症から改善するようにして炎症以上の腫れがあればハレから改善していくようにしています。

病院に通院している方もひざ関節自体を見てみると炎症や腫れがある場合が多くありますので当院では腫れや炎症があればハレや炎症から改善していくようにまた解消していくようにしています。

ひざ関節と言うのはいつも使っているものなので治りにくいことがありますが注射を刺したり水を抜いたりヒアルロン酸を使ったりすることも構いませんが原因から改善していくようにしましょう。

膝の痛み

膝の痛みがどうしておきたのかということの理由がありますのでその理由から改善していかないといくら膝だけまた軟骨だけまた関節だけしていても効果がなかったりそのうちに変形性膝関節症になったりすることも多くありますので原因から改善していくと言うのは大変重要なものになります。

原因から直していかないと膝の変形が起きたりするということもありますし軟骨がすり減りやすくなったりいくらヒアルロン酸などを入れても一時的なものなのでまたなくなったりすると同じことが繰り返されて膝がどんどん変形していたり余計に軟骨が傷ついたりということも起こります。

ひざ関節には

ひざ関節が痛いと言う方が多くいらっしゃいますがほとんどの方は体調も同時に落としていて骨盤の歪みなども起きていて体調が落ちるということは内臓の働きも低下してリンパの問題も起きています。

しかしひざ関節と言うとある内臓が思い浮かぶことが多くありますので多くの場合その内臓が関係して膝の痛みを起こしています。

しかし内臓と言っても病気ではありませんので何でもかんでも内臓と言うと病気と言うのを結びつけるのではなく内臓疲労から起きると考えてください。

内臓の病気ではありませんので内臓疲労というのは病院で検査しても分かりませんし病院という所は病気になったら 専門家の分野ですから任せなければいけませんが病気になる前は 検査をしても 陽性反応は出なくて分かりません。

しかし膝の痛みというのは内臓と密接に関係がありますので内臓を確認しながらひざ関節の改善をはかると膝の痛みが楽になっていきます。

膝の痛みが楽になったら

膝の痛みが楽になっていたらひざ関節靭帯の炎症や腫れが引いてくると膝自体がほっそりして細くなりますのでその次のステップに進むことができます。

まず順番を追ってひざ関節痛いの痛みを改善するためにまた腫れや炎症がある場合が多くありますので炎症や腫れから改善していくようにしています。

ひざ関節靭帯の炎症や腫れが楽になったらまた細くなっていたら今度は軟骨のチェックをしたり水のチェックをしたり炎症で腫れがどこかにないかまたはこれ自体に問題がないかという事まで見ていきます。

そして骨盤の歪みなども膝子体に負担が送りますので骨盤の歪みがあれば整えていかなければいけませんが骨盤の歪みと言うのは体調の低下から起きてますので体調の低下を上げていくことをしています。

体調の低下というのはどうして起きるかというと特別なものではなく普段からある疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが多くたまれば溜まるほどどこかに溜まっていきますのでそのどこかに溜まっていく状態が骨盤の歪みを起こしています。

疲れやストレスが多い肩ほど歪みがひどく筋肉バランスも悪くなりますので筋肉バランスからひざ関節に負担が起こります。

ひざ関節を起こす主な内臓は

ひざ関節を起こす内臓として思い浮かぶものは肝臓なので肝臓の働きをチェックする必要がありますが病気ではありませんので検査数値はあまり関係はありません。

 

検査数値と言うのは異常反応が出て病気になったときに出るものなので検査数値はあまり関係ありません。

当院では肝臓の病気と呼ばれて輝く肝臓の健康状態をチェックすることができますのでそういう検査をして異常反応が出てくれば感動に何らかの疲れやストレスが溜まっているという事になりますので溜まることが非常事態に炎症や腫れを起こしたりという事が起こっています。

膝の痛みがあると病院に行って炎症を抑えてもらうことをしますので、水を抜いてもらったり、ヒアルロン酸を注入して関節の滑りを良くしたりということが多く、膝の痛みに対して行われる治療だと思います。

膝の痛みというと、関節の痛みということなので、老化現象ということで処理されてしまう場合が多く見受けられますが、触ってみて、炎症や腫れが起きていることが多く見受けられますので、病院では炎症や腫れをお薬やテーピングや湿布などで抑えようとしているのに効果がないと言う方が多くいます。

当院でも病院に行って膝に水が溜まっていると言われたから、水を抜いたりした方が来ていますが、ヒアルロン酸を注入してもらったということで多少痛みが変わったということですが、膝を見てみると炎症や腫れが多くあり、それらが解消できていないと言うことが多くがありますので、手の技術力のみで炎症や腫れを抑えていくようにしています。

病院に行くと膝を見てみると、水が溜まっていれば注射器などで水を抜くという行為で水が汚れているとかいう感じで言われていますが、どうして水が溜まるのかということを探すことはなく、ただ水を抜いたり潤滑剤である、ヒアルロン酸などを注射器で入れたりすることが多く見受けられますので、どうして水がたまるのか、なぜ膝の痛みになったのかと言う事を探らなければ繰り返しやすくヒアルロン酸で潤滑させているだけでは根本的には軟骨は損傷しやすく悪くなっていきます。

病院では原因を探すことはしませんので、膝の水が溜まっていれば膝の水を抜いたり、ヒアルロン酸で滑りを良くしたりということを行なっていると思います。

確かに年齢を重ねていけば、潤滑液が減っていきますし、軟骨が損傷を起こしやすくなっていくということは起こると思いますが、それだけではないと思っています。

色々な症状が起きる時には起きている部分だけが悪いというわけではありませんので、関係する部分も改善していくようにしないと根本的にはなかなか良くなることはないと思います。

膝の痛みというと、骨盤周辺の問題も関係することもありますし、膝の痛みにはある内臓が深く関係するということはわかっています。

膝の痛みというと、骨盤の歪みや骨盤の開きなどがあると骨盤から筋肉や靭帯が伸びている場合もありますので、骨盤の歪みや開きがあると膝自体に不安定状態が起きて軟骨が損傷したりすることもあると思います。

膝の痛み、人は大腿骨の骨端と軟骨と靭帯と筋肉と膝蓋骨と課題、骨の稽古着と腓骨と言う骨が関節を作っていますので、これらの確認をしなければ膝の痛みには適用されていません。

膝の痛みには色々な部分が関係しますので、まずは膝自体を確認して検査することをしてどこがどうなっているのか、どこの部分に痛みが起きているのかということを見つけ出さなければいけません。

なぜ膝の痛みが起きているのかということも見つけ出す必要がありますので、それらを検査することをしています。

膝の痛みの原因

膝の痛みというと、毎日毎日歩いたり、階段を上ったり下りたりすることでも負担をかけていますので、負担をかければかけるほど損傷が起きることもありますし、痛めることもありますから色々な状態で悪くなっていきます。

負担をかければかけるほど痛みが起きる場合がありますが、同じことをしても膝の痛みにならない方もいますからどうして痛みが起きるのかということを見つけ出さなければいけません。

もしかしたら、どこかに負担になるものがあったり、原因が潜んでいる場合がありますので、どこから起きているのかということは見つけ出すことをしないと膝の痛みは変化しにくく水を抜いたりしてもヒアルロン酸を入れたりしても1次抑えばかりしていると本当に膝が変形を起こしたりすることもあります。

本当のところを言うと、病院では膝の痛みがどうして起きるのかということは分かっていませんし、注射器で痛み止めを入れたりヒアルロン酸を入れたり水を抜いたりということが多く見受けられてしまいますが、それでも楽になることがあるために普通一般的に治療法として多く用いられています。

しかし、膝の痛みには原因があると思っていますので、今まで30年の経験で検査することをしてみると、膝の痛みの原因が色々な状況としてわかってきています。

例えばですけど先程説明したように骨盤の歪みや骨盤の開きがあるだけでも筋肉や靭帯のバランスが悪くなってしまいますので、バランスが悪さが膝に負担をかけている可能性もないとは言えません。

まずは色々な状況を確認しながら、炎症や腫れから改善していきますので、炎症や腫れを検査することで見つけ出してどこの部分が炎症やハレを起こしているのか、全体が炎症や腫れを起こしているのかということを確認しながら解消に入っていきます。

当院では無理な膝の痛みの矯正などはしていませんので、マッサージするような感覚で膝の炎症や腫れを解消することができますが、マッサージをしているわけではありません。

レントゲンなどを撮ってもわからない膝の痛みなどもありますし、病院の専門家の先生が見てもわからない部分もありますので、それらを見つけ出しながら解消することをして、膝の痛みを楽にしています。

膝の痛みを検査する

当院の院長は目で見てわからないもの見えないものを検査することをしていますので、ひとつひとつ検査をしながらその部分に異常があるのかということを見つけ出すことをしています。

膝の痛みが起きる時には色々な部分に痛みが起きていることが多くありますが、お皿の周りだったり、内側の膝の痛みだったりっていう痛みが人それぞれで違いますので、それらを確認しながら治療してまた確認してもらいながら治療することを繰り返しながら楽に解消することをしています。

必ず確認しながら膝の痛みの治療をしていきますので、ご自分でも動かしてみたり、歩いてみたりしながら確認するということをしています。

無理やりな、膝の痛みの治療はしていませんので、マッサージをするような感覚だと思ってもらった方がいいと思うぐらい揉んでいるだけで、炎症や腫れも取れて、そのほかの状態も良くなっていくと右膝の痛みの治療をしていますので安心です。

しかし、マッサージをしたり揉んでいくような感じで普通は痛みは取れることはありませんので、院長の手が特殊な技術があるから出来るテクニックだと思ってください。

この特殊な技術を有しているのは、院長だけですから、院長の手で検査することをしながら確認しながら治療に入っていきますので、最初から炎症や腫れが取れてきて楽になることもありますが、全てが1度で取れることはありません。

炎症や張りが強い時には治療をしたら少し時間をおいた方がいい場合もありますので、その場合は次回また確認をしながら治療に入っていきます。

必ず1回、1回、どこが痛いのかということを確認しながら治療に入れますので、何事も検査することで異常のある部分を見つけ出すことをしています。

膝の痛みが起きたら

膝の痛みが起きた時には膝関節ばかりに注目して矯正することは勿論なんですが、膝関節だけで起きていることはありませんので、初めはどこから起きたのかということを見つけ出さなければ本当の意味で膝の痛みを矯正して整えていくことはできません。

膝の痛みには軟骨の損傷もありますので、軟骨が損傷を起こしたりする時には筋肉靭帯が硬くなっていて潰されている場合がありますので潰された状態を解消するためにもまずは炎症や腫れを矯正して整えていくことをして体質改善の施術で靭帯や筋肉を和らげるようにして軟骨の損傷の修復を図っていきます。

軟骨の損傷などを改善するためにも、体質改善の施術をする為にも、まずは体調から上げて整えていくことをしなければいけませんので、初診や2回目の方も体調から上げて整えていくことをしないとそんなに簡単に体調を維持できることはありませんので、まずは体調から上げていくことも必要になります。

しかし、最初は膝の部分にターゲットを絞って矯正することをしないと炎症や腫れがあるままだと体調をいくら上げても意味はありませんし、効果が上がりませんから痛みがあるところ、つまり膝の痛みのある部分にターゲットを絞って改善していくようにして楽にしていきます。

ある程度、膝の痛みが楽になってきたら、体質改善の治療で筋肉や靭帯や関節や軟骨などを損傷から回復させるような治療をすることができます。

体質改善の矯正をするときでも、体調が基本ですし、回復する力がないとなかなか回復がしませんので回復力の落ちた方は睡眠負債状態がある方です。

睡眠負債と膝の痛み

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていません。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを眠りといいますので、夜寝ようとすると朝まで目が覚めないしという状態で寝ていることはありません。

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので、寝ている方を見て数数に息を立てていれば寝ているなと誰もが思うでしょうが、実は違うんです。

夜、寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると寝ている方は言うでしょうが、単純に目が覚めないからと思っているだけです。

先程も言いましたが、眠りというのは大脳が寝ていることを言いますので、寝ながら考え事をしている時間が長くなっている方が異常に多く目が覚める瞬間に寝ながら考え事をしていたということを忘れてしまっています。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、妄想に近い睡眠ですから、最悪な睡眠になっていき、大脳を弱らせてしまい、大脳が弱ると脳内麻薬みたいなモルヒネみたいな麻痺させる物質が分泌されてしまいますので、脳内麻薬と言うのは痛みや凝りを感じない状態でハイテンションになっていきます。

脳内麻薬が多く分泌されていた痛みやコリも分からなくなって、ハイテンションになっていくと脳細胞の急激な現象が起きていきますので、脳細胞の急激な減少と言うのは大変怖いところがあります。

膝の痛みが起きた方、膝の痛みがある方が不眠症状態である睡眠負債状態が多くなっていると回復がすごく遅れます。

北九州市小倉南区東小倉北区と八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区と行橋市と下関市と田川市などから膝の痛みを治す専門の 治療院です。

2020年11月16日

肩こりを楽に


肩こりを改善しようと思うならまず筋肉のコリからほぐしていくことをしていますが肩こりと言うと筋肉というイメージが強いので筋肉からほぐしていきますが 筋肉と言うのも疲れすぎたりすると疲労を溜めたりストレスを溜めたりということが起こりますので疲れやストレスをためることが筋肉のコリを起こすこともあります。

肩こりを楽にしていくために肩こりの原因になっているものから改善していくようにしますがその原因を改善するためにもまず筋肉からほぐして柔らかくすることをしてリンパの働きや循環を良くすることをしています。

肩こり

肩こり を楽にしていくためには 肩こりの 原因になってるものから改善していくようにしますがその目先にあるものは、まず筋肉なので筋肉をほぐしていくことをするという事を言っています。

筋肉が解消できたら

筋肉が解消できたら今度はその先にある歪みも確認する必要がありますので多くの場合歪みが重なって肩こりを起こしています。

歪みがない肩こりはないと言うほどのものなので 必ず肩こりと言うのは筋肉のコリだけではなくゆがみが起きて筋肉のコリになります。

筋肉だけも筋肉疲労で起きる場合も時々はありますが筋肉だけで起きることはあまりなく 歪みが起きると筋肉は骨から骨に付着していますので筋肉が凝りを起こすことは歪みから起こるということです。

歪みが起きると 筋肉は緊張したり緩んだりすることが起こりますので緊張したり緩んだりするとリンパの働き悪くなったり老廃物が多く溜まったり循環が悪くなったりして余計にこりを起こしています。

肩こりを解消するためには

肩こりを解消するためには筋肉のコリをほぐし体歪みも検査で見つかれば歪みの矯正をしていきますが当院の歪みの矯正する時にはボキボキしたり痛い怖いというイメージはなくマッサージをするみたいにして骨を矯正するテクニックを持っていますのでマッサージ感覚で骨が矯正できます。

最近、多くの方が睡眠負債を抱えている場合が多くなっていますので睡眠負債が多くなればなるほど 変な肩こりになっています。

肩こりと言うと普通は筋肉のこりと歪みから起きている場合が多いのですが変な肩こりというのは 骨が炎症を起こしたり腫れたりして骨の中がジュクジュクになっている方もいます。

そして脊髄が弱りすぎていることが肩こりになっている方もいます。

普通は脊髄が弱りすぎるということは起きることはあまりないのですが検査で確認してみると肩こりの原因が脊髄の弱りにあるということがわかります。

脊髄が弱ってしまっている方は 眠りが浅い方が多いようですが脊髄が呼ばれと言うことは大変な ことが起きているということを説明している時もあります。

肩こりは原因がある

肩こりには原因があって肩が凝っていますのでその原因を見つけるということも大切なことなんです。

何も原因がなくて肩が凝ったり筋肉が凝ったり緊張したりということは起きませんので必ず歪みが根底にありますが、その歪みもどうして歪みが起きたのかということは原因があります。

肩こりの原因になっているものは内臓疲労の場合が多くありますので内臓の疲労という説明をしていますが内臓疲労と言っても病気ではありません。

多くのの疲れやストレスと言うのは最終的には内臓に溜まっていきますのでないぞに溜まることが体の内側から崩れるということの現象が起きて行きますから体の内側から崩れると色々な歪みやずれを起こして骨盤が歪んだり背骨がずれたりということが起こります。

体に溜まった疲れストレスと言うのが最終的には内臓に溜まっていきますのでどんどん内臓にたまって行けば行くほど骨盤の歪みや背骨のズレ頭蓋骨の歪みなどが起きて椎間板ヘルニアや神経圧迫や筋肉の緊張や筋肉のこりと言うことも起きて行きます。

内臓に賜れば溜まるほど疲れやストレスが大きくなっていきますので骨盤の歪みも背骨のズレも多さに応じて変化していきます。

肩こり、腰痛、頭痛であろうと原因は体に溜まった疲れやストレスですが疲れやストレスと言うのも多くは内臓にたまっていきますので肝臓だったり心臓だったり腎臓だったりまた中枢神経系、脳や脊髄も疲れやストレスをためてしまって変な状態になっていきます。

中枢神経系の脳や脊髄に疲れやストレスが溜まってしまうと頭痛になったり目のカスミ、眠りが浅くなったり眠れなくなったり夢ばっかり見たりということが起こります。

当院では色々な状態の検査ができますので検査をすることで 体の状態がどういう風になっているかということが わかります。

検査することで色々状態や体調や歪みの度合いが分かるということがありますがすべてが一度にわかるわけではありませんので説明をしておきます。

北九州市小倉南区と小倉北区と八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区と 行橋市と下関市と田川市などから多くの方が原因を改善しているので当院を訪れています

2020年11月16日

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因


頭痛を改善していくためには頭痛の原因なってるものから減らしていく必要がありますので安易に頭痛薬などを用いることは一時抑えにしかなりません。

頭痛が起きる時には頭痛の原因があって起きていますけど病院に行ってもその原因はわかるものではありませんので病院は、病気になってしまってから 行くところですから病気にならないとわからないっていう状態の所に行っても病気ではないので頭痛はわかりません。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

病院というところは病気の専門家ですから病気として完成したら検査することで分かるので病名がついて何らかの薬や手術というのが行われるところです。

しかし多くの症状と言うのは病気 として完成された場合ないので病院に行ってもわからないことが多くわからないということは言えませんので 健康ですと言われます。

あまりにしつこく突き詰めて考えて聞いてみると精神疾患を疑われることが多くありますので心療内科や睡眠外来ということを勧められることも多くあります。

心療内科や睡眠外来と言うのは昔で言えば精神科ですから。

頭痛の原因は

最近多くの方が頭痛の症状を訴えて当院に 来院していますけど 頭痛の検査をする時に頭を触ってみることが多くありますが頭を触ってみるとすぐにわかることがあります。

頭を触ってみるとブヨブヨしていたりする方もいれば、硬すぎて張っている方もいますのでこんな状態では頭痛が起きるのは当たり前だという方もいます。

頭というのは頭らしさ固さというかそういう感じが感じられないといけませんのでそれ以外は異常状態ということでなります。

最近多くの方が睡眠負債を抱えていますので睡眠二になればなるほど眠りが浅いまたは寝不足状態が長い時間あるということがありますのでそういう方ほど頭痛になりやすくなります。

眠りと言うのは

自分でも気がつかない状態で眠りが浅くなっているということが大変多くありますので眠りが浅ければ浅いほど脳疲労が起きていきますので脳疲労が起きれば起きるほど脳は弱っていきます。

一度脳疲労が起き始めると簡単には戻りませんので踊らないと思っと寝不足状態が続いたり睡眠疲労が重なっていきますので、さらに脳が弱っていきます。

脳が弱った状態で頭痛になっている方が多くなっています。

脳が一度弱り始めると

脳が一度、弱り始めると脳が暴走状態になっていきますので脳が弱ると内臓も弱ってしまいますので内臓が弱ると栄養成分や酸素を血液の中に混ぜることができませんから脳への供給が滞ってしまって脳疲労は、さらに進行していきます。

眼精疲労が起きると脳周辺の血液の流れも悪くなってしまいますのでつまりやすく 出血が起きたりすることもありますから脳梗塞や脳溢血脳の病気になることは当然だと思います。

頭痛と言うのは大変多くの場合、病気につながることが多くなっていきますので頭痛は起きていないからといって以前のあった頭痛が治ったと思わないでください。

頭痛を改善するためには

頭痛を改善するためには原因から見つけていかなければいけませんのでますそのためには循環を良くしたりすることをして脳を元気にしていことをしていきます。

脳を元気にしただけでは循環だけは良くなりますけど脳の状態を元さらに進めていく必要がありますので一回だけで頭痛は改善していきますが原因は一回で治ることはありません。

頭痛 と言うと 頭痛薬ばかり使って痛み止めを考えていることが多くありますが 頭痛には頭痛になる原因があるから頭痛になっています。

頭痛というのは頭で起きている痛みですから 頭痛を軽く考えないようにしてください。

頭痛が起きている方は痛み止めの頭痛薬ばかり使っていると楽になっていくために直している頭痛を良くしていると思っている方がいますが頭痛薬というのは一時的に痛みを抑えているだけで原因を見つけることもなく原因を考えることもなく単純に痛み止めだけです。

頭痛が起きやすい方、頭痛を繰り返す方が特に多く痛み止めを持ち歩いたり常に服用しているということもありますが頭痛薬というのは痛み止めで生理痛などでも用いることができますし、歯の痛みなどでも痛み止めとして用いることができるくらいの痛み止めにしかなっていません。

痛み止めの薬

痛み止めには 生理痛の痛みなどを緩和したり歯の虫歯の痛みなどを緩和したりすることでも用いるぐらいのものなので頭痛薬というのも考えたらわかると思いますが単純に一時的にその時の痛みを楽にしているだけです。

頭痛がどうして起きるのか偏頭痛がどうして起きるのかということを考えなければ大変なことになるかも分かりません。

最近は多くの方が首の痛みや首のコリを起こしながら頭痛が起きたりすることがあるから首の痛みや首のこりから頭痛が起きるということを専門家の先生が言う場合もありますし肩こりから頭痛が起きてしまったりするという説明を受けることもありますし目の使いすぎの眼精疲労から肩こりが起きるということで頭痛になるということもあります。

しかし頭痛を解消して30年になる院長の目から見ると 肩こりから起きる頭痛というよりも首の痛みや首のこりから起きる頭痛とよりも言うよりも別と考えた方がいいと思います。

別のものとは首の痛みや首のこりには首に原因がありますし肩こりには方に原因があるということで頭痛には頭に原因があるということです。

しかし頭痛と言うと首の痛みは首のコリを改善しても楽になることもあります。

肩こりを改善することでも圧力が下がってしまって頭痛が楽になるということもあります。

それでも頭痛の原因は残ったままになっていますのでしばらくするとまた頭痛が繰り返したり偏頭痛になったりということで 起きて行きます。

眠りから頭が痛くなる

最近の頭痛の方の原因は眠りにあるとことが多くなっています。

最近、多くの方は寝ているようで眠れていないことが多くなっていますので眠りが浅いと脳が弱っていくのに疲れやストレスが溜まっていきますので脳に疲れやストレスが溜まることで頭が痛くなるということが多くなっています。

夜、寝る時にすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていますので眠りというのは脳から寝ていることをね無理と言います。

誰が見ても寝ていてスースー寝息を立てていても脳が活発化している状態では寝ていません。

脳が興奮状態になると寝ることができませんが脳が疲弊した状態では寝ることができますので寝ていても妄想状態に近い睡眠をしていて深く脳から眠ることができません。

最近は睡眠負債という言葉があるように睡眠負債というのは寝ながら眠ることができない状態で借金を重ねているということで取り返しがつかない状態になっていくということで睡眠負債という状態になります。

人は寝溜めはできませんので一度積み重なった借金は睡眠として返すことはできません。

睡眠負債

人はくまではありませんので冬眠というのはできませんし一日24時間寝ても今まで貯めてしまった負債状態の睡眠を解消することはできません。

眠れていなかったり眠りが浅いということは脳疲労を招いて行きますので脳疲労を招いてしまうと脳細胞の急激な減少や脳細胞が硬くなるということがあります。

また脳に何らかの問題が起きている時には脳の周りにある血管も影響を受けたり髄膜が影響出たりということで頭痛になる方もいます。

頭痛が起こりやすい方は今現在頭痛が起きている方も 来ていますがその場で頭痛を改善することもできますが、それは楽になったというだけであり頭痛が治ったというわけではありません。

頭痛を楽にすることは痛み止めで出来るかも分かりませんが頭痛を治すことは痛み止めではできません。

頭痛を楽にすることばかりしていては原因もいつまでも同じままではありませんから進行していくものが頭痛の原因になります。

いろいろな痛みやコリが起きる時には必ず原因がありますので原因から改善していくようにしないと一時的に痛みばかり抑えたりしていると大変なことになっていきます。

脳が弱ることが頭痛になる

夜寝ようとするとすぐに眠れるから寝ているそして朝まで目が覚めないという方が多くいますが脳から眠れていない状態が多いと眠りが浅くなったり脳疲労が強くなっていきますので体調がどん底に落ちてしまっても体調が落ちていることさえもわからない方が多くいます。

体調がわからないかというのは限界まで痛みやこりを感じないでわかっていません。

一度体調をどん底まで落ちたかたは自分の自力では体調をあげることはできませんので永久的にほぼ体調が悪いままでどんどん体調が落ちていき落ちていることさえも分からずに限界まで悪くした状態で始めて何かの症状が起きていきます。

こんな体調の状態を続けていたら大変なことになるということがわからないということもありますので車の運転などで逆走したりブレーキとアクセルを間違えたりということが高齢者ではなくても起きてしまいます。

何も逆走したりブレーキとアクセルを間違えるのは高齢者だけではありません。

体調が悪くためには眠りが浅い状態を続けていれば誰でも体調が悪くなりますし 悪いことさえわからなくなるくらいの我慢したら痛みやこりも風邪も引きません。

脳が元気だから脳の力で熱をあげたりすることをして風邪をひいます。

ウイルス細菌で熱が上がるわけではないし脳の力で熱を上げて ウイルス細菌を減らそうとします。

金は隠れインフルエンザや 隠れ心筋梗塞などが多くなっているのが何も症状を感じていないということがありますからこの感じていない隠れインフルエンザや隠れ心筋梗塞などは脳が弱っている方が起きています。

脳が元気だから感じ取ることができますので頭痛の方も限界まで溜まったしまった状態でコップから溢れ帰った状態で頭痛になっているという方もいます。

自分で体調の悪さを感じなければいけませんが最近多くの方が体調の悪さを感じていないという方が多くなっているのが現状ですから限界まで食べてしまった状態の疲れやストレスとか悪さを改善していくためには数回から数十回かかるのが当然です。

頭痛になる時には脳で起きているわけですから脳で起きている原因を見つけて改善して減らしてことをしていかないと本当の意味で頭痛を改善して直すということはできません。

一時おさえすることは簡単かも分かりませんがまた薬を飲んだりしても楽になることもあるかも分かりませんが原因もいつまでも同じままではありませんし原因はいつでも進行していています。

原因が悪くならないうちに 早く何らかの改善を試みる必要があると思います。

原因を見つけ出すためにまず色々な悪いものから改善していくことをしていきますが最終的に残るのが原因です。

小倉南区で 頭痛 を楽にしてことをしています。

2020年11月16日

小顔になれるから


小顔矯正をするなら初回から顔が小さくなることで人気のある評判の良い痛くない怖くない小顔矯正をしている30年の経験があって専門家の先生が小顔矯正をしている当院へ。

今まで多くの方の顔を小さくすることに成功していますので全員と言っていいほど顔が小さくなっていますが当院の小顔矯正はちょっと変わった小顔矯正です。

小顔矯正で顔を小さくする

小顔矯正をして行く時には検査することをしていますので検査をしてみるといろいろな状況がわかってきます。
最近は多くの方が 体調がすごく悪く悪すぎるという方が多くいますので体調が悪いとむくみが起きやすく顔の歪みも起こりやすく顔が大きくなっていきます。

特に寝ている時に大きくなっていくのは理由があります。
その理由は眠れていないからです。
多くの方が眠りというのを単純に考えてしまっていて夜寝たら朝まで起きないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

眠りというのは脳から寝ていることですがその脳が眠れていなくて朝までずっと寝ながら考え事をしているという睡眠をしています。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは寝ている間に体調が届くまで一気に急激に落ちていきますのでこういう状態の体調の方を奈落の底という風に入っています。

どんなにいい小顔矯正をしても その時に顔を小さくすることができても体調の悪すぎる方は維持することもできないし持続する力もありません。
寝ながら考え事をしている睡眠が長く時間も短くなってしまっている方は睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態は最近多くの方に起きている睡眠なんですがこんな状態の睡眠をしていたら 取り返しがつきませんし負債は返せなくなります。

小顔矯正を、お考えなら本格派の小顔矯正ができる当院へ。

小顔矯正

小顔矯正と言うのは、時間を掛ければ良いと言うものではなく、短時間だから、顔が小さくなる小顔矯正をしています。

小顔矯正をするときに、時間を気にする方がいますが、余計に浮腫みなどが起こりやすく、20分くらいの時間の小顔矯正が一番なんです。

時間を長くすると、余計に顔の浮腫みが起こりやすくなります。

矯正法は

小顔矯正の方法は、ボキボキもしなし、痛くもありません。
当院の小顔矯正は、マッサージ見たいのに顔を揉んでいきますが、マッサージではありません。

マッサージ感覚で顔を施術していくので、顔のマッサージと思う方もいますが、誰でもできる小顔矯正ではありません。

つまり、特殊な小顔矯正という事です。
できるから顔を揉むようにして小顔にしていきます。
できない方がいくら、顔を揉んでも小顔にはなりません。

初回から顔が変わる

初回から顔の大きさが変わりますが、必ず、数回以上は受けて下さい。
それには、理由があります。
その理由は、顔だけしても、戻りやすいからです。

顔と体は関係しています。
顔だけ、小さくして小顔に矯正しても、体の歪みがあると、浮腫みやすく、戻りが大きくのが実情です。
ですから、小顔矯正と言っても顔だけが関係している訳ではなく、顔も体の一部だからです。

いくら顔だけ、

小顔矯正をしても、体の歪みがあります。

体の歪みがあると、顔の戻りや、浮腫み、顔色、肌つや、吹き出物、お化粧のノリ、目の下のクマなどがあると、台無しです。
いくら小顔になっても、肌ツヤがよくなかったりすると、考えて見るとわかると思いますが、印象的にも良くありませんよね。
しかも、体も曲がっているようでは!!と思うのですが。

当院の小顔矯正は人気で評判の良い小顔矯正をしています。昨日も小顔矯正の方が数人、来院していますが、多くの方の顔を触るだけでわかりますが、炎症を起こしていたり、腫れていたり、浮腫みが多かったりしています。

小顔矯正

顔に、この状態があっても、顔ですから痛みやコリはありません。
しかも、、浮腫みがひどくなったり、目の下にクマが出たり、顔色が悪くなったり、お化粧のノリが悪くなります。
昨日来院した小顔矯正の希望の方は、顔が炎症どころか腫れあがっていました。
前頭部も硬く張っていました。

頭を触ると、すぐに眠りの問題がわかりますが、寝ている脳なのか、寝ていない脳なのか、
多くの方が眠りという問題を気にしないで生活しています。
しかし、、どんな時も眠りが最大の問題になります。
最近、色々な事件が多くなっていますが、ほとんどの事件を起こす方は眠りが浅くなって、色々な問題がわからなくなってます。
飲酒しているか、していないかは、あまり関係なく、自分の生活と家族、自分自身を壊すような結果になっています。
自分の体調は、自分自身で把握するしかありませんが、当院の院長は30年の経験と臨床で、患者さんの体調を検査することができます。
体調が良いのか、体調が悪いのか。

小顔矯正の初めて、当院を訪れる方は、100パーセント体調が悪い方ばかりでした、これからは体調が良い方が訪れるかもしれませんが、今まで30年間、小顔矯正をしてきて体調が悪い方が全部です。
ですから体調を上げるだけで顔が小さくなるし、浮腫みも減ります。
体調というのは色々なところに影響しています。
小顔矯正といっても顔だけということが多くありますが、顔だけでして小顔矯正をしても体に歪みがあると、なかなか、顔が小さくなりません。そして浮腫みが減りません。顔色が良くなりません。目の下のクマが消えません。

顔と体の歪みは密接な関係を持っています。
小顔矯正で顔を小さくするなら、顔だけではなく、体の歪みも解消していくことが重要です。
痛みやコリがなくても、歪みは大きくあります。
痛みやコリがないだけですし、痛みやコリを感じていない場合があります。

もしかしたら体調が悪すぎてという方もあるかもしれません。

※当院で小顔矯正を受けた方は、小顔矯正した後にダルクなる方がいます。この症状が出る方は体調がすごく悪くなっている方です。体調がそこまで落ちていない方はダルクなりません。

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などから徳力整体院は小顔矯正で人気のある評判のいい小顔矯正をしています。

2020年11月09日

肩こりを楽にして


寒くなると、どうしても肩に力が入ります。肩に力が入ると筋肉疲労から肩こりになります。
肩に力が入ると、血流が悪くなって老廃物が多くたまってリンパの流れが悪くなります。
この場合も、肩こりにつながることも多くなります。

寒さが続いたりすると、肩を仕事で使わないでも、肩の筋肉の酷使になります。

肩の筋肉の酷使で肩こりになって筋肉が骨を動かして歪みが起きる事もあります。
肩こりは僧帽筋で起きる

筋肉のコリ

筋肉のコリが長くなると悪い事ばかりで良いことはありません。
肩こりになる時も、こじらせている方が多くいます。
こじらせると、単純な肩こりではありません。
肩こりと言っても、色々な原因から起きていることもあります。
原因を突き詰めるためだけでも数回はかかることもあります。

その理由は
理由は、肩こりと言っても筋肉のコリだけではなく色々な原因があるからです。
肩こりが起きている時には、体調も落ちて悪くなっています。

体調が落ちると回復する力が出なくなります。
回復する力がなくなってしまうと体力も回復しにくく肩こりが楽になることも、安定することもできません。

ただ、単に

ただ、単に肩こりと言っても、単純に肩の筋肉が原因だけではありません。
肩こりの代表的な筋肉は僧帽筋と言う筋肉です。

僧帽筋で肩こりは起こる

僧帽筋の筋肉がコリを起こしていくと肩こりになります。
肩こりが起きている時には、代謝も悪くなっていることは当然、起こります。

肩こりと言う事は原因があります。
この原因から改善する事をしないと肩こりは、本当の意味で楽になることはありません。
コリとは肩こりが起きる時には、体調が悪くなります。体調が落ちて悪くなると、肩こりを回復させることができません。
ですから、肩こりも揉めば良いと言う事になりません。
肩こりも揉めば良いと言う肩こりでしたら、肩や腕を回したりするだけで良くなります。
肩や腕を動かしても、良くならない場合は、単純な肩こりではありません。

何度も言いますが

何度も繰り返しますが、肩こりと言うのは、色々な原因があります。
色々な原因から解消するためには、数回以上かかります。

解消するのは肩こりを解消、改善していくには原因から改善していかないと、一時、抑えにしかなりません。
筋肉を和らげる薬やサプリメントがありますが、これらは一時、抑えです。
電気をしても、同じことです。原因は、残っています。

原因は何も変わっていないので、また、しばらくすると肩こりになります。
原因は肩こりを感じていない間も、原因は進行していきます。

コリを感じないからと言って、良くなったと思うと原因は、その間も進行していきます。
進行するということは悪くなります。

肩こりは

本当の肩こりの原因は、1の筋肉よりも、2の歪みよりも、もっと奥底に、この2つを起こした原因があります。
この原因があるために、肩こりは起きています。
しかし、最近の肩こりは、また、違ってきています。
つまり4つ目の肩こりがあります。
この4つ目の肩こりが、一番大事な部分が弱ったために肩こりになる方がいるからです。


1、筋肉のコリから肩こり

2、歪みから肩こり

3、内臓疲労から起きる肩こり(病気ではありません)

4、脳疲労から肩こり

肩こりといっても、以上の4つの原因があります。
ふつうは肩こりというと筋肉のコリのことなので、この筋肉は僧帽筋という筋肉です。

筋肉のコリ

肩こりは筋肉のコリなので、この僧帽筋という筋肉がバランスが崩れた時に肩こりになります。
しかし、何も原因がなくて僧帽筋のバランスが崩れることはありません。
このバランスが崩れる原因は歪みです。
しかし、

歪みも原因がなくて起きることはありません。
歪みを作るのは、内臓からです。
疲れやストレスは内臓にすべて蓄積していきます。内臓に疲れやストレスがたまると歪みになります。
しかし、4番目の原因ですが、最近多くの方が眠りが浅く、自分で寝ているつもりですが寝ていない方が増えています。

眠りが浅いと脳疲労が強くなっていきます。脳疲労が強くなると内臓は正常ではいられません。
脳疲労が起きると、内臓疲労になります。内臓疲労が起きると、脳への血液循環や酸素不足になるので脳は、もっと弱っていきます。
この悪循環が一番怖い肩こりです。

 

北九州近郊で北九州市小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚市、直方市、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡市、福津市、田川からも来られています。


2020年11月09日

小顔になれる小顔矯正


当院では初回から顔が小さくなることで人気のあるボキボキしない痛くない小顔矯正をしています。
当院の小顔矯正は小顔矯正の前に自分の両手で顔を触って大きさなど覚えてもらうようにして小顔矯正をしていきます。
自分の手で顔が小さくなったということが分かるため 嘘偽りがない顔を小さくすることができるわけです。

しかし自分の両方の手で顔の大きさを触ってわかるということは簡単ではありませんので簡単に触った方ほど分からないということもあります。

小顔矯正をしていくときに鏡で見て顔が小さくなったということが分かるようにも自分の両方の手で 小さくなったのが分かる方が最高にいいと思います。

ですから当院では小顔矯正に入る前に自分の両方の手で顔を触って覚えてもらうようにしています。
顔を触って小顔矯正をする前に今現在の顔の大きさを覚えておかないとどれくらい顔が小さくなったのかということがわかりません。

小顔矯正に入る前に確認するように覚えます。
小顔矯正をした後に顔が小さくなったのが分かるように小顔矯正に入る前に顔の大きさを覚えておいてください。

好評な小顔になれる小顔矯正をしています。

当院では小顔矯正をするときに、2通りの小顔矯正があります。
一つは、①体調を上げる事で小顔になる矯正です。
もう一つは、②体質改善 アンチエイジング(若返り)による小顔矯正で

小顔矯正

ただ、小顔矯正をするよりも、体調や歪み、疲れやストレスの蓄積度合いなどから改善することをしていくのが当院の小顔矯正のやり方です。
いくら顔を押さえつけても小顔にはなりません。
顔の状態と関係したものが関与していますので、その関与を考える必要があります。

テレビなどで

テレビなどで顔を押さえつける小顔矯正をしているシーンもありますが、この小顔矯正では、戻りやすく維持ができません。

そして効果もあまりありません。

早く小顔矯正の効果を出そうとするなら体調から、歪みから変える必要があります。

顔も体に関係しているからですが、顔だけでは小顔になりにくく戻りやすくなります。

小顔矯正と言う顔を触ってすると、思う事ですが顔だけする小顔矯正では、本当に効果と維持力がなく戻りが大きくなります。

顔の浮腫みが起きている方もいます。この浮腫みは体調や体と関係しています。歪みや疲れやストレスも浮腫みの原因になります。
顔の浮腫みは自分で気がついている方がいますが、程度があります。多く浮腫みが起きていると自分でも気がつきますが、多くの方は浮腫みをわかっていません。

浮腫みが起きるのは、体調や疲れやストレス、歪みに関係があります。
しかし、最初から、すべて改善できるものではありません。

そのため、

初回は体よりも顔の変化を、感じられるようにしていきます。
小顔矯正で来院されている訳ですから、小顔にしないといけませんので、初回は、顔を特に触って小顔矯正をしていきます。

そのため、自分の手で顔を触って大きさをおぼえて下さい。
触り方は教えますので、その触り方を覚えて下さい。
そして、小顔矯正に入る前に触った顔の大きさと、施術後の顔の大きさの前後を比べる事が出来ます。
注意点
●注意点ですが、体力がない方は、小顔矯正をしても施術後にダルクなることがあります。
これは、小顔矯正の変化に体力がついていかないために起きています。
小顔矯正で小顔になる為には、体力も必要です。変化に体力が対応できないとダルクなりますので注意してください。

当院で体力を上げる事をしていくと、体力が上がっていきますので安心してください。
体力があるかないかは、初回から判断できるものではありません。

②体質改善による小顔矯正
体質改善の小顔矯正は、別名、体質改善 アンチエイジング(若返り)と言います。

体の中を若返りさせることで小顔矯正にしていく施術です。

体質改善で小顔矯正をしていくと小顔効果と維持力が大きくなります。

 

①の体力で変える小顔矯正よりも、変化が大きく維持効果がありますし、体も大きく変化していきます。

体質改善の小顔矯正は1回で終わるものではありません。

体質改善の施術は定期的な来院でのみしています。

時々、来院するかた、初回の方、歪みが大きい方、疲れやストレスが多くたまっている方、風邪を引いている方は、その時にはできません。

北九州近郊で北九州市小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚市、直方市、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡市、福津市、田川からも来られています。

2020年11月09日

体の崩れと体調

体の崩れとは体調と同じなんですが体の崩れが大きいと体調も落ちています。

① 総合的な体調

多くの方は良い訳ありません、つまり体調が悪いです。

本当は総合的な体調も上げていかなければいけないんですが。本当なら体調も上げていかなければいけないんですが、先に症状のある部分、痛みを感じている部分が中心に解消していきます。

② 筋肉、じん帯の炎症やハレ、バランスを検査  ⇒ 筋肉、じん帯の炎症やハレ、バランスを矯正

筋肉や靭帯の炎症や腫れなどはバランスというのも一回で整うこともあれば数回、繰り返して改善していかなければ良くならないこともありますので程度と言うか、段階と言うか、悪い深さがあります。筋肉や靭帯の炎症や腫れやバランスを整えるためにも眠りが浅い形は脳の回復する力がありませんので脳からもやっていかない限りはいくら骨盤周辺の問題をやろうとしても回復しない方も多くなっています。

③ 腹膜の炎症の検査と解消

普通は起こりませんが、多くなっています。筋肉や靭帯や背骨の前澤にある腹膜が炎症を起こしたりする方もいますので腹膜の炎症も見つけ出したいしなければ腰全体の問題が解消しないということもありますので腹膜の炎症も改善するようにしています。 これは検査することで見つけ出していきます。普通は起きていませんが最近、多くなっています。

④ 骨盤の歪みや背骨のズレの検査と矯正

骨盤の歪みや背骨のズレを整えていかないと骨盤が不安定になったままだと腰痛が治りませんので骨盤のゆがみや背骨のズレを矯正したりまた骨と骨の間にある椎間板が合流して損傷を起こしていれば椎間板ヘルニアになっていますので検査をすることで見つけ出して解消していくことをします。

⑤ 骨盤、背骨の炎症やハレの検査と矯正

普通は起こりませんが、多くなっています。最近は時々いるのが普通では腹膜の問題も起こらないんですが骨盤の骨や背骨の骨が炎症や腫れを起こしている方もいますので骨盤の骨や背骨の骨の炎症や腫れを抑えて行かなければ腰痛がいつまでたっても治らないということもあります。

⑥ 腎臓疲労の検査

先ほども説明しましたが腰痛や腰の痛みやぎっくり腰や椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の原因というのは腎臓疲労が原因ですから体調的に腎臓を整えていくことをしなければ、効果は半減してしまいますので、筋肉を揉めば良いというわけでもなく電気をかければいいというわけではありません。 腰の痛みのある方が治療に来ると腎臓のある部分がパンパンに張って固くなっているか、ブヨブヨ状態になっている方がいますので、腎臓がパンパンに張っていたり、ぶよぶよになっていても数値的な異常が出ることはありませんので病院に行って検査を受けても病気ではありません。

⑦ 腎臓に関係する筋肉のバランスを解消

腎臓に関係する筋肉は階段を上ったり足を上に引き上げる時に使う大腰筋と腸骨筋という筋肉が腎臓に関係する筋肉ですから腎臓の疲労が取れて炎症や腫れがなくなってくると腎臓に関係する筋肉のバランスをとらなければ骨盤が安定しないのでバランスを解消してことをします。

⑧ 検査して弱い部分を見つけて体質改善で強くする

当院では体質改善という治療をしていますので病気になっていない腎臓や弱い腎臓を強くすることをしています。
体質改善の治療は一回で終わることがありませんので体質改善を受ける場で体調をあげたり整えたり身体を整えたりしなければ進むことができませんので体質改善の治療は早い方で3回目ぐらいからになります。 また眠りが浅い方や不眠症や睡眠歳の方は大脳の疲労が強いために維持する力がないから期間をあけて来院しても体質改善の治療に進むことはできません。 つ

まり治療はできるだけ期間をあけないで続けて受けるようにしてください。
どちらかと言うと腰痛は腰の痛みよりも厄介なものが大脳の問題だからです。腰痛は腰の痛みのある方は可能性なんですが腎臓の病気を持つ可能性が多い方が腰を痛めを起こしやすくなっていますので可能性を減らしていくことや遅らせることをしなければいけないと思うので、その効果が大きい体質改善の治療のみになります。何も原因がなくて腰痛が起きることもありませんし何かがあるから腰痛を起こすことになっています 。

あとは、どれぐらい受ければ良くなるのかと言うと腎臓だけであれば2、3ヶ月とか半年とか場合によっては、ひどい方の場合は1年ぐらいかかる可能性もありますので、簡単に考えないでください。 弱くなっているのは腎臓だけではないかもわからないからです。簡単に体質が変わることもありませんし改善しなければ、どんどん進行していくばかりだからです。 自分の体はひとつしかありません、悪さが完成する前に、悪くなる前になんらかのことを考えないと。

2020年08月06日

腰痛、腰の痛みを改善する

当院では検査することをしていますので検査をしてみて骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれて片方状態になっている方は眠れているわけはありません。

本当に居眠りをしている熟睡状態のことは骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくを切ることはなく腰の痛みにつながることはないからです。睡眠負債の方も不眠症の方と同じような現象で骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなって背骨がずれてガタガタ状態になっていますが大脳の方が回復する力がなければいくら腰の部分を治療しても回復は遅れてしまいます。

体質改善と腰痛、腰の痛み

体質改善と腰痛、腰の痛みの原因体質改善と言うのは弱い部分に疲れやストレスがたまりますから、弱い部分を変えていくことができるのが体質改善の施術です。実は腰痛は腰の痛みを一度でも起こした方は大元中の大元の原因というのは内臓の問題にありますが内臓と言っても病気と言ってるわけではありません。

先ほど何回も説明しているように腰痛や腰の痛みの大元の原因というのは疲れやストレスがたまるところにあるんですが疲れやストレスがたまるところというのは筋肉でも溜まりながら内臓に蓄積していくのが多いわけです。
しかし内蔵といっても、今は病気というわけではありませんので未病という状態で起きて行きます。

未病は病院に行っても検査できませんし数値的な異常が出ることはありません。

しかし、もしかしたらですが、先将来、ゆくゆくは病気になる可能性があるということも確率的に高くあります。
進行途中というのは病気ではありませんので検査をしても分かりません。
しかし何回も言いますが今、現在は病気ではありませんので病気というのも健康な内臓から一気に半年や1年で病気になることはありません。

進行する腰痛、腰の痛みの原因

進行していくには年月が必要ですから、5年とかではなく10年前後かけながら悪くなっていきます。
悪さが完成したものや完成する前で病院に行ったら数値的な異常が出てしまい腎臓の何らかの病気になっていると病院の先生から言われる可能性が多くあるのが腰痛です。短期でよくなることはありませんが少しずつでも内臓を元気にすることが前提条件だと思います。

本当の腰痛、腰の痛みの原因とはあまり表だっていうことはできないんですが、 腰痛は腰の痛みが起きる時には疲れやストレスがたまるところがあると説明してきたように疲れやストレスがたまるところというのは体の中に存在しているものなんですが、多くの方が勘違いしてしまっているため表立って説明することはできませんが、病気というわけではないですが腰痛は腰の痛みが起きる時には腎臓がかなり深く関係してしまっています。

腰痛や腰の痛みやぎっくり腰と聞くと腎臓というのをイメージするぐらい密接に関係しているものなんですが、病気ではないために病院に行って色々な検査をしてみても、数値的な異常が出ることはない状態で腎臓がトラブルを起こしています。

原因と腰痛、腰の痛み

腎臓がトラブルを起こす時にも弱い腎臓に疲れやストレスが溜まることが、原因で腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり骨盤の保持や維持ができなくなり、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がズレていきます。

一番、肝心なものは弱くなっている腎臓に疲れやストレスがたまることで腎臓の働きが悪くなり腎臓に関係する筋肉の大腰筋と腸骨筋という筋肉は骨盤を保持している筋肉ですから、保持することができなくなり、骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしさらに土台が崩れることで、背骨の腰椎である5番目と4番目の骨にズレが起こり悪化させることで椎間板が損傷を起こした状態、つまり椎間板ヘルニアになります。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まることで骨盤の崩れを起こし崩れた時に何かをしたら痛みに繋がっています。当院では必ず検査することをして検査状況の判断から矯正を行うようにしています。
検査項目と矯正腰痛を矯正しようと思うなら、まずは検査することから何が起きているのかということを見つけ出さなければいけませんので検査項目が重要になります。

検査項目も色々あり一つ一つ改善することが一番望ましいわけですから、単純に電気をすれば、いい湿布を貼れば良い、サプリメントを飲めば良いというわけではありませんし、マッサージをすればいいということでもなく低周波治療器や電気などをかければいいというわけではありません。

2020年08月06日

腰痛、腰の痛みを楽に

腰痛や腰の痛みと言うと腹筋が弱いとか配筋が弱いとか言われますので運動した方がいいと思いますが運動しても簡単に筋肉というのは鍛えられることはありませんので鍛えられることがないうちに疲れやストレスが蓄積していき続かなくなっているということが現状です。

急性状態の時には痛みが強くなっていますので急性状態の時にはゆっくりした方がいいと思いますし痛みのある部分に湿布を貼ったりすることも有効な手段です。

腰痛、腰の痛みは

腰痛とサプリメント・薬腰痛を楽にするサプリメントや薬がありますが薬というのは痛み止めだと思いますから腰痛の痛みを改善してくれるかも分かりませんが原因が残ったままになっていますしサプリメントでも原因は残したまま楽にすることをしてもなんか調子が悪いとか体調が優れないとかいう感じになってしまいます。

栄養不足であればビタミンやミネラルや他の栄養のあるものを食べる方がサプリメントを飲んだりするよりも効果があると思いますがバランスをとるというのはなかなか難しいんですが誰だってバランスが悪いままですからそんなにバランスがいい方はいませんのでバランスというのは気にしなければ偏った食事を極端にしなければいいと思います。

最近、テレビに出ていましたがお昼に一色だけステーキを2 kg も3 kg も食べるという方がいましたが栄養が偏っているという感じは見受けられません。美味しく食べると言うストレス発散法もあるわけですから味がある料理の方が美味しく食べることができます。

痛みを楽にするために

腰痛と腰痛ベルト腰を痛めてしまった時には腰痛ベルトというのも腰の痛みを防ぐものになりますし普段から仕事で重たいものを持ったり前かがみをしたりという方は腰痛ベルトをした方がいいと思いますし痛みが起きた時には血液の流れを止めてしまう腰痛ベルトというのは構わないと思いますが仕事をしていない時には外した方がいいと思います。

家でゆっくりしたりする時には腰痛ベルトはめることはお勧めしませんので血液を流れ悪くなり内臓の働きも低下してしまうからです。

腰痛とマットレス、布団、寝方腰痛は腰の痛みが起きた時には寝方とか布団とかマットレスを考える方がいますがマットレスや布団はへたっていたり経年があれば変えた方がクッション性も良くなりますので帰ることをお勧めしますが変えればいいというわけではありません。

布団というのは必ずへたりが存在しますのでマットレスでもバネのへたりは必ず送りますのでマットレスや布団を気にしないでも出れるような状況であれば一番だと思いますので寝れるような状況の体を整えていくということが一番の優先だと思います。

眠りと腰痛、腰の痛み

寝方というのは初めに寝方がいい寝方をしても寝返りをしているわけですから寝返りを制御することはできませんので寝やすいし体が一番だと思います。個人個人自分が寝やすい姿勢があると思いますので横向きでも上抜きでも構わないと思います。

寝やすい姿勢が一番です。腰痛と病院腰痛は腰の痛みがある方が病院に行くと湿布を貼ったり注射をしたりレントゲンをする可能性もありますがレントゲンを撮る時には骨の異常が見つかる場合で骨折やヒビが入っているという状態や骨と骨の間にある軟骨が過ごされているという感じや圧迫骨折がわかることもあります。

しかし病院は骨のひびや骨折や圧迫骨折というのが中心で見ていきますのでゆがみやズレというのはあまり関係ありませんし専門外です。

腰痛の原因運動療法しても湿布をしても注射をしてもサプリメントを飲んでも薬を飲んでもストレッチをしても腹筋をしてもプールで泳いでも何よりも基本的なものは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーで多く生み出されていくものが弱い部分にたまるのが原因です。

体を動かしたりすることでまたは動かさなくても積み重なっていくものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは誰でもあるものなんですが弱い部分というのも人間の体にとって必ず存在するものですから弱い部分がどこなのかで起きる症状が違います。

例えば大腸が弱い方が大腸に疲れやストレスを溜めてしまうと一週間も10日も便が出ない、ひどい便秘になってしまいます。

体の崩れと腰痛、腰の痛み

また生理に関係する部分が弱ければ、弱い部分に疲れやストレスがたまると、ひどい生理痛になってしまいます。腰が弱い方は腰の部分に疲れやストレスが多く溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていき筋肉やじん帯のバランスが悪くなって骨盤が不安定になっていることから腰の痛みになります。

骨盤のゆがみは骨盤の開き、背骨のズレが、どうして起きるのかという問題がありますので、何も原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きることはありません。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み腰痛は腰の痛みになる場合、弱い部分に疲れやストレスが溜まって骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていき骨盤が不安定になればなるほど筋肉や靭帯も支えることができないほど大きく歪みが開きを切ると何かをしたら痛みになっていきます。

何かをするというのは、重たいものを持ったり、前かがみをしたり、掃除機をかけたり、野球をしたり、サッカーをしたり 庭仕事で座って立とうとした時に腰を痛めてしまったり、何かを取ろうとして体を伸ばした時に腰が痛くなったり、車の運転で座っているだけで腰がズキズキ疼いて痛くなったり、くしゃみをしただけで腰を痛めてしまったり、朝に起きたらいつも腰が痛いとかいうのが切っ掛けです。腰の痛みが起きる時には、必ず切っ掛けと骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが深く関係しています。

切っ掛けがない場合は、思い当たる節がない場合は、かなり状態が良くない時です。

しかし何も歪みが開きやズレを改善しなくてもまたは治療しなくても湿布を貼ってもサプリメントを飲んでもマッサージをしても指圧をしても鍼を打っても低周波治療器をかけても電気をかけても楽になっていきますが骨盤のゆがみは骨盤の開き、背骨のズレが残ったままになっています。

他の整体院やカイロプラクティック院では骨盤矯正や背骨の矯正をしていると思うんですがどうして背骨が歪んだり骨盤が歪んだり開いたりしているのかという原因までは改善していません。

弱い部分に溜まる疲れやストレスが多くなればなるほど身体は限界を超えて骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こして行きます。

骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレ

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きても軽ければ何も感じ取ることができませんので腰の痛みにつながることはおこりませんが、徐々に歪みや開きやズレが大きくなっていくと切っ掛けを原因にしたり、または切っ掛けがなくても腰の痛みとして起きて行きます。

ということを考えれば疲れやストレスが溜まった部分から減らすことをすればいいという簡単な原理が生まれるんですが疲れやストレスを減らすことほど大変なことはありません。

疲れやストレスの蓄積だけではなく最近多くの方が眠りに問題を抱えています。眠りの問題と腰痛、腰の痛み眠りが浅い方が増えています。眠りが浅いことは、わかっている方もいますが、気が付いていない方が多くいます。

不眠症は寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますのが不眠症です。

しかし睡眠負債は違います。睡眠負債や不眠症の方は体調が異常と思えるほど、悪くなっている方が多くいますが、落ち込んだ方ほど感じていない方も多くいます。

睡眠負債は寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

眠りとは熟睡の事を言います。ただ寝ているだけではありません。大脳が休養をとることが熟睡です。

不眠症と腰痛、腰の痛み不眠症の方は夜寝ようとする時に寝つきが悪く一時間も二時間も眠れない方が不眠症の特徴なんですが夜中に何回も目を覚ますことがあるのも不眠症の特徴ですから、夜中に何回か目を覚ましてもすぐ眠れるからといって眠れているわけではありません。

不眠症の方は体調がすごく悪く骨盤の歪みは骨盤の開き、背骨のズレだけではなく大脳の疲弊や衰弱状態に陥ってる方もいますし内臓疲労も多く見受けられるため脳の状態を元気にしていくことをしないと回復しない場合もあります。

睡眠負債と腰痛、腰の痛み睡眠負債というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないからぐっすり寝ていると勘違いしている場合です。

 

 

2020年08月06日

腰痛、腰の痛みを解消する

腰痛、腰の痛みになる時や、腰の痛みが長引く時や、腰が痛みが良くならない時には、日常で多くなって積み重ねている疲れが解消できていないからです。
疲れは、何かをしても、何もしなくても多くなって体にたまっていきます。
普段の生活や仕事や体を動かすありとあらゆることが疲れを生み出していきます。

その疲れは、一時的に感じますが、しばらくすると感じなくなりますので、消えたような感じになって忘れ去ります。

しかし混じていないだけで残っています。
残って蓄積している疲れが多くなり、多くなった疲れがストレスに変換されると、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを起こしていきます。

しかし、この段階では、まだ痛みはありません。
骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが大きくなった時に、切っ掛けで起こります。
切っ掛けとは、重たいものを持ったり、前かがみになったときに腰が痛くなったり、手を伸ばした時に腰が痛くなったり、車の運転をしている時にズキズキ腰が痛むこと、仕事で座ってしている時に急に立とうとしたら腰が痛くて体を伸ばせなくなったとか、運動して腰を痛めてしまったとか、これらは切っ掛けです。
腰痛、腰の痛みは切っ掛けと原因の2つが合わさって起きています。どちらが欠けても腰痛、腰の痛みにはなりません。

腰痛、腰の痛みを起こすときの直接的な原因は骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレです。
骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレがあると、前かがみになっただけで体を支えることができません。
骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレがあると、筋肉やじん帯の支えも限界があります。
支えることができなくなるくらい骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが起きた時にギックリ腰になります。
また

腰痛、腰の痛みとは

骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレは程度があります。
歪みや開きやズレが軽いうちは、痛みは何もない場合があり、歪みや開きやズレが大きくなれば、あとは切っ掛けの姿勢をすると、いつでも腰痛、腰の痛みになります。
しか腰痛、腰の痛みになる原因は骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレなんですが、何も原因がなくて歪みや開きやズレが起きることはありません。

なので、どこかに骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを起こす原因があります。
多くの整体院やカイロプラクティック院では、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレは矯正できるかもしれませんが、歪みや開きやズレの原因までしていません。

腰痛、腰の痛みが起きる時には、何かをしたら痛くなる場合が多くあります。
例えばですが代表的な腰の痛みになるのは、重たいものを持ったら痛くなったとかです。
何をしたら痛くなるのか、どうしたら腰痛になるのか、それは、しっかりとした原因が体にあります。
腰痛、腰の痛みになるのは自分の体の中に原因があります。その原因が整ってくると、いつでも腰痛、腰の痛みになる可能性があります。

腰痛、腰の痛みになる時には、痛みになる条件が揃ったときに、切っ掛けで痛みになります。
切っ掛けとは、重たいものを持ち上げて腰に痛みが走った、前かがみで掃除していたら腰が痛くなる、庭仕事で座ってしていたら立とうとしたときに腰が痛くて体を伸ばせない、布団、ベットで寝ていたら朝、いつも腰が痛い、靴下を履こうとして腰が痛くなった、新品の靴を履いていたら腰が痛くなる、真っすぐ立っているだけで腰が痛くなる、仕事で荷物を取ろうとして前かがみになって体を起こしたら腰が痛い、クシャミをしただけで腰に痛みが走るなどなど色々あります。
腰痛、腰の痛みになる条件とは、骨盤の歪み・背骨のズレが起きていることです。骨盤の歪み・背骨のズレは誰でも起きています。だからと言って直結に痛みになる事はありません。骨盤の歪み・背骨のズレも程度があります。大きく歪みやズレが起きている方や軽く歪みやズレが起きている方があります。当然ですが軽ければ痛みになる事もコリになる事もありません。しかし、歪みやズレがひどくなると、あとは切っ掛けを待つだけです。時々、何もしていないのに腰が痛くなったと聞きますが、その意味は特別な事はしていないと思っている場合と、限界を超えて骨盤の歪み・背骨のズレが起きている場合です。
骨盤の歪み・背骨のズレが起きる時には、上肢の重さを保持する事が出来ない状態でバランスが崩れている時に、切っ掛けの重たいを物を持つことで起こります。

痛みの原因

しかし、何も原因がないのに骨盤の歪み・背骨のズレが起きる事も、大きくなることもありません。何かがあるから骨盤の歪み・背骨のズレが起きて、大きく広がっていきます。
骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのも特別なことではありません。日常で多くなることが骨盤の歪み・背骨のズレを起こしていきます。骨盤の歪み・背骨のズレが起きると筋肉、じん帯のバランスも崩れていきます。しかし崩れる所ではないこともあります。骨盤の歪み・背骨のズレが起きていると骨盤をつないでいる仙腸靭帯も問題を起こしていますから、ゆるんで固定しない事もありますし、じん帯が固くなる事もあります。そうすると中央の逆三角形の仙骨(尾てい骨)と両側の寛骨の骨が固定できません。

矯正しても、矯正しても仙腸靭帯が緩みぱっなしと言うことも歪みやズレが長期間あると起こります。
腰痛、腰の痛みがある方は骨盤の歪み・背骨のズレがありますが、生理痛でも生理不順でも便秘でも骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。腰痛だけが骨盤の歪み・背骨のズレとは限りません。
長期間、骨盤の歪み・背骨のズレから起きた仙腸靭帯が硬くなったり緩みぱっなしになる前に早めにすることも必要です。
骨盤の歪み・背骨のズレを放置しておくと仙腸靭帯も悪くなり、固定が上手くできなくなる事も起こります。筋肉やじん帯が伸ばされたりゆるんだりする時間が長くなると、普通では起こらないことも起こります。ということは骨盤の歪み・背骨のズレを矯正すれば良いと言う訳ではいかない事もあります。
しかし、骨盤の歪み・背骨のズレが、どうして起きるのか??問題は、その部分です。
腰痛、腰の痛みなどが起きたら、多くの方が痛みを楽にしたいと思うでしょうが、専門家の先生も同じで痛みを楽にする方法ばかりしています。

しかし、そこには原因なんか関係がありません。
腰痛、腰の痛みの治療法は大きく分けて2通りの方法があります。一つは痛みを楽にする方法です。腰の痛みを楽にする方法は、注射を打っても楽になる事もありますし湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても鍼灸でも、指圧でも楽になる事もあります。
しかし楽にする方法は原因を見つけ出していませんから、腰痛、腰の痛みの原因があるとすれば、原因もいつまでも同じままではいられません。つまり進行していきます。

楽にすることと、原因を変えていくことは意味からして違います。
例で説明すると歯の痛みがある時に痛み止めを飲んで痛みを楽にする事は出来ても、虫歯が残っている訳です。そうすると歯はボロボロになっていきます。虫歯がある事が歯の痛みの原因です。
しかし腰痛、腰の痛みの原因を検査して見つけ出すことは、大変、難しくなります。虫歯は口の中を見れば良い訳ですが、腰痛、腰の痛みの場合、口を同じではありませんので中を見る事はできません。
その為に検査する事ができない先生が多くいるのが現実です。
腰痛、腰の痛みになる時には条件があります。この条件が揃わないと腰が痛くなる事も起こりません。
腰痛、腰の痛みが起きるときには、あるモノが弱い部分にたまって多くなっているのが原因です。この原因から減らす事をしないと、いつまでも同じままではありませんから、慢性化したり、長期間、腰の痛みを感じたりして進行していきます。
腰痛、腰の痛みが起きる原因は特別なモノではありません。誰でも多くたまっているモノですが、たまる部分が問題になります。

腰痛、腰の痛みを楽にしたり痛みを解消する為の治療は色々ありますが、湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり鍼灸をしたり指圧をしたり注射を打ったり低周波治療器や電器、ボキボキしたりしても、これらも表面上の腰の痛みを楽にすることもできますが、本当の原因が残ったままになっています。
腰痛、腰の痛みの治療には表面上の痛みを楽にする治療と、奥の原因から減らしていく方法があります。簡単な方法は表面上の痛みを楽にしたり痛みを散らすことです。痛みを散らしても楽になりますから、代表的なものは低周波治療器や電器です。機械さえあれば専門知識も必要ありません。しかし、そんなことばかりしていると痛みの原因もいつまでも同じままではありません。
年齢が進む以上に原因の部分は進行していきます。体の年齢は1年に1歳しか歳は取りませんが、体はそうではありません。

そして、人の体には弱い部分とそうでもない部分がありますから、弱い部分ほど急速に落ちていきます。この落ちていく弱い部分にたまって悪さを起こすのが、疲れです。
疲れもドンドン毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるモノです。疲れが、たまっていない方はいません。
疲れが弱い部分にたまって積み重なると疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になっていきます。
体の弱い部分にたまる蓄積疲労が、体を歪ませたり、ズレを起こしていきます。
疲労の蓄積は多くなればなるほど、限界はありません。ここまでしかたまらないと言う事はありません。疲労が体に蓄積していくと、弱い部分に集まっていきます。ある程度、弱い部分に集まっていくと疲れを感じなくなる事もあります。
その為、多くの方が疲れが取れたと思います。
しかし、実は取れている訳ではなく、弱い部分にたまっていっています。
疲労の蓄積が弱い部分に多くたまっていくと、徐々に筋肉・じん帯のバランスが悪くなり崩れていきます。この崩れが骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。
骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレが起きると骨盤が安定しなくなってしまいますから、その時に重たいものを持ったり、中腰をしたり、前かがみをしたり、同じ姿勢をすると、余計に歪みやズレが大きくなり、体を支える事ができません。これが腰痛、腰の痛みになります。
しかし、先ほどから説明にもあったように弱い部分に疲れが溜まるとありましたが、弱い部分はどこなのかです。そして弱い部分とは、どういう意味なのかです。
腰痛、腰の痛みを起こす弱い部分とは、疲れは全身にたまっていきますが、筋肉にも多くの疲れはたまりますが、筋肉よりも何十倍も疲れをためてしまうのは、内臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れや疲労の蓄積です。
つまり内臓にたまる疲労が主な原因で筋肉バランスが悪くなり崩れて骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。そして骨盤の安定が無くなり腰痛、腰の痛みになります。
この時の腰痛、腰の痛みに関係する内臓と言うのは腎臓です。
つまり腎臓疲労が腎臓に関係する筋肉のバランスを崩して骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになり、体を支える事ができないと腰痛、腰の痛みになります。
さらに弱い腎臓に多くの疲れがたまっていきますから、弱いと言うのは体質的に弱いと意味ですから、また、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多く疲れがたまっていくと同じことが繰り返されます。だから体質改善の矯正で変えることが必要になる訳です。
弱い腎臓はドンドン、疲れをため込みながら細胞の変化を起こしていきます。細胞の変化は腰痛、腰の痛みだけを起こすものでは済まなくなります。
また、眠りの浅さからも疲れは多くなります。最近は、多くの方が眠りが浅くなっていますが、気が付きている方もいれば、気が付いていない方も多くいます。
眠りが浅いと回復する力がありません。腰痛、腰の痛みを直そうとする力がなく、いくらしても脳から元気にしていかないと痛みが取れにくい方や、繰り返す方もいます。
疲れが減ったり解消できるのは、由一、寝ている時ですが寝ると言う事も段階があり脳が寝る熟睡が出来ていないと寝ているとは言えません。
疲れは焼肉を食べても、ウナギを食べても、栄養豊富なモノを食べてもサプリメント、医薬部外品でも減らす事はできません。脳が減らす事ができるのが疲れですが、眠れていなければ減る事はありません。
最近は多くの方が寝ているようで眠れていないからです。
眠りが浅いと言う事は脳が弱っていきますから、脳の弱いも段階があります。軽いのから中程度のから重症程度ののもから、ひどすぎるのから。回復に回数がかかる事もあります。
腰痛が、どうして起きるのか??
何が原因で腰が痛くなるのか??
それには、しっかりとした原因があります。しかし原因があるんですが、説明することも難しいですから、しっかりと聞いて下さい。
腰痛、腰の痛みが起きるときには、「どうして腰の痛みが起きましたか?」と聞くと、色々なことを言われます。代表的なことは、『重たいものを持った』とかですが。
では、どうして重たいモノを持ったら腰が痛くなるのでしょう??
普通に同じものを、同じようにしても腰が痛くならない事もあります。痛くならないように気を付けているから??、また、膝を曲げて取るようにしているから??、筋肉を鍛えているから??
気を付けていても、筋トレしても痛くなる事もあります。その原因は???
腰痛が起きる時には
腰痛、腰の痛みが起きるときには、何かの原因がある時なんですが、特殊な事もありますが、腰の痛みになる時には、日常に多く生み出されるモノが蓄積して起きています。特別なことでもなく、普通にあるモノが原因で起きていきます。
腰痛、腰の痛みを起こす時には毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものが体にたまっていきます。日常的にたまるモノとは疲れです。
しかし疲れは自分の体の弱い部分にたまる傾向があります。
腰の痛みに関係する部分が弱い方は疲れがある部分にたまって多くなると骨盤の歪み・背骨のズレになっていきます。初めは軽く歪みやズレを起こしていますが、徐々に大きくなった時に、重たいものを持ったら腰が痛くなる確率が高くなります。
疲れが多くたまっていくと、必ず骨盤の歪み・背骨のズレになります。骨盤の歪み・背骨のズレが起きると筋肉、じん帯のバランスが崩れていきます。
骨盤の歪み・背骨のズレと筋肉、じん帯の崩れと炎症やハレを伴いながら腰痛、腰の痛みになります。
弱い部分に蓄積する疲れは、何をしても、何もしなくても多くなっていきます。
しかし、疲れもたまる部分があるから、たまっていく訳ですから、どこにたまっていくのか、と言う問題が深く関係しています。
弱い部分には、疲れが溜まりやすく、徐々に腰の痛みだけでは済まなくなります。つまり弱い部分に疲れをため込んでしまうと進行していきます。さらに弱くなったりすることは、当然ですが、悪くもなります。
もし腰の痛みになる部分が弱くなければ、どんなに疲れが多くなっても、腰痛は起こりません。弱い部分をつよくしていく事ができます。もちろん簡単な方法で変わる事はありませんし、数回で変えられるものではありません。この矯正のことを体質改善と言います。
体質レベルから変えることも考えないと、原因もいつまでも同じではいられません
と言うのも、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものが、さらにたまっていくからです。追い打ちをかけるように、さらにたまっていきます。疲れは生きている限り切り離せません。生活している限り、仕事をしている限り、歩いたりジョキングしたり、階段を上り降りしたりしても疲れは体の弱い部分にたまっていきます。
体にたまった疲れは無くなる事はありません。一度、蓄積した疲れは多くなるばかりです。唯一、減らす事ができるのは焼肉やウナギの栄養があるモノを食べる方法でも減りません。
減らすことができるのは、眠りです。それも脳から寝ている眠りだけです。脳から寝ていることで蓄積した疲れを減らす事ができますが、最近は多くの方が出来ていません。
つまり眠れていません。
自分では寝ていると思う方もいますが、検査してみると眠れていないことが、わかります。
もし、仮に眠れている方がいるとしたら腰痛、腰の痛みになることや椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になんかなることもありません。検査してみて骨盤の歪み・背骨のズレが多くあると言う事にはなりません。腰痛の方は腰周辺に浮腫みも多くあります。つまり代謝も良くありません。
眠りが浅いと疲れが多くたまっていきます。
眠りが深く取れていないと、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなり体を支えることができません。
眠りが浅いから、起きた時にも腰が痛くなります。
腰痛や腰の痛みを楽にするために色々な治療法があると思いますが、当院では痛みを楽にしたら楽になってからの治療もあります。まずは腰の痛みを楽にすることから始めていかなければいけませんが、腰を楽にするためには、湿布を貼ったり、サプリメントを飲んだりマッサージをしたり鍼灸をしたり指圧をしたり、ツボを押したり、低周波治療器や電気などをかけたり、病院に行って注射を打ったり、整体院やカイロプラクティック院に行って骨盤の歪みや背骨のズレを矯正したりといろいろな方法があります。

腰痛、腰の痛みとは


腰痛や腰の痛みを改善する時には腹筋が弱いとか運動不足だとか色々なことを言われてしまいますが本当に腰痛の起こしている原因を考えることなく言っているだけですから筋肉のバランスが悪いとか運動不足とが動かないからだとかということは考えない方がいいと思います。
腰の痛みは腰痛が起きて強い時には状態が良くないから起こしているわけですから状態が良くない時に運動したりストレッチをしたり筋肉を鍛えたりというやり方は間違っています。もちろん動かさないよりはある程度、楽になってきたら動かしたほうがいいこともありますが特別な事をしなくても原因から改善していくことをすれば運動関係は関係ありません。
筋肉を鍛えることをしてもストレッチで筋肉や靭帯を伸ばそうとしても運動やストレッチをしていなくても腰痛や腰の痛みが起きる方もいれば起こらない方もいるわけですから。
腰痛、腰の痛みと言っても人それぞれで違いますから検査する事ができないと状況がわかりません。
腰痛や腰の痛みが起きた時には状態が良くないから痛みが強いという説明をしましたので状態が良くない時には安静状態を保つようにしてお風呂に入ったりすることもなく温めたりすることもなく動き回らないで安静状態を保って家でゴロゴロだらだらゆっくりするというわけではなく眠ってください。

体の状態が良くないというのはもう少しわかりやすく説明すると体調を落としていて骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっているから体を支えることができないで筋肉や靭帯の炎症や腫れを起こしているからです。場合によっては体調をとしすぎていると骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを伴いながら骨と骨の間にある軟骨・椎間板が膨らんでヘルニア状になっている方もいます。

腰痛や腰の痛みが急激に強くなったりぎっくり腰を起こす理由として、一番に考えられるのは体の状態が良くないまたは体調をとしている、または調子が悪いという状態で痛みを起こしますので、重たいものを持ったり前かがみになって腰を痛めてしまったとか、同じ姿勢をしたら腰が痛いとかくしゃみをしただけで、腰にくるという感じの方が多くいるんですが、体調が落ちている状態が戻りきらないのが原因なんですが、体調を落としている原因として一番に考えられるのは疲れやストレスの蓄積と眠りに問題がありますので、少しでも回復させようと思うなら昼間でも昼寝というよりは布団に入ってしっかり寝ることをおすすめしています。
しかし、なんでもかんでも寝れば回復するか良くなるかと言うと、そうではありませんので回復させるには治療においての手助けが必要になります。
逆にこの説明で不安に思う方もいるでしょうが体調が良い時に腰が痛くなったり腰痛を起こしたりぎっくり腰になったりすることはありません。 体調がいいのに痛みになるということは何かの病気を持っている場合だけですからその場合は病院に行って検査をしてみなければいけないと思います。

腰痛、腰の痛みの治し方

腰痛の治し方はいろいろな方法がありますが代表的なものは湿布を貼ったりすることであり病院に行って痛み止めの注射を打ってもらったり湿布をもらうことも改善策の一つですしマッサージや指圧院や鍼灸やツボを押したり整骨院に行って低周波治療器や電気などをかけたり整体院やカイロプラクティック院に行ってボキボキしたり矯正をすることも腰痛を楽にすることの一つの方法です。
当院で腰痛や腰の痛みのある方を治す場合は、まずは何といっても痛みを楽にすることから始めていき、楽になったら普通は、そこで終わりなんですが、腰痛を起こした原因がありますので、原因から改善して変えていくことをしています。
また、その他にも 運動療法的にもいろいろな方法があります。

腰痛、腰の痛みと湿布を貼る

腰痛は腰の痛みと言うと何と言っても初めは湿布を貼るという行為が一番有効な手段ですから手で触ってみて暖かい感じがあれば早めに冷やすようにしてください。
まずは何といっても初期の治療が一番肝心ですから温めるということもなく湿布を貼って冷やした方が炎症や腫れを取ることができます。
特に痛みが強いときには湿布を貼って安静状態を保つというのも安静という意味をわかっていませんので布団に入ってしっかり寝るという行為が一番だと思います。
しかし寝れば回復するものではありませんが今まで眠れてない場合が多くありますので少しでも回復力を高めるためにも眠ったほうがいいということです。
湿布を貼って治る程度であれば3日ぐらいかけて冷やすように安静状態を保ったりゆっくりしてまたは寝るようにしたほうがいいと思いますので痛みというのはどうして起きるのかという問題があるんですが状態が良くないから起きています。
突き指したとかは原因があるから湿布を貼ることで炎症や腫れを改善して良くなることがあるんですが腰痛や腰の痛みというのは原因があるので突き指とは違いますから湿布を貼って楽にすることができても原因が残ったままになっています。
腰痛とストレッチ、体操
腰痛は腰の痛みを防ぐためにもストレッチをしたほうがいいと言われていますがストレッチをすればするほど筋肉や靭帯が伸びて腰痛になりにくくなったりすることがあるみたいなんですが根本的には体を整えていくことからしないといくらストレッチをしても痛めてしまう時には痛めてしまいます。
腰痛や腰の痛みになる時には必ず原因が存在しますので原因から改善していかなければいくら筋肉や靭帯を伸ばしてもストレッチをしても効果的にはどうなのかなと思っていますので体を整えた上でストレッチをした方がいいと思います 。
腰痛が起きる時にはストレッチをしたり筋肉や靭帯を伸ばしたほうがいいということで言われますのでストレッチはしても構わないと思うんですがストレッチをしても防げるかどうかは微妙なところです。
腰痛は腰の痛みを起こしている時には原因がありますので筋肉や靭帯をストレッチして伸ばせばいいというわけではありませんので検査をして状態を確認しながら楽にすることをしています。
ストレッチをしても骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを改善しているわけではありませんので筋肉バランスがどうして悪くなっているのかということを見つけ出すことをしなければいくらストレッチをしても効果的には大したことはないんではなかろうかと思います 。
腰痛と腹筋
腹筋のバランスが悪いとかいう状態や筋トレした方が良いと勝手な言い分が言われていて腰痛を改善することもあるんですが逆に傷めてしまうことがあるため痛みがある時にはストレッチをしたりすることも構いませんが逆にズキズキ疼くことがあります。

2020年08月06日

小顔矯正で顔を小さく小顔に

小顔矯正をするときに、当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしているんですが顔を小さくするためには、初回から減らすことができるのはむくみや脂肪からです。

小顔矯正の方法

小顔矯正とは

しかし単純にむくみや脂肪を減らせばいいわけではなく、今までむくみや脂肪を多くしてしまった原因が存在していますので、原因も考えながら確認しながら減らすことをしないとむくみや脂肪を減らしても、また、すぐに増えてしまいます。

小顔矯正をしていくときに、何をしたら顔を小さくすることができるのかということも考えて欲しいところなんですが、エステの小顔矯正のように顔をマッサージして刺激すると顔が引き締まると方法もありますし、またエステでは発汗させるような方法で小顔矯正をしていると思いますが、当院では全然そういう風な方法ではなく体や顔を整えていくことで、顔を小さくする方をしていますのでエステの小顔矯正とは全然、違います。

エステの小顔矯正

一応、例としてエステの小顔矯正を臨調の見解として説明すると顔をマッサージすることで代謝率を上げたり肌を引き締めたりする事をしている可能性がありますしラップやタオルやクリームなどを塗って発汗させるような方法や温かい上記は出て発散させて肌を引き締めていく方法をしていると思います。

小顔矯正は浮腫み、脂肪から

当院の小顔矯正は

当院でしている小顔矯正と言うのは発汗させる方法をしていませんし機械やクリームなどを使ったりすることもなく顔を整えていくことで顔を小さくする方法を実践していますのでエステのような小顔矯正とは意味からも違いますしどうしてむくみや脂肪が増えてしまったのかとか肌が引き締まっていないのかと言う理由があるからできているわけですから、それの逆を考えて小顔矯正をしていくと言うことになります。

むくみや脂肪も増えてしまうと言うのではなくどうして増えてしまうのかと言う理由がありますのでむくみや脂肪を増えてしまう原因を見つけ出すことをしていくわけですけどむくみや脂肪が増えてしまう原因と言うのは運動不足と一般的には言われますが顔の運動不足というのがほんとにあるのかなと思いますし顔は食べるものを食べて顎を動かしたり歌ったりすることで顎の部分を動かしているのにどうして顎の周辺に脂肪やむくみが多くなるのかという問題を考えてください。

顔を動かすこと

確かに昔に比べたら顎を動かす回数や硬いものを噛む回数が減っている可能性もありますし笑うことや歌うことや話すことも減っている可能性もありますしいろいろな現象があるかもわかりませんが一般的にはそんなに口数が多くなっていたり減ったりする事はないと思っています。

特に顎の部分と言うのはおしゃべりをしたり会話をしたり携帯やスマートフォンで話したりする時でも使うことが多くありものを噛んだりする時でも、動かす回数が減っている可能性もあるんですが、単純にそれだけで脂肪やむくみが増えるのかということがありますので、逆に考えれば動かせば動かすほど、その部分に疲れが溜まっていくということが考えられれば、疲れが溜まることが原因で働きが悪くなり代謝が悪くなることも起きてリンパの流れや老廃物が多くたまる現象が起きていくということを考えれば当然の結果だと思うんです。

蓄積疲労の度合で顔が

テレビなどに出てくる学者の先生に言わせると、確かに硬いものが減って噛む回数が減ったりすることがありますが、本当にそれだけなのかと言うことも考えて欲しいところなんですが、テレビのタレントで出ている方が、多くお話をしても二重顎になっている方もいますので、そういう状態の意味とは違うんじゃないかなと思うんです。

小顔矯正をするときに

小顔矯正をするときにはボケボケすることもなく電気や機械を使ったりグッズを使うこともしていませんので、『手の技術力』だけで顔を小さくすることをしていますが、当院の小顔矯正は他人が見ていてもマッサージをしているようにしか見えませんが、実際には上手にマッサージをしていることもなく、顔の状態を確認しながら何を減らせばいいのか、何を変えることができれば顔が小さくなるのかと言うことを考えて小顔矯正を行っております。

マッサージやコロコロローラーで、どれぐらい肌が引き締まるのかと言うことがありますので、定期的に1日、何分かやっていけば引き締まる可能性もあるんですが引き締まる前に、手や腕が疲れてしまいます。

小顔になっても肩こりが起きれば意味はありませんので、どうして顔を小さくすることができるのかと言う問題なんですが、むくみや脂肪が増えてしまっている原因に関係しています。

むくみや脂肪を増やしてしまっている原因は、日常で多くなっていく疲れが原因なんです。

疲れの蓄積が浮腫みや脂肪を増やす

疲れと言うと検査することができないくらい難しいものですから、自分で実感して疲れが溜まっているなと、思わなければ溜まっていることさえ感じないかも分かりませんが実は多くたまっているんです。

小顔矯正をするときに、体にも疲れは溜まっていくんですが、ありとあらゆるところに疲れが溜まっていき疲れと言うのは、限界なく蓄積する傾向がありますので限界なく蓄積したものを、ストレスに変換されてしまう場合がありますので、疲れやストレスの蓄積から、むくみや脂肪が増えていくということが、顔にも起きてしまっていると顔が徐々に大きくなっていくんです。

小顔矯正と疲れやストレスと蓄積疲労
2020年05月20日

肩こりになると

肩こりになってしまうと、辛い思いをしなければいけない状況になっていきますので、家族の方にもんでも、しばらくは楽になるんですが、また、しばらくすると同じことが繰り返されてしまう場合もあり、何か良い方法は無いのかなと言う感じで探している方やテレビや雑誌の特集などで取り上げられている肩こり解消法をしたりダンベル体操したり、筋肉を鍛えたりストレッチをしたり体操したりする方法もあり多くの改善法があると思いますし、湿布を貼ったり、サプリメントを飲んだりする方法で筋肉を和らげているということもありますし 、専門家の先生に頼んでマッサージをしてもらうこともあると思いますし、低周波治療器は電気などをかけると言うこともあります。

肩こりとは

肩こりとは

肩こりと言うのは日常でバックを持ったり荷物を持ったりする指先や腕や肩の部分の筋肉のコリのことを言うんですが、普通は筋肉のコリが起きてしまうと自力で解消できていなければいけないと思いますので、解消ができない状況が肩こりだと言うことになりますし、筋肉のコリが起きてしまうと、代謝が悪くなりリンパの停滞が起きて老廃物が多く溜まっていることから肩こりをより強く感じさせてしまっているということもあるんですが、単純に肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きている事は無いと30年間の臨床経験から思っています。

リンパの解消して老廃物を流す

必然的に筋肉のコリを起こすのは、当然の結果ですから、筋肉が凝りを起こしていたり緊張を起こしていると代謝が悪くなり、リンパの停滞が起きて老廃物が多くたまる現象は起こりやすくなっていますので、単純にリンパを流せばいいと言うわけでもないし、リンパマッサージをすればいいわけではありません。
リンパが流れないのは、どうしてなのかということも考えなければいけませんので流せばいいと言うわけではないんです。

肩こりと湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても

老廃物が多くたまると言う現象は、リンパの問題から起こりますがリンパを流して老廃物を流せばいいわけではなく、どうして流れていかないのかと言うことを探さなければいけません。

リンパマッサージやリンパ療法とは

リンパマッサージやリンパ療法の方は失礼な言い方をするかもわかりませんがよく考えていないしわかっていないと思いますけど女性になぜか人気なのは事実です。
リンパが流れないと言う事は実は大変な状況が起きていると言うこともわからずにやっている方もいますし受けることも簡単に考えて流せばいいだろうと思っている場合があるんですがリンパが流れないと言う事は実は大変なことなんです。

どうしてリンパが流れないのか

どうしてリンパが流れていかないのか流れていかないから老廃物が多く溜まりむくみや脂肪になってありとあらゆる不調状態を起こしていく事なんですがリンパは他の役目を請け負っていますので血液とリンパは色の違いはあるだけで同じ働きをしています。

肩こりと仕事の疲れ

これを言えば血液を流せばいいと言う方法はありませんし血液療法とか血液マッサージと言うのもないと思いますので必然的に流れて行かなければいけないものが流れないと言うことになれば大変なことになっていると考えた方がいいと思いますしリンパの最終的に流れていくところは鎖骨下静脈に流れてきますので、つまり静脈、つまり血管に流れていくと言うことも考えてください。

リンパと血液は同じものに流れる

最終的に同じところに流れていくリンパと血液なんですが血液が流れないと聞くと大変なことだと思うでしょうが、リンパが流れないと言うと簡単に流せばいいと言う事を思う方が多くいるんですが血液と同じようにリンパも流れて行かなければ大変なことになっていると言うことが起きてしまいますので流れない原因から解消していかなければいけないと思います。

血液で回収できないものがリンパから吸収されて流れていくので結果的には鎖骨下静脈に流れて血管の中に入っていくと言うことが起きていきますので血管の中に入っていて心臓もあってさらに最終的に腎臓の中に入って腎臓で処理されてゴミとして尿として出されてしまうが使えるものは体内に戻されます。

肩こりが起きる原因

肩こりが起きる原因と言うのは日常で多く積み重なっていくものが体に蓄積していくのが原因ですけど、蓄積していくものはしばらくすると消えたように忘れてしまうため多くの方が溜まっていることさえ気がついていません。
溜まっていくものは疲れです

肩こりと蓄積疲労

疲れと言うと簡単に考えてしまう方が多くいますが疲れほど厄介なものはなく、疲れほど検査が、ややこしいものはないので疲れを減らすことが1番だと思いますが疲れを溜めてしまって『疲れたなぁ』と感じても人は減らす努力もしていませんし放置状態です。

『仕事をして疲れたなぁ』と思っても、しばらくすると忘れたように消えていきますのでそのままの状態の方が多くいるんですが疲れは実は体に蓄積しているということもあります。

どれぐらい疲れが蓄積していくのか、疲れが残っているのかと言う事は人それぞれ違いますが疲れが解消できないうちにまた次の日を迎えて同じことをして同じように疲れを溜めてしまいますので疲れは一過性でしか感じ取ることができません。
一過性で感じ取ることしかできないため疲れが溜まっていることさえわからないんです。

2020年05月20日

腰痛、腰の痛みが起きるのは

腰痛を楽にしていくためには腰痛がどうして起きているのかと言う原因や理由を考えなければいけませんので単純に痛みだけを改善すると言う方法もありますが、多くの場合原因が残ったままになっていてこじらせたり悪化させたり椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に進行させてしまうということが表面上の痛みだけを楽にする治療法で多く見受けられます。

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みとは

腰痛を改善していくためには2つの方法がありますが1つ目は対症療法と言って痛みだけを楽にする方法です。
もう一つの方法は痛みを楽にするだけではなくその先にある原因を見つけ出して少しずつでも改善していく方法なんですが少しずつと言う意味は簡単には改善できるレベルでは無いからです。

しかし原因と言うのはいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言う怖さがありますので先将来の問題を考えればまだ若いうちに改善していくことをしないと徐々に蝕まれていくと言うことも起きてしまいますので原因もいつまでも同じままではいられないと言うことが老化してしまえば大変な結果になってしまうと言うこともあります。

痛みのj状況

今はスマートフォンなどで検索することができますので腰痛を繰り返したり何回も腰痛を起こした方の場合脊椎管狭窄症と言う症状になってしまって大変な結果になってしまったり腰痛の痛みの原因の部分が悪化すれば先将来の問題も関係してしまうということが起きてしまいます。

腰痛、腰の痛みが起きるのは

しかし、その現象は先将来出会って半年先かもわかりません40年先かもわかりませんし20年先なのかもわかりませんが腰痛や腰の痛みやぎっくり腰や椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になってしまった方の場合、必ず同じ因子が関係していますがどのぐらい深く関係しているかで違いがあります。

重たいものを持ったりして腰を痛めてしまったり何かを取ろうとして手を伸ばした時に1ぐっとして腰が痛くなったとか車の運転をしているだけで腰がズキズキ痛むとか布団の上で寝て朝起きたらいつも腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか料理を作ったり掃除をしたりするときに前かがみになってしまうと腰が痛いと感じるなどいろいろな腰痛があるんですがすべては骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレに原因があります。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレ

しかし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレと言うのも原因があって起きている現象ですから何も原因がなくて歪んだり開いたりずれたりすることはありませんのでどうして歪みが起きているのかどうしてずれたのかどうして開いているのかなどを考えなければいけませんので単純に骨盤矯正したりボキボキしたりすればいいわけではありません。

足の長短

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きる現象と言うのは日常で多くなってしまうことが原因で徐々に起きていきますが軽い場合は何も感じることがありませんのでつい何かをしたときに急激な痛みが起こりますが急激な痛みが起きたときには歪みや開きやズレが大きくなっているときに起こります。

誰でもきれいに骨盤が整っている方はいませんので多少なりとも骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを持っているんですが痛みになっていないと言うだけであり完全に骨盤が正常な方は1人もいません。

骨盤の異常はどこから起きる

骨盤の異常が起きてしまうのは日常で多くなってしまうことが原因だと説明しましたが日常で多くなると端料理を作ったり掃除をしたり洗濯をしたり階段を登ったり降りたり歩いたり買い物をしたり車の運転をしたり荷物を持ったり仕事をしたりパートをしたりバイトで働いたりジョギングをしたり筋トレをしたり腹筋をしたり腕立て伏せをしたりサウナに入ったりヨガに行ったりエステに行ったりすることでも多くなってしまうものが原因なんです。

腰痛、腰の痛みと運動

いろいろなことで多くなってしまうのは疲れが原因です。

しかし疲れと言うと多くの方は簡単に考えてしまいますが疲れほど怖いものはなく研究すればするほどいろいろなことがわかってきます。

疲れるほど体に与えるダメージが大きいものはありませんので疲れも精神的な疲れと肉体的な疲れの2つに分けられます。

腰痛、腰の痛みと骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレ

疲れの蓄積が疲労になり

精神的な疲れが多くたまってしまうと脳疲労を起こし眠りが浅くなったりイライラしたり頭がぼーっとしたり自律神経が乱れたり鬱になったりパニックになったりすることも多くあります。
そして肉体的な疲れが溜まると蓄積状態と言うのは限界はありませんので疲れがここまでしかたまらないと言う事はありません。

疲れは限界なく溜まってしまいますので限界なく溜まったものがありとあらゆる状況を起こし歪みや開きやズレを起こしたり筋肉のコリを解消できなくなってしまいます。

もちろんその時には疲れが多くなってしまいますので、疲れが多くなってくるとストレスに変換されてしまいストレスの蓄積から骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていきます。

つまり体に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていくんですが疲れと言うのは仕事をしてあー今日は疲れたなぁと思ってもうしばらくすると消えたように忘れてしまいますのでなくなったと思う方が多くいるんですがなくなっていないとすればどうでしょう。

腰痛、腰の痛みと蓄積疲労

疲れは一過性しか

感じなくなっているだけであり体に蓄積している状態が多くなればなるほどストレスに変換されてしまいますのでストレスの蓄積の状態の多さから回復ができなくなり何かをしたときに骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが大きくなったときに両方が合わさった状態で急激な痛みを起こしていきます。

運動してもジョギングをしても筋トレをしても疲れやストレスが多くなります。

生活で掃除をしたり片付け物をしたり階段を登ったり降りたり布団をたたんだりすることでも疲れやストレスは多くなります。

仕事をしてもパートで働いてもバイトで働いても疲れやストレスが多くなってしまいますので疲れやストレスの蓄積と言うのは体にどんどんどんどん溜まっていきます。

溜まっていくことがわかっているのに減らす努力はしていません。

腰痛、腰の痛みと骨盤の歪み・骨盤の開き

疲れやストレスは減らさなければ減りませんので一時的に疲れを感じてもしばらくすると忘れたように消えたように回復したように良くなったように思えるでしょうが残っている部分が大半なんです。

眠りと歪み頭を開とズレ

最近多くの方が眠りが浅い方が多くなっていますので眠りが浅い場合も気がつきやすい不眠症と睡眠歳と言う言葉があります。

不眠症と言うのは寝付きが悪く夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症の特徴なんで眠れていない方は不眠症かなと思っている方が多くいますが現実に自分が不眠症だと言われるとやはり感情的になったりむっとしたりすることが多くあるようです。

不眠症の場合は夜寝ようとするときに後噴5分火10分で眠れる事はなく30分かかったり1時間かかったり2時間かかったり寝付きが悪いことで起きていますのでその場合は毎日でもなくて気がついている方が多くいます。

しかし1番気がつきにくい睡眠剤と言う言葉がありますが睡眠剤と言う言葉は最近の言葉なんですが目が覚めることがないけど眠りが浅い睡眠になっていると言うことです。

眠りとは

眠りが浅いと寝ているわけではありませんので眠れていないと言うことを自覚できないんです。
目が覚めなければ寝ていると多くの方が持っているでしょうが目が覚める瞬間に夢を見るから寝ていると思っている方も多くいます。

腰痛、腰の痛みと眠り

寝ている方が自分の睡眠を本当に眠れているか眠れていないかと言う事はわからないと思います。
寝ている方が夜寝ようとしてすぐ眠れるからといって本当に熟睡ができているとは言えないと言うことなんです。

眠れていない方ほど睡眠負債や不眠症の方の両方とも体がボロボロガタガタになっているんですが脳は弱ってしまっている場合が多くあり脳が弱ることで起きてしまうのは脳が麻痺したり鈍感になる現象です。

そのため自分がどんなに体がボロボロになっているのかとかガタガタになっているのかということがわからなくなっていて腰痛や腰の痛みや椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になっている方も多くいます。


2020年05月13日

肩こりを解消して

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリから解消していくんですが、どうして筋肉のコリが起きるのかどこかに理由があると思うんです。

何も原因がなくて筋肉のコリが起こす事はありませんので単純に筋肉を揉んだりマッサージをしたりすればいいというわけではないと思いますのでどうして筋肉のコリが解消できなかったのかということを考えなければいけませんが普通は筋肉のコリが起きても自力でなんとか解消できているはずなんです。

肩こりとは

肩こりとは

例えば運動をした後の筋肉痛と同じように急激に動かすと筋肉の痛みが残ってしまうことがあるんですが普通は急激な運動しなくても解消できているはずなんです。
肩と言うのは普段から多くを使うことがありますので筋肉疲労が起きて筋肉の緊張が起きてしまうことが起きてると肩こりに進行していきます。

肩や腕や指先を使う動作をしたときに筋肉に力が入ることが多くありますので重たいものを持ったりすることや急に引っ張ったり指先でスマートフォンなどを操作する時でも知らない間に肩や腕や指先の筋肉に力が入ってしまうことがあります。

肩こりと湿布を貼ったり

しかし筋肉に力が入ってしまうことが原因で筋肉のコリが起きる事はありませんので自力で普段は解消できていなければいけない筋肉のコリがどうして解消できないのか理由があると言うことなんです。

肩こりの起こす筋肉

筋肉と言うのは普段から使うことが多くあり車を運転する時でも維持することで力が入っていますので力が入ることが原因で肩こりを起こす方もいますし、バックと言うのもいつも持ちやすい方に下げる傾向がありますので、どちらの方が荷物やバックなどを持ちやすいのかで肩こりが起きる度合いが違う可能性があります。

肩こりと筋肉

自力解消ができないくらい多くの筋肉のコリが起きてしまうことが原因で肩こりを感じてしまうことがあるかもわかりません。

肩こりを起こすと代謝が悪くなりリンパの流れが停滞して老廃物が多く溜まる現象が起きてしまい肩こりを強く感じてしまうことがあるんですが、普通は肩の筋肉が緊張したりコリを起こすと自力解消できなければいけませんので自力解除ができない原因が存在すると言うことであります。

自力解消できない筋肉

普通は自力介助できているはずの筋肉なんですが筋肉の働きが悪くなったりリンパの問題や老廃物が多く溜まる現象起きてしまうと入りが解消できない可能性もありますが単純に考えても原因はそれだけではありませんので不自然な状態で起きている事はないと思います。

自力解消できない原因は日常に多く存在しているものが体に蓄積していると考えた方が自然だと思いますので普段の生活で日常で多く溜まっていくものが体に溜まると働きが悪くなります。

日常で多くがあるものが体に蓄積していくと体の働きが悪くなることがありますので悪くなるのはリンパの働きや代謝が悪くなり老廃物が多くたまると言う事は自然的に起きている現象なのでリンパの流れや老廃物だけではなく神経や血管の流れも悪くなっていることが起きてしまいます。

日常で多くたまるものというのが

日常で普段から多くたまるものが体に溜まっていくのが原因でありとあらゆる働きが悪くなることが考えられますので悪くなるのはリンパの働きや老廃物が溜まるだけではなく神経や血管の流れも悪くなっていく現象が起こしてしまうのは疲れの蓄積です。

肩こりと蓄積疲労

疲れと言うと簡単に考えてしまうことが多くあるため疲れなんだと考えないようにしてください。

疲れほど悪いものはなく疲れほど検査できないものはないですが疲れと言うのは一過性でしか感じ取ることができないため何かをして疲れたと思ってもいつの間にか自然と時間とともに感じなくなっていますので感じなくなった現象のことを忘れてしまったと言う状態でなくなっているように感じてしまいます。

しかし疲れは一度、生み出されてしまうとなくなる事はなく積み重なっていくんですが積み重なっていることさえも、わからずに生活していることが多くあります。

疲れの蓄積と肩こり

日常で多くなる疲れが限界なく溜まっていくことが起きるとストレスに変換されてしまいますのでストレスや疲れの蓄積が肩こりを起こす結果になります。

仕事をしてもあー疲れたと思っても、いつの間にか時間とともに感じなくなります。

買い物をしても疲れたと思っても、いつの間にか時間とともに感じなくなります。

ジョギングをしても疲れたと思っても、いつの間にか感じなくなります。

感じないだけで蓄積している

しかし感じなくなっているだけであり残っているものが多くあると言うことをわかっている方は少ないと思います。
何かをして疲れが溜まっている現象が起きても人というのは、いつの間にか感じることができなくなってしまいますので感じなくなっていること自体が忘れてしまっていると言う事なんですがなくなっていると思うこともなく人が生活しています。

肩こりと背骨のズレ

疲れることをして蓄積していく疲れと言うのを忘れずに変換されてしまいストレスの変換から代謝が悪くなりリンパの問題や老廃物が多く溜まる現象だけではなく神経や血管の流れも悪くしてしまいます。

しかしそれだけではなく疲れやストレスが溜まっていくと必ず起きるのは骨盤の歪みや骨盤の開きと背骨のズレを起こしていき歪みやズレや開きが起きると、筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから引き延ばされたり緩んだりすることが原因で筋肉が緊張起こして取れなくなっていくんです。
これが肩こりの原因になります。

2020年05月13日

腰痛、腰の痛みになるのは

腰痛腰の痛みを改善するためには原因から改善したほうが根本的だと思いますけど、多くの治療法は痛み度目のような感じの治療法が、多くあるため原因が残ったままになっている場合が、多くありますので原因が残ったままだと、表面上の痛みだけを楽にしても繰り返しやすくなったり、腰痛や腰の痛みがない時でも原因はいつまでも同じままではいられませんので、進行していくと言うことが起きてしまいます。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛とは

根本的なものからやっていかない限りは原因が残ったままになっていると大変なことになってしまいますので原因を改善していかなければいけませんが腰痛を起こしている原因と言うのは何なのかと言う問題があります。

普通一般的に腰痛や腰の痛みを感じてしまったら湿布を貼ったり腰痛に効くと言うサプリメントを飲んだり痛み止めを使ったり家族の方に腰を揉んでもらったりマッサージをしてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり鍼灸をしたり指圧をしたり整骨院に行って低周波治療器や電気などをかけたりと言うことで痛みを楽にしています。

整体院でも矯正をする前に筋肉を揉んだりして揉んだりした後に骨格構造をボキボキすることをしています。

腰痛や腰の痛みが起きるのは

腰痛や腰の痛みが起きてしまうのは根本的には骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが原因なんですが開きや歪みやズレがあるときに体のバランスが崩れるようなことをすると体を支えることができないために痛みになってしまいます。

体のバランスが崩れることと言うのは同じ姿勢を続けたり前かがみをしたり中を使用したりくしゃみをしたり重たいものを持ったりすることです。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレもどうして起きるのかと言う原因が存在していますので何も原因がなくて歪んだり開いたりずれたりする事は起こりません。

ではどうして歪みや開きやズレが起きるのか

歪みや開きやズレが起きる原因は毎日毎日の生活すること仕事をすることや運動することや眠りの浅さから起きている積み重なっていくものが、原因で起きています。

日常的に多くなるものであり避けることができないため、多くの方にたまっているものですけど骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあっても、軽ければ何も症状を感じていません。

痛みの原因は

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きる現象と言うのは、疲れの蓄積から起きています。
疲れの蓄積から起きていると説明すると、多くの方は簡単に考えてしまいますが、疲れの蓄積が多くなればなるほど限界なくため込んでしまうためストレスに変換されてしまいます。

ストレスと言うのは簡単に考えて良いものではありませんので、ストレスの蓄積が体にダメージを与えていく、結果になり骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていく結果になります。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあっても軽ければ、何も症状も感じませんので感じないときに徐々に大きくなったりしていくと時に重たいものを持ったりすると痛みになります。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2020年05月07日

小顔になれる小顔矯正

小顔矯正をしていくときには何を減らしたら顔が小さくなるのかということも考えなければいけませんので顔に多くなってしまったむくみや脂肪を減らしていくことで顔は小さくなっていきます。

顔には必ず、だれでも、むくみや脂肪が多かれ少なかれありますので、どれぐらいあるのかで減らす度合いが全て違いますので、それを確認する必要があります。

小顔矯正

小顔矯正で減らすのは

全員の方がむくみや脂肪がありますがむくみや脂肪が少ない方もいれば多いかと思いますのでむくみや脂肪がどれぐらいあるのかで減らす度合いが違います。

誰でもあるむくみや死亡なんですがむくみや脂肪と言うと同じような感じで思っている方が多くいるんですがむくみと脂肪は根本的にものが異なるものです。

脂肪と言うのは食べ過ぎや高いカロリーのあるものを食べたり糖分や油分や炭水化物などの摂取で多くなっていくんですが特に誰でも顎の部分と言うのは脂肪がつきやすい部分でもあります。

浮腫みを減らす小顔矯正

しかし、どうして顎の部分だけに脂肪が多くなってしまうのかという問題があるんですが顎と言うと物を噛んだりする時に飲み込んだりする時でも使うことが、多くあり話したりしゃべったり歌を歌ったりする事でも顎の部分が多く運動させています。

確かに昔から固い物をかまなくなったと言うことで、口を動かしたりすることが少ないと言われていますが、今はスマートフォン等でも遠くの方と話す機会があり顎と言うのは大変多く動かしていると思いますので、あまりしゃべっていない方でも知らずに顎を動かしていると思います。

人と話したり会話をすることでも顎の部分は動かしているんですが動かす部分を大きく動かしていないと言うふうにテレビや雑誌などでも言われてしまいますが院長の個人的な見解としては違うと思います。

小顔矯正をして顔を小さくしていくために検査することをしていますが、顔に多くなってしまった脂肪と言うのを検査してみると、どうして増えてしまったのかと言う理由が見つかります。

顔に多くなってしまう脂肪は動かさないので運動不足に陥っているとか炭水化物や糖分や油分の摂取が高いとか高いカロリーのものを多く食べているとかなどいろいろあると思いますが確かに関係していることが関係していますが1番の原因と言うのは違うものです。

小顔矯正をしていくときに1番深く関係しているものというのは疲れやストレスの蓄積だと思います。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積と言うと日常で生活したり料理を作ったり仕事等をしたり車の運転をしたり階段を登ったり降りたりすることや歩いたり買い物をしたり荷物を持ったり旅行をしたりすることでも多くなってしまいますし体動かすこと洗えることが疲れやストレスの蓄積を溜めてしまいます。

疲れが多くなっていくとストレスに変換されてしまいますので疲れやストレスと言っていますが疲れやストレスの蓄積が一番の代謝を悪くしてしまい老廃物をためる結果になりリンパの流れが悪くなりむくみになります。

疲れやストレスと小顔矯正

むくみが多くなればなるほど徐々に脂肪に変換されてしまいますのでむくみや脂肪が増えると言う事は疲れやストレスの蓄積が多くあり働きが悪くなった現象で顔の部分にむくみや脂肪が多くなると言うことが起きてしまいますので顔に浮腫や脂肪が多いと言う事は体にもむくみや脂肪が多いと言う結果になります。

小顔矯正をしていくときに

小顔矯正をするなら日常で多くなっていく疲れの蓄積が1番の問題になりますので疲れの蓄積も多くなればなるほどストレスに変換されてしまい疲れやストレスの蓄積から代謝が悪くなりリンパの問題や老廃物が溜まると言うことで代謝が悪くなっていきむくみや脂肪が増えていくと言うことが本当に起きているんです。

疲れやストレスを減らすことなく顔を小さくすることができても疲れやストレスが残ったままになっていると元に戻りやすくなりリバウンドが大きくなってしまいますので効果的にはどうなのかなと思います。

人の体というのは日々変化しているものですから疲れやストレスだけではなく眠りの浅さからも代謝が悪くなる事はありますが眠りと言うのは不眠症と睡眠負債と言う言葉がありますので不眠症と言うのは寝ようとするときに寝付きが悪く夜中に何回も目を覚ましたりするのが不眠症です。

疲れやストレスの積み重ね

不眠症と言うと自分で気がついている方がいますが人から言われるとむっとするかと思いますので不眠症と言うのは夜寝ようとするときに5分や10分ぐらいでは眠ることができなくなっている方の場合など夜夜中に一塊でも目を覚まし方は不眠症の特徴だといえますが夜中に水を飲みすぎてトイレに行くと言うこともありますがトイレに行くのも回数が多くなればなるほどやはり何かの問題が起きていると思わなければいけません。

普通であればよっぽど夜中と言うのは代謝が落ちていきますので代謝が落ちることでおしっこの生成が少なくならなければいけないんですが何かの異常が起きていればおしっこの生成が過剰に生成されていると言うことになります。

小顔矯正をするときに

単純に脂肪を燃焼させたりすればいいと言うわけではなく多くの小顔矯正の方法と言うのは顔を無理矢理、押さえつけたり脂肪燃焼させたり汗を出させて水分を減らすことで顔を小さくする方法をとっていると思います。

エステの小顔矯正と言うのは顔の水分を出そうとする方法で小顔矯正をしていますので脂肪の燃焼も小顔マッサージでできる可能性もありますしラップやタオルを巻いたり暖かい蒸気を当てたりして汗を出して小顔にしていくと言う方法だと思います。

確かに顔の中にある脂肪やむくみを減らすためには水分を出すことが1番だと思うんですが水分を出してもどうして増えたのかと言う原因まで考えていませんし検査することができていませんしそれを減らす手段もありません。

小顔矯正をしていくときにはむくみや脂肪を減らしていくんですが、むくみや脂肪をどうやって、どういう手段で減らせばいいのかと言う方法がいろいろあると言うことなんです。

むくみや脂肪を減らすためには検査することをしていますが検査をしてみると体にも多くの疲れやストレスが溜まっているということがわかりますし顔にも疲れやストレスが溜まると言うことが起きてしまうんです。

体に疲れやストレスが溜まると言う事はなんとなく皆さん言っているのでわかっていると思いますが顔にも疲れやストレスがたまらないと言うことを言えるかというと、言えるんです。

疲れやストレスの蓄積と小顔矯正

体にも疲れやストレスが溜まるのに顔に疲れやストレスがたまらないと言うことを言えるかというとそんな人はいないと思いますし全身に疲れやストレスが溜まると言う事ですから全身と言うのは顔にも溜まると言うことが考えられます。

小顔矯正と疲れやストレス

しかしどんなに疲れやストレスを減らしたとしてもまたすぐに溜まってしまえば意味はありませんのでたまらないようにするためには今現在の身体を変えていく必要があります。
そのために当院では独自の体質改善と言う方法をしていますので体質改善の強制ができるようになるまで体を整えていかなければいけませんが体を整えていくだけで顔が小さくなっていきむくみや脂肪も減ります。

疲れやストレスが溜まってむくみや脂肪が増えることを体が崩れるとか体調を上げるとか言います。
それとは違ってタイス改善と言うのは体の質を変えていくレベルですから体調レベルではありませんので体の中から少しずつでも何かを変化させることをしていけば1度に変わる事はありませんが変わった分だけ体は変化してきます

2020年04月17日

ダイエットして痩せる

ダイエットと言うと運動をしたりストレッチをしたり体操したりジョギングをしたり汗をかくことで脂肪が燃焼すると言うことをよく言われるので運動療法的なものがダイエットにつながると言うことで多くの方がしていると思います。
しかしダイエットと言うと運動したりストレッチをしたり体操したりジョギングをしたりすることで汗をかいても多く生み出されていくものがあります。

多く生み出されていくものと言うのは疲れです。
ダイエットをして体を細く引き締めたいと思うなら疲れと言うのは1番の点滴になります。

ダイエット

ダイエットとは

またダイエットと言うとサプリメントや健康食品を服用して痩せようとする方法もあります。
そして、さらにエステなどに行ってマッサージをしたり脂肪燃焼する方法でマッサージをしてもらうことでも痩せてしまうこともあります。

エステでも同じように汗を出させて発汗させたりして脂肪やむくみを減らすことをしていると思います。
発汗させるようなクリームを塗ってマッサージをして余分な水分を出す方法をしたり蒸気を当てて暖かくして発汗させる方法と言うこともやっていると思います。

多くのダイエット法と言うと脂肪燃焼させる方法や汗を出させて水分を蒸発させることをして体重を減らそうとしている方法が多くあるんですが、どれも、これも疲れが生じてしまい体に疲れが残った状態になっているということがあります。

疲れが残ってしまったままではダイエットをしてもボロボロ状態で細くなると言う方法になってしまう場合がありますので発汗させる方法や運動療法と言うのはどうなのかなと思います。

当院のダイエット法は

当院ではダイエットをしている時では体重を減らすと言うよりも人から見て、『最近、痩せてきたね」とか言われるようなダイエットをしていますので、体重計の重さを減らす事は得意ではありませんが体を引き締めていくことで相乗効果があるため体重も少しは落ちる可能性もありますが、体重計の重さばかり気にしている方は当院のダイエット法は合わないと思います。

当院のダイエット法は体を整えていくことで引き締めていく方法ですから、受ければ受けるほど浮腫みや脂肪が減っていき体が引き締まって行きます。

当院では汗を出させて水分の蒸発を手伝うようなダイエット法をしていませんので、体を整えていくことで体を細く引き締めていくと言うダイエットをしていますし小顔矯正と骨盤矯正とウェストを細くする痩身矯正と上半身を細くする矯正をしていくことで体を細く引き締めていく方法をしています。

ダイエットには発汗させて水分を出すダイエットと運動療法をして水分を減らす方法と当院のような体を整えていくことで引き締めていく方法の3つがあると思います。

ダイエットに訪れると

当院でダイエットを希望して訪れている方を検査をしてみると体の状態が何も症状を感じていないでも痛みやコリがないからといって状態が良いとは限らないと言う事を知っています。

体の状態と言うのは代謝が悪くなったりリンパの働きが悪くなって老廃物が溜まると言うことが起きている場合が多いんですが、この状態がどうして、どこから起きるのかと言う問題を知っている方が少ないと思います。
代謝が悪くなったりリンパの働き悪くなって老廃物が溜まる場合は体に疲れやストレスが溜まっている時なんですが疲れと言うのも日常的に多くなっていくんですがいつの間にか『疲れた〜』と思ってもその疲れを感じなくなってしまっています。

仕事をしても疲れが多くなるばかりだし料理を作ったりしても掃除をする時も洗濯物干したりする時も階段を登ったり降りたりする時も買い物をして重たいものを持ったりする時も車の運転をしている時でも疲れは多くなるばかりですけど一時的で疲れを感じてもいつの間にか疲れを感じなくなってしまいます。

疲れやストレス

しかし多くの疲れと言うのは感じないだけであり残っていると言うことが多くありますので残っている疲れはストレスに変換されてしまいストレスが体にダメージを与えていきダメージを与えた分だけ代謝が悪くなりリンパの働きが悪くなって老廃物が溜まると言うことが起きてしまうんです。

リンパの問題や老廃物は

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなったり老廃物が溜まると言う事はありませんのでリンパが働かない状態が多くなっていくとお腹に溜まった状態のことを腹水といいます。

腹水と言うとお腹にパンパンに水が溜まる状態のことを言うんですが良くない状態と言う事はわかると思います。
普通はこういう状態になる事はありませんがリンパのあたりが悪くなって老廃物が溜まると言う事はむくみと言う感じで起きてしまうんですがむくみを検索してしまうとフシュと言う言葉も出てきます。

疲れやストレスとダイエット

むくみと言うと脂肪とは違いますので実体がなくリンパのあたりが悪くなっている状況のことを言うんですが浮腫と聞くと、なんだか良くない状態だということがわかると思いますので同じ言葉がフシュと浮腫です。
体と言うのは1度生み出されてしまった疲れを限界まで多くしてしまうとストレスに変換されてしまいますので、ストレスの蓄積が、どれほど体にダメージを与えていき炭水化物や糖分や油分を過剰に摂取しなくてもどんどん太ってしまいます。

当然ですが、炭水化物と言うとご飯やパンや麺類を指しますので、食べ過ぎてしまえば太ってしまう原因になってしまいますし、糖分や油分ももちろん太る原因になってしまいますが、それだけではないし運動不足だけで太る事はありません。

女性のカロリーと言うのは摂取量が1日で言えば2000キロカロリーを切るぐらいですから2000キロカロリーと言うのは、かなり少ない量しか食べることができません。
すべての1日の摂取カロリーが2000キロカロリーと言う事ですからコーヒーを飲むときにミルクを入れたり砂糖を入れたりすることでも何100キロカロリーからカロリーが上がってしまいますしジュースを飲んだりすることでも、カロリーの摂取が異常に上がってしまって1日の摂取カロリーを超えてしまう場合があります。
お昼に牛丼を食べて300キロカロリーから500キロカロリーだとすると、それだけでも、かなりの摂取をしてしまっている場合がありますので、朝食べた分後5足せばかなりの量になってしまいますから夕ご飯を食べることもできなくなるかもわかりませんしその分だけカロリーを摂取していると言うことになります。

疲れやストレスと太り

眠りとダイエット

ダイエットをするときに眠れていないでストレスを多くしてしまって太りやすくなっている方もいます。
眠りと言うのは自分でも気がつかない位眠りが浅い方が多くなっていますので、眠りが浅い方と言うのは当然ですが、リンパの働きが悪くなり、老廃物が多く溜まって代謝が悪くなり、むくみになりやすくなっていきますし、それだけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなって、背骨がずれているんですが何も症状を感じていないことも多くあります。

夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないから出ていると言う事は言えないわけです。
寝ている本人にどれぐらい寝ているかということもわからないだろうし脳が寝ていることを熟睡状態のことだけを睡眠といいます。

熟睡状態ができていない方は寝ているわけではないと言うことで体はすーすー寝息を立てているかもわかりませんが大脳が寝ていない限りは眠れていません。

眠りの問題が太りを作る

夜寝ようとするときに寝付きが悪く1時間も2時間も3時間も眠れないのは不眠症です。
しかし不眠症とは違って睡眠負債と言う言葉がありますので睡眠済の方は夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないけど寝ながら考え事をしている睡眠が5時間も6時間もある場合があって時々、夢を見て夢の方が眠れているんです。

寝ながら考え事をしてる時間と言うのは夢を見るよりも悪く浅い睡眠になりますが目が覚める事はありません。
夜寝ようとするときにすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間があって夢を見てまた寝ながら考え事をする時間があって夢を見て寝ながら考え事をしてる時間をして目が覚める前に夢を見る。
夢の記憶しか残りません。

こんな睡眠をしている状態では体はガタガタだしボロボロになっていても眠りが浅いため脳が麻痺している場合が多くあり自分の症状を気がついていないまたはわかっていない方が多くなっているんです。

睡眠負債とダイエット

 


北九州市小倉南区でダイエットをするなら。

2020年04月07日

腰痛、腰の痛みを楽にするなら原因も

腰痛腰の痛みが起きてしまう原因と言うのは、重たいものを持ったりして腰を痛めてしまったとか前かがみをしたら腰が痛いとか、靴下をはこうとしたら腰が痛くなったとか掃除機をかけてる前かがみの姿勢が腰が痛いとか、車の運転をしているときに腰が痛くなるとかデスクワークで仕事をしてる時に腰が痛くなるとか、くしゃみをしただけで、腰が痛くなるとか朝、布団から起きる時に腰が痛いとかいろいろなことを言われます。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みが起きるときには重たいものを持ったりして痛くなったとかデスクワークで痛くなったとか言うのが切っ掛けにしか過ぎません。

切っ掛けと言うのは原因ではありませんので別に原因があると言うことです。
何をしていたくなったですかと聞くと、多くの方が畑を耕す落として座っていて立とうとしたら腰が痛くて体を伸ばせなかったと言う感じで、言われることがあります。
これが全て切っ掛けになります。

腰痛や腰の痛みの原因とは

腰痛や腰の痛みの原因と言うのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがある現象のことをいいます。
しかし、何も原因がなくて、歪んだり開いたり背骨がずれたりすることはありません。

どこかに歪みやズレを起こす原因が、存在していると言うことです。

歪みや開きを起こす原因は

歪みや開きを起こす原因と言うのは、日常的に多くなるものが積み重なったものが原因ですから特別なものが原因ではありません。

特別なものじゃない原因と言うのは、生活することや仕事をすることで多くなってしまうものが原因で何をしても多くなるものですし、何もしなくても多く体に蓄積していくものが原因です。

日常的で多くなってしまう疲れと言うのは誰でも溜まっているものですから、骨盤の歪みや言葉の開きと言うのは、誰でもある現象なんですが単純に軽い歪みや開きなのか大きく拡大してしまった骨盤の歪みや開きなのかと言う問題で違います。

腰痛、腰の痛みなら

肩こりでも腰痛でも頭痛でも生理痛でも便秘でも、必ず関係しているのが骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレになります。
疲れと言うのは多くなればなるほどストレスに変換されてしまいますのでストレスの蓄積から体はダメージを受けていき、ありとあらゆるものが悪く働きを低下させてしまいます。

そしてさらに眠りが浅くても骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまいますので、眠りと言うのは1番大切なものになりますし疲れが取れるのは唯一寝ている時だけなります。

人と言うのは何かをして疲れたと思っても、いつの間にか疲れを感じなくなって疲れが消えたように思えるでしょうが、実は残ったままになっています。

残る疲れの蓄積がストレスになる

残った疲れと言うのは、どれぐらい残ってるのかと言う事はそれぞれ人によって違いますが多くは残っていると言うことで、それが毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや寝不足状態で積み重なっていっている状態があります。

何かをして疲れたと思っても、いつの間にか時間の経過とともになくなっているのが疲れなんですが、解消することがなく、全てなくなる事はないと言うことで積み重なっていきます。

眠りが浅い状態でも疲れが多くなっていき疲れがストレスに変換されてしまうので疲れを感じていなくても、または、ストレスを感じていなくても、ストレスや疲れはどんどん多くなるばかりですから多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていくということが起きてしまいますので、いつかはくしゃみをしただけでも腰が痛むことがあります。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み

しかも、いつまでも骨盤の歪みや背骨のズレがあったりすると、元に戻りにくくなっていき人体や筋肉も硬くなっていきますので、靱帯や筋肉が硬くなっていくと脊椎間を圧迫したりすることもありますので、循環が悪いとか代謝が悪いだけではなく狭窄状態を招くと言うこともあります。

対症療法とは原因なんか関係ない

単純に、どこかの治療院に行ってマッサージを受けたり電気治療を受けたり針をしたり指圧をしたりすることはいいと思いますが、原因が残ったままになっていると言うことも考えなければいけませんので、痛みを楽にすればいいと言うわけではなく原因を見て下すということが、大変、重要なことだと思います。

そして腰痛や腰の痛みと言うと整体やカイロプラクティックでは、骨格行動の矯正をしていますが、普通の整体やカイロプラクティックでは、歪みや開きやズレの原因を見つけ出すまではできていないと思います。

正しい位置に早く戻すことが1番だと思いますので整体やカイロプラクティックの矯正だけでも中途半端になってしまうと言うこともありますが原因を見つけ出しても改善すると言う方法は簡単な方法ではできません。

腰痛とは

腰痛になってしまうときには重たいものを持ったりして腰を痛めてしまったり前かがみの姿勢で腰が痛いとか車の運転をしていると時々、腰が痛むとか長く立っているだけで腰が痛くなって体を曲げることができないとかくしゃみをしただけで腰が痛くなるとか朝起きていつも腰が痛いとか言う感じで腰痛を感じてしまっている方が多くいます。

腰痛には腰痛が起きてしまう原因が存在していますので、原因と言うのはどういうことなのかと言うことを説明していきたいと思いますが腰痛も切っ掛けがないと起きる事はありませんのできっかけと言うのは重たいものを持ったり、中腰や前かがみやくしゃみをしただけだということが切っ掛けになります。 

どうして痛くなったのかと、質問すると重たいものを持って腰を痛めてしまったと言われる方が多くいますが、これはすべてきっかけです。

何かを取ろうとして腰を痛めてしまったと言うことも、切っ掛けにしか過ぎませんのできっかけだけで痛みが起きる事はありません。

腰痛や腰の痛みが起きるときには

腰痛や腰の痛みが起きるときにはきっかけと必ずあるものが大きくあるときに痛みになりやすくなります。
あるものと言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレです。

骨盤と言うのは体を支えることができる土台ですから土台が歪んだり開いたりしているだけでも体を支えることができない位になりますので体を支えていることができないのに前かがみをしたり重たいものを持ったりすることでバランスが悪くなりギリギリで支えられていたものが外れる事はありませんが急激に体を支えることができないような状態になってしまうのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰が起きたりすることや腰痛や腰が痛みが起きたりすると悪化したものが椎間板ヘルニアですから悪化させたりすることをしてしまうと椎間板ヘルニアになったりまたは坐骨神経痛になって足に痺れや痛みが起きると言うことが起きます。

骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレがどこから?

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨がずれたりをするのは毎日毎日の生活することや仕事をすることや運動することで身体動かしたりすることで多く生み出されていくものが弱い部分に溜まったのが原因です。

腰痛、腰の痛みの原因の骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレは

弱い部分がどこなのかで起きる反応が違いますので方が弱い人であれば疲れやストレスが溜まることで肩こりになっていき生理痛に関係するものが弱い人の場合は生理に関係するところに多く積み重なったものが成立を起こしていきます。

腰痛を起こすときには必ず骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあるんですが歪みやズレや開きと言うのも原因があるから歪んだり開いたりずれたりしているわけですから原因を見つけ出すことをしなければいつまでたっても歪みや開きがズレがあってると大変なことになって行きます

2020年03月03日

小顔になれる小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますが小顔矯正をするときには必ず矯正に入る前に鏡で見たり手で顔を触ったりと言うことで大きさを覚えてもらうことをしていますので院内のスタッフがメジャーや計測する道具で他人が図る事はありません。

小顔矯正

スタッフや他人が計測したりすると位置が違ったり矯正する前は緩く測って矯正した後はきつく測れば誰でも小さくなったように思えるからです。

そのために自分で触ってもらうことをしていますが簡単な方法ではありません。

メジャーや計測する道具でメモリを見て変化がわかる状況であれば誰でも簡単にわかっていいんですが目で見たり手で触ると言う事は難しい方法ですから簡単に手を置いただけの形は顔の変化が分かりません。

小顔矯正をしていくときに

小顔矯正をしていくときに顔が10センチも20センチも小さくなる事はありませんので変化する度合いと言うのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じだと思いますのでたとえ1センチ変わってもわかるように触っておかなければ変わったのがわかりません。

そのため当院では小顔矯正をする前に院長から触り方の説明をしています。

簡単な方法なんですがまずは鏡で見てもらうことをしています。

顔を鏡で見る

顔を鏡で見て何を見るのかと言うことを説明しなければいけませんので単純に顔を見ただけではおぼろげな顔しか見ていませんので集中してみなければ顔の大きさを把握することができません。
朝起きたときに顔などを見たりお化粧のメイクの度合いを見たりする時のように意識を持って見ることが大切になります。

鏡で自分の顔を見るときには左右の違いを覚えるようにしてみたほうがいいし顔のどの辺がむくんでいるということも注意しながら見ることをお勧めしています。

顔を手で触る

鏡で見てある程度、判断できたら今度は両方の手のひらを顔に当てて手で顔の大きさを覚えてもらうことをしています。
手で触るときには鏡で顔を見るよりも大変難しいので手で触って手のひらが浮いた部分がないのかということを集中して意識しながら確認してください。

小顔矯正をする前に

集中ができたら左右を感じ取るようにして触ります。
顔と言うのは左右が対象ではありませんので、必ず左右に違いがあります。
例えばですけど右側が大きいとか左側の1部分だけが出っ張っているとか言う感じで意識しながら両手の手のひらを

顔に当てて触るとしっかりと分かります。

鏡で見たり手で触ったり

鏡で見たり手で触ったりして、顔の大きさや左右差がわかったら矯正に入っていきますので痛くない方法で顔をマッサージするような感覚で小顔矯正をしていきますが発汗させるような小顔矯正ではありませんので、スティームをかけたりクリームを塗ったりする事はしていませんし、ラップを巻いたりタオルを巻いたりすることもしていません。

当院の小顔矯正は発汗させるような水分を出すような小顔矯正ではありませんので体を整えていくと言う感じで顔を整えていくことで、顔のむくみや脂肪が減ると言う小顔矯正をしています。

浮腫みや脂肪をへらす 

小顔矯正と言うのは顔だけすればいいと言うわけでもなく、小顔になった分だけ持続性や維持することができなければいけませんので、顔だけ整えていくと言うことも大変重要なことなんですが、体にも多くのむくみや脂肪が多くなっていては顔に影響が出てしまうのは、必須だと思いますので、体を整えていくと言うこともしていかなければいけませんので総合的に体を整えると言うことで小顔の状態を維持することができやすくなりますし、さらに、その次のステップとして体質改善と言う矯正をしていますので体質改善で矯正していくことで維持しやすくなったり、持続性が向上したりさらに小さくなると言う小顔矯正をしています。

小顔矯正をする前に

小顔矯正をする前に、当院では必ず鏡で顔の大きさや形などを確認してもらったり顔を手で触るようにしてもらったりして覚えてもらうことをしていま。

鏡に顔を映して何を見るのかと言うことも意識しながら見ないと、ただ鏡で自分の顔を見ても何も確認することができませんので、必ず鏡で見るときには意識をしながら顔の形や左右差を比べてもらうことをしています。

顔と言うのは左顔に左右のさがありますので、左右の指を確認すると言う事は1番大切なことになりますので、例えばですけど、右側の全体が大きくて左側の1部分だけが大きいと言う感じの方が、普通一般的に多くいますので目で確認してもらうことをしています。

目で確認することができたら、今度は手のひらを顔に当ててもらいます。
ただ手のひらを顔に当てただけではわかりませんので、左右差を比べるようにして触るために比べてもらうことをしています。

比べてもらうためには、顔を右に体を密着させるようにして触らないと浮いた部分があると確認することができませんので、できるだけ顔に密着させるようにして手のひらを当ててください。
時々いらっしゃるのが、ただ手を当てているだけの方がいますので手を当てているだけが置いているだけではわかりません。

手を置くだけでは

手を当てているだけが置いているだけでは、何も感じようとしていないので頭を働かせることができていませんので頭にある感覚神経をしっかり働かせることをしないと顔の大きさの変化が分かりません。

手で顔を触ると言う事は簡単な方法ではありませんが何も考えていない方ほど、ただ手を置いているだけや当てているだけの場合があり、変化してもわからないと言うことがありますので、当院では、必ず全員の方が小顔になっていますのでしっかりとわかるように矯正する前に触ることを教えています。

自分の手で触って大きさを覚えると言う事は目で見るよりも大変難しいことですから簡単に触って欲しくないところなんですが。

鏡で見たり手で触ったりして大きさの確認ができたら小顔矯正に入っていきますので痛くない方法でボキボキもしませんので安心して受けてもらうことができます。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をするときには、当院では顔をマッサージするようにして顔を小さくすることができますがマッサージをして顔が小さくなる事はありません。

ということを考えれば、マッサージではないと言うことがわかりますのでマッサージをして顔が小さくなると言う事はむくみや脂肪を減らしても顔は小さくなるかも分かりませんが当院の院長はむくみや脂肪を減らすための汗を書かせたり発汗させるような小顔矯正をしているわけではありませんので電気や機械を使ったりラップで巻いたりタオルを巻いたりスティームが出たりする事はしていません。

よく当院の小顔矯正をやっているところを見た人が簡単に自分でもできますかと聞かれることがありますが簡単な方法でしているわけではありませんし30年の経験があるからできる技だと言うことも考えずに質問される方がいます。

簡単にできるようであれば小顔矯正をするときに研究なんかもすることもなくお酒を飲んでいればいいと思います。

そんな簡単な小顔矯正が世の中にあるわけはありません。

小顔矯正をしていくときには当院では発汗させるような汗をかかせるような方法で顔を小さくする事はしていませんので院長が、手のひらで顔をマッサージするような感じで小顔矯正をしているんですが、何をして顔を小さくすることができているのか。

当院の小顔矯正は体を整えていくことで汗をかいたり、発汗させるような方法ではないので、体を整えていくことで、むくみや脂肪を減らして代謝を上げてリンパの働きや老廃物を流していくと言う小顔矯正をしています。

小顔矯正とは
2020年03月02日

肩こりを楽にしていくなら筋肉から

肩こりを解消して楽にするためには原因を見つけ出すことをしなければいけませんので当院では検査することを重要視しています。

肩こりを解消する

しかし、普通一般的に治療院では原因を見つけ出すまでは至っていませんので単純に原因を確認することもなくマッサージをしたり、揉んだり電気をかけたり針を打ったりお灸をしたり指圧をしたりと言うことが多いと思います。
普通一般的に原因を見つけ出すことができない人はマッサージをしたりツボに針を打ったり、ツボをしたり電気などをかけたりすることが多くあり、どうしてこれが起きたのかと言う説明も、姿勢が悪いとか猫背になっているとか、スマートフォンなどを見る時間が長すぎているとか、スマートフォンを操作をしている時間が長いとか言う感じになっている場合が多くあります。

また同じ形にバックや荷物等を持ったり下げたりする場合が多くあるため、肩こりが起こりやすいと説明している方もいらっしゃいますが、荷物やバックと言うのは持ちやすいほうに持つ習慣があるだけなんです。

かなり気をつけないと習慣的なものが恐ろしいものなので、持ちやすい側に荷物を持っている場合がありバックなども同じように形に下げたりと言うことが多くありますので反対側と言うのは、かなり持ちやすい状況になってしまいますので、利き腕にかかわらず持ちやすい側が荷物を持ちやすいと言うことで、多くの場合気をつけても自然と同じ側にバックを持ったり荷物を持ったりしています。

肩こりとは

肩こりというと多くの場合筋肉のコリと言うイメージが強いために筋肉ばかり揉んだりマッサージをしたり中心になっているんですが、筋肉が凝りを起こすときの凝りと言うのは何なのかと言うことを考えていますか。

筋肉のコリと言うのは意味不明な言葉なんですけど想像しても、よくわからない言葉なんです。

筋肉が凝りを起こすと言う意味を考えれば筋肉が疲労したり緊張したりしてリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まっていると言う現象だと思います。

肩こりになると

つまり原因は筋肉疲労だと言うことが言えますが、腕や肩や指先を使うときには自然と筋肉に力が入っていますので、力が入れば入るほど筋肉疲労が解消できなくなって残ってしまったままになっていると言うことで、肩こりになり肩こりになってしまうと、リンパの働きが悪くなって老廃物が溜まったり代謝が悪くなると言う事は必然的に起きてしまいます。

普通は筋肉のコリは

普通であれば筋肉のコリが起きると筋肉疲労になっていますので、筋肉の疲労を解消しようとして、体が、一生懸命働いてくれているわけで、筋肉の凝りが解消できているはずなんですが、これが残っていると言うこと自体が不可思議な現象なんです。

その関係もしっかりと原因がありますのでどうして筋肉の凝りが残ったままになって取れているいかないのかまたは解消ができないのかと言うのも原因があるから解消できないわけです。

体には何かが起きても自然治癒能力と言うのもありますが自然治癒能力も限界があります。

肩こりと筋肉のコリと

自然治癒能力で自然に放っておいても治るレベルであれば治るでしょうし治らないレベルであれば直すことができないと言うことがあります。

怪我とか傷であれば自然に治っていくこともありますがあることが起きていると治りが悪かったり期間が長くかかったりと言うことが起きてしまいます。

回復できない筋肉

筋肉疲労が起きても回復できなければ筋肉の凝りが起こりやすくなっていき筋肉疲労で余計に肩こりがひどくなってしまいますので原因を見つけ出すことをしなければいけませんからマッサージをすれば良い筋肉思えば良いと言うわけではないと言うことなんです。

筋肉が疲労を取りきらない原因と言うのは、特別なものが原因ではなく普通一般的にあるものが原因として考えられます。

筋肉疲労を取り切れない原因と言うのは日常的に多く積み重なっているものが体に蓄積してダメージを与えていることが原因です。

ダメージを与えている事と言うのは日常的に生活することや料理を作ったり入浴をしたり洗濯をしたり買い物をしたり車の運転をしたり仕事をしたりすることで多く生み出されていくものが体に蓄積しているのが原因です。

これは疲れです

疲れと言うと誰でも簡単に考えてしまっているんですが疲れと言うのは研究すればするほど奥が深く悪いものだということがわかります。
疲れと言うのは単純にマッサージをしたり、もんでも取れることもなく多くは残ったままになっているしマッサージをすればするほど疲れが多くなっていきますので、疲れが多くなっている部分とマッサージをして楽になると言う事は全然意味からして違うんです。

疲れやストレスと歪みやズレと肩こり

疲れと言うのも限界なく溜まっていきますので1日の疲れと言うのは、何かをして『あー疲れた〜』と思っても、いつの間にか時間とともに感じなくなってしまっています。

何かをしてまたは仕事をして、運動して生活をして、疲れが感じても、いつの間にか疲れは感じなくなっているので、消えたものだと思っている方が多くいますが、かなりの量が残ったままになっていて、次の日を迎えています。
また次の日も同じようなことが起きてしまい、さらに疲れのダメージが積み重なっていくと言うことで日々の疲れが肩こりを起こす原因になっていきます。

疲れも限界なく溜まることがありますので、限界なく際限なく無限大にたまっていた疲れがストレスになりストレスから体を痛めつけるダメージにつながっていきます。

肩こりと筋肉のコリ

疲れが多くなればなるほど、ストレスに変換されてしまうので、ストレスから体は筋肉のコリを解消できなくなっていき、さらに背骨のズレを起こして余計に筋肉を緊張させたり疲労させたり引っ張ったりして行きます。

疲れが残れば残るほど1番弱い部分に症状を感じてしまいます。
腰の部分が弱い方であれば腰痛を起こしたり、ぎっくり腰を起こしたり椎間板ヘルニアになったりしてしまいますし、肩が部分が弱い人であれば肩こりを起こしたり、ひどい肩こりを起こしていくということがあると言うことなんです。

また首のコリや首の痛みも、寝違いなども同じ現象で起きています。
疲れやストレスが多くなれば、なるほど首の位置が変な状態で固定化されてしまいますので固定化された状態で背骨のズレも起きてしまいますので、背骨のズレが起きると筋肉と言うのは、骨から骨にくっついているものですから筋肉も緊張したり肥料したりと言うことで、さらに背骨のズレも増強させてしまう状態で肩こりをひどくさせてしまいます。

人の体と言うのは弱い部分とそうでもない部分というのがありますのでそうでもない部分は肩こりになったり症状になる事はありませんが、弱い部分と言うのは疲れやストレスを溜め込みやすくため込んだら解消できなくなってしまいます。

肩こりを回復させる力

回復する力にも疲れやストレスが溜まるということが、起きてしまいますので回復させる力と言うのは、ホルモン系の部分に、疲れやストレスが多く溜まってしまうと筋肉の疲労が取れなくなると言うことで、肩こりを起こすこともあります。

何よりも特別なものが、蓄積した状態でもなく、日常的に多く生み出されてしまう疲れやストレスが原因で徐々に体は、体調を落としていき調子が悪くなったりして、全体的に悪い状態を起こし、さらに弱い部分の肩の部分に疲れやストレスが溜まってくると肩こりになっていきます。

肩こりを楽にしたら体質改善と言う矯正法がありますので体調を整えたり歪みを整えたりと言うよりも筋肉をマッサージしたりも思えばいいと言うわけでもなく筋肉も老化することもありますので老化した筋肉を少しずつでも解消する方法が体質改善と言う矯正になります。


歪みやズレ
2020年02月22日

肩こりをほぐしたり

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリからほぐしたり柔らかくしたり緊張を解いたりしていかなければいけませんので筋肉を揉んだりマッサージをするような感じで整えていきますが目的が筋肉を揉んだりマッサージをしているわけではありませんので、その先にあるものを見つけ出すことのためにする方法です。

肩こりを楽にするには筋肉から

肩こりとは

肩こりと言うと多くの治療法というのが湿布を貼ったり肩こりに効果があると言うサプリメントを飲んだり家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり鍼灸をしたり指圧をしたり整骨院などで低周波治療器や電気などをかけたりする方法が一般的です。
しかしどれもこれも肩こりの原因を探すこともなく見つけ出すこともしていないため中途半端になっていることがあります。

肩こりがどうして起きてしまうのかと言う事は専門家の先生の間でも謎に包まれている事ですから簡単に解明しようとしてもわかっていないのが事実なんですが肩こりと言うのはある現象が起きて起きていることだと思います。
肩こりが起きるときには
肩こりが起きるときには日常的に多くなる疲れが溜まってしまい疲れが溜まると体と言うのは補正的に筋肉の緊張が解消できなくなったり背骨のズレを起こしたりしていきます。
筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから骨が動くと筋肉は引っ張られたりして緊張して反対側は緩むと言うことが起きてしまいますので引っ張られたり緩むことでリンパのあたりが悪くなって老廃物が溜まっていきます。

しかし日常的に多くなる疲れと言うのは限界なくため込んでしまうことがあるために単純な疲れではなくなってしまいストレスに変換されてしまいます。

ストレスに変換されてしまうことが起きてしまうと筋肉のコリと言う状態で済まなくなってしまい肩こりとして感じてしまうということが起きてしまいます。

疲れが溜まる部分

日常的に多くなる疲れと言うのは溜まる部分があるから溜まっていっているわけですから溜まる部分がどこなのかと言う問題があります。

疲れが溜まるところと言うのは肩こりと同じように究極な謎に包まれた部分でもありますから簡単に解明できる方はいないと思います。

などに包まれている肩こりの部分のため多くの研究家の間でもいろいろな研究がなされていますが本当の理由はわかっていないのが現実です。

しかし体に何があるのかということを考えてみると体は肌があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があって神経と血管とリンパと骨格の骨と内臓しか存在していませんのであと残ったものは水分です。
水分は停滞することが起きても水分が何か起こすと言う事はないと思いますので水分の部分は除いてもいいと思います。

水分が何か起こすときには疲れの蓄積とストレスの原因で起きていますので水分が何か起こすと言う事はありませんので水分が滞留したりリンパ流が働き悪くなったり老廃物が溜まると言う事はストレスの蓄積で起こる現象です。

肩を揉むことから

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2020年02月18日

小顔になれるなら

小顔矯正をしていくときには顔に多くなってしまったむくみや脂肪を減らしていくことでも顔が小さくなりますが小顔矯正といってもいろいろな方法があると思いますし小顔矯正ローラーを買って顔の部分をコロコロさせるようなことで、顔のむくみがとれたりすることもあったり脂肪が取れたりすることもあるでしょうけどそんな単純なものではないと思いますので美顔ローラーを買っても肌が良くなるかも分かりませんが小顔になる事はないと思います。

小顔矯正

しかし美顔ローラーで肌を綺麗にするようにしても、どうして肌が汚れてしまったのかまたは荒れてしまったのかと言うことが、残ったままになっていますので表面上いくら整えても体の中から変えていかない限りは肌の荒れは解消できにくいと思います。

小顔矯正とは

顔を小さくしていく小顔矯正なんですが、むくみや脂肪が多くなる原因が存在しますのでむくみや脂肪を減らせばいいと言うわけではなく、エステのように発汗させるような方法で小顔矯正をしても効果はどうなのかなと思います。
エステのこの矯正と言うのは、よく知っているわけではありませんけど、発汗させる方法で小顔矯正をしていることが多く見受けられますのでラップを巻いたりタオルを巻いたりして汗をかかせたりスティームを当てて発汗させるようなことだと思います。

顔をマッサージするような行為も脂肪を燃焼することだと思いますので、顔を運動させるようにして脂肪を減らしたりむくみを減らすことだと思います。

当院の小顔矯正は

当院でしている小顔矯正と言うのはエステのようにクリームを塗ったりすることもなくスティームを当てたりすることもありませんので汗をかかせるような小顔矯正ではありません。

小顔矯正をしていくときに、今まで多くの方の顔を小さくすることをしてきましたが検査をしてみると本人が感じていなくてもかなりのストレスが溜まっている方が多くいますのでストレスの蓄積が、顔のむくみや脂肪を多くしていると言う事は一般的にもまたは専門家の間でもわかっていません。

筋肉のコリが

一見すると小顔矯正とストレスの蓄積と言うのは関係がないようなことなんですが実はかなり密接に関係があってストレスが溜まれば溜まるほど肌が荒れたりすることも起きますし顔に浮腫や脂肪が多くなっておりしていき顔が大きくなると言うことが起きてしまいます。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしていきましたが全員の方が顔が大きくなっていると事実がありますので当院の小顔矯正では正常に戻すことをしていくことで顔を小さくする小顔矯正を初回や2回目のときにはしていきます。

体の状態を検査する

30年間小顔矯正をしてきましたのでしっかりと検査することができますから検査をしてみると全員の方が体の歪みを持っています。

院長から最初に『体調はどうですか』とか『調子は悪くないですか』と聞かれると全員の方が『体調は悪くありません』とか『調子はいいです』と簡単に答えてしまっていますが検査をしてみると逆のことがわかります。
体調が悪くなってストレスが溜まっているから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて代謝が悪くなりリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積しているから顔が大きくなっているんです。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2020年02月18日

肩こりを解消するためには筋肉から

肩こりを解消しようと思うなら、筋肉のコリの原因を見つけ出すことをしなければいけませんが、多くの肩こりを解消する方法と言うのは原因を見つけ出すまで至っていません。

体に何かが起きるときには必ず何かの異常が起きているわけですから、単純に筋肉思えばいいわけでもなくマッサージをすればいいわけではありません。

筋肉のこりが肩こり

肩こりとは

肩こりが起きてしまう原因と言うのは特別なものが、理由ではなく日常的に多くなるものが、積み重なって蓄積したのが原因で起きていますので蓄積して肩こり起こす原因と言うのは疲れです。

疲れと言ってしまうと多くの方が簡単に考えてしまうものですが、簡単に考えていいわけではなく、疲れるほど体にダメージを与えるものはありません。

ストレスと肩こり

何かをして疲れたと感じても普通一般的にいつの間にか感じなくなってしまっていますが、多くの疲れは残ったままになっていて感じなくなっているだけなんです。
例えば人が生活するためにも多くの疲れが生じてしまいますので、階段を登ったり降りたりすることでも疲れが多くなってしまいますし、料理を作ったり洗濯をしたり掃除をしたりすることでも疲れが多くなってしまいますし買い物したり歩いたりするだけでも疲れが多くなってしまいます。

さらに仕事をする時でも疲れが多くなるばかりですから積み重なった疲れの多くが限界なく溜まっていきますので限界なく溜まることで、ストレスに変換されてしまいストレスが肩こりを起こす原因になっていきます。

ストレスが、多く溜まれば溜まるほど、日常的に腕や肩や指先を使うことが多くあるため筋肉の凝りが起こりやすい現象があるんですが、筋肉の凝りが起きても本当は筋肉の解消ができていなければいけないんですが、何かの異常状態が起きていると筋肉の解消ができなくなってしまうため、肩こりとして起きてしまいます。

しかし筋肉のコリだけではなく、背骨のズレも同時に起きてしまいますのでストレスが溜まれば溜まるほど背骨のズレが大きくなっていきますから、背骨のズレから筋肉が引っ張られたり、緩んだりしながら神経を圧迫したりリンパの働き悪くなったりど老廃物が多く溜まると言うことが起きてしまいます。

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなったりしませんので、老廃物が溜まると言う事は考えられませんので、ストレスの蓄積が原因だと言えると思います。

ストレスの蓄積と言うのは大変、体にダメージを与えてしまいますので、筋肉のコリを回復できないくらいになってしまうと徐々に強い肩こりを起こしていきますので全体的に悪さを感じていなくても肩の部分だけが凝りを起こすと言うことで感じてしまいます。

肩こりになると

そして日常的に積み重なるものは、疲れとストレスなんですが、疲れやストレスと言うのは身体を動かしたりすることだけで、詰め方になるものではなく眠りの浅さからも疲れを多くしてしまう、原因になったりしてしまいますので、日常的に疲れやストレスを感じてしまっても減ることができないくらい眠りの問題が起きてしまったら解消できなくなってしまうのは当然の結果です。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2020年02月18日

小顔になれる嬉しい小顔矯正

当院では顔を小さくしていく小顔矯正が人気なんですが顔を小さくするためには検査することを1番の重要視しています。

小顔矯正をしていくときに体の状態と言うのが1番大切になりますので体の状態がどういう状態なのかということを判断しなければいけませんので体の状態を検査するということが1番大切なことになります。

小顔矯正とは

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが全員の方に質問したことがあります。

全員の方にした質問と言うのは『体調はどうですか』とか『調子は悪くないですか』と全員の方に聞きましたが、全員の方が同じ答えを書いてきました。

返ってきた答えと言うのは『調子は悪くありません』とか『体調はいいです』と言っています。
しかし現実、問題検査をしてみると、骨盤の歪みがあったり骨盤が開いていたり背骨がずれてガタガタ状態になっていて体にむくみや脂肪が多くなっていると言う現象が起きています。

そして小顔矯正をしているときに1番大事なのは顔ですけど、顔にもむくみや脂肪が多くなる現象は体調が落ちているということを表しているんです。

では体調が落ちるとどういう風になるのか

体調が落ちると言う事は日常的に溜まった疲れが多くなってしまい疲れのダメージからストレスに変換されてしまった状態になっていると言うことです。

疲れが多くなればなるほどストレスに変換されてしまいストレスになってしまうと限界なく蓄積されて知ってもらうため体には最大のダメージになり体調がどんどん落ちていきます。
体調が落ちても感じていない方も多くいるため痛みやコリなどの症状がないからといって体調が良いとは限らないと言うことがあります。

そしてさらに最近は眠りの浅い方が多くなっていますので眠りの浅い方の場合、脳の部分が鈍感になってしまうということがあります。

眠りと小顔矯正

眠りと言うのは体が寝ている睡眠と脳が出ている睡眠があります。

本当の眠りと言うのは体が寝る睡眠と脳が寝る睡眠の両方、取ることなんですが多くの方は両方ともが取れていない状態で朝を迎えています。

これはテレビで言ってた見解なんですが当院の院長の考えはちがいます。

脳が寝ていない限りは体がどんなに寝ていても疲れが取れるわけではありませんしストレスが蓄積するばかりなんです。

眠りといっても飲んでも睡眠でも睡眠などがあるように深い睡眠と浅い睡眠がありますが深い睡眠をとらなければ、疲れやストレスは減る事はありません。

眠りが浅い方ほど浮腫が多くなったり脂肪が多くなっていて顔が徐々に大きくなっていくと言うことが起きてしまいますので朝から顔がパンパンになっているとまではいかないまでもそれを繰り返することで顔が徐々に大きくなっていきます。

大きくなるときには顔に多くなってしまったむくみや脂肪が増えるだけではありません。
当然、顔が大きくなるわけですから顔のむくみや脂肪が増えていくのは当たり前なんです。
しかしそれだけではないと言うことですけどむくみや脂肪以外に何が大きくなるのかと言うと顔の骨が大きくなっています。

顔を小さくするために

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2020年02月18日

骨盤矯正で矯正して小尻を目指す

骨盤矯正をして骨盤を小さく小尻にしていくためには何をしたら骨盤が小さくなるのかということを考えて欲しいので説明をしていきたいと思いますのでしっかりと説明を聞いてください。
骨盤矯正をするときには骨盤矯正と言う意味がよくわかっていないで受けに来る方が多くいますので骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくすることなんですが何をしたら骨盤を小さくすることができるのかという問題が大きくあります。

骨盤矯正をする

骨盤矯正とは

骨盤矯正というのが何なのかということをわかっていないので、今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしていきましたが、全員の方がよくわかっていません。

骨盤矯正をして何かを減らさないと骨盤が小さくなりませんので、骨盤矯正をするためには骨盤周辺に多くなってしまった、むくみや脂肪を減らしていくことでも度合いに応じて、どれぐらいあるかで変化することができると思いますので、最低限でも減らすことができれば1センチでも2センチでも骨盤が小さくなる可能性があります。

そして、それだけではなく骨盤周辺の問題ではなく、骨盤自体の問題で骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤が大きくなってしまいますので、骨盤矯正をすることで骨盤を整えていくことをすると骨盤が小さくなる可能性があります。

骨盤周辺のむくみや脂肪

骨盤矯正をするときに骨盤周辺に多くなってしまう、むくみや脂肪と言うのはどうして多くなるのかと言う問題があるんですが、脂肪と言うのは運動不足や高カロリーのあるものを食べ過ぎていたり炭水化物や糖分や油分などの摂取の部分で多くなってしまうものです。

しかし脂肪に対してむくみと言うのは全然意味が違います。
脂肪と言うのと違ってむくみと言うのは、むくみを検索してみると浮腫と言う言葉が出てきますが、浮腫と言うのは、大変よくない言葉なんですが、むくみや浮腫と言うのはリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まっている現象なんですが、単純に何も原因がなくて溜まる事はありませんのでむくみや浮腫が多くなってしまう原因と言うのは体調に関係しています。

小尻になれる

骨盤矯正と体調の状態と言うのは深く関係がありますので、体調が落ちれば落ちるほど、むくみが多くなったり脂肪が多くなったりすることが起こります。

今まで骨盤矯正に訪れた方全員に対して『体調はどうですか』とか調子は悪くないですかと聞くと全員の方が『調子はいいです』とか『体調はいいと思います』と簡単に答えてしまっていますが調べてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったりむくみや脂肪がかなり増えてしまったりしていることもありますし背骨のズレが起きてガタガタ状態になっているけど、その状態を感じていないことが多くあります。

第一に歪みやズレがあると言う事は体調が悪いと言うことを指しているんですが何かの症状を感じていなければ体調がいいのかというとそういうわけではありません。

例えばよく説明を聞くと便秘がひどいとか生理痛がひどいとか言うことを聞きますが便秘や生理痛と言うのを当然の結果として思っている方が多くいますので生理痛がひどくなったりするのは体調が落ちてる証拠だし骨盤の歪みや骨盤の開きがあったり背骨がずれていると言うことで起きてしまっているんです。

骨盤矯正をしていくときにはただ骨盤を小さくすればいいわけではなく体調から上げていかないと維持することができませんしどんなに言葉が小さくなったとしてもまた元に戻ってしまいます。


2020年02月18日

筋肉のコリが肩こり

肩こりを楽にしていこうと思うなら多くの治療と言うのは筋肉ばかり揉んだり、マッサージをしたり柔らかくしたりする方法が多くありますし。

筋肉のコリが肩こり

普通一般的に肩こりと言うと、湿布を貼ったり鎮痛効果のある薬剤を塗ったり家族の方に肩を揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり、整骨院などに行って電気治療をしたり整体やカイロプラクティックに行って簿記簿記したり針をしたり、お灸をしたり指圧をしたりと言う方法が、一般的に多く行われている方法です。

肩こりとは

肩こりと言うのはどうして起きているのかということが、わかっていない場合が多くありますし、専門家の先生でも知らない方が多くいます。

肩こりが起きる原因は、一般的には筋肉のコリと言うイメージがあるんですが筋肉のコリと言うのは、意味不明な言葉だと思いますので、筋肉の緊張や筋肉疲労と言う意味になっていると思います。

筋肉が緊張したり、筋肉疲労が起きたりすると、必然的に代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまると言うことで起こります。

しかしそれだけではありません。

肩こりが、どうして起きるのかということが一般的にはわかっていないので、筋肉を揉んだりマッサージをしたり、やらかくすることばかりしているんですが、肩こりを感じてしまうときには、全身的に疲れが溜まっていて、疲れの蓄積が多くなった状態でストレスに変換されてしまいストレスから肩こりを強く感じてしまっています。

肩こりを感じやすい方も、肩こりが軽い時もあればひどい時があると思いますのでひどくなったり軽くなったりするときには必ず体に溜まったストレスが関係してストレスの度合いが多くなればなるほどひどく感じてしまう結果になってしまいます。

肩こりを楽にするには

肩こりとストレス

肩こりと言うとストレスに深く関係がありますので、ストレスを減らすことが1番なので筋肉を揉めばいいと言うわけではありません。

ストレスが、どういう風に溜まるのかと言うと、普通一般的には考えていない方が多くいますのでストレスと言うのは日常的に多くなっていくものが蓄積されていきます。

ストレスが溜まるときには、必ず仕事をしたりすることや疲れたと仕事をして思うこともあるでしょうが、いつの間にか疲れは消えたように思えます。

しかしこの疲れが感じていないだけで残ったままになっていると言うことがあるんです。
普通一般的に何かをして疲れたと思っても、いつの間にか時間の経過とともに感じなくなってしまっています。

しかし感じていないだけで、多くの疲れが残ったままになっていて、残った疲れがストレスに変換されてしまい体に蓄積した状態でダメージを与えていきます。

このダメージを与えてしまう結果、筋肉の疲労が起きてさらに筋肉だけじゃなくて背骨のズレが必ず起こります。
これが肩こりです。

しかし蓄積してしまうストレスなんですがストレスも溜まるところがあるから体に溜まっているわけですけど体の中ではどこにたまるのかということが問題がありますのでストレスが溜まるところは体の弱い部分に溜まっていきます。

体の弱い部分に泊まりながらストレスはどんどん増えていき最終的には筋肉のコリの問題と背骨のズレを起こしていく結果となってしまい肩こりが悪化した状態で感じてしまいます。

肩こりと背骨のズレ
2020年02月13日

骨盤矯正で骨盤を小さくしていく

当院では人気のある骨盤矯正をしていますが骨盤矯正をして骨盤を小さくして小尻することができるんですが、単純に何をして骨盤矯正をして小尻にすることができるのかということを考えて欲しいので説明していきたいと思います。

骨盤矯正とは

当院の骨盤矯正はエステなどの骨盤矯正とは違って発汗を流したりするような骨盤矯正ではありませんので、洋服を脱いだりすることもなく、洋服を着たままで骨盤矯正を行っております。

エステの骨盤矯正と言うのは全てを知っているわけではありませんが、機械を使ったりラップを巻いたりタオルを巻いたり発汗させるようなクリームを巻いたりしてまたマッサージをすることで、骨盤の脂肪やむくみを減らそうとする方法の分類だと思います。

しかし当院では整体やカイロプラクティックで行う骨盤矯正をしていますので、体を整えていくことで骨盤が小さく小尻になれると言う骨盤矯正をしています。

整体の骨盤矯正とは

整体やカイロプラクティックで行っている骨盤矯正と言うのは、骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して、骨盤を小さくする方法が一般的なんですが、当院ではさらにその1歩進んだ骨盤矯正を考えていますのでどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかということを考えて矯正をしていきます。

何も原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる事はありませんので、普通の整体やカイロプラクティックでは、骨盤を整えて終わりと言う感じだと思いますが当院ではそのさらに先のことを考えながら骨盤矯正をしていきます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正を行う上で

骨盤矯正を行う上で骨盤の歪みや骨盤の開きがあるとどうしてもむくみや脂肪が多くなってしまう現状がありますのでむくみや脂肪を減らしていくためにも骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することが必要なんですが骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうのはあることに関係しています。

骨盤矯正をする上で関係しているある事と言うのは日常的に多くなってしまうものが体に蓄積しているのが原因なんです。
日常的に多くなるものと言うのは疲れです。

疲れと骨盤矯正

骨盤矯正をしていく上で疲れの蓄積と言うのは避けては通れないものですから疲れが溜まれば溜まるほど骨盤が歪みや起骨盤の開きが大きくなっていきます。

日常的に仕事をしたり運動したり体を使ったり動かしたりあらゆる動作で多くなってしまう疲れなんですが疲れも多くなってくると一時的に疲れたと言うのを感じるかも分かりませんがいつの間にか時間と経過とともになくなっていることを考えてください。

しかしいつの間にかなくなってしまう疲れなんですが、本当は大部分が残ったままになっていて急性状態を通り越してしまった状態で慢性化を招いてしまっていると言う結果になります。

慢性化状態で疲れが多くなった状態のことをストレスと言いますが、ストレスが溜まれば溜まるほど限界なく、多くしてしまうことになりますので限界なく多くしてしまった結果骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていき周辺の脂肪やむくみが多くなると言う事で骨盤が大きくなります。


骨盤が大きくなるのは
2020年02月13日

肩こりは原因から解消

肩こりを楽にしていこうと思うなら多くの治療と言うのは筋肉ばかり揉んだり、マッサージをしたり柔らかくしたりする方法が多くありますし。

肩こりになると

普通一般的に肩こりと言うと、湿布を貼ったり鎮痛効果のある薬剤を塗ったり家族の方に肩を揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり、整骨院などに行って電気治療をしたり整体やカイロプラクティックに行って簿記簿記したり針をしたり、お灸をしたり指圧をしたりと言う方法が、一般的に多く行われている方法です。

肩こりとは

肩こりと言うのはどうして起きているのかということが、わかっていない場合が多くありますし、専門家の先生でも知らない方が多くいます。

肩こりになると

肩こりが起きる原因は、一般的には筋肉のコリと言うイメージがあるんですが筋肉のコリと言うのは、意味不明な言葉だと思いますので、筋肉の緊張や筋肉疲労と言う意味になっていると思います。

筋肉が緊張したり、筋肉疲労が起きたりすると、必然的に代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまると言うことで起こります。

しかしそれだけではありません。

肩こりが、どうして起きるのかということが一般的にはわかっていないので、筋肉を揉んだりマッサージをしたり、やらかくすることばかりしているんですが、肩こりを感じてしまうときには、全身的に疲れが溜まっていて、疲れの蓄積が多くなった状態でストレスに変換されてしまいストレスから肩こりを強く感じてしまっています。

肩こりを感じやすい方も、肩こりが軽い時もあればひどい時があると思いますのでひどくなったり軽くなったりするときには必ず体に溜まったストレスが関係してストレスの度合いが多くなればなるほどひどく感じてしまう結果になってしまいます。

肩こりとストレス

肩こりと言うとストレスに深く関係がありますので、ストレスを減らすことが1番なので筋肉を揉めばいいと言うわけではありません。

肩こり解消法

ストレスが、どういう風に溜まるのかと言うと、普通一般的には考えていない方が多くいますのでストレスと言うのは日常的に多くなっていくものが蓄積されていきます。

ストレスが溜まるときには、必ず仕事をしたりすることや疲れたと仕事をして思うこともあるでしょうが、いつの間にか疲れは消えたように思えます。

しかしこの疲れが感じていないだけで残ったままになっていると言うことがあるんです。
普通一般的に何かをして疲れたと思っても、いつの間にか時間の経過とともに感じなくなってしまっています。

しかし感じていないだけで、多くの疲れが残ったままになっていて、残った疲れがストレスに変換されてしまい体に蓄積した状態でダメージを与えていきます。

このダメージを与えてしまう結果、筋肉の疲労が起きてさらに筋肉だけじゃなくて背骨のズレが必ず起こります。
これが肩こりです。

しかし蓄積してしまうストレスなんですがストレスも溜まるところがあるから体に溜まっているわけですけど体の中ではどこにたまるのかということが問題がありますのでストレスが溜まるところは体の弱い部分に溜まっていきます。

体の弱い部分に泊まりながらストレスはどんどん増えていき最終的には筋肉のコリの問題と背骨のズレを起こしていく結果となってしまい肩こりが悪化した状態で感じてしまいます。

筋肉のコリが肩こり
2020年02月13日

肩こりを楽にしていく為に

肩こりを楽にしていこうと思うから筋肉のコリから解消していきますが筋肉のコリと言うのは意味不明な言葉であり凝りと言うのをわかりやすく説明すると筋肉疲労とか筋肉疲労から起きた緊張と言う状態で硬くなる現象だと思います。

肩こりを楽にすること

肩や腕や指先の筋肉と言うのは日常的に多くを使うことがありますので使えば使うほど筋肉疲労が残りやすくなっていき肩こりの原因になってしまいます。

そして重たいものを荷物を持ったりバックを肩に下げたりすることでも何気ない動作で肩を使うことが多くありますので筋肉疲労は日常的に起きている現象でもあります。

肩こりとは

肩こりが起きてしまう現象と言うのは日常的に多く積み重なっていく筋肉疲労がどんどん重なった状態で解消できなくなるほど大きくなったものが肩こりだと言われていますので筋肉を揉んだりマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりすることで肩こりは楽になっていきます。

肩こりを楽にする方法

しかしそれだけで楽になったとしても本当にそれだけで良いでしょうか。

当院の肩こり解消法と言うのは根本的にとことんまで肩こりの状態を確認しながら解消することをしています。
と言う事は肩の筋肉だけでと言うことになります。

肩の筋肉と言うのは日常的に多く積み重なっていくあらゆる動作で筋肉のコリを起こすことが考えられていますので単純にその時だけ筋肉を揉んでも、しばらくは楽になることがあるでしょうがまた繰り返したり戻りやすくなったり同じことをしても効果がなくなっていくと言う事は進行していると言うことであるんです。

肩こりは筋肉のコリ

肩こりと疲れ

肩こりと言うのは日常的に多く積み重なっていくことで筋肉疲労を起こすことだと説明しましたので日常的に多くなってしまったものが普通は何もしなくても解消できなければいけないんですが多く積み重なれば積み重なるほど限界はありませんので限界なく積み重なったものが肩こりを起こしていきます。

その時に解消してもまた積み重なっていくものが筋肉疲労として起こしていきますので一時的に解消ができてもまた積み重なったものが同じことを繰り返すして生み出してしまいます。

肩こりと言うと普通は筋肉のコリを起こしても自力で解消できなければいけないんですが何かの状態が起きたときにはギリギリ解消ができない位になっていると言うこともありますが早めに自力で解消できていれば普通は肩こり何か起きる事はありません。

しかし自力で解消できない位の状態になってしまったときにはどういう状況になっているのかということが1番だと思いますので自力解消ができない位になってしまったときには多くの疲れが溜まって疲れが多くなった状態でストレスに変換されてしまいストレスが多く蓄積した状態のことをいいます。

自力で解消できない位多くなってしまうとどうなっているかと言うと体は骨盤の歪みや背骨のズレを起こしてしまい筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから骨がずれていることで筋肉が引っ張られたり緩んだりしながら凝りを余計に増強させていきます。

しかしさらに気がついていないで眠りが浅い方が多くなっていますので夜寝ようとするときに朝まで目が覚めないから寝ていると多くの方が考えているでしょうが眠りの深さが関係しています。

眠れているようで眠れていない状態のことを睡眠負債と言いますので最近は多くの方が睡眠負債の方が多くなっていますので体は自分でも気がついていない位ボロボロ状態の方やガタガタ状態の方が多くいます。


原因がある肩こり
2020年02月13日

小顔矯正で小顔になれるから

顔を小さくしていくためには小顔矯正が1番だと思いますので顔を小さくするためにはいろいろな方法があると思いますが当院では初回から顔が小さくなることで人気のある矯正をしています。

小顔矯正で小顔になれる

小顔矯正をしていくときにはエステなどはクリームを塗ったり海藻パックをしたりスチームを当てたり、汗をかかせて発汗させるような小顔矯正をしていますので、顔の中に溜まっている水分を少なくすることで顔を小さくする小顔矯正だと思いますし肌の部分も海藻パックなどをするとつやつやになる可能性もある小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正はエス等の小顔矯正とは違ってクリーム塗ったり海藻パックをしたりスティーブが出て発汗させるような小顔矯正ではありません。

ではどうやって顔を小さくすることをしているのかと言うと

当院の小顔矯正は

当院では小顔矯正をするときには、体の状態を確認することをしています。

小顔矯正といっても発汗させるような小顔矯正ではありませんので体の状態が1番重要になってしまいます。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしてきましたが、全員の方が顔を小さくすることを希望されていますが検査をしてみると、体がガタガタ状態になっていて体調がすごく悪いと言うことがわかります。

顔を鏡で見たり比べる

顔を小さくすることと小顔矯正をしていくことと体調と言うのは、あまり関係が無いような感じなんですが日は密接に、すごく関係があります。

エステの小顔矯正と言うのは体がガタガタになっていようが体調が悪かろうが関係ありませんので体の中にある脂肪やむくみを減らすために代謝を上げるしかなく発汗させるようなことをしています。

体調と小顔矯正

小顔矯正をしていくときには顔がどれぐらい小さくなるのかと言う事の問題や小さくなったら小さくなったで維持することができるのかまたは持続性があるのかということをよく聞かれますので、その状態はご自分の体に全て関係があると言うことを説明しています。

疲れの蓄積と小顔になること

どうすれば小顔になれるか

例えばや疲れやすいとかいうのも感じなくても何かをした疲れと言うのは、いつの間にか感じなくなってしまうため、すべてなくなったような感じに思えるかも分かりませんが多くの部分は残ったままになっています。
例えばですけど仕事をして疲れたと思っても時間とともにいつの間にか疲れは感じなくなってしまっているんですが、感じなくなっているだけで多くの疲れは残ったままになっていると言うことです。
残ったままになっている疲れと言うのは日に日に多くなるばかりですから日常的に積み重なることばかりですから、仕事だけじゃなく生活することや掃除をすることや洗濯することで料理をすることや買い物をすることや車の運転をすることで積み重なる疲れというのが多くなるばかりなんです。

蓄積される疲れ

蓄積される疲れと言うのは体にも溜まりますし、体だけじゃなく顔にも溜まる事はわかっていることなので、顔にも疲れが溜まると言うと大変、変な話のような感じで受け取られる方が多くいるんですが本当のことなんです。

蓄積される疲れが、むくみや脂肪を作ると言う事は専門家の先生も知らないことですしそれを検査をする方法がないために実証することができませんが、実際に積み重なっていることがわかります。

疲れが多く溜まっていくとストレスに変換されてしまいますのでストレスの蓄積が多くなればなるほど代謝が悪くなりむくみや脂肪が多くなってしまいます。

しかしそれだけじゃなく骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレも起きてしまうと余計に代謝が悪くなることでリンパのあたりが悪くなって老廃物が多く溜まりむくみになっていきます。

顔が小さくなる
2020年02月13日

腰痛、腰の痛みを楽にしていく為には原因も

腰痛腰の痛みが起きたり椎間板ヘルニアになってしまったり坐骨神経痛になって足が痛くなったりしびれたりする原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きから起きています。

腰痛、腰の痛みになるのは

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると体を支えることができないために体が不安定になってしまう姿勢をした時に急激にぎっくり腰になることがあり体を支えられるか支えられることができないのかということで痛みの度合いが違います。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛と言うと普通一般的には湿布を貼ったりして痛みが治ることもありますし腰の部分をマッサージしてもらうことでも痛みが緩和することもあるでしょうしサプリメントを飲んでも痛みが治まることがありますし低周波治療器や電気などをしても鍼灸をしてもしやつをしても整体やカイロプラクティックでボキボキしても治ることがあるかもわかりませんが本当の原因が残ったままになっています。

腰痛、腰の痛みの原因


腰痛や腰の痛みが起きる時には骨盤の歪みがあって骨盤の開きもあってそして背骨のズレもあるから体を支えることができない姿勢をした時に痛みがあるため前かがみの姿勢や中腰をした姿勢などが腰を痛めてしまう原因になってしまいますがすべては骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるために起きている現象なんです。
仮に同じ姿勢をしても骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがないときや、軽い時というのは痛めることはありません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時には程度がありますので、ひどい時もあれば、中ぐらいの時もあれば重症程度に大きくなってしまうこともあれば、かなりひどい状態になってしまう場合もありますのでゆがみやひらきやズレというのも程度があります。

骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレは

しかし骨盤の歪みや骨盤の開き、そしてそこでのズレというのも、どうして起きてしまうのかという原因がありますので原因を見つけ出さなければ、いくら骨を矯正しても骨盤を矯正してもまたすぐに戻ってしまいます。

どうして歪みやズレや秀明が起きるのかという原因があるために、起きた現象ですから結果ではなく原因を見つけ出すことをして原因から改善していかなければ、一時的に痛みが楽になったとしてもまた繰り返しやすくなっていき痛みがないときでも原因は、いつまでも同じままではいられませんので進行してしまうということがあるのが怖いところです。

腰痛、腰の痛みとは

しかし腰痛がおきてしまう原因として考えられている骨盤の歪み骨盤の開きがどうして起きてしまうのかそして背骨のズレがどこから起きているのかということを見つけ出すことをしなければいけませんので、当院では、骨格の歪みを矯正すればいいというわけではなくその先にあるものを見据えています。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレの起こす原因

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こす原因というのは特別なものが原因ではなくいつも生活したり仕事をしたり体を動かしたり運動したりすることで積み重なっていくものが原因ですから特別なものが原因ではありません。

日常的に多く生み出されてしまう ことがありますが、それは疲れです。

疲れと言うと多くの方が簡単に考えているようですが実は簡単に考えていいものではなく何かをして『体が疲れた』と思ってもいつのまにか感じなくなってしまっているのが原因です。

普通一般的に生活することで階段を上ったり下りたりしてもショッピングをしても買い物をしても歩いても疲れが生み出されてしまいますし仕事をしても疲れは溜まるばかりですけど、疲れというのはいつのまにか時間が経てば感じなくなっています。

しかし実は感じなくなっているだけであり疲れが全てなくなっているわけではないとしたらどうでしょう。

生み出されてしまった疲れは食べることでも減ることもなく時間が経っても減ることはないんですが脳の力でやっと減らすことができるんですが脳の力が落ちている方が細菌を送りますので次の日まで前の日の疲れを残したままになっていて生活しているということでまた多くの積み重なった疲れを乱されてしまっているということがあります。
疲れというのは極力減らさなければいけないんですが、どうやって減らしているのかと言うと脳が寝ている時だけ減らすことができるんです。

眠りと腰痛、腰の痛み


しかし最近は脳から眠ることができないために多くの方が次の日も疲れが残ったままになっている場合があるんですが、それを感じなくなってしまっています。

感じなくなった疲れが多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが拡大していき背骨のズレが起きて行きます。

北九州市小倉南区で腰痛、腰の痛みを楽にすることをしています。

2020年02月13日

骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正をする方が多くいらっしゃいますが当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなることで人気があるんですが骨盤矯正をして行く時にボキボキしたり痛いということもない骨盤矯正をしていますので安心して受けてもらうことができると思っていますが骨盤矯正をするためにはどうやって骨盤を小さくすることができるのか何をしたら骨盤が小さくなるのかということを考えながら骨盤矯正をしています。

骨盤矯正とは

骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正をする時には単純に骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すればいいというわけではありませんのでそして骨盤周辺に多くなって増えてしまったむくみや脂肪を減らすことでも骨盤は小さくなると思いますがそれだけではないんです。

骨盤矯正をするときにどうして骨盤が大きくなったのか少し前に履いていたパンツやスカートが入らなくなったのかということを探らなければいけないということで骨盤矯正をしていきますので検査することをしてどういう状況になっているのか骨盤が本当に開いているのか骨盤が本当に歪みを起こしているのかということを確認しながら骨盤矯正をしています。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたりする時には、当然骨盤周辺にむくみや脂肪が多くなっていくわけですけど代謝も悪くなりリンパの流れも悪くなって老廃物が多く溜まっているということは現実に起きているものなんですが、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかということを確認しなければいけないということです。
どこかに何かがあるから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているわけですから単純に骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというわけではないんです。

骨盤矯正をするなら

骨盤矯正をするなら

骨盤矯正を受けてみたいと思う方や受けようと思う方は今まで履いていたパンツやスラックスやスカートなどが入らなくなったりきつくなったりして多くの方が骨盤矯正をしてみたいなと思うことがあると思いますので太ってしまったのかということや骨盤が大きくなっているという事実がありますので単純に何も原因がなくて骨盤が大きくなったりすることもなくむくみや脂肪が多くなるということはないと思いますので本当に骨盤を小さくするためには何をしたら有効な方法なのかということを考えなければいけません。

骨盤矯正をする時に一番関係するものというのは骨盤の歪みや骨盤の開きと骨盤周辺に多くなってしまったむくみや脂肪の関係なんですが骨盤周辺に多くなるむくみや脂肪というのは単純に体調が悪くなったからといって増えているわけではありませんのでどうして体調が悪くなったのかリンパの働きが低下したのか同廃物が多くたまったのかでむくみの度合いも違うし脂肪の度合いも違ってきますので全ての原因は骨盤のゆがみは骨盤の開きに原因があると思っています。

骨盤の歪み・骨盤の開きだけではない

しかし何も原因がなくて骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすることは起こりにくいと思いますのでどこからどうして骨盤が歪んだり開いたりしてしまったのかということが原因として考えられるんですが見た目で見て、また触ってみてわかるものではありません。


出産した後の産後の骨盤矯正を希望される方も多くいるんですが、骨盤が正常であれば骨盤が歪んだり開いたりすることは、おこりませんので骨盤が、どうして開いてしまったのか歪んでしまったのかという原因を探さなければ原因から解消していかなければ骨盤を閉じるようにしても、またすぐに開いてしまいます。

骨盤矯正をして骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正できたとしても本当の原因が存在していますのでどうして歪みが起きたのか開きが起きたのかということを探らなければ何をしてもまたすぐに歪みが起きたり効果がなかったりということがあるということですが原因として挙げられるものは特別なものではなく日常的に多く存在しているものが原因になっている場合が多いようです。

骨盤矯正をするなら

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きると

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしている原因で一番に考えられることは毎日毎日の生活や身体を動かしたりすることや仕事をしたりすることや運動したりすることや多くの物事で体を使っていますので使うことをすると肉体的には疲れが多くなってしまいますので体に疲れが多くたまることが原因で体は徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きそしてそれだけではなく背骨のズレを起こしていきますが単純に歪みやひやきやズレがあるからと言って痛みになることもなく何かが起きるということもないこともありますので骨盤矯正の方も単純に骨盤の問題だけではなく背骨のズレも同時に直さなければ維持することや持続性はなくなっていくと思います 。

しかし、どうして骨盤の歪みが起きてしまいまたは開きが起きてしまうのか歪みが開きが起きてしまっていると代謝が悪くなりリンパの働き悪くなって老廃物が溜まることが起きてしまいむくみや脂肪が徐々に多くなってしまいます。
骨盤周辺にむくみや脂肪が多くなる原因として一番にあげられることは骨盤のゆがみは骨盤の開きが起きていることが原因なんですが骨盤の歪みや骨盤の開きがどうして起きるのかどこから起きるのかという原因があるということです。

2020年01月23日

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

北九州市小倉南区で頭痛、頭の痛み、偏頭痛を改善して徳力整体院は30周年。
頭痛薬ばかり飲んでいないで、そろそろ頭痛の原因を見つけてきませんか。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時には、どうして頭痛になるのか、見つけ出すことが必要になるのに、安易に薬ばかりに頼ってしまうと先将来の問題につながりやすくなります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛と言うのは毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多くなっていきます。特別なことをしなくても疲れやストレスは多くなります。
疲れやストレスの蓄積が自分でも気が付いていないくらい体に多くたまっていきます。しかし疲れやストレスはたまる所があります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛


疲れやストレスがたまる所は例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ、あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。
この中で多くの疲れやストレスをためてしまう所は内臓と筋肉です。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓の中には中枢神経も入ります。つまり大脳、脳幹、脊髄なども疲れやストレスがたまります。
頭痛薬で頭の痛みを抑えることができても、頭痛薬は一時的に楽にしているだけです。
そのうちに進行して頭痛薬が効かなくなっていくこともあります。
頭痛には頭痛の起きる原因があります。薬で抑えることはかまいませんが、それだけでは原因は改善もしませんし原因を減らすことはできません。

頭痛が、どうして起きるのか、その理由がありますから、理由を見つけるようにしないと大変なことになります。
病院では頭痛の原因はわかりませんから、いくら病院で検査してMRIなどをとっても見つかるものは病気になったものだけです。

病院ではわかるものは、病気まで進行した物だけです。何も原因がなくて頭痛になることはありません。
何かの原因があるから頭痛を繰り返したりしています。だから頭痛薬を常用したりしています。
しかし、脳は何かの異常が起きつつあるから頭痛として時々、信号を送っています。この信号を無視して頭痛薬ばかり飲んでいると頭痛を起こしていると、本当の原因が頭痛が起きていない時でも進行していきます。

頭痛の方は

頭痛を繰り返し起こしている方、時々、頭痛になる方は、確率ですが脳こうそくの可能性が高い方です。
脳こうそくも1日や半年や1年でなるものではなく、なっていく過程があります。
脳こうそくになっていつている過程で進行途中で頭痛を時々、起こして知れせてくれています。
しかし、人は頭痛薬で一時的に抑えられるから、それでいいと思っています。
自分の先将来のことも考えもせずに!!
脳こうそくになってしまってからでは遅すぎます。なる前になろうとしている所を変える必要があります。当院ではそういう治療をしています。

その為にも、まずは体から整えていくことしていきます。
頭痛を楽にしていくことと頭痛を直していくことは違います。
頭痛が現在、起きている方も来院していますが、多くの場合、その場で痛みが楽になります。
これが楽にしていくことですが、数回は体を整えていくことからしていかないと先の治療ができません。
特に眠りが浅い方は、期間をあけると、整えた体が、また、崩れています。

最大のものは体よりも眠りです。ただ寝ていることではなく脳から寝ているのかと言うことが寝ていることになります。
当院では正確に眠りの判定ができます。嘘偽りがなく正確にできますから、寝ている自分でもわからないことがわかります。
寝ているのに目が覚めななければ寝ていると言います。これが勘違いなんです。
夜中に何回か目を覚まさないと眠れていると思っています。
最近の不眠症は夜中に目を覚ますよりも、眠りが浅いことが不眠症状態です。
この睡眠のことを睡眠負債といいます。

睡眠負債とは毎日とは言いませんが、多くの睡眠の不足です。
寝ているけど眠りが足りていない時が睡眠負債です。負債の多くなればなるほど返せませんし、人は寝だめができません。ですから、もう長時間寝ても意味はありません。取り返しがつかないのが睡眠負債です。
ですから負債を抱えたままです。
どうして睡眠負債の説明をするかと言うと睡眠負債の方が頭痛になりやすいからです。
睡眠負債が多いと脳疲労が起きています。脳疲労が起きると脳は元気ではなく興奮状態になります。

興奮状態になれば、寝ていないのに動けますし、活発にできます。
ですから元気と思うし健康と勘違いします。体がどんなに歪みが起きていても平気だし、背骨のズレがあっても感じません。

本人は感じていませんから「元気だと思って、体調は良いと思っていました」と言いますが、これだけ歪みやズレがあるのに~????と言いたくなるくらいの方もいます。

歪みやズレがあると言う事は体調が良い訳ありませんし、体調が良いのに頭痛が起きていれば大変なことです。
体調が悪いから頭痛になりますから。
体と言うのは体調が悪くても色々起こしません。最悪の所だけ起こしますから、最悪の部分が頭痛になります。
最悪の悪い部分が頭痛になっているだけです。他にも色々な悪い部分はありますが、色々は感じません。
頭痛の起きやすい方が温泉やサウナに入るようなことはしない方が良いと思います。お風呂も短くしないと自宅で倒れてしまいます。
流れを良くすれば良いと言う訳ではありません。流れを良くしても良くなった分だけ内臓に負担ができます。
流れが良くなった分だけ弱って働きが悪くなっている内臓には仕事がこなせないと負担になります。
ですから、ただ、流れを良くすれば良いと言う事を言う方は体のことをわかっていません。

寝ている時に

夢を見ていても寝りと言うのは、起きた時に夢を見ていたりと言うことをおぼえていますが、
痛み止めで頭痛を改善したと思わないで原因から減らしていくことを考えましょう。
痛み止めばかりしていると原因は進行していきます。場合によっては頭痛は脳梗塞や脳出血につながることがあるものです。
テレビでも頭痛の半数の方が脳梗塞になっているといっていました。半数という数字は高い数字です。

内臓路と断言できるものではありませんが、頭痛が治まってきたら、余計に注意信号です。
最近、起きないなと思ったら、要注意ということです。
悪さが完成したら頭痛は起きないことが多くありますから。

頭痛が起きているときも心配ですが、頭痛持ちの方が、最近、頭痛が起きていないなと思ったら、、もう頭痛になる信号が起きないくらい悪くなったということも考えられます。
いちど、頭痛持ちになったら、原因から直さない限りは、治っていません。

当院では、頭痛を

頭痛を改善するために体調から上げて体を整えていくことからしていきます。
体調から上げていかないと原因は判断できません。
体調から上げていかないと原因は見つかりません。
必ず、原因はあります。
その原因を見つけていくことをしています。
原因を見つけていくためには、体調が悪くなっていると、原因が見つけりにくくなります。
そのために、体調から上げて体を整えていくことが必要になります。
当院に初めて来院した方は全員、体調が悪く調子を落とした方ばかりでした。
当院の院長は人の体調を検査して測ることができます。
しっかりとした検査がありますから、自分で体調がわからなくても検査することしています。

2019年12月19日

肩こり、肩の痛み

肩こりや肩がだるいとか肩が重たいとか肩に関係する症状が色々あるんですがどれもこれもしっかりとした原因がありますので原因から改善することをしていかなければ、効果がなかったり症状を感じていないからといってよくなったわけではないこともあります。

肩こり、肩の痛み

肩こりと言うと多くの方が筋肉のこりと考えている場合が多くあるんですが肩こりというのは筋肉のこりだけで起きていることはあまりないので検査することをして本当に筋肉の凝りがあるのかまたは筋肉の凝り以外のものが関係しているのかを見つけ出さなければいけません 。

そのためには検査することができないと、状況がわかりませんが検査は誰でもできる事ではありません。
肩こりを検査するというのは触ってみたり筋肉を押してみたりすることで固くなっていれば肩こりがひどいんですねという感じで言われるんですが肩こりを起こしてきているわけですから筋肉が硬くなってるのは当然です。 ということを考えれば肩を触ったり押したり揉んだりすることでわかるものではありません。

肩こり、肩の痛みを検査する事

当院では昔から肩こりを検査することを普通にしているんですが多くの治療院では肩こりの検査というのを正確に行うことができない方が多くいますので出来ない方が揉んだりマッサージをしたり低周波治療器や電気などをかけてるということがあります。
肩こりと言っても筋肉のコリだけで起きていることはありませんので筋肉というのも骨から骨にくっついているものですから例えば背骨がずれると筋肉が引っ張られたり緩んだりしてリンパの働き悪くなり老廃物が蓄積していくということで肩こりが起きてしまいます。

肩こり、肩の痛みと言っても

肩こり、肩の痛みといっても、湿布を貼ったりすれば良いこともありますが、それだけではありません。
マッサージしたり揉めば良いと言う訳ではありません。
サプリメントを飲んだりすれば良いと言う訳ではありません。
低周波治療器や電器などをすれば良いと言う訳ではありません。
しっかりとした状況判断する為に、検査ができないと、誰だってわかりません。専門家の先生も同じです。
病院でも病気を見つけるために検査することをしています。しかし病院というところは病気の専門家ですから肩こりは病気ではありませんので専門以外になりますので病院に行くと湿布を貼ったり痛み止めの注射を打ったりという感じだと思います。
肩こりというのは本当に分からないことが多くあるのが肩こりなので、単純に目で見たり触ってみてもわからないと思います。

当院でも30年以上、肩こりを解消していますが触ってわかることはありませんし、目で見てわかることはありませんので検査することで判断していきます。

筋肉と肩こり、肩の痛み

肩こり、肩の痛みの検査方法

① 肩こりを検査する時には、皮膚と皮下脂肪と筋肉や靭帯をつまんでみて、コリがあるのかということを検査しています。
表面上には、皮膚がありますので、皮膚の下に皮下脂肪があって、皮下脂肪の下に筋肉や靭帯層が存在していますから場合によっては、皮膚から固くなっているということもあります。
肩こりのコリとは意味が不明な日本語です。コリとは筋肉疲労、筋肉緊張、筋肉が固くなることです。これらが起きるとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
この状態が起きると、首を回したり肩や腕を回したりストレッチをしたり、体操したり運動したり、ネックレスをしたりツボを押したり、薬を使ったり、肩こり解消グッズで何かをしたりということなんですが、本当の原因がどこにあるのかということも考えなければいけません。

肩こり、肩の痛みに関係する原因

肩こりに関係することがあります。これは筋肉にも、それ以外にも深く関係しているモノです。関係するものは、何をしても何もしなくても多くなっていきます。
何もしなくても何かをしても多くなる物とは、生活することや、仕事することや、運動する時でも、不眠症でも、睡眠負債でも多くなっていきます。

生活では料理を作ることや、包丁で切る事や、お風呂に入る事や、布団を引くことや洗濯ものを干す事や、車の運転をする時でも、旅行でも、温泉に入っても、買い物をすることや、階段の上り下りでも多くなります。何がなくしていること自体で多くなります。

疲れやストレスと肩こり、肩の痛み

体に多くたまっていくもの

また、仕事でもデスクワークでもパートでも多くなります。運動する時でもジョキングする時でもストレッチする時でも筋肉を鍛える時でも多くなります。
最近は多くの方が不眠症と言う事ではなく睡眠負債になっています。不眠症は寝つきが悪く脳が興奮している為、夜中に何回も目が覚めたりします。これが不眠症なんですが、睡眠負債は違います。睡眠負債は夜に寝たら朝まで目が覚めません。目を覚ますことがない為に寝ていると思ってます。本当に寝ている方は熟睡です。熟睡している方が肩こりになることはありません。

もしあれば何かの病気です。
生活することや、仕事することや、運動する時でも、不眠症でも、睡眠負債でも多く生み出されて体にたまるものが肩こりを起こしています。

肩こりを感じる時には、どうして肩こりになるのか、考える必要があります。肩こりを筋肉のコリだと決めてしまっていることが多くあります。肩こりと言うと筋肉のコリだと言う感じですから運動的にも肩甲骨を動かす運動やストレッチなどが多くテレビでも紹介されて芸能人の方がやってみて肩こりが楽になったとか言っています。
何だか、お店の特集で芸能人の方が、どの店も美味しいと言うのと同じような感じです。確かに美味しいのかも分かりませんが。

本当に効果がるのかも分かりませんが、多くの肩こりの方は運動してもストレッチをしても変わらない事が多くあり続かないと言う事でも肩こりを感じています。

多くたまるものとは疲れやストレスです。

別に特別なモノではなく、多くの方がため込んでいるモノです。逆にたまっていない方はいませんが、疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向があります。
肩が弱い方でしたら肩こりになり、腰が弱い方が腰痛になり、生理に関係する部分が弱ければ生理痛になります。
疲れやストレスと言うのはたまる所は弱い部分にたまっていきますが、弱い部分と言うのは、どこなのか、と言う問題があります。

2019年12月04日

腰痛、腰の痛み

多くのテレビなどでまた雑誌などで紹介されている特集というのは、お医者さんが監修している場合が多くあるんですがお医者さんというのは、病気の専門家であって腰の痛みの専門家ではないと思っていますので腰痛というのは病気ではありません。

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みの治療は

当院で行なっている腰痛や腰の痛みの治療というのはまずは検査することから、始めていき検査で、どういう状況になっているのかということに、基づきながら楽にしていくことをしています。
例えばなんですが 腰痛、腰の痛みのある方は、筋肉や靭帯の炎症を起こしていたり、ハレたりということが起きていますので炎症や腫れを改善することをしています。

腰痛、腰の痛み

炎症や腫れがある場合、お風呂などで温めたりしないで冷やした方がいいと思いますので痛みがある時には何でもかんでも湿布を当てるようにしてください。炎症や腫れがある時には痛みがあるところだけを触るのではなく他の部分を触ってみて温度変化をみるといいと思います。

温度変化と言っても暑いということはではなくて暖かい感じがすれば炎症や腫れがあるということが確認できますので違うところを触ってみて、温度を確認してみて痛みがあるところが暖かく感じで炎症や腫れがありますので、湿布で冷やしてください。

ひどい場合は、なかなか湿布を貼っても効果がないこともあります。 湿布と言うのもなんでもかんでも効果があるというわけではありませんので状況に応じて対応しなければいけません。

まずはご自分でできるのは湿布を貼って様子を見ることなんですが様子を見ても改善できなければということもあります。
特に痛みが強い方やぎっくり腰の方は状態が良くないので慌てずに、しっかりと休養をとることも大切なので急用取るというよりもゴロゴロダラダラゆっくりしてればいいというわけではなく、寝るようにしたほうがいいと思います。
急用に勝るものはありませんが休養しても回復しないものは回復しませんので治療を行わなければいけません。 多くの場合、

急性状態の強い痛みは2~3日で改善することも多くありますので23日は様子を見た方がいいと思います。

慢性化した腰痛、腰の痛み

急性状態というのはぎっくり腰に多く見受けられる症状なんですが2日ぐらい経っても治らない痛みになってしまったら慢性状態になってしまっているということもありますので痛みがある、しばらく前から何かが異常が起きていて急に痛みになっているということもあります。

多くの場合、痛みが起きてから気がつくことが多くあるんですが、痛みになってしまう前にしばらく何かの状態が体に起きていることがあります。

腰痛、腰の痛みになる前、何日前か、一週間前、10日前、3か月前、半年前に徐々に起きているということも多くあります。
気が付くのは痛みになってからです。
腰痛や腰の痛みも歯の痛みと同じように虫歯が軽ければ何も感じないんですが、神経まで影響が出てきたら初めて痛みになっています。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛は腰の痛みがどうして起きるのかと言うと、毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張や不眠症や睡眠不足で疲れやストレスが多くなっていきますので、疲れやストレスというのは、弱い部分に多く食べる傾向がありますから、弱い部分に多く貯まれば、体は限界を超えた状態で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。
疲れやストレスが体の弱い部分に溜まっていくと骨盤は補正の歪みを起こしていきますので補正の歪みというのは骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨が釣れるということで体を支える力がどんどんなくなっていきなくなった時に何かをしたら痛みになります。
腰痛、腰の痛みがある時には、筋肉、じん帯の炎症やハレがあり骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは原因があるから起きていますが、多くの腰痛を楽にする治療法は対症療法ばかりして楽にしています。楽にすることと、原因を見つけ出して解消していく治療は違います。
原因なんか関係なく楽にする治療のことを対症療法と言います。対症療法は、病院で注射を打ったり、湿布を貼ったり、腰痛に効くと言うサプリメント、医薬部外品を飲んだり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器などをしたりすることです。

腰の痛みの検査をすることは簡単ではない為に痛みがある部分にだけ注目して何かの治療を行います。ある程度、対症療法をすると痛みが楽になることがある為に、多くの治療が対症療法になっています。
確かに湿布を貼っても炎症が取れて楽になる事もあります。また、マッサージをしても筋肉がほぐれて楽になる事も有るでしょうし、低周波治療器や電器でも痛みやコリが散ってしまって痛みが分からなくなると楽かも知れません。

骨盤の歪みや背骨のズレ

しかし、そんな事をしていたら原因もいつまでも同じままではありません。腰が痛くなる時には、例えば、重たいものを持とうとしたら腰が痛くなったとか、前かがみの姿勢をすると腰が痛いとか、布団で寝て朝起きたら腰が痛いとか、同じ姿勢をしていたら腰が痛くなるとか、クシャミをしただけで腰が痛いとか、色々な腰痛があります。
しかし、同じことをしても痛くない時もあります。痛くならないように気を付けているからと言うのもありますが。

腰が痛くなる時は

腰が痛くなる時には、必ず骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが有ります。しかし歪みやズレが根本の原因かと言うと、そうではありません。多くの整体院やカイロプラクティック院ではボキボキして矯正する事をしていますが、本当に矯正しなければいけないのは、さらに奥にあります。

腰の痛みとは

腰の痛みが起きる時には毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くなるものが体にたまって解消できていないのが原因です。歪みやズレを起こすのは特別なモノではありません。多くの方に蓄積しているモノですが、弱い部分にたまる傾向があります。
多くなるものは疲れやストレスです。
疲れやストレスが弱い部分にたまっていくと体は自然と歪みやズレを起こしていきます。疲れやストレスが弱い部分にたまっていくと誰でも、いつかは腰が痛くなります。
弱い部分に疲れやストレスがたまると、骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが起こります。
それでは、弱い部分は、どこなのか??ですが、多くは腎臓です。

しかし腎臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

病気といってる訳ではありません。

腎臓が弱い方が疲れやストレスを腎臓に多くためていくと腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり、骨盤の固定ができなくなります。腎臓に関係する筋肉とは大腰筋、腸骨筋です。

大腰筋、腸骨筋は骨盤を固定したり保持している筋肉ですから、固定ができなくなったり保持できなくなったりして骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になります。

この不安定な時に、中腰をしたり重たいものを持ったり、何かを取ろうとして手を伸ばした時に、デスクワークの時に、前かがみなどをしたら腰が痛くなります。

骨盤が不安定な時に、 上肢を支えることができなくなると痛みになります 。
疲れやストレスを減らすこと

弱い部分にたまってしまった疲れやストレスを減らすことが重要ですが、まずは、①筋肉、じん帯の炎症やハレがある方は、そこから改善していきます。
そして筋肉、じん帯の炎症やハレが改善してきたら、次は、②骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレの矯正です。もちろん痛くないから安心して下さい。

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレを矯正できたら、次は、③腎臓にたまった疲れやストレスを減らしていきます。
しばらく治療をして安定してきたら④弱い腎臓を体質改善の施術で強くすることができます。
※まれに体調が悪すぎて回復が遅れる方もいますし、体調の状態から骨自体に炎症やハレがあることもありますし、体調の低下から骨盤、背骨の前の腹膜まで炎症やハレがある方がいます。
すべて検査する事ができますから、目で見えない部分まで検査をしていきます。

2019年11月20日

小顔矯正で小顔に

北九州市小倉南区からも小顔になる小顔矯正。

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしているんですが小顔矯正をしていくときには簿記簿記したり痛いと言うこともない小顔矯正を心がけるようにしていますので安心して受けてもらうことができます。
小顔矯正をしていくときにはどうやって顔小さくしていくのかと言うことがありますので説明を聞いてください。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには自分で顔が小さくなったのが、わかるようにしているのが特徴ですから小顔になったのを比べることができます。
小顔矯正をする前にどうやって比べてもらうのかと言うと必ず全員の方に来てもらうことがあります。

小顔矯正と浮腫み

顔を鏡で見る

まずはなんといっても小顔矯正に入る前に行分の顔を鏡に映して見てもらうことをしていますので鏡に見て何を見るのかと言うと顔の形と大きさと左右差を感じ取るようにしてもらえます。

鏡で顔をみる 

顔と言うのは端を中心にして右側の形と左側の形が違いますので何が違うのかというと形も違うし大きさも違うんです。
鼻を中心にして顔の右側と左側をしっかりと比べてみてください。
多分、全員の方が顔が違うと思いますので顔認証というのがあるように顔の輪郭と言うのは皆さん指紋と同じような状態で違うんです。

端を中心として右側の顔の大きさと左側の顔の大きさを比べてもらうことをしていますので1番は顔の輪郭や大きさと言うのも大切なんですが左右差を見てもらうようにしています。
左右差がわかったら今度は手で触ってもらいます。

顔手で触ると言う事

顔を手で触ると言う事は鏡で自分の顔映して目で見るよりも難しいことですから簡単だと思って触った方ほどわからないと言うこともありますので小顔矯正といっても10センチも20センチも顔が小さくなる事はありませんので1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じで顔が小さくなっていくと思いますので例えば1センチ変わってもしっかり触っておけばわかると言う事ですから1センチ変わってもわかるように触っておいて欲しいんです。

小顔矯正の顔の触り方

顔の触り方

顔の触り方と言うのは両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指先を顔に密着させるようにして触ります。

単純に顔の触り方はこれだけなんですがこれだけしていたらただ顔に手を当てているだけだし置いているだけですから解りませんのでしっかりと意識を持つと言うことが大切になります。
今まで数%の方が本当に顔が小さくなっても小さくなったのがわからなかったと言う方までいますし手で触ってわからなかったのに鏡で見たらわかると言う方までいましたので手で触ってわかるのが当院の推薦ですから手で触って大きさを判断してもらうことをしています。

手で顔が小さくなったのを比べることができると、本当に笑顔が違いますので他人が測ったりすると笑顔がないまま嬉しいと言う感じですからびっくり驚く方もいますので顔がこんなに変わるんだと言うことを、実感してもらいますが変わる度合いと言うのは皆さん違いますので、全員が全員びっくりするぐらい変わるかというとそうではありません。
小顔矯正をしていくときに関係するものが2つあります。
1つ目は疲れやストレスです。

疲れやストレスと小顔矯正

顔を小さくしていく小顔矯正をしていくときには関係ないような感じで深く関係しているのが疲れやストレスです。
疲れやストレスを減らすことをしないで顔が小さくなる事はありませんし小さくなっても戻りやすくむくみが多くなったり脂肪が多くなっていくのが特徴です。
疲れやストレスを溜まった所から減らしていくと顔が徐々に小さくなると言うことで疲れやストレスを減らす事は当院ではよくやっていることです。

顔の大きさが

疲れやストレスと言うのはどこに、たまるのかと言うと体にもたまるんですが顔にもたまると言うことが検察でわかっていますので溜まった部分から疲れやストレスを減らしていくと徐々に顔のむくみや脂肪が減っていき顎のLINEは引き締まっていくと言う効果があるんです。

小顔矯正とは

北九州市小倉南区で小顔矯正なら。

2019年11月06日

腰痛の痛みを

北九州市小倉南区で30年のカイロプラクティック徳力整体院。

腰痛を改善して楽に生きていくためには腰痛の原因になっているものを見つけ出さなければいけませんので見つけ出すためにも検査することをしています。

腰痛とは

腰痛と言うと多くの方の場合ですがいろいろな治療を受けていることがありますのでいろいろな治療と言うのは多くの場合、対症療法と言う治療法だと思いますが対症療法と言う治療法は良い治療法なんですが原因を見つけ出すこともなく検査をしていませんので痛みがあるところに何かをしているのが対症療法と言う治療法になります。

対症療法とは

対症療法と行療法は一般的な治療院で多くも用いられている治療法ですからそれなりの効果はあるんですが、痛みを楽にすることができますが、原因が残ったままになっていると言うことを考えなければいけません。

腰の痛みがどうして起きるのか、腰痛はどこから起きるのかということを考えなければいけませんので、痛みを楽にすればいいと言うわけではなく対症療法ばかりしていると原因も、いつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことが起きてしまうのが怖いところなんです。

腰痛と対症療法

腰痛の原因

腰痛の原因と言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるときに重たいものを持ったり中腰をしたり前かがみをしたりすることで体を支えることができませんので急激な痛みが走ったり急に痛くなったりということが起きてしまうのが腰痛です。

もし仮に骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレがなければ痛みが起きる原因がないので何をしても痛みになる事はありません。

腰痛と歪みやズレ

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるときに何かをしたら、支えられなくなったときに痛みになっていくと言う事なんですが、座っていても座る時間が長いと徐々に負担が大きくなっていきますので、何かをしたら痛くなると言うことではありませんので寝て朝起きたら、いつも腰が痛いと言う方もいますしくしゃみをしただけで腰が痛くなると言う方までいますし立ったままだと腰が痛くて体が曲げられなくなると言う方までいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのは土台が歪んだり開いた位いる事ですから土台の上に立っているもの全ては影響受けてしまいますので1番に影響受けるのは背骨のズレになっていきます。
骨盤が安定していない時に

骨盤が不安定状態になっているときに重たいものを持ったりバランスが悪くなることをしたり同じ姿勢を続けたりすると疲れやストレスが多くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積と言うのは大変多くなっていきますので積み重なったものが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたり背骨がずれてガタガタ状態になっていると体を支えることができませんので回復しない限りはいつまでたっても腰が痛いと言う感じになってしまい長期間、腰痛を患うようになってしまいます。

急性捻挫がぎっくり腰

逆にぎっくり腰の方が3日位で回復する場合もありますのでぎっくり腰と言うのは体調が悪いことから起きている急性状態の捻挫ですから急性状態さえ収まってしまえば少しは動けるようになっていきますので安静をとって休んでいたほうがいいと思いますし休まなければいけないと言う体調でぎっくり腰を起こしています。

ぎっくり腰と言うのは警報ですから警報も自分の体でなっている警報ですから危険だと言うことでぎっくり腰を起こして休めようと言うふうに体は言っているわけです。

これを何も考えずにぎっくり腰だけ改善しようとしてもなかなか難しく他と力もなければ回復する力もうないと言う事ですから実際にゆっくり体を休めることも大切な治療法になります。

腰痛の原因

北九州市小倉南区からも30年のカイロプラクティック徳力整体院。

2019年10月16日

骨盤矯正で骨盤が小さくなる

北九州市小倉南区で骨盤矯正なら初回から小尻になる徳力整体院。

骨盤矯正をして骨盤を小さく小尻にしていく為には、一番、関係するものがあります。一番、関係するものは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。
毎日の生活、仕事、運動、睡眠負債で多くなるものは、何をしても多くなるし何もしなくても多くなって体に積み重なっていきます。

何をしても多くなるし何もしなくても多くなって体に積み重なっていくものとは、疲れやストレスです。
当院の骨盤矯正は他の骨盤矯正をしている治療院やエステとは違います。今まで30年間で多くの方の骨盤を小さくする事をしてきましたが全員の方が小尻になっていますが、それには理由があります。
骨盤矯正をしていく時には骨盤の歪み・骨盤の開きの矯正や浮腫み、脂肪を減らせば良いと言う訳ではありません。多くの治療院やエステでは検査もしていない所がありますから、当院では検査する事をしていますが、今まで30年間、骨盤矯正をしてきて誰一人として骨盤が正常な方はいません。骨盤が正常ではないと言う事は歪みやズレではありません。それ以上のことが起きているからです。

全員の方が骨盤が炎症やハレを起こしているからです。骨盤の骨が炎症やハレを起こしていると骨盤が肥大して大きく太くなります。これを正常に戻していくと骨盤が小さくなり始めます。しかし1回で終わる事はありません。1回では持続性もありませんので。

疲れやストレスと骨盤矯正

一見、関係ないような疲れやストレスと骨盤矯正なんですが、実は深く関係があり疲れやストレスを減らすと骨盤が小さくなっていくと言う効果がありますが、疲れやストレスを減らすことは容易ではありません。
疲れやストレスと言うのは病気ではありませんから検査しようにも検査もできません。自分でわかるしかないのが疲れやストレスですが、何も症状や痛みやコリ、ダルクないからと言って疲れやストレスがたまっていないと言う事はないからです。

今まで30年間以上、骨盤矯正をしてきましたが、検査してみると全員の方が骨盤の歪み・骨盤の開きがあり、背骨のズレがあって背骨がガタガタ状態でした。この現象は疲れやストレスの蓄積にあります。
単純に骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレがあると体調の低下を表しています。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積で、日常の生活で料理を作ったり包丁で切ったり、お風呂に入ったり、掃除をしたり洗濯物を干したり、車の運転をしたりショッピングをしたり洋服を脱いだり着たりする事でも多くなります。

また、仕事でもパートでも営業でも多くなるのが疲れやストレスですが、減らす事もしていませんから。
いつの間にか感じなくなったりしているからなんですが!!
無くなっている訳ではなく疲れやストレスの蓄積が溜まっています。疲れやストレスは自然になくなる事はありません。疲れやストレスがたまると脂肪になったり浮腫みになります。また太りやすくなります。

そして、それだけではありません。

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きたり背骨のズレを作っていきます。

骨盤矯正で骨盤の大きさを変える

骨盤矯正をする時に骨盤が小さくなれば

骨盤矯正をする時に骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すれば良いと言う訳ではありません。しかし骨盤が小さくなった分は良いんですが中にある大腸や小腸、膀胱、子宮、卵巣はどうなるのでしょう。
小尻になった分だけ骨盤が内臓を圧迫する事もあります。そうすると生理痛、生理不順、便秘がひどくなることもあります。

骨盤を矯正するだけではない

体に多くの疲れやストレスがたまりますがたまるのは内臓に多くたまっていきます。内臓に多くの疲れやストレスがたまると

骨盤の歪み・骨盤の開きになります。そうすると骨盤が大きくなります。
今まで30年間で多くの方の骨盤を小さくしてきましたが正常な骨盤の方は一人もいませんでした。疲れやストレスは内臓にもたまりますが内臓だけではなく骨盤にもたまります。骨盤にたまると骨が炎症やハレを起こしていき骨盤が大きくなります。
つまり骨盤が正常では無くなって、大きくなります。もちろん浮腫み、脂肪が増えていきます。

2019年09月30日

肩こり解消

北九州市小倉南区で、肩こりを解消するなら原因からしている徳力整体院。

肩こりというのは筋肉のこりというイメージがどうしても強いために筋肉のコリばかりほぐしても楽にすることができるために筋肉のコリが中心で治療している場合が多く見受けられますが筋肉のコリだけで起きている肩こりはありません。

肩こりとは

筋肉のこりという意味がありますが筋肉のこりというのは筋肉疲労であり筋肉の緊張であり筋肉が硬くなる現象なんですが、何も原因がなくて起きることはありませんので何かの原因があるから筋肉が疲労したり筋肉が緊張したり筋肉が硬くなったりということで肩こりとして感じてしまっています。

肩こりの治療法

しかし肩こりと言うと多くの治療法が筋肉ばかり注目してほぐしたりマッサージをしたり湿布を貼ったり低周波治療器や電気などをかけたりすることが多くありますから原因を見つけ出すこともなく表面上のコリだけを改善している場合が多いようです。

確かに色々な治療法で表面上残りだけを改善しても楽に感じてしまいますので患者さん側は治ったと思うでしょうが、実は、それ以上に原因が潜んでいるんです。
肩こりを起こしている原因というのは筋肉だけではありませんので筋肉が緊張や疲労や硬くなることも現実にはありますがそれだけではありません。

筋肉のコリと肩こり

コリの原因

しかし肩というのは、いつもいつも使うことが多くありますので、筋肉疲労が起きたり固くなったりすることは当然起きてしまいますが、最近、多くの方がスマートフォンや携帯を扱うことが多くありますので狭い部分にタッチしたりすることで腕や肩や肘などに力が入っていますので力が入ることが原因で筋肉疲労を起こしているということがあります。

しかし筋肉だけで起きている肩こりはないと説明しているように筋肉のコリだけで肩こりは感じる時もありますがそれ以上に背骨のズレがある場合がありますので背骨のズレを見つけ出して矯正して整えていくことが重要になりますし背骨の部分に椎間板があるために椎間板ヘルニアになっているかと思いますので椎間板ヘルニアを解消していかなければいけません。

肩こりの原因と背骨のズレ

肩こりというのは、筋肉のこりと背骨のズレが原因で起きていますが背骨のズレもいつまでもあると、固着したり固まったりということで調整しても動きにくくなることもありますから周辺組織が硬くなっていくとかなり厄介な状況になっていきます。

しかし背骨のズレというのも起きてしまう原因がありますので歪んだりずれたりすることはどうしてくれるのが歪むのかという原因を見つけ出さなければいけませんので背骨のズレを矯正すればいいというわけではありません。

肩こりというのは筋肉のこりと背骨のズレが原因で起きてしまいますが背骨がずれると筋肉というのは骨から骨に付着していますので骨が少しでも正常の位置から動いてしまうと筋肉が引っ張られたり緩んだりして緊張や硬くなるという現象でリンパの働きを悪くなり老廃物が多く溜まって循環が悪くなるのは当然だと思います。

肩こりを検査するというのは大変難しいことですから簡単にできることではないために表面上に目で見て触ってみると筋肉が凝りを起こしている場合は固くなっていますので固くなっていますねとか専門家の先生に言われることがありますが当然です。

背骨のズレと筋肉

筋肉は硬くなる

これを起こしている時には筋肉は硬くなりますので固くなるのも一時的に硬くなる場合と永久的に硬くなる老化現象があります。
肩というのは何気なく多くの物事に使っていますので、多くの物事に使えば使うほど筋肉は疲労していくということが起きてしまいます。

体というのはいろいろなものごとに生活に仕事に運動することに使うことが多くありますが筋肉を鍛えようとしても簡単に鍛えられることはありませんのでストレッチすることでも一時的に循環は良くなりますがまたすぐに原因がある場合は戻ってしまいます。

筋肉のストレッチをするのは大変、重要なことなんですが原因から覗いていかないと一時的にリンパの働きや循環を良くしても戻りやすいということです。

筋肉のコリを感じたら

肩こりというのは筋肉の凝りから起きていると説明が多くありますしテレビの特集でも色々ストレッチをしたり運動したり鍛えたりということが言われていますが鍛えれば鍛えるほどストレッチをすればするほどあるものが多くなっていきます。
痛めつけられている筋肉にあるものが多くなっていくと、さらに悪くなっていきます。
あるものというのは疲れやストレスなんですが筋肉疲労が起きている上に疲れやストレスがさらに積み重なっていくと中和されるということで感じなくなっていきますので麻痺状態になってしまうということです。

例えばですけど肩こりでいつも悩んでいる方がマッサージばかりしていると筋肉疲労が強くなっていき徐々に筋肉疲労から筋肉が硬くなっていく現象が起きると肩こりを次第に感じなくなってしまって麻痺状態になって治ったと思う場合もあります。

肩こりが起きる原因
2019年09月29日

ダイエット、痩せる為には

当院では北九州市小倉南区で30年になるカイロプラクティック徳力整体院ですが、本当に初回からウエストが細くクビレができる矯正から入ります。

ダイエットをして痩せようと思うなら何よりも先に考えなければいけないことがあります。多くの方がダイエット法をすると ダイエットグッズを買ったりダイエット食品を買ったりサプリメントを飲んだり運動したり筋トレしたりジョギングをしたりストレッチをしたり色々な方法でダイエットをしようとしたり 食事制限をしたりしていますがどれもこれも基本的なことを忘れてしまっています。

自分でダイエット、痩せる為には

痩せる為には

ダイエットをして痩せようと思うなら自分の体のことを考えなければ効果は、半減どころではありませんので、自分の体がどういう状態なのかということを考えなければ、浮腫みや脂肪を溜め込むような状況では何をしても効果がなかったりします。
ダイエットして痩せるという むくみは脂肪が中心なんですが むくみや脂肪がどこにあるのかということを考える必要もありますので体には何があるのかということを考えなければいけませんが今現在の体重から比べて65 kg から75 kg が水分で構成されています。

つまり水分を減らすことでも体重はかなり落ちていくと思いますが当院のダイエット法は体重計の目盛よりも見た目から変えていくことで細くなったり痩せたと思うことのダイエットをしています。

痩せる為には

体重計ばかり気にしても

ダイエットして痩せようと思うなら体重計ばかり 体重計を測って気にしている方が多くいますが体重計の目盛というのは簡単に変わることはありませんので何をしても変わらないのが体重計の目盛りの針ですから体重計のメモリを減らすことよりも、まずは、家族の方や友人や同僚の方から見て、最近、細くなってきたねとか痩せてきたねと言われるようなダイエット法をしています。

そのためには体を整えていくことをしないと どんなに良いと言われるダイエットをしても他人に効果があっても自分にはそれが合わないということもありますので体というのは誰でも同じことでしたら疲れやストレスが多く溜まっていると太りやすくなっていくし眠りの問題を抱えていればとってしまうのは当然なんです。

体重計は

疲れやストレスの蓄積

今まで多くの方のダイエットを実践してきましたが 自分で体調がいいですと答えた方が多くいますが検査してみると違う状況がわかってきますので違う状況というのは歪みやズレが大きくあることです。
歪みやズレが多くあるということは 疲れやストレスの蓄積があるということを指していますので疲れやストレスが多くあればあるほど骨盤が開いたり歪んだり背骨がずれてガタガタ状態になっているという方ばかりですから 疲れやストレスから減らさないとどんなにダイエットしても運動しても筋トレをしても効果は少ないようです。

運動して痩せる時には 脂肪は燃焼するでしょうけど脂肪というのは簡単に燃焼するものではありませんのでかなり運動しないと脂肪は減ってくれませんけどむくみは増えていきます。

疲れやストレスと太り

浮腫み、脂肪は

運動すればするほどむくみも増えていきますし疲れやストレスの蓄積が積み重なっていき骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きて行きます。

痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。
疲れやストレスが体に蓄積するのが多くなっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて行きますが疲れやストレスがたまるところがあるから骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていくということでもちろんおむくみや脂肪が増えて一歩の働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していくということが普通に起きてしまいます。
そうすると太る方は多くいます。

また最近多くの方が眠りの問題を抱えていますので むくみが多くなったり脂肪が増えてしまったりということ大切に体が増えていきますが 単純に脂肪の多さだけではありません。

睡眠と眠りとダイエット、痩せる為には


2019年09月20日

肩こりを楽にする為には

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

肩こりを楽にすることをしていますが肩こりというのは多くの方が勘違いしてる場合が多くありますが肩こりというのは筋肉のこりというイメージが一般的ですから筋肉を動かしたりストレッチをしたり何かの運動したりということが多くありますがどうして筋肉のこりが起きるのかということを考えている方はいません。

肩こりになる

肩こりを起こす時には筋肉のこりからほぐすようにはしますが実際には筋肉のコリだけで起きている肩こりはありません。

しかし肩こりの治療法というのは多くの治療院では筋肉ばかりに注目してしまって筋肉をほぐすことばかりしていますので病院でも肩こりの原因がよくわかっていませんので痛み止めの注射を打ったりすることが多くありますし湿布をもらってはるという行為もあります。

肩こりと言うと揉んだりすることが

また整骨院はマッサージ院ではマッサージをしたり低周波治療器や電気などをかけたりすることも多くありますが中心的に考えれば筋肉をほぐすことばかりしていますので本当の肩こりの状況が分かっていないということがわかります。
ドラッグストアなのに売っている肩こりを解消するというサプリメントでも服用することで楽にすることは出来ると思いますから売っています。

しかしどうして肩こりが起きるのかということを考えているという行為ではないと思います。
肩こりを判断するときに肩の筋肉を摘んだり触ったりすることで硬さを判断してしまい筋肉が凝っていますねと言われる場合も多くありますが筋肉を触っているのかその下にある肺を触っているのかという色々な状況がありますので検査をしてみることをしなければ触っただけではわからない場合も多くあります。

筋肉疲労が肩こり

筋肉のコリも

経験者のような専門家のような先生が筋肉を触っただけでわかるということはありますが人それぞれ筋肉の硬さ、固さというのは違いますので触ってわかることはありません。

誰でも単純にさを測るのが肩を触っただけで硬さが分かるというのは何を検査しているのかということを見れば意味不明な行為です。

肩というのは表面上には筋肉と脂肪と皮膚しかありません。
皮膚と脂肪と筋肉の下には骨がありますから骨と言っても肩の部分では肋骨になります。
一番上のてっぺんの肩の部分は骨も何もありませんので第一肋骨と前側では鎖骨になります。

つまり肩の一番てっぺんの部分和空間が空いているというよりも皮膚と筋肉と脂肪とその下にある内臓である肺しかありません。

肩こりのコリは

当院では筋肉を触ってつまむようにしてみて本当に筋肉のコリが起きているのかということを検査して判断することをしています。

多くの肩こりの場合、筋肉の凝りも起きていますが筋肉のコリよりもさらに先にあるものが関係している場合が多くあります。

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので背骨がずれて移動することで筋肉は引っ張られたり緩んだりしていきますので引っ張られたり緩んだりすることで流れが悪くなりリンパの働き悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。
何も原因がなくてリンパの働きを悪くなることはありません。
何も原因がないのに老廃物が溜まることはありません。

リンパの流れと老廃物

何かの原因があるからリンパの働きを悪くなって老廃物が溜まるということでおきますがリンパマッサージの先生もよくわかっていない場合があります。

リンパマッサージというのは軽いマッサージという感じですがリンパに指令を送るのは 肝臓から出るホルモンが命令を出してリンパの働きを促しています。

つまり肝臓の病気では無い方が肝臓に疲れやストレスが溜まっていると肝臓の働きが低下しますので肝臓の働きの低下からリンパの働きに命令を出すことができなくなってたまるということが起きます。

また、さらに背骨がずれてしまうと筋肉が引っ張られていきますので筋肉が引っ張られるとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなります。

リンパマッサージというのも軽いマッサージだと思ってしまえばいいと思います。
つまり軽いマッサージをしてリンパを流したように装っているということですが体調からあげて整っていかないといくら軽い

マッサージをしてもリンパを流したように装っても意味が全然違います。

どうして肩がコルのか

どうして肩がこるのかということがありますが凝りが強い時には体調が落ちて低下している状態があります。
体調というのは意味不明な言葉ですから体調というのは痛みやこりがないからといって体調が良いとは限りませんし肩こりを起こしている時には体調が落ちて悪くなっている時です。

人というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで疲れやストレスが多く乱されて溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積というのは体に溜まるということはわかっていますが溜まった疲れやストレスを減らすことをしていませんし考えてもいません。

疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まっていきます。
人の体には弱い部分と、そうでもない部分があります。

そうでもない部分というのは疲れやストレスは溜まりにくく肩こりにつながることはありません。

疲れやストレスが肩こりになる

しかし弱い部分というのはそうはいきません。
弱い部分というのは筋肉だったり関節だったりという感じですから肩こりに関係する場合は筋肉だったりということもあります。

しかし今まで30年間肩こりを解消してきて筋肉のコリだけで起きている方はいませんでした。
肩こりというのは筋肉のコリを起こしながら背骨のズレを伴って起きています。

しかし筋肉のコリだけを解消しても楽に感じさせてしまうこともできます。

そのため多くの治療が筋肉のコリばかり解消するようになっています。

マッサージの方は筋肉をほぐすことを目的として癒しをしていますので背骨のズレというのは関係ありません。
低周波治療器は電気というのは単純に何も考えなくてほぐすことをしていますので背骨のズレも関係ありません。
病院で注射を打ったりドラッグストアなどで売っているサプリメントを飲んでも栄養などや痛み止めですから背骨のズレを検査していることではありません。

背骨のズレを矯正することをしているのは整体院やカイロプラクティック院だけです。
どちらかと言うと保険がきくところよりも保険がきかない整体院やカイロプラクティック院の方が肩こりの専門家だということがわかります。

保険が効く所は矯正はしない

保険がきくところでは背骨のズレを矯正することはできません。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで疲れやストレスが多く生み出されていき疲れや

ストレスは体に溜まるばかりです。

この多く出されている疲れやストレスというのはどこに溜まっているのか。

体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこに溜まるのかということが問題なんですが体にたまるところが背骨のズレを起こしています。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると60 kg もの水分が出てきます。
水分と言っても単純な水というわけではなく血液だったリンパ液だったり体液だったりという水分です。

水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。

どこにたまる疲れやストレス

ではあと残った40 km の中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。
40 kグラムの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。
筋肉にも疲れやすいですがたまるという風な説明はしましたが、ではあと残った部分でたまりやすいところというのは内臓だけになります。

と言っても病気と言ってるわけではありませんので注意して聞いてください。
多くの方が内臓と言うと病気というのを関係付けてしまいます。

しかし病気に関係がないわけではありませんが病気は病気の専門家の先生がいますのでそちらで見てもらわなければいけません。

疲れやストレス

疲れやストレスは内臓に

当院で言う内臓というのは内臓に疲れやストレスが溜まっているという風に説明をしますが病気と言ってるわけではありませんので注意して聞いてください。

疲れやストレスというのは体に溜まっていきますが体の弱い部分に溜まっていき疲れやストレスが最大限溜めながら徐々に細胞が変化していき最終形態が病気だということです。

しかし健康な細胞から一気に半年や一年で病気の細胞に変化することはありません。
病気になっていく過程があるということですが病気になっていく過程は1年や2年ではなく5年でもなく10年以上かけながら病気の細胞に変化していきますが進行していきながら徐々に肩こりを起こしていきます。
何も原因がなくて肩が凝ったりすることもなく筋肉が緩んだり緊張したりすることもなく背骨のズレが起きることはありません。

そして最近多くの方が睡眠負債状態に陥っていますが睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。
不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまうのが不眠症です。
夢を多く見て寝た気がしないというのも不眠症です。

睡眠負債と肩こり

しかし睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めることはありません。

そのためにている本人にはわからない状況で眠りが浅くなっています。
夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が3時間も4時間も5時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ていて寝ています。
夢というのは目が覚める前に見ているから記憶に残り覚えています。

しかしに寝ながら考え事をしてる睡眠というのは最悪な睡眠ですからねながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまうし睡眠でもあります。
多くの方が出ながら考え事をしている睡眠をしていますが一応は睡眠と言いますので寝ています。

誰が見ても寝ている方をスースー寝息を立てていれば寝ていると思うでしょうが格好だけ見ていて判断している場合が多くありますので眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。

大脳が休養とって寝ている睡眠というのは熟睡状態のことだけです。

熟睡と肩こり

しかし熟睡状態というのは睡眠学者が言うように短時間の時間で行われます。
例えば6時間睡眠のある方が寝ようとする時間に3分目を覚ます時間に3分あるとしたら後残った5時間54分が熟睡状態という方はいません。

寝ながら考え事をしてる睡眠があると体は疲弊していき、どんどん体調落としていきます。
寝ている間に奈落の底のような体調になっていきどん底のような体調になっていきます。

寝ている間に大脳が麻痺をさせていきますので分からなくなっていきます。
大脳が麻痺させてしまったものは痛みやこりとして感じにくく骨盤の歪みが大きくを着ていてもわからないという方が多くいます。
大脳が麻痺させてしまっていると背骨がずれてガタガタ状態になっていますので痛みやコリをわからなくなっていきます。
大脳が弱って麻痺させた状態が多くなって鈍感状態になってしまったかたほど脳細胞の急激な現象が起こり大変なことが起きていきます。

睡眠負債と肩こり

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2019年09月11日

腰痛を楽にする

北九州市小倉南区で腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消。

腰痛や腰の痛みが起きる時には必ず原因が存在しますので原因から直さなければいけませんが多くの治療法というのが原因を見つけ出すこともなく検査することもなく表面上の痛みだけを楽にすることをして直したとか治ったと言うことを言っています。

腰痛とは

腰の痛みとは

表面上の痛みだけを治すことが多く治療法として見受けられるために、この治療法のことを対症療法といいます。
対症療法と言う治療法は多くの治療院で用いられている治療法の1つですから病院に行って注射を打ったりすることも検査することもなくただ痛いと言うところに注射をしてしまうだけです。

もちろんレントゲンを取ったりすることもあるでしょうがけど、レントゲンと言うのは骨折とかヒビとかを発見する道具ですから、骨折やヒビを確認できればレントゲンの方が有効だと思います。

病院で注射を打ったりする事は痛み止めと言う感じで打つ場合が多くありますのでどうして痛みが起きているのかということを検査もしてないし発見することもしていないと言うことで対症療法の1つだといえます。

対症療法

対症療法とは

対症療法と言うやり方は病院で注射をうったりするばかりではなく、湿布を貼ったりすることも家族の方にマッサージをしてもらうことも専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも低周波治療器や電気などすることも対症療法の1つです。
しかし腰痛や腰の痛みと言うのは骨の骨折や日々でなければ検査することもできないし内臓の病気でもなければわからないと言うことで多くの治療法が対症療法になっているんです。

対症療法ばかりしていて痛みを緩和することばかりに集中してしまっていると原因もいつまでも同じままではいられませんので原因が進行していくということがありますので急に椎間板ヘルニアが起きたり坐骨神経痛になってしまったり足の痛みや足のしびれが起きたり足の麻痺が起きたりさらに厄介な脊椎間狭窄症と言う状態になったり筋肉や靭帯が骨化したり硬くなったりすることもあります。

腰痛は骨盤の歪みや背骨のズレ

腰痛が起きてしまうときには必ず骨盤の歪みや背骨のズレが存在するんですが、歪みやズレを矯正しなくても、発見しなくても検査しなくても、表面上の痛みを楽にする対症療法があるために原因が置き去りになって残ったままになっています。
原因が残ったままになっていると痛みがない時でも進行していきますので筋肉や靭帯が萎縮したり変性したり拘縮したり硬くなると言うことが起きてしまうということがあるということです。

疲れやストレス

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのはまた背骨のズレと言うのは痛みに直結するものではありませんので直結する状態よりも原因になってしまっていることがありますので痛みになるときには原因と切っ掛けだけ必要なんです。

切っ掛けとは

切っ掛けと言うのは重たいものを持ったりして腰を痛めてしまったり前かがみになって何かを取ろうとした時に腰が痛くなったり座って仕事をして立とうとしたときに体が伸ばせない位腰が痛くなったりくしゃみをしただけで腰が痛くなったり車の運転をしていて腰が疼き出したりと言うことが切っ掛けになります。
切っ掛けと言うのは原因ではありませんけど切っ掛けと原因が揃って痛みになっていきます。

どちらかが欠けても痛みになる事はありませんが骨盤の歪みや背骨のズレと言うのはいつも変化しているんですが変化している限り軽くなったりひどくなったりと言うことが起きてしまいますのでひどくなったときにはいつ痛みを起こしても不思議ではないと言う状態になっています。

骨盤の歪みや背骨のズレの原因

骨盤が歪んだり背骨がずれたり骨盤が開いてしまったりする事は普通日常的に起きている現象なんですが起きる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張や睡眠の問題で多くなっていくのが原因です。

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで疲れやストレスが多く生み出されていき疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が腰痛に関係する方でしたら腰痛になってしまうと言うことで腰が痛くなります。

北九州市小倉南区で腰の痛みを解消。

疲れやストレスと骨盤の歪み・背骨のズレ
2019年09月11日

ダイエット、痩せる為には

ダイエットをしようと思うなら体を整えていくことから細くなって痩せていくと言う矯正をしていますが当院のダイエット法の矯正は体重計のメモリを減らすことが中心ではありませんので体重計のメモリよりも家族の方や友人等の目から見て「最近、痩せてきたね」とか「細くなってきたね」と言われるような矯正をしています。

ダイエット、痩せる為には体重よりも見た目を細くするダイエット

何よりも見た目の細さ

何よりも優先して痩せることが大事ですから見た目を大切にしてしまうのが1番だと思いますので体重計のメモリは変わらなくても、見た目で見て細くなっていればいいんではなかろうかと言うことです。

見た目を変えていくだけなら10回前後の矯正で可能の場合もありますし全員と言うわけではありませんが10回、通ってもらうことで体は細くなっていくし脂肪やむくみも減っていくと思いますのでまずは10回通うように心がけてください。
しかし10回通うのも期間をあけて買うようううよりも、期間を詰めてあげないで矯正を受けるようにした方が効果は上がりやすくなりますので続けて、しばらくは治療に訪れてください。

疲れやストレスとダイエット、痩せる為には

当院のダイエットをするときには

ダイエットをして痩せるためにはどういう矯正をしているかと言うと小顔矯正と骨盤矯正とウェストを細くする矯正と上半身の矯正を中心にしていくと言う事ですからダイエットといっても小顔が小さくなることも効果的ですし骨盤が小さく個人になることを優先しなければいけないことなので、人気のある小顔矯正と骨盤矯正を中心に上半身やウェストを細くしていくと言う効果のある矯正をしています。

ダイエットをするときには何をして細くしていくのかと言うとダイエットに1番関係するものから減らしていくことをしていますので関係している最大のものが2つあります。
2つと言うのは疲れやストレスと眠りの問題です。

疲れやストレスとダイエット

ダイエットをして痩せようと思うなら何よりも今現在体に溜まった疲れやストレスを減らしていくことが1番だと思いますが疲れやストレスというのは1番減りにくく何をしても減りにくいのが疲れやストレスですからサプリメントを飲んでも疲れやストレスが減らないこともありますし食事制限をするともっと疲れやストレスは減りませんしむくみが多くなっていくでしょうけど運動したり筋トレしたりジョギングをしたりすることでもストレッチをしたりすることでも疲れやストレスは余計に体に溜まっていきます。

疲れやストレスがたまると太る

疲れやストレスと言うのは減らす事は大変難しいのが現実ですから疲れやストレスがどこに溜まっているのかということを特定しなければいけません。

どこうを減らす事ができるのか

体には何があるのかと言うことを説明すると思いますので体には、神経と血管とリンパと皮膚と光脂肪と筋肉と人体と骨と内臓しか存在していませんし後の多くは水分で構成されています。

水分が停滞すると言う事はどういうことが、起きているのかということを考えなければいけませんが水分が停滞しているときには疲れやストレスが多く蓄積している時ですか。

疲れやストレスが溜まるところと言うのは、人の体の弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分と言うのは、人それぞれ違いますから検査することで見つけ出すことをしていきますが弱い部分が変わっていくと、循環が良くなり代謝率も上がり体は細く引き締まっていくと言う効果があるのが、疲れやストレスを減らすことです。

どんなに運動しても疲れやストレスは多くなっていきますので疲れやストレスを減らすことをしなければいけないのに、逆のことをしています

ダイエット、痩せる為と眠り
2019年09月01日

小顔矯正が評判なのは

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

当院の小顔矯正はボキボキすることもなく顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔を小さくすることをしています。
小顔矯正というのは顔を小さくしていくことなんですが多くの方は小顔矯正の意味をわかっていませんので小顔矯正の説明をしていきたいと思います。

小顔矯正

小顔矯正をして行く時には顔を小さくしていくということなんですがどうやったら顔を小さくすることができるのか。
小顔矯正をして行く時には顔に多くなってしまった脂肪を減らすことでも顔は小さくなります。
小顔矯正をしていくときには顔にできてしまったむくみを少なくすることでも顔は小さくなると思います。

顔の脂肪、浮腫み

しかしむくみや脂肪を減らすことをしても少しは顔が小さくなっていくと思いますが単純にそれだけでは小顔矯正というよりも顔の表面上を小さくしているだけです。
顔の表面上を小さくすることでも確かに見た目で見て顔が小さくなったような感じがすると思いますがそれだけでは少ししか

顔を小さくすることはできると思います。
小顔矯正をしていくときにはどうやったら顔を小さくしていくことができるのかということを考えなければいけませんので顔の皮膚の部分にむくみや脂肪が多くなったものを減らすことでも顔は引き締まっていくと思いますが顔には何があるのかと言うと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨が存在しています。
この皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の部分の何を変えることをすると顔が小さくなるのかという説明をしなければ小顔矯正を語ることはできません。

小顔矯正とは

先ほども言いましたが顔の脂肪やむくみというのは皮下脂肪の部分に多くなってしまうものです。
脂肪、むくみがどこにあるのかというのは顔の皮膚の下の脂肪の層に溜まった状態のことを言います。
脂肪やむくみを減らすことでも顔の皮膚が引き締まっていき分厚くなってしまった皮膚が引き締まっていくということや皮下脂肪が減っていき顔が小さくなっていきます。

顔の骨の上の部分の筋肉や靭帯を減らすことはできませんので顔の表面上にある皮膚の下に多くなってしまった脂肪やむくみを解消していくことが普通の小顔矯正なんです。

しかし単純に考えてもただ減らすだけでは意味はありません。
どうして脂肪が多くなってしまったのかむくみが多くなってしまったのかということを考えなければいけません。

浮腫み、脂肪の原因

脂肪やむくみが多くなるのは体調に関係しているからです。
体調というのは疲れやストレスの蓄積です。

毎日毎日の仕事や生活すること屋運動することや体を動かすことで色々なストレスや疲れが多くなっていきます。
この疲れやストレスが体に蓄積していくことが原因で顔の脂肪やむくみが多くなっていくからです。

またむくみと言うと朝から顔がむくんでいるということをよく言われると思いますが朝からむくんでいるような状態では眠れていないということを指しています。

もし仮に眠れているような状態であれば朝からむくんでいるということは起こりません。
寝て目が覚めてすぐですから1番顔が引き締まっていなければいけません。

本当に良い眠りをしているのであれば朝は顔が一番引き締まっていて運動することや歩いたりすることやショッピングをしたりすることや仕事をしたりすることで多くの疲れやストレスが生み出されていきますので夕方になればなるほど顔がむくんでいるということはあるかも分かりません。

むくみというのは何も考えていない方が多くいますので大変良くないことなんです。
脂肪とむくみは違います。

多くなる原因

脂肪は太ることですがむくみというのは何も原因がなくてリンパの働きを悪くなったり老廃物がたまったりすることでむくみが起きていますが何も原因がなくてむくんだりすることはありませんので何かの重大なものが潜んでいるということでリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまりむくみになりますのでむくみというのを検索してみるとフシュという言葉が出てきます。

病院に入院している方がお腹にたまった水というのを聞いたことがあると思いますがこの水というのは腹水と言う水ですが良くない状態の方がお腹がパンパンに膨れてしまっているということで腹水と言われますがフシュというのは腹水の一部です。
自分でも分かっていないぐらい体調が悪く低下した状態で朝から顔がむくんでいるという方はフシュ状態になっている方です。

睡眠負債と小顔矯正とは

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので眠りが浅いということを指していますが不眠症という言葉がありましたが不眠症ということは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまったりする方が不眠症でした。

しかし睡眠負債という言葉があります。
睡眠負債ということは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方です。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。つまり熟睡状態のことだけを眠りと言います。

多くの方が寝る時間も短くなっていますし例えば6時間の睡眠がある方でも 布団に入って寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っているでしょう。

人が見て目を閉じてスースー寝息を立てていれば寝ていると誰でも思いますが大脳が本当に寝ているのかどうかも判断できないのに勝手に寝ていると思い込んでいます。

人が見て本当に寝ているかどうかは見た目で見てわかるものではありません。
大脳が寝ている睡眠がどれくらい毎日あるのかということになりますので本当に熟睡状態の眠りをしていない限りは惰眠になっています。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
夢を長く見ていたと思っても脳が起こすごまかしやだましであり短時間の時間で夢を見ています。
夢を長く見ている人はいません。

睡眠負債

夢を繰り返し見ている方はいます。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが目が覚めた瞬間に忘れてしまう最悪な睡眠があります。

最悪な睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠です。
多くの方が気がついていなくて寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。
寝る時間が6時間ある方が寝ようとする時間に5分消費してしまい後の5時間55分後夢を見る時間が5分ぐらいであとの5時間50分の時間が寝ながら考え事をしている睡眠になってしまい数秒の時間が夢という感じです。

ほとんど大脳が とって眠れている時間はありません。
睡眠負債状態のある方はあくびが出ることが時間的にも少なく昼間は出る可能性もありますが夜寝ようとする時間と起きてすぐにあくびをすることは少なくあります。

あくびというのは大脳が休養を取りたい時にします。

小顔矯正をしていくときには一番近くにあるのは大脳です。

睡眠負債状態の方は大脳が急激に弱っていますのでどんなに体調を落としていてもあまり体調の悪さを感じていません。

当院では検査をすることができますので検査をしてみるとむちゃくちゃ異常状態が見つかります。
院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると多くの方が同じ答えを返してきます。

その同じ答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんという感じなんですが検査して調べてみると骨盤の歪みは骨盤の開きがむちゃくちゃあったり背骨がずれてガタガタ状態になっていたりしています。

骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨がずれてガタガタ状態になっているということは体調が落ちて悪くなっているということを指しています。

これだけ体調が悪いのに維持することはできる理由はありません。

顔のでxつぱり 
小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をしていく時には体調がすごく関係をしていますので体に多くの疲れやストレスが溜まっていると維持することはできないし持続力はありません。
痛みやこりが起きている時には大脳が元気だから感じ取ることができます。

睡眠負債状態で大脳が麻痺状態に陥っていきますので麻痺状態になればなるほど麻痺状態が強くなればなるほど痛みやコリを感じなくなり限界まで貯めてしまった状態でこじらせた方がやっと痛みやコリを感じていきます。
小顔矯正をしていくときには体に蓄積してしまった疲れやストレスが全て関係をしていきますので疲れやストレスが多い方は

必ず骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きています。
そういう方が顔のむくみが朝から起きています。

体調が悪い方が顔の脂肪が増えて顔がパンパンになっていきます。
小顔矯正をする時には顔だけすればいいというわけではありませんし体の方も整えていくことをしなければ維持することや持続力はありません。

当院では小顔矯正を受ける前には顔を触ってもらうことをしています。
小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができます。

しかし簡単な触り方なんですが難しい触り方です。
小顔矯正をするときの触り方というのは両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

顔の触り方

しかしただ触っただけではわかりませんし手をおいただけではわかりません。
小顔矯正をしていくときに顔を小さくなったのがわからないという方がいますがわからないという方は誰だ手を当てているだけです。

まずは小顔矯正をして行く時には鏡で見て自分の顔の形を覚えてもらうことをしています。
顔の形というのは皆さん違いますので何が違うのかと言うと顔の大きさも違いますし顔の形というのは左右が同じではありません。

顔の左右が違うということですから顔の左右が違うところを見て鏡で確認してもらいます。
例えて言うと顔の右側が全体的に大きいとか左側のホホ骨の部分が一部出っ張っているとか左右差があります。
この左右差を触って覚えておかないと小顔矯正をしたときの変化がわかりません。
小顔矯正をしていくときには小顔矯正を受ける前に自分の顔の形や大きさを覚えておかないとどれくらい小さくなったのかということはわかりませんので鏡で見て判断することもできますが自分の両方の手のひらで感じ取るようにしてください。

先ほども説明しましたが小顔矯正をするときに両方の乳首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってください。
この時に先ほど 鏡で見たように感じ取ることができるのかということが一番の感覚神経の働きの問題になります。
多くの方が顔を触ることができないで左右が違ったように感じます。
先ほど鏡で見たような感覚で同じように感じる方はいませんのでそれほど難しい触り方はしてもらいますがこれがしっかりとできると顔を小さくなった時の笑顔が違います。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2019年08月15日

【肩こりを解消する】

北九州市小倉南区からも肩こりの解消に予約が増えています。

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリからほぐすようにしていますが筋肉のコリと言うのは筋肉疲労だったり筋肉の緊張だったり筋肉が一時的に硬くなる現象のことをことを言いますので、この現象が起きてしまうと筋肉の中にあるリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなっていくことから肩こりを感じてしまいます。

筋肉のコリとストレッチと肩こり

筋肉のコリとは

筋肉のコリがどうして起きてしまうのかという問題があるんですが筋肉のコリの原因から見つけ出すことをしていかないといつまでたっても筋肉のコリが起きてしまって肩こりが強くなったりすることも多くありますので、ひどい肩こりの方も多くなっています。

筋肉のコリがどうして起きるのかということを探すこともなくただ湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽にする可能性もあるんですが原因が残ったままになっていると進行していくと言うことが起きてしまいますので単純に筋肉のコリをほぐしたり柔らかくすればいいのかと言う問題があると言うことなんです。

肩こりと言うのは

肩こりと言うのは今まで30年間、解消をしてきましたが筋肉のコリだけで起きている方は1人もいませんでしたので筋肉のコリを起こしながら背骨のズレを起こしていました。
肩こりの多くは背骨がズレることで筋肉が引っ張られたり緩んだりしながらリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していくことから肩こりとして感じてしまっていますので筋肉の凝りがいつまでも起きていること自体普通ではないと言う状態もあります。

肩こりとは

しかし筋肉のコリをほぐしてみると肩こりを楽にすることができるために一般的には対症療法と言う治療法が多く見受けられますので対症療法と言う治療法は原因を見つけ出すこともなく検査することもなく表情を感じている部分に対して何かを治療する方法です。

肩こりの原因

肩こりの原因と言うのは多くの場合背骨がずれて筋肉を引っ張ったり緩んだりした状態でリンパの働きが悪くなり、老廃物が多く蓄積していくことから起きているんですが停滞を起こすのはリンパだけではありませんので、中に入っている神経も影響を受けるでしょうし血管も影響受けると言うこともありますので肩の筋肉の部分に関係する神経や血管と言うのは腕に行く血管や神経でもあります。

腕に行く神経や血管に、影響出てしまうと血行不良起こしたり、握力低下を起こしたりこわばりを起こしたりと言うことが起きてしまいますので普通一般的に筋肉だけをほぐせばいいと言うものではなく筋肉だけ解していると原因もう一度までが進行していくと言うことが起きてしまいます。

疲れやストレスと肩こり

肩こりを感じない時でも

原因と言うのは肩こりを感じていない時でも進行していきますので進行したものが影響を出していくと、肩こりと言うわけではありませんが違った形として現れてくることもありますから注意しなければいけないのが肩こりです。

背骨のズレと肩こり

何も原因がなくて背骨がずれると言うこともありませんので背骨のズレがどこから起きているのかということを見つけ出さなければいけませんが背骨のズレの部位を見つけ出すことも大切な手段になります。

背骨といっても首の骨もあるし頸椎や胸椎と言うこともありますので部分は大きく広がって行きます。
見つけ出す部分が多くなればなるほど関係する部分が増えていきますのでどこでどうして道の部分が起きているのかと言う事見つけ出さなければいけません。

背骨のズレと肩こり

何も原因がなくて背骨がずれるということもありませんので背骨のズレがどこから起きているのかということを見つけ出さなければいけませんが背骨のズレの部位を見つけ出すことも大切な手段になります。
背骨といっても首の骨もあるし頸椎や胸椎と言うこともありますので部分は大きく広がっていきます。
見つけ出す部分が多くなればなるほど関係する部分が増えていきますのでどこでどうしてどの部分が起きているのかということを見つけ出さなければいけません。

肩こりと疲れやストレスと背骨のズレ

北九州市小倉南区で肩こりを解消する他には筋肉のコリと背骨のズレと疲れやストレスから。

2019年08月10日

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

北九州市小倉南区で頭痛、頭の痛み、偏頭痛の解消なら徳力整体院。

頭痛や頭の痛みのある方は痛み止めの薬ばかり飲んでいることがありますので原因が置き去りになっていることがありますから原因から見つけ出さなければいけませんので原因を探すことをしています。
薬というのは飲めば一時的に 楽になることがありますので痛み止めにはなります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因

 

痛み止めは一時的なもの

しかし薬ばかりで一時的に楽になることをしたり押さえてばかりいると頭痛になっている原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくということが起きてしまいますので徐々に期間を置きながら良くなるというよりも進行していくことが多いようです。

頭痛が起きてしまう原因というのはしっかりとした原因が存在してますので原因から回復させるようにしないといけませんが頭痛持ちという言葉があるように頭痛には体調と体質が深く関係しています。

頭痛の体質と体調

体調というのは疲れやストレスが溜まった状態で落ちた状態のことを言いますので疲れやストレスが、多く溜まれば溜まるほど骨盤の歪みや背骨がズレてガタガタ状態になっていくということが起きるんですが、骨盤の歪みや背骨のズレというのも、疲れやストレスが溜まるところがあるから、骨盤が歪んだり背骨がずれたりすることが起きています。

人の体は疲れやストレスが溜まると骨盤が歪んだり背骨がずれたりして痛みやコリを起こして自分に知らせることをして危険だということを分からせるようにしています。
頭の痛みや頭痛というのもまた偏頭痛というのも同じようなものですから危険だという警報が鳴っているのに警報のスイッチを切ることばかりに注目してしまって薬を飲んで治るからと言って安心してはいられません。

頭痛や頭の痛みや偏頭痛が起きたりするのはしっかりとした原因があるから痛みになっているわけですから痛みを一時的に楽にすることばかりして薬ばかり飲んでいると大変なことに進行していくということも中にはあります。

特に最近は、眠りが浅い方が多くいますので眠りが浅いのも二通りの眠りの問題があります。

一つ目は不眠症です

不眠症というのは多くの場合気が付いていることが多いようですが寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりすることや夢ばかり見て寝た気がしないと良い状態が不眠症の特徴です。
しかし不眠症に対して睡眠負債という言葉があります。
睡眠負債というのは気が付いている方が 少ないのが現実です。

不眠症と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

睡眠負債というのは

睡眠負債というのは、夜、寝ようとする時に朝まで目が覚めることがないのが特徴なんですが眠りがかなり浅い睡眠をしているので見えているような実感を得てしまっていますが眠りが浅いということがありながら考え事をしている時間になっているのが圧倒的に長く大脳が徐々に弱っていくということで緊張を高めてしまい頭の痛みや頭痛になったり偏頭痛になるということがあるということです。

不眠症でもないし睡眠負債でもなければ頭痛や頭の痛みが起きることなんかはありませんしの圧が高くなることもありませんし脳が緊張したりすることもありませんので頭痛というのはしっかりとした眠りの問題があるということなんですが気がついていない方が多くいるのが現実です。

不眠症と睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

熟睡が眠りです

眠りというのを改善するのが一番難しいので枕を変えてもなかなか上手くいかなかったり寝具を変えても効果がなかったりということがありますし薬を飲んだりサプリメントを飲んだりすることも可能かも分かりませんがそれでは治している意味はありません。

サプリメントや薬に頼ってしまうことも構わないと思いますが薬やサプリメントで眠りの問題が改善できているとは思いませんので薬を使うことや安定剤や睡眠薬を使うということは病院の先生の処方ですから 飲まなければいけませんが それでいいのかということがあります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは
2019年08月07日

小顔矯正とは

北九州市小倉南区で徳力整体院は小顔矯正をして30年。

初回から顔が小さくなることで評判の小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正はボキボキもしたりすることもなく痛いこともなく顔をマッサージするような感じで顔を小さくすることができる矯正をしています。

しかしマッサージ感覚で小顔矯正をしていますがマッサージをしているわけではありませんし30年の経験があるからできることですから誰でも真似したりすることはできないと思います。

顔を変える

小顔になるとは

小顔矯正をして行く時には一番簡単なように見えるマッサージ感覚なんですがマッサージをしているわけではありませんので実際にマッサージをして顔が小さくなるのかという疑問は院長にもありますからマッサージではありません。

小顔矯正をしていく時には本当にマッサージをするような感じで矯正をしていますので患者さんから自分でも出来ますかと聞かれることもありますが30年の技術があるから出来る技ですから簡単にしているように見えて簡単な方法ではないと答えています。

顔の正常性

小顔矯正とは

顔を小さくするためにはまずは鏡で見て自分の顔を覚えなければいけませんので変化しても分からなければ意味はありませんから自分の顔を鏡で見て輪郭や大きさやむくみ度合いや脂肪の度合いや左右さを確認してもらうようにしています。
しかし鏡で見ることはある程度は簡単なようなんですが次の段階として鏡で見て自分の顔を覚えたら手で触ることをしてもらいます。

手で触る時には手を顔に当てただけではわかりません。
手を顔に置いただけではわかりませんので左右差を分かろうとしないと分かりませんから顔というのは左右が対称ではなく左右差が存在していますのでどちらの顔が大きいのか出っ張っているのかということを見つけ出さなければいけません。

実際に顔というのは左右差が存在していますので左右差が分からなければ顔が小さくなったのがわからないという方がいます。

顔が変わるのは

小顔矯正をして行く時には顔が10 CM 20 CM も小さくなることはありませんので小顔矯正で顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったりという感じで小さくなっていきますしむくみや脂肪を減らせるのは当然なんです。
だったりという感じで小さくなっていきますしむくみや脂肪を減らせるのは当然なんです。

しかし小顔矯正ですから実際にむくみや脂肪を減らすだけでも顔は少しは小さくなってくれますが実際にはそれだけではありませんので歪みやズレを整えるというよりも顔だけではなく体の調整もしなければ維持する力や持続性はないと思っています。

初回から色々顔を変えてしまうと身体全体の影響がありますので小顔矯正した後もだるくなったりきつくなったりすることがありますので要注意しなければいけません。
顔を小さくするだけでも身体全体の影響があるということなんです。
顔を触って覚える時には両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにしてくっつけていきます。

顔のさわり方

自分で確認できる

手のひらや顔が浮いたところがないのか確認しながら左右さを感じ取るようにしてください。
一番大事なのは左右さを感じようとした時に感覚神経が働き出してての集中力が増すからです。
左右差を感じようとする時には考えなければいけませんので考えないで手だけを置いたり触ったりしているだけでは小さくなってもわからないということがあります。

しかし、小顔矯正というのは顔面骨という感じで顔だけという意味が大きくあると思いますが、実際は頭蓋骨の前の部分を顔と言っていますので頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨を小さくすることが小顔矯正です。
解剖学書などで見てみると頭蓋骨というのは一つですから頭蓋骨の前側部分だけを買おうと言っているだけであり実際には頭蓋骨の一部です。

頭がい骨の一部が顔

頭蓋骨の一部である顔の前面の部分を小さくすることができるのが小顔矯正ですからむくみや脂肪だけではなく顔を、どうやって小さくすることができるのかということは考えなければいけません。
顔には何があるのかと言うと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と顔の骨とむくみしか存在しています前のでむくみと脂肪を減らすことでも顔は少しだけ小さくなってくれますが実際にはそれだけでは小さくしか変わりません。
当院では小顔矯正をして行く時にはむくみや脂肪を減らすことはもちろんなんですが顔の骨を正常に戻していくと顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

小顔矯正


2019年07月19日

腰痛で腰の痛みを解消

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛みは姿勢や重いものを持つなどの切っ掛けで起こります。
小倉南区で腰痛を直すなら 腰痛、腰の痛みは、

〇 重いものを持ったら腰が痛くなった。

〇 姿勢を変えただけで、腰に痛みが走った。

〇 遠くの方のものを取ろうとして急に腰に痛みが起きた。

〇 子供を抱えようとして腰が痛くなった。

〇 靴下を履こうとして腰を痛めてしまった。 〇 車の運転を長くしていたら腰にきた。

〇 くしゃみをしたら、腰が痛くなった。

〇 洗濯物を干そうとして、腰が痛い。

〇 中腰で庭仕事をしていたら、腰に痛みが起きた。

〇 寝て起きたら、腰が痛くて動けなかった。

〇 引っ越しの荷物を取ろうとしたら、腰痛になった

〇 釣りをしていて長く座っていたら腰が痛くなった

〇 デスクワークで腰痛に

色々な腰痛、腰の痛みがあります。

しかし、これらは、切っ掛けです。

この切っ掛けの前に、あるものが蓄積しています。このあるものとは、誰でも、どこでも生じるものです。
そのあるものとは、疲れやストレスです。 疲れやストレスが多くあると、骨盤の歪みやズレが起こります。 骨盤の歪みが起これば、必然的に、背骨も不安定になります。疲れやストレスで骨盤の歪みが起きて腰痛に 骨盤の歪みやズレは、疲れやストレスがたまって体調が落ちた時に起こります。

骨盤の歪みや骨盤が開いたりして、靭帯や筋肉バランスが悪くなります。この時に重いものを持つ、疲れる姿勢をしていたなどの切っ掛けで腰痛、腰の痛みになります。 体に疲れやストレスがたまって全体的なバランスが悪くなっていると、ちょっとした姿勢だけでも、腰痛、腰の痛みは起こります。
すべての悪さを起こすのは、最終的には、疲れやストレスが原因です。 疲れやストレスも多くなると、体は疲れやストレスには、耐えきれません。

疲れやストレスが多く蓄積すると、体には、すごいストレスが加わります。痛い腰痛、腰の痛みをは繰り返さないように原因から解消することも

腰痛、腰の痛みは

腰痛、腰の痛みには起きる原因があります。 一般的には、姿勢で起きると言われています。しかし、本当の原因は、中腰、掃除機をかける姿勢、洗濯物を干す姿勢、足を組む姿勢、横座りの姿勢、重いものを持つ、腰をヒネル、長時間の車の運転、長時間立つ仕事、立ちぱなっしなどは切っ掛けです。 切っ掛けがある前に、もう、いつ起きても良い状態の原因があります。

 

腰痛、腰の痛みが起きたのが、寝た目がさめたら、もう痛みがあったと言う方もいます。また、くしゃみをしたらギックリ腰になったと言う方もいます。  (ギックリ腰は、腰の捻挫です。)
車の運転席から出るときに、腰痛、腰の痛みが起きたと言う方もいます。 靴下を履こうとして、腰痛、腰の痛みになった。ズボンを履こうとして腰痛、腰の痛みに。
色々な切っ掛けの腰痛、腰の痛みがあります。

例えば、腰の骨盤が歪みやズレを起こしている場合もあります。この場合も歪みやズレが起きる原因があります。骨盤お歪みで腰痛、腰の痛み 体を支える骨盤が歪みやズレを起こすと、体を支えきれなくなります。この時に中腰や体をかがめる姿勢をすると、筋肉、靭帯が支えきれないで、痛みになります。広背筋で骨盤保持できないで腰痛、腰の痛みこの筋肉は、広背筋と言う気ですが、骨盤の仙骨(尾てい骨)まで行くじん帯を持っています。この筋肉がバランスを崩してしまうと、骨盤を保持できません。

このことでも、

腰痛、腰の痛みは起こります。

痛みには、いくつか種類があります
腰痛と言っても色々な原因があります。腰痛、腰の痛みを悪化させてものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と言う症状を起こしていきます。

 

① 体に疲れやストレスがたまって歪みやズレを起こして腰痛、腰の痛み

 

② 内臓に疲れやストレスがたまって起きる腰痛、腰の痛み(内臓と言っても病気ではありません)

 

③ 体質的に腰が弱くて起きる腰痛、腰の痛み、

 

腰の痛みは

疲れやストレス

 

①疲れやストレスが蓄積して起きる腰痛、腰の痛み

どこでもある疲れやストレスが一番弱い所にたまります。その溜まりやすい所が、腰であれば、腰痛、腰の痛みになります。腰に疲れやストレスがたまると、筋肉、靭帯はバランスが悪くなります。この筋肉、靭帯のバランスが、崩れた時に、姿勢によって腰痛、腰の痛みになります。この時には、体の歪みやズレが起きています。 骨盤や背骨も歪みやズレを起こしています。疲れやストレスからも腰痛、腰の痛み 疲れやストレスは軽いうちに解消していかないと、たまりにたまると歪みやズレが大きくなります。 歪みやズレがもとに戻らないと、下のイラストのような感じになります もちろんこの時には、骨盤も歪みやズレを起こしています。この状態が疲れやストレスで起こります。背骨から腰痛、腰の痛み

2019年06月27日

小顔矯正

北九州市小倉南区からも肩こりの症状で予約が増えています。

初回から顔が小さくなると評判の良い小顔矯正をしているんですが、当院の小顔矯正はボキボキしたりすることもなく痛いと言うこともないと思われる小顔矯正をしていますがどうやって顔を小さくしているのかと言うと小顔矯正に関係しているものから減らすことをしています。

小顔矯正とは

顔を小さくしていくとは

顔を小さくしていくときには顔と言うのは何なのかということも考えなければいけませんので顔と言うのは頭蓋骨の前側の部分を言います。
頭蓋骨矯正と言う意味ではありませんが頭蓋骨の前側の部分を小さくしていくということですから骨を小さくしていくと言う意味もあります。

小顔矯正と言うのは何をしたら顔が小さくなるのかと言うとそれを説明する前には顔は何で構成されているのかと言うことを説明しなければいけませんので顔と言うのは、表側から皮膚があって皮下脂肪があって筋肉と人体思うんですが顔にもたまると言うことが検査することでわかっています。

顔に疲れやストレスが溜まっていくと循環が悪くなりリンパの働きが低下してしまい老廃物が多く蓄積していくということが本当に多くてしまいますので顔の表面上に浮腫や脂肪が多くなっていくと言うことで顔が徐々に大きくなっていきます。

小顔矯正とダイエット

顔の骨も大きくなる

しかし顔が大きくなるときには、表面上のむくみや脂肪だけが増えていくと言うことではなく頭蓋骨の前側の部分の顔の骨自体が大きく肥大して変形していくと言うことが普通に起きています。
があって顔の骨と後は浮腫しかありません。

小顔矯正ですから

顔を小さくしていく小顔矯正ですからむくみや脂肪を減らすことは、当然なんですがむくみや脂肪を減らしただけでは顔は少ししか小さくならないと、大量に浮腫があれば別でしょうけど、そんなに顔と言うのは、浮腫みが存在しているわけではありませんのでむくみや脂肪を減らせばいいと言うわけではないと言うことなんです。

今まで30年間で多くの方の顔を小さくすることをしていきましたが全員と言っていいほどというか全員の方が顔が小さくなっていますので当院の小顔矯正は人気のある小顔矯正なんですが、当院は小顔矯正をしているときには、関係するものから減らすと言うふうに説明しましたので関係するものと言うのは疲れやストレスと眠りの問題です。

顔も大きくなる

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をしていくときには疲れやストレスというのが深く関係していますので、疲れやストレスから減らすことで顔が小さくなっていくと言うことで矯正を行っていますが、疲れやストレスと言うのは体に溜まっていくということがわかっていると思います。

疲れやストレスというのは減らす事は結構大変な作業になりますので疲れやストレスを減らすときには問題にマッサージをしたりと言う事の一般的な方法だと簡単には減ってくれません。

疲れやストレスを減らすと言う事は大変なことなんですから、疲れやストレスを減らすためにも検査することをして、どこに疲れやストレスが、溜まっているのかということを見つけ出さなければ減らすことができないと言うことです。

疲れやストレスを減らすと、言う事は大変なことだと言うふうに説明しましたが疲れやストレスを減らすことができれば、本当に顔が小さくなっていき浮腫みや脂肪が減っていくと言う効果があると言うことなんです。

あとは浮腫みや脂肪が増えてしまう原因が体質に関係していますので、体質改善の矯正で体の中から変えていくことをすると持続性が増していき、維持する力が大きくなっていきますので体の中から変えていくと言うことで小顔矯正をしていきます。

小顔矯正とは

北九州市小倉南区から多くの方が肩こりを解消する為に。

2019年04月16日

ダイエット、痩せる為には

北九州市小倉南区の徳力整体院はダイエット、痩せる為には最大の効果があります。

当院のダイエット法は体重計の重さよりも家族の方から「最近、細くなってきたね」とか同僚の方から「最近、痩せてきたね」と言わせる矯正になっています。
何よりも大切なのは自分で痩せてきたと思う事でもあるし細くなってきたなと思う事でもありますが人から見て痩せてきたねと言われることが1番だと思います。

ダイエット、痩せる為には

ダイエットをして痩せようと思うならまずは体の状態のことを見てみてください。
体にむくみや脂肪が多くなっていると言うことを考えると体にはどういう状況が起きているのかと言う問題があるんですが脂肪やむくみが多くなっているだけで判断できることがあります。

脂肪やむくみの多さ

脂肪やむくみの多さと言うのは体に多くの疲れやストレスが溜まっている関係から起きている事ですから疲れやストレスが溜まっていると何も症状を感じなくても骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていき背骨がずれてガタガタ状態になっているからむくみや脂肪が多くなっているんです。

ダイエットをして痩せたいなら

ダイエットをしたり痩せたいと思ったら自分の体のことを考えなければいくらどんなに良いダイエットを実践していても効果はデリックいと思いますので効果を出すためにも努力が報われるためにも体の状態が1番関係すると思います。

ダイエットをしたり痩せたいと思うなら本当に疲れやストレスと深く関係するものがもう一つあるんですがもう一つと言うのは眠りです。

疲れやストレスが多く溜まった方ほどむくみや脂肪が多くなり太ります。
寝ているようで眠れていない方はむくみや脂肪が多くなり体が大きく太くなります。

このことからもわかるように疲れやストレスの蓄積と眠りの問題と言うのは深く関係してしまっていますのでこの2つが多くある方ほど何をしても効果が出にくくストレッチをしても運動しても筋トレしてもプールで泳いでもダイエット食品を試してもバナナダイエットをしてもりんごダイエットをしてもヨーグルトダイエットをしても漢方飲んでも効果は薄くなります。

体重よりも見た目を細くするダイエット

ダイエットして痩せたいと思うなら

ダイエットをして痩せたいと思う方が多くいますが多くの方は体がボロボロ状態で来院していますので改善するためには手間がかかりますから1回で全て終わる事はないと言い切れます。
疲れやストレスを減らすだけでも結構な時間と回数を消費してしまいますので簡単ではありませんが当院では初回からウェストを細くすることを中心としていきますのでウエストを触って覚えてもらうことをしたりしています。

細くなりたければ

当院のダイエット法と言うのは小顔矯正と骨盤矯正とウェスト痩身矯正と頭を上半身の矯正を合わせた方法になりますのでどれもこれも人気がある矯正法になりますので総合的に見てダイエットをしていくと言うことです。
小顔矯正でも骨盤矯正でもウェストを細くする矯正でもどれもこれも当院では人気がある矯正法の1つですから、本当に顔が小さくなったり骨盤が小さくなったりウェストが細くなったりと言う事なんですが当院のダイエット法と言うのは体重計のメモリの針の位置よりも見た目を重要視して痩せていく方法になります。

ダイエットをして細くなるためには

ダイエットをして細くなるためには体には何があるのかということを考えなければいけませんので体には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と人体と脂肪と骨と内臓しか存在していませんので後は水が65%から75%にもなります。
ダイエットと言うとエステなどもダイエットをしていると思いますがいろいろなクリームなどを体に塗ったりラップを巻いたりマッサージをしたりスティームをかけたりコールドスティームをかけたりと言う感じで痩せさせようとしていると思います。

運動すると

運動療法的にはストレッチをしたりアスレチックをしたり筋トレをしたりジョギングをしたり歩いたりプールで泳いだりといろいろな方法があると思いますが筋肉的に鍛えたいと思うんであれば運動療法はいいと思いますが、脂肪と言うのも、そんなに簡単に減ることはありませんので、かなりやらないと脂肪は燃焼していきませんし運動療法をすればするほど体には負担がかかっていきますので、初めはむくみが多くなっていきます。

運動すると

運動して鍛えたりすることで筋肉がついてくるんですが脂肪はなかなか燃焼しにくくなりますので脂肪の燃焼まで足していると疲労困憊状態が続いてしまい体の体調を落としてしまうと言うこともありますのでむくみや脂肪が出にくい体になっていると言うことで良い結果ではなくて悪くなっていくこともあります。

疲れやストレスが多くなるのが運動療法の特徴ですから疲れやストレスと言うのは寝ている間にしか取れないので残ったままになっていると疲弊状態を起こすこともありますので要注意しなければいけません。

ダイエットをしようと思うなら

ダイエットをしようと思うなら不眠症状態や睡眠負債状態では全然意味がありませんので不眠症と言うのは夜、寝ようとするときに1時間も眠れなかったりするのが不眠症の特徴でもありますし夜中に何回も目を覚ます方は不眠症です。
不眠症と言うのは目が覚めるのが特徴なんですが逆に睡眠負債と言うのは目が覚める事はありませんが眠りが1番浅い睡眠でありながら考え事をしている睡眠になってしまっています。

眠りとダイエット、痩せる為には
2019年04月12日

腰痛とは

北九州市小倉南区からも腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの矯正に予約が増えています。

腰痛を楽にしていこうと思うなら表面上の痛みを、まずは楽にすることからしていかなければいけませんが表面上の痛みを楽にしたら治ったと言うわけではなくその先にあるものから見つけて改善していかないと繰り返しやすく戻りやすく原因もいつまでも同じままではいられませんので進行するということが起きてしまいます。

腰痛とは

腰痛と言うと多くの治療法が存在しますが、皮膚を貼ったりすることでも痛み止めになってしまいますし、サプリメントを飲んだりすることでも緩和できる可能性もありますし家族の方に揉んでもらったり、専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも緩和できる可能性もありますし、低周波治療器や電気などをかけても緩和できる可能性もあるんですが原因が残ったままになっています。

腰痛とは

腰痛と言うのはどうして起きているのかということがしっかりと原因が存在していると言う事ですから原因から直さないと原因も、いつまでも同じままでは、いられませんので長時間慢性化になってしまった方ほど回復しにくく焦ったり治りにくくなったりと言うことが起きてしまいます。

腰痛の原因

腰痛の原因と言うのは特別なものではなく重たいものを持ったりしたからではなくくしゃみをしただけではなく何かを取ろうとして前かがみになったから結局原因がしっかり存在していますので原因から改善していかなければいつまでたっても同じことを繰り返したり腰の痛みがない時でも進行していくと言うことが起きているのが怖さです。

腰痛の原因と言うのは

腰痛の原因と言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きにあるんですが何も原因がなくて歪んだり開いたりする事はありませんのでどうして歪みや開きが起きるのかと言う原因が存在していると言う事ですから原因を改善することなく痛みだけを押さえてしまっていいものかと言うものがありますので検査をしてみると多くの方が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしているし歪みや開きを起こしている原因がそのままに放置状態になっています。
腰痛や腰の痛みを起こしている方の多くは対症療法ばかりして痛みが治まったからといって安心してしまっていますが実際にそれだけでは直しているわけではなく表面上の痛みを一時的に楽にしている事にしか過ぎません。

疲れやストレスと腰痛

腰痛や腰の痛みの原因とは

腰痛や腰の痛みの原因と言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや筋トレすることや歩いたりすることや階段を登ったり降りたりすることやジョギングをしたりすることやいろいろな物事で多くなるのが体に蓄積していくのが原因なんですが何をしても多くなるし何もしなくても多くなってしまうものが体に蓄積して骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしています。

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのは誰でも起きているものなんですが逆にない方はいないと言うふうに考えてもらっても構わない位に多くの歪みや開きを着ていますが軽ければ痛みやコリになる事はありませんし何も感じません。
しかし疲れやストレスが多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていきますので大きくなったものが体を支えきれなくなった状態で初めて痛みやコリになっていきますので腰の痛みや腰痛を起こしていくと言うことです。

腰痛と眠り

腰痛と睡眠

腰痛の起こしている方の多くは眠りができていない場合も多くありますので眠りができていない場合は体調が凄く悪く落ちていることさえもわからない位に状態になっていますので腰の痛みが起きているときには朝から体調が悪い時で生活したり仕事をしたりすることで余計に疲れやストレスを溜めてしまい骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていき痛みになっています。
寝ていれば腰の痛みは続くこともなく朝から腰が痛いと言う事はありません。

不眠症とは

不眠症と言うのは夜寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり寝付きが悪くなっていたり夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症の特徴でもありますから夢ばかり見てね寝た気がしないと言うのも不眠症です。
不眠症の場合は気がついている方が多くいますので不眠症だとは考えていなかったと言う方も多いでしょうが。

不眠症と腰痛

睡眠負債とは

最近は多くの方が不眠症と言うよりも睡眠負債の方が多くなっていますので睡眠剤の方は夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴です不眠症と言うのは夜寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり寝付きが悪くなっていたり夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症の特徴でもありますから夢ばかり見て寝れた気がしないと言うのも不眠症です。
不眠症の場合は気がついている方が多くいますので不眠症だとは考えていなかったと言う方も多いでしょうが。

睡眠負債とは

最近は多くの方が不眠症と言うよりも睡眠負債の方が多くなっていますので睡眠生の方は夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴ですから。
夜寝て朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が異常に多くいますのでどんなに眠りが浅い睡眠をしていたのかと言うこともわからずに大脳を麻痺させてしまい痛みやコリで鈍感になってしまい限界までため込んだ疲れやストレスで骨盤が最大限に広がったり背骨がずれすぎたりと言うことで腰の痛みになっている方もいます。

睡眠負債と腰痛
2019年04月09日

肩こりを解消するなら

北九州市小倉南区から肩こりの解消に。

肩こりを解消して楽にしていくためには筋肉のコリから解すようにしていますが筋肉のコリだけで起きている事はあまりないのでその先にあるものも見つけなければ本当の意味で肩こりを楽にすることはできないと思っていますか。

肩こりとは

肩こりの原因

肩こりと言うと多くの治療で行われている方法と言うのは対症療法と言う治療法になりますので対症療法と言う治療法は、原因なんか関係なく楽にすることをしていくため表情を感じているところだけに何かをする治療法のことです。
体に洗える痛みやコリが起きる時には必ず原因が存在すると言うことをわかってほしいんですが原因が存在する割には病気でなければ検査する手段というのがないというのが実情です。

病気であれば病院に行って検査をしてみると数字的な異常が起きていると病気と言うことで判明すると言うことで何らかの治療が行われるということがありますが病気でもなければ検査する方法もありませんので肩こりと言うのはただ単に触ってみたりすると筋肉が硬くなっているとが張っているとか言う感じで肩こりを判断するしかありませんので触ってみることで肩こりがわかると言う事ですが肩こりを起こしているわけですから筋肉が硬くなったり張っていると言う事は当然です。

肩こりと筋肉

肩こりの検査

肩こりの検査ができないので普通一般的には湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり病院に行って注射をしたり家族の方に肩を叩いてもらったり揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器や電気などをかけたりと言う事のいろいろな方法があるんですが肩こりを検査して原因を見つけ出すと言うのは生半可なことではありません。

肩こりと言うのは意味不明で起きていると言うことで専門家の先生も悩ましているのが実情ですので当院では正確な検査をすることをしていますので、差をつけることができますので差をつけるといっても、単純に初診や2回目のときには筋肉を中心にほぐすことからしていかなければいけませんので筋肉のコリと言うのはどういう意味なのかということを知ってもらうために説明をしていますので筋肉のコリと言うのは筋肉疲労だったり緊張だったりと言うことでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していくと言うことが起きていて循環が悪くなっていることから肩こりになっています。

肩こりを矯正する

どうして保険が効くマッサージや指圧や針、お灸などがあるのに整体やカイロプラクティックの治療が保険もきかないのにあるのかということをしっかり考えてください。

保険がきくところでは矯正ができないからなんです。
筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから背骨がずれて動くと筋肉は引っ張られたり反対側は緩んだりしますので引っ張られたり緩んだりすることが原因でリンパの働きが悪くなり老廃物が多く溜まっていくと言うことで肩こりになっていきます。

肩こりと疲れやストレス

保険がきくところと言うのは指圧をしたりマッサージをしたり針を刺したり応急をしたり低周波治療器や電気などをかけたり注射をしたりと言うことが多くありますので矯正と言う手段を用いていませんし検査することもできていませんので訓練ができていないと言う事ですから単純に表面上の症状を感じているところに対して何かの治療をしているということになっていますが、肩こりと言うのは必ず筋肉のコリだけではなく背骨のズレを伴いながら凝りを起こしていますのでこれがどうして起きたのかと言うことを見つけ出すためにも、他の整体やカイロプラクティック院でもできない検査することをしています。
腰痛や肩こりと言うのは必ず歪みやズレを伴って起きていますので、歪みやズレが起きれば痛みやコリになっていくと言うことなんです。

背骨のズレから肩こりに

背骨のズレを起こすのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやストレッチをすることや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されていく疲れやストレスが弱い部分に溜まっていくのが原因です。
疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので疲れやストレスが溜まっていると徐々に体は骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたり背骨がずれていくと筋肉や靭帯は引っ張られたり緩んだりしながら背骨のズレから神経が圧迫されたりして痛みになったり筋肉の問題から凝りになったりと言うことが起きています。

肩こりとは筋肉のコリと

北九州市小倉南区からも肩こりの解消に。

2019年04月09日

生理痛を解消する

北九州市小倉南区で生理痛の解消には。

生理痛を楽にしていくためには生理痛の原因になっているものから変えていくことをしないと薬ばかり飲んでいると一時的に楽になることもあるでしょうが原因が残ったままになっていると生理痛を繰り返すような状態になってしまい進行すると言うこともあるので早めに生理痛の原因になっているものを改善していく必要があります。

生理痛というと薬ばかり

生理痛とは

生理痛と言うのは多くの方の生起きている症状なんですが下腹部が重たくなったり貼ったり腰痛が起きて腰が痛くなったり全身がだるくなったりイライラしたり吐き気がしたり頭痛になったりと言う感じで、あらゆる症状が起きてしまっていますがこれらの症状が起きるのはすべて原因があって起きていることです。

生理痛と言うと検査しても異常がないためにホルモンの異常だとか言う感じで説明される場合も多くありますので実はしっかりとした検査をしていれば原因が判明すると言うことも多くありますので生理痛と言うのは病院で検査をしても病気ではないためにわからないと言うことでホルモンの異常だと決めつけられることも多くあります。
そのため生理になってしまうと生理に関する症状がいろいろ起きてしまって生理痛がひどくなると言うこともありますのでしっかりとした原因を追求することも必要になります。

生理痛とは

生理痛の原因

生理痛には生理痛になる原因があるから生理の時にいろいろいろんな症状が起きてしまうわけですから原因を見つけ出すたびにも生理痛と関係する部分と言うのは体調と体質が深く関係しています。

体調と言うのは

体調と言うのは日々の生活による疲れやストレスの蓄積で落ちている状態なんですが生活だけではなく仕事による疲れやストレス精神的な緊張やプレッシャーなどによる疲れやストレスなどいろいろな疲れやストレスが存在しますので、買い物をしても疲れやストレスが多くなりますし階段を登ったり降りたりしても疲れやストレスは多くなっていき運動することでも疲れやストレスは多くなっていきますので積み重なったものが徐々に弱い部分にたまっていく傾向があります。

疲れやストレスが弱い部分に溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたり背骨がずれてガタガタ状態になっているということが起きてしまうんですがこの現象も疲れやストレスが弱い部分に溜まったのが原因で起きているものです。
骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレと言うのも勝手に起きてしまうこともありませんのでしっかりとした弱い部分に疲れや

ストレスが溜まることが原因で起きている現象です。

生理痛

疲れやストレスを減らしていくと徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きや改善できると言うことで炎症や腫れが取れる可能性もありますが当院では検査をしてみると下腹部の部分が炎症や腫れを起こしていたり膿が溜まっていたりと言うこともあります。

炎症や腫れがおさまっていくと

炎症や腫れがおさまっていくと下腹部のぶよぶよした感じが減っていきますので炎症や腫れが解消されていくということが、わかると思いますので矯正を行う前に触っておくことも1つの案だと思います。
生理痛は体質から起きていますので生理痛が起こりやすい体質の方が生理になるといろいろな症状が複合的に起きてしまうわけです。

そのため体調を上げて整えたり炎症や腫れが改善できて膿も減っていくと次にできる治療と言うのは体質改善の治療で弱い部分を変えていく事をしていくのが生理痛を改善していく治療になります。

体質改善を行う前にまずは体調を上げて疲れやストレスの蓄積したところからできるだけ多くの疲れやストレスを減らしていくことが組織をまたは細胞をしっかりさせることになります。

生理痛になるのは

北九州市小倉南区からも生理痛を解消する為に。

2019年04月09日

顔が小さくなる小顔矯正

当院では北九州市小倉南区で30年になるカイロプラクティック徳力整体院ですが、本当に初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院では体を整えていくことで顔を小さくすることができますので小顔矯正といっても体を整えていくことをから始めていきますので体を整えていけばむくみや脂肪も減って顔が小さくなると言う小顔矯正をしていますが、当院の小顔矯正は特殊な小顔矯正ですから簡単に説明していますが、簡単にしているわけではありませんので初回から顔が小さくなっていくと言う特殊な小顔矯正をしています。

小顔矯正とは

顔を小さくするためには

顔を小さくしていくためには何をしたら顔を小さくすることができるのかと言う検査することができますので普通、一般的に他ではしていない検査ですが当院では簡単にしているような感じですが簡単にしているようにしか見えないで難しい技術を使いながら検査することをしています。

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなると嘘偽りがなく説明していますので自分でも顔が小さくなったのがわかるようにしていますので、当院では院内のスタッフが顔を図ったりメジャーで計測したりする事はしませんので自分でわかる位で顔を小さくすることをしています。

疲れやストレスと小顔矯正

顔を小さくする為には

顔を小さくして行くたびには小顔矯正に入る前に鏡で見て自分の顔の大きさや輪郭やむくみ度合いや左右差を目で見て確認してもらいます。

まずは鏡で見て自分の顔を比べてもらうのが中心なんですが、ある程度、鏡で見ないで判断できないと顔が小さくなったのが、わからないと言うことがありますので小顔矯正といっても10センチも20センチも30センチも変わる事はありませんので1センチ変わっても顔が小さくなるのがわかるようにして鏡で見てください。

当院の小顔矯正は、本当に初回から変わる小顔矯正をしていますが、初回から変わるにはあることが1番重要になっていますのであることを減らすことをすれば顔が小さく細く引き締まっていくと言う効果があり特に顎の部分は細く引き締まっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと小顔矯正と言うのは大変、深く関係がありますので疲れやストレスが多く溜まれば溜まるほど顔のむくみや脂肪が多くなっていき顔が徐々に太くなっていきます。

疲れやストレスというのは溜まる場所を選んでくれる事はありませんのでどこでも全ての体に溜まっていくのが疲れやストレスなんですが疲れやストレスと言うのは何をしても生み出されて多くなりますし何もしなくても多く蓄積していくのが疲れやストレスです。

疲れやストレスが溜まれば溜まるほど体が大きくなり顔も大きくなってむくみや脂肪が多くなっていきますが単純にむくみや脂肪だけではありません。

多くなるものと言うのは顔の骨を肥大して変形を起こしながら大きくなっていくと言うことがありますので当院の初回から行える小顔矯正と言うのは顔が大きくなった骨を小さくすることができるから、初回から変えることができる小顔矯正ですが普通でしたら無理なことです。

美容形成外科で小顔矯正をすると手術で脂肪を吸引したり、下顎の骨を削ったり顔の骨を削ったりと言うことで小顔矯正をしていますしエステなどはクリームやパックをしたり、蒸気で温めたり蒸気で冷やしたり、ラップを巻いたりマッサージをしたりと言う感じだと思いますが表面上のむくみや脂肪を減らすには有効かもわかりませんが、それ以上のものではないと思っていますので、当院では顎の骨などを小さく細くすることができると説明していますが異常のある部分を小さくしているだけですから安心安全な小顔矯正です。

顔が大きくなる


2019年04月06日

頭痛と偏頭痛

当院では北九州市小倉南区で30年になるカイロプラクティック徳力整体院ですが、本当に初回から痛みの緩和には定評があります。

頭痛や頭の痛みが起きる場合は薬を使うことも構いませんが原因も考えて改善していかなければいつまでたっても原因が残ったままになっていると薬を飲んでその時の痛みを抑えてもしばらくするとまた同じことが繰り返し薬では治りにくく治りにくくなっていきます。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

薬と言うと飲んでしまえばしばらくすると楽になることがあるために薬を使うことが多くありますので病院に行くよりもまずは薬で抑えている場合が多くありますがしっかりとした頭の痛みの原因が存在してますので原因から改善していかなければ原因も、いつまでも同じままではいられません。

頭の痛みとは

頭痛や頭の痛みが起きるのは原因がありますので原因から改善していくということが一番の理想的ですが原因を見つけ出すためにも、まずは体を整えていかなければいけません。

頭痛や偏頭痛を訴えている方は、他に痛みやコリがなくても、体調が、すごく悪くなっていますので体調を上げていくことから、体を整えていくことからしなければいけませんし体調が悪いということは骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタ状態になっている場合もありますのでガタガタ状態になっている原因と骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまう原因があります。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは自分で感じることは大変難しくだるいとか疲れやすいとか痛みやコリがないとどれぐらい疲れやストレスが溜まっているのかということがわからなくなります。
一番、判断することが自分では難しいのが疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスを検査する機械もないし道具もありませんのでどうやって疲れやストレスが溜まっていることがわかるのかという問題があるんですが当院では特徴のある検査をしています。
疲れやストレスが多くたまるとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していき血管のトラブルを起こしていきますが単純にそれだけでありません。

疲れやストレスと歪みやズレ

疲れやストレスから痛みになる

疲れやストレスというのは大脳にも溜まっていきますので大脳の緊張や興奮が強くなることが原因で余計に眠りができない場合も多くなっていきます。

最近は多くの方が気が付いていませんが眠りのトラブルを抱えている方が多くなっていますので眠りのトラブルというのは眠りが浅いことです。

眠りが浅いと脳は緊張したり興奮状態に陥りますので周辺の結果まで影響を受けてしまうということがありますからね無理というのは一番の頭痛や頭の痛みの原因になってしまいますが目が覚めなければ寝ていると勘違いしてることが多くなっています。

不眠症とは

不眠症というのは夜寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりするのが不眠症の特徴でもありますし夢を見て寝た気がしないというのも不眠症の一つですから目が覚めるというのが特徴です。

夜中に何回も目を覚ましたり寝つきが悪くなるのが不眠症の特徴ですから脳がどういう状況になっているのかということは眠りができないことからも想像がつく場合もありますが大変な状況になっている方も多くなっていますので単純に弱らせただけでは済まなくなっていくということがあります。

不眠症と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

しかしここでは書くことができないので単純に弱らせただけだと説明するようにしています。眠りなさいということは大脳が弱っていくし炎症や腫れが起きたり興奮状態や緊張が高くなることがありますので周辺にも結果があるためかなり良くない状態が起きているのが頭痛の原因になっている場合もあります。

睡眠負債とは

不眠症というのはわかりやすいんですが睡眠負債というのはすごく分かりにくく自分でも寝ていると思っている方が多くいるため説明も大変難しいのが睡眠負債です。

しかし頭痛や頭の痛みが起きるのは原因があるわけですから原因をしっかりとわからなければ意味ありませんので原因は全て自分の体の中に原因があります。

何も原因がなくて頭が痛くなったり頭痛が起きることはありませんので何かの原因があるということで痛みのおきている部分は頭です。

痛みには原因があります

つまり頭に何かの原因があるから時々痛みになってしまうということです。

睡眠負債というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないために分かっていない方が多くいるんですがただ単に寝ているというわけではなく眠りというのは熟睡のことだけを言いますのでどれくらい熟睡ができているのかということの問題なんですが熟睡ができていれば痛みになることはありません。

睡眠負債状態で起きるのは寝ながら考え事をしている時間が圧倒的ななくなっているため目が覚める瞬間に夢を見てしまうということで眠りが浅くなっています。

睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

北九州市小倉南区からも多くの方が頭痛、頭の痛み、偏頭痛の解消に来ています。


2019年04月04日

ダイエット、痩せる為には

当院では北九州市小倉南区で30年になるカイロプラクティック徳力整体院ですが、本当に初回から浮腫み、脂肪が減っていきます。

ダイエットをして痩せようと思う方が多くいますが 当院では検査することをしていますので検査をしてみると どんなにいいダイエットをしても痩せにくい体だということがわかります。

ダイエット、痩せる為には

ダイエット、痩せる為には

ダイエットをすると食べ過ぎなければいいとか甘いものを食べると良くないとか ストレッチ方法があるとかダイエット食品を試した方がいいとか、健康食品を試した方がいいとか色々なことを言われると思いますが、特に運動するということは逆に脂肪は燃焼するかも分かりませんが死亡も簡単には減ることはありませんので、脂肪を減らすということは大変な努力をしなければいけませんが運動すればするほど逆にむくみは増えていきます。

ダイエットをする時に一番に考えなければいけないのが体の状態なんですが 、体の状態が良いのか悪いのかという判断にもよりますが、ダイエットをしようと思うなら生理痛があったりすることも天敵ですし、便秘なども一番の天敵になってしまいますが、何よりも 大きな原因がある場合がありますので大きな原因がある場合はダイエットしても痩せにくいという問題点があります。

ダイエットと便秘と生理痛

ダイエットをするということは便秘があったりするだけでも骨盤の代謝が悪くなりますので骨盤だけではなく、便通が悪くなるということは吹き出物が出たり することもありますので ダイエットする時の一番の問題点になりますし、生理痛でも同じことが言えます。

今までダイエットをしようと思って来院する方の体を検査することを押して行きましたが全員と言っていいほど体調が、すごく悪く悪いという限りは痛みやコリが起きているのかと言うとそういう状態ではないという悪さを示しています。
痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。

痩せる為には

体を検査すること

体を検査してみると 全員と言っていいほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり背骨がずれてガタガタ状態になっているような状態では、いくらどんなにいいダイエットをしても痩せようと思っても痩せることはないし、逆にむくみが増えていきますのでむくみというのは体調の悪さを示しています。

体調が良ければむくみが増えたりすることもないし死亡が多くなることもないし太りやすいということはありません。

そして何よりも眠りが浅ければ朝から顔がむくんでいるのは当然起きているしそうがパンパンになっているということもあるでしょうけど、眠れていれば朝からむくんでいるということは逆に考えてもありません。

眠りが浅いということは身体全体の力が落ちていきますので 身体全体の体調が落ちるということは 骨盤の歪みや骨盤の開き背骨がずれて、ガタガタ状態になっているとリンパの働きも悪くなり老廃物が多く蓄積していくということは当然起きていると思います。

ダイエットをしようと思うなら何よりも、毎日毎日の生活や運動することで仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されていくものを減らさなければいけません。
多く生み出されていくものというのは何をしても多くなっていきますし何もしなくても多く生み出されていくものが体に蓄積していくのが脂肪やむくみを多くしていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積というのは体の状態を悪くしてしまいますのでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く溜まっていき 循環が悪くなることはもちろんなんですがそれ以上に骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくしてしまい背骨がずれてガタガタ状態になっていきます。

痩せるためには体重よりも見た目を細くするダイエット

北九州市小倉北区でダイエット、痩せる為にはカイロプラクティック徳力整体院。

2019年04月02日

骨盤矯正とは

北九州市小倉南区の骨盤矯正が人気の徳力整体院は30周年。

初回から骨盤を小さくしていく骨盤矯正をしていますが初回から骨盤を小さくしていくためには何をすればいいのかということを検査して骨盤矯正をしていきます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正といっても単純にどうすれば骨盤が小さくなるのかということを考えてきている方はいませんので骨盤矯正で一番、関係しているものは疲れやストレスの蓄積なんです。

骨盤矯正と疲れやストレス

疲れやストレスが溜まれば溜まるほど骨盤は大きく開いていき歪みが大きくなっていきますし歪んだり開いたりすることが原因で骨盤周辺のむくみや脂肪が多くなっていくからです。

今まで当院に骨盤矯正を希望されて訪れた方全員の検査をしてきましたが、全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり脂肪も増えているということが現状ですから骨盤の歪みや骨盤の開き、そして多くなってしまったむくみや脂肪を減らしていくことでも骨盤は少しだけ小さくなってくれますが、単純に歪みや開きを改善すればいいというわけではなく脂肪やむくみを減らせばいいというわけではないんです。

脂肪やむくみに関係するものと歪みや開きに関係する物を減らしていかなければいけませんので減らすためには、どこに溜まっているのかということも考えなければ減らすことができませんのでどこに溜まっているのかということを検査することで見つけ出すことができます。

小尻になる

骨盤矯正と体調

骨盤矯正を希望されて訪れた方が、全員の方が体調が異常と思えるほど悪くなっていますので体調が悪いということは疲れやストレスが多く溜まっているということを表していますので、疲れやストレスが、多く溜まっていればいるほど骨盤の歪みや骨盤の開きは大きくなっていきますが、骨盤がどうして開いたり歪んだりしているのかという原因が疲れやストレスにあるわけです。

骨盤矯正で 小さくできるのは後ろから見たお尻の幅ですからお尻の幅というのは骨盤の幅になりますから 、骨盤の幅を小さくしていくことが骨盤矯正になりますので、単純に歪みが開きだけを矯正すれば小さくなるのかと言うと少ししかなりませんし、骨盤周辺にできてしまったむくみや脂肪を減らすことでも少ししか小さくなりませんのでそれ以上に小さくすることをするためには、何をすればいいのかということを考えなければいけませんし、小さくなったぶんだけ内臓を圧迫するということも起きてしまいますので内臓がどういう状態になっているのかということも考えなければいけません。

骨盤を触ると小尻になるのがわかる

骨盤矯正をする時にご自分で触ってもらうことをしていますが触るのは骨盤の真横の部分ですから足の付け根の上の方の股関節の部分を触った方がいいと思いますので股関節の少し上の辺りに手のひらを置いて幅を覚えるようにしてもらっています。

触る部分

しかし単純に骨盤の横に手を当てただけではわかりませんしおいただけではもっとわかりませんので幅を感じようとして触ってみないと小さくなってもわからないということがありますので骨盤矯正をして行く時には10 CM 20 CM の30 CM も骨盤が小さくなることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで骨盤が小さくなっていきますので後 A 1 CM 変わってもわかるように触っておかないと小さくなったのがわからないということがありますので本当に小さくなるのかと疑問に思うことなくしっかりとさわるようにしてください。

自分の骨盤を触る練習

骨盤矯正を入る時に骨盤の触り方は2度ほど練習をしますがまずは自分で触って覚えることから始めて骨盤矯正に入る直前に矯正する台の上に寝てもらったら院長と共にもう一度骨盤の幅を触って覚えるようにしてもらいますので意識をしながら触った方が分かりやすいと思いますので必ず左右さを比べてみてください。

骨盤というのは左右に若干の違いがありますので右側の方が大きく感じるとか左側の方が大きく感じるとかそういう状態で違いがありますので左右差があるということですから左右さを感じ取るようにして触った方が分かりやすいと思いますし 左右でもむくみの度合いや脂肪の付き方も違いますのでむくみや脂肪のつき方の違いを親指と人差し指などで摘んでみることも大切な方法になりますのでむくみや脂肪がどれくらいあるのかということを親指と人差し指でつまんでみてください。

徐々に変わる骨盤
2019年03月25日

肩こりとは

北九州市小倉南区で肩こりを解消するならカイロプラクティック徳力整体院。

肩こりを改善していこうと思うならどうしても筋肉のコリばかり注目している治療法が多くありますので筋肉をほぐすことでも確かに楽になることもあるんですが原因が残ったままになっています。

肩こりとは

肩こりというのは筋肉をほぐす治療法が多くありますから湿布を貼ったりしても筋肉の鎮痛効果があって楽になることもあるでしょうし家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらったりすることでも楽になってしまいますし専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも楽になることもありますし低周波治療器や電気などをかけても肩こりを楽にすることができるために肩こりは筋肉というイメージになってしまっていますが実は筋肉だけで起きている肩こりというのはありません。

肩こりと筋肉のコリ

筋肉というのは多くの物事で生活することで運動することで仕事をすることで使うことが多くありますのでこりというのは筋肉疲労であり筋肉の緊張であり筋肉が一時的に固くなった現象のことを言いますのでこれが起きてしまうとリンパの働き悪くなっている老廃物が多くたまに循環が悪くなるという事でコリを増強させてしまっています。

筋肉が一時的に固くなった現象と説明しましたが一時的ではない筋肉の硬さがあるために説明を加えなければいけませんので筋肉が一時的に硬くなる場合と永久的に硬くなる老化現象というのがあります。
老化現象で起きてしまう肩こり というよりも筋肉の硬さは 永久的なものですからどうかした筋肉はいくら揉んでも注射をしてもマッサージをしても電気をかけても鍼灸をしてもボキボキしても柔らかくなることがないレベルの肩こりです。

疲れやストレス

肩こりと背骨のズレ

肩こりを起こしている場合は 必ず背骨のズレが存在するんですが背骨のズレを直さない 分かりか筋肉を、ほぐして楽にする治療法が多くありますので原因が残したままになっていると原因も、いつまでも同じままではいられませんので進行していくということで 握力の低下や手のこわばりを起こすということもあります。

また肩こりからくる神経の圧迫や血行不良を起こすこともありますので、筋肉のコリを、いつまでも、改善できないでいると大変なことになっていきますので、単純な筋肉のコリや筋肉疲労や筋肉が一時的に硬くなる現象だけと考えない方が良い場合もあります。

背骨のズレの原因

しかし背骨のズレも姿勢で起きたりすることはなく猫背でも起きることはありませんのでどこからどうして起きているのかということを検査することで見つけ出さなければいけません。

何も原因がなくて背骨がズレたりすることはありませんし、歪みが起きることもありませんので、体の中から歪みやズレが起きていますので歪みやズレが起きる原因があるということなんです。
背骨のズレが起きるというのは背骨というのは中枢神経系を守っているものですから簡単に曲がったりするということは起こりませんし起きてしまったら大変なことになってしまいます。

背骨のズレ

背骨のズレはどうして起きる?

しかし体の中の状態から起きるものに対しては逆らうことができませんので背骨のズレとして起きて筋肉を引っ張ったり緊張させたり緩んだりということで肩こりになってしまいます。
背骨のズレを起こしている原因は毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで多く生み出されていくものが原因なんですが 何をしても多くなってしまいますし何もしなくても多く積み重なっていくものなんです。

それは疲れやストレスです

疲れやストレスの蓄積

背骨のズレになってしまうのは疲れやストレスが原因ですから疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がどこなのかで起きてしまう症状の部分が違います。

肩こりとは
2019年03月23日

肩こりが強く有る時には

肩こりには肩こりになる原因があります。

肩こり

肩こりを解消するためには肩こりの原因になっているものから改善することをしています。

肩こりを感じるときには、日々、肩こりの強さが違うと思います。

今日は肩こりがひどいとか、今日は肩こりが軽いとか、変化があります。

この差は、体調に関係しています。

体調が良い時には、肩こりは軽く感じます。

体調が落ちると、肩こりはひどくなります。

例えば、今日は眠れなかったから、肩こりが強くなります。眠りが浅いと体調は落ちていきます。

眠れていないのに体調は良いことはありません。最近は体調が自分でわからない方もいます。

 

初回で「体調が良いと思ってきました」と言う方もいます。当院では検査することができます。病院でも体調はわかりませんし、検査する機械もありません。病院で検査して判別できるのは病気だけです。病院では病気の検査をする専門家です。

しかし体調と言うのは見た目見てよさそうな外見であれば体調は良いと思います。本人も感じていなければ体調は良いと言います。

しかし当院では、これを調べることができます。

体調を検査するということは大変、難しく簡単ではありませんが、できるようになると簡単にできます。

しかし、ここまでできるようになるまで修業が必要です。修行には毎日の練習と実践が必要です。

正確に体調の検査ができるまで早い方で3年以上かかります。

人それぞれで違う体調ですから正確になるまで数年はかかると言うことです。

しかし、検査でできるようになっても治療は、ただ、揉めば良いと言う訳にはいきません。

検査することができると色々、わかってくるからです。

肩こりも

肩こりの検査することができるようになると色々わかってきます。ほんとうに肩こりは筋肉から起きているのか???

色々な検査ができると肩こりがどこから起きているのか、ということがわかってきます。

目で見てわからないものが判断できるようになります。

検査の方法の詳しい説明は専門のページに任せます。

今は肩こりの説明なので肩こりの説明をしていきます。

肩こりを起こす筋肉は僧帽筋という筋肉です。

この筋肉は頭の部分から肩から背中まである大きさ筋肉です。

この僧帽筋がほんとうに肩こりのコリを起こしているかと言う事です。

多くの場合、肩こりは僧帽筋のコリではなく背骨の歪みから筋肉がコリを起こしています。

でも、僧帽筋を低周波治療器や電器などや、マッサージすることでも楽になることができます。

この理由は、肩コリを感じる部分は圧力が上がっているからです。

血流が悪くなってリンパの流れも停滞してしまうと圧力が上がります。

圧力が上がると神経も過敏になります。これが肩こりとして感じます。

肩こりを感じるとき

肩こりを感じるときには筋肉の部分に圧力が上がりすぎて停滞を起こして起きています。

肩こりは停滞、うっ滞を起こして肩こりになっています。

ですから筋肉に対して治療と言うよりも低周波治療器や電器などでプラスからマイナスへ電気を流して余計に筋肉疲労をさせると筋肉疲労が多くなって肩こりがしばらく感じなくなります。

これは低周波治療器や電器をしている専門家の先生も知りません。

当院の院長が20年かけて研究したものですから。当院の院長も昔はわからずに他の治療院がしていることをしてみましたから、低周波治療器や電器を使っていました。

しかし、低周波治療器や電器の意味を知ったからは、あまり使わなくなりました。

色々な電気治療器はすべて体に対して刺激をしているだけです。刺激すればするほど気持ちよさはあるかも知れません。

本当に刺激すると気持ちよさを感じますが、電気治療器は刺激をしているだけです。

いつまでも刺激ばかりしていると原因はどんどん進行していきます。この原因は検査することで判別しますが、そこまで行きつくまで大変な苦労があるため、多くの方が検査をすることができません。

検査で判断するもの

検査では筋肉のこりがあるのか??

それ以外のものが肩こりに関係していないか??

体調は良いのか??

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレはあるのか???

リンパの流れは??

血流は??

疲れやストレスは??

内臓の状態は??

などなどを検査していきます。

 

検査したら治療に入ります。検査で分かったことが良くなるようにしていきます。

当院には体質改善とういう治療があります。この体質改善の治療はアンチエイジング、若返りの治療です。

肩こりになっている部分は弱い部分です。弱い部分を強く変えていく治療が体質改善 アンチエイジング 若返りの施術という治療になります。

もしかしたら僧帽筋の筋肉が老化して固くなっているかも知れません。筋肉が固くなるのは老化です。その老化を改善するのが体質改善です。また、筋肉に限らず内臓の老化も肩こりに関係しています。

肩こりを解消するためには

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市、福岡市、博多、福津市、宗像市、笹栗、久山、新宮町、福岡市東区 福岡市西区、南区、飯塚市、直方市、田川市、みやこ町などから多くの方が来院しています。

当院は肩こりを改善することをしています。

当院では、北九州 肩こり、北九州市 肩こり、小倉南区 肩こり、小倉北区 肩こり、八幡東区 肩こり、八幡西区 肩こり、戸畑区 肩こり、行橋市 肩こり、門司区 肩こり、下関市 肩こり、福岡市 肩こり、博多 肩こり、粕屋郡 肩こりなどのキーワードで人気があります。

2019年02月26日

肩こりを解消して楽になる

北九州市小倉南区で肩こりなら30年の徳力整体院。

肩こりを楽にしていくためには肩こりがどうして起きてしまうのかということも考えなければいけませんし原因を見つけ出すことをしなければ多くの治療法というのは原因も見つけ出すことがなくこれだけを楽にすることが優先的になっています。

肩こり

コリばかり解消しても

こりだけを優先的に楽にしていく治療法のことを対症療法と言いますので対症療法というのは湿布を貼ったりしても楽になることもありますしサプリメントや医薬部外品などを飲んでも楽になることもありますし運動したりストレッチをしたりすることでも楽になることもあるでしょうしマッサージをしたりすることでも楽になることもありますし低周波治療器などをすることでも楽に感じてしまうことがあるために原因がわからなくなっている場合が多くあります。

確かに対症療法すると楽になることも多くありますので直していると思う専門家の先生も多くいますし患者さん自身も楽になった治ったと思うこともあるでしょうが本当は原因が残ったままになっているのに原因を置き去りにしたままになっていますが原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくということがあるんです。

肩こりを感じていない時でも原因は進行してしまいますので原因が進行したものがいろいろな問題になっていくということがありますから原因も見つけ出して治療していかなければいけませんが多くの治療法というのは対症療法泊まりになっている場合が多くあります。

コリを感じる時は

体に何かの不調状態が起きる時には必ず何かが起きています。
何も原因がないのに懲りが起きることもありません。

疲れやストレスと肩こり

しかし多くの治療が先ほども説明したように原因を見つけ出すことは簡単ではないために原因が置き去りになったままになって原因を進行させてしまっているということがありますが原因もいつもコリや痛みを感じているものではなく時々、感じながら進行して言ってます。

今まで30年間検査をしながら肩こりを解消してきましたが一人として筋肉のこりだけで起きている肩こりの方はいませんでしたので筋肉のコリがどうして起きるのかという問題から解決していかなければ何も解消法にはなっていませんし一時的に抑えることになっていますから痛み止めの薬を飲んでしまうことと同じことだと思います。

●例えばですけど虫歯で歯の痛みが起きたのに薬ばっかり飲んでいたは一時的に痛みを抑えることはできるでしょうが虫歯が進行していくということと同じことが起きています。
もちろん肩こりは虫歯ではありませんが。

コリの原因は生み出されるもの

肩こりというのは毎日毎日腕や肩や指先を使うことで筋肉疲労が起きて行きますが単純に筋肉疲労が起きただけで肩こりを起こすことは少ないようですから違う原因が存在しているということがありますが違う原因を見つけ出すこともしていないで対症療法ばかりしています。

肩こりを起こしてしまう原因というのは人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分は何も関係することはないと思いますが弱い部分というのは疲れやストレスをためやすく冷めてしまうと筋肉疲労が起きたり筋肉疲労以上のものが起きたりということがあるんです。
人の体には弱い部分が存在していますので弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすくなりますが疲れやストレスというのは筋肉だけにたまるものではありませんので体の中に多く蓄積していくものです。
体の中に多く蓄積していくものは体には何があるのかということを考えれば少しは分かると思いますが体には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯とその他の脂肪と神経と血管とリンパと水分と骨と内臓しか存在していません。

疲れやストレスと肩こり

この中で疲れやストレスが多くたまるところというのは筋肉にも溜まるということは分かっていると思いますが筋肉以外では最大限貯まるところというのは内臓なんです。
内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので内臓に疲れやストレスがたまるという風に説明をしていますので病気と関係付けるとことだけはやめてください。

内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくと体は徐々に歪みやズレを起こしていきますので全体で歪みやズレを起こす場合もあれば背骨の一部分だけでズレを起こすこともあります。

肩こりと背骨のズレ

疲れやストレスというのは身体全体に溜まっていきますので身体全体が歪んだりしていきます。

背骨のズレというのは一箇所の場合のことを言いますので一箇所の背骨のズレと関係するのは内臓が関係していますので例えばアルコールを飲酒することに関係なく肝臓に疲れやストレスが溜まれば背骨の8番目の骨はズレを起こしていますので8番目の骨の部分で痛みやコリを起こしたり針を起こしたり又は内蔵のある部分で何かの症状を感じてしまっている方もいますが肝臓というのは膝の痛みはアレルギー性鼻炎などで関係したり花粉症に関係する部分でもあります。

多くの方が肝臓と聞いてしまうとアルコールまたは飲酒と関係づけてしまったりしますがそれだけではありません。

2019年02月23日

小顔矯正本当に顔を小さく

北九州市小倉南区で小顔矯正なら初回から小さくなる小顔矯正の徳力整体院。

評判の良い小顔矯正をしていますが、今まで30年間以上、小顔矯正をしてきて小顔矯正するなら、必ず減らさなければいけないものがあります。
これを減らさないと顔が小さくなりにくく、持続性や維持する事ができません。逆に言うと、これを減らしていくと顔が小さくなります。
減らすと小さくなり小顔になるものとは、疲れやストレスです。

小顔矯正

疲れやストレスを減らす事

疲れやストレスと簡単に行ってしまうと簡単そうに思えるでしょうが、実は減らすのが一番、難しいのが疲れやストレスなんです。疲れやストレスを甘く考える事はできません。
疲れやストレスと言うのはマッサージでもサプリメント、医薬部外品でも低周波治療器や電器でも減らす事ができていません。筋肉を揉んで気持ちの良さと、疲れやストレスを減らすことは別であり違うからです。
時間を変えて揉んだりマッサージしているとキツクなります。時間をかけて揉んでも顔は小さくなりません。顔を小さくするには、どうすれば顔が小さくなるのか、考える必要があります。

小顔矯正だけではなく、骨盤矯正でも、体を細く引き締めていくダイエットでも関係するのが疲れやストレスの蓄積です。
体に疲れやストレスがたまると、実は多くの方がわかっていませんが、顔にもたまっていきます。顔にも疲れやストレスがたまっていくと、顔が大きくなっていきます。多くの方の顔が正常な顔の大きさではありません。
だから初回から顔を小さく小顔にすることができますが、疲れやストレスを減らすことは、簡単ではありません。一番、難しいのが疲れやストレスをたまった部分から減らす事です。

疲れやストレスを顔から取り除く事

当院の小顔矯正は他の小顔矯正とは違います、初回から顔を小さくしていますが、簡単にしていますが簡単ではありません。今まで多くの方の顔を小さくする事をしてきましたが全員の方が顔の大きさが正常ではありませんでした。顔の大きさが正常ではないのは顔の浮腫み、脂肪だけではありません。

本当に顔自体が大きく太くなっています。これを正常に戻していくと顔は小さく小顔になる事ができます。
小顔矯正をする時には、一回、一回、自分で比べる事をしてもらいます。他人やスタッフが計測したりすることはありませんから、他人やスタッフが測ると誤魔化しもあるからです。誤魔化しもなく自分で顔の変化がわかるようにしています。
その為、小顔矯正に入る前に、おぼえてもらいます。

鏡で顔の大きさを確認したり自分で顔を触っておぼえてもらいます。特に自分の手で触って小さく小顔になったのが、わかるようにしていますが、自分で触ることは、簡単ではありません。その為、簡単に触ってしまうと変化したのが、わからないと言う方がいます。

小顔矯正をする時には5センチも10センチも小さくなりません。顔が小さくなるのは1センチだったり、2センチだったりと言う感じです。
その為、下の写真のような触り方をしてもらいます。もちろん、院内にある鏡を見て顔の大きさを確認しても、もらいます。それは、本当に変わるからです。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をする時は

小顔矯正をして行くときには関係するものがあります。関係するものを減らす事をしていくと顔は小さく特にアゴのラインはスッキリして細く引き締まっていきます。しかし顔を小さくする矯正をしていく時に関係するものを減らすことが、一番、難しく簡単には減りません。
簡単に減らないものを減らすことをして顔を小さくする事をしていますが、今まで30年間以上、小顔矯正をしてきて顔が小さくならない方はいませんでした。
と言う事を考えれば、全員の方が関係するものがあると言う事になります。

両方に関係するものとは、誰でもあるもので特別なモノではありません。特別なモノでもないし毎日の生活で生み出されていくものです。それは、

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと小顔矯正と言うのは一見、関係ないような感じですが専門家の先生も知らない方が多くいますし検査もできないものですから、減らしても変化したのが、わかるものではありません。

小顔矯正をする時には、たまってしまった疲れやストレスを減らす事をすると顔が小さくなりますが、どこに疲れやストレスがたまっているのか、検査することができないと変わりませんし、検査できても、それを減らす技術力も必要になるから、大変、難しい高度な技術が必要になります。

疲れやストレスと言うのは体にもたまりますが、顔にもたまることが起きています。多くの方が、顔に疲れやストレスがたまるということを信じられないと思いますし小顔矯正の専門家の先生も知っている方は少ないと思います。
知らないしできないから顔を無理やり押さえつけたりする事や、ボキボキするしかありません。

2019年02月14日

腰痛で腰に痛みを感じたら

北九州市小倉南区で腰痛を解消するなら徳力整体院。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには、原因があります。腰痛の治療と言うと多くは原因なんか関係なく痛みのみを楽にすることをして、治した、とか、治ったと思っています。表面上の腰の痛みを治すと言う事は簡単なものが多くありますが、本当の意味で腰痛を治すことはしていません。
普通は腰の痛みを楽にすることを、「治った」と言います。しかし、腰痛を起した原因が、まだ残っています。腰痛を起こしている原因は簡単に変わるものではありません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰の痛みが起きた時に、「治った」と思わせる治療は湿布を貼ったりしても、サプリメント、医薬部外品を飲んでも、マッサージをしても、低周波治療器や電器をしても楽にすることはできるかも知れません。
しかし、奥底に原因が存在しています。奥底に潜んでいる原因は、いつまでも同じままではいられません。悪い所ほど急速に進行していくからです。

進行した形態が、どう言う状態で出て来るかは出てみないとわかりませんが、今まで、痛みもなく突然、急に椎間板ヘルニアになる方もいます。また坐骨神経痛に進行する方もいます。
慢性化してしまい長期にわたり治らない方もいます。また脊柱管狭窄症に進行する方もいます。骨の骨折が起こる事もあり腰椎すべり症等になる方もいます。

また骨の歪みやズレから腰痛は起きていますから、歪みやズレの原因の部分が進行する事もあります。
腰痛が起きるのは
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるのは、色々なものから起きることがあります。一つずつ解決していく必要があります。

① 腰部の筋肉、じん帯のバランスの崩れ

腰の部分には色々な筋肉、じん帯があります。この筋肉、じん帯がバランスが悪くなると骨盤が不安定になります。骨盤が安定していない時に悪い姿勢をすると腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど進行します。しかし何も原因がなくて筋肉、じん帯がバランスが崩れることはありません。何かの原因があるから筋肉、じん帯のバランスが崩れていきます。
筋肉、じん帯バランスは運動してもストレッチしても鍛えられるものではありません。バランスが悪い時に余計な負担をかけると悪くなります。

② 骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪み・背骨のズレがあると体を支えることができませんから、支えることができないと腰の負担が大きくなります。負担が大きくなると腰の痛みになります。
骨盤の歪み・背骨のズレも姿勢が悪かったり猫背でも起きることはありません。骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのも原因があります。骨盤を矯正すれば良いと言う訳ではありません。骨盤の歪みを起こした原因があります。その原因を見つけ出さなければいけません。

③ 背骨のズレ

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは背骨のズレから起きていることが多くあります。背骨のズレが起きる時には腰椎の4番目と5番目にズレが起こりやすくなりますから、4番目と5番目は骨盤の上になります。腰のベルトがあたる部分が痛い時には背骨のズレがあることもあります。

④ 椎間板ヘルニアから腰痛

腰痛が進行してしまうと椎間板ヘルニアになっている方もいます、背骨の骨の間には椎間板(軟骨)があります。この軟骨が膨らんでいることがあります。この椎間板の膨らみのことを椎間板ヘルニアと言います。椎間板ヘルニアも原因があります。原因から解消しないと直りません。

⑤ 骨の炎症やハレ

最近は、普通では起こりませんが、筋肉、じん帯だけではなく骨まで炎症やハレを起こしている方がいます。普通では考えられませんが実際に検査してみると腰椎の骨自体に炎症やハレを起こして、タダレのような感じになって痛みになっていることがあります。骨盤の中央の骨の仙骨(尾てい骨)と言う骨も炎症やハレを起こしてタダレていることもあります。
⑥ 免疫の問題の低下から増えてしまうものがあります
ハッキリは言えませんが人には、免疫細胞の数が減ってきている方が最近は、増えてきました。その為、免疫の細胞の数の減少から敵対勢力の増殖が起こり炎症やハレを起こしてタダレを起こしていることもあります。

⑦ 内臓から起きる腰の痛み

腰痛は内臓から起きる事もあります。内臓から起きる腰痛は2通りのものがあります。一つは病気から起きる腰痛です。これは当院では適応外ですから病院で検査してみる必要があります。
もう一つは病気ではない状態で起きる腰痛です。病気ではありませんが内臓疲労が関係して起きる腰痛です。内臓疲労は病気ではありません。
本当は腰痛の原因の多くは内臓疲労から起きています。詳しくは下の説明をご覧ください。

つらい腰痛を楽にする

腰痛、腰の痛みを楽にしていく事から始めて、腰痛、腰の痛みの原因を見つける施術をしています。腰痛、腰の痛みには起きる原因が必ずありますが、原因を改善しなくても楽になることがあります。その施術法が対症療法と言うやり方です。対症療法は湿布を貼ったりしても腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。サプリメント、医薬部外品の薬を飲んでも腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。マッサージしても腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。低周波治療器や電器をしても腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。

しかし腰痛、腰の痛みには原因があります。原因を見つけ出すことは簡単なことではありません。専門的な知識も必要です。検査もできないと良くすることができません。検査して確認して腰痛、腰の痛みの解消を進めていきます。
最近の腰痛、腰の痛みの方の原因は普通の骨盤の歪み・背骨のズレから起きている方もいますが、それだけではありません。一般的な腰痛、腰の痛みは、骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。骨盤の歪み・背骨のズレが起きると骨盤が安定しなくて不安定になりますから体を支えることができません。体を支えることができないのに負担をかける事ばかりしていると骨盤の歪み・背骨のズレが広がります。この時に腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みがある方は骨盤の歪み・背骨のズレが原因で起きています。骨盤の歪み・背骨のズレが起きているときに重いものを持ち上げたりすると体と重いのもを支えることができません。支えることができないと急に腰痛、腰の痛みになります。骨盤の歪み・背骨のズレも程度と言うか、段階があります。軽いのからひどいのから色々な段階があります。大きく骨盤の歪み・背骨のズレがあれば、いつ起きても良い状態です。あとは切っ掛けだけです。切っ掛けとは、中腰、同じ姿勢、重いものを持つ、前かがみ、クシャミなどの腰に負担がある姿勢です。

つらい腰痛、腰の痛みを改善することをしています。腰痛、腰の痛みを楽にしていく時には色々な治療法がありますが、当院では、まず、痛みを楽にしていくことから始めて行きます。
最近の腰痛は以前とは違いますから、検査する事をして状況判断しています。当院の腰痛を改善する検査は触るだけで、状況判断できます。

腰を触ると歪みやズレがわかりますし、歪みやズレだけではなく椎間板ヘルニアが起きていることも判断してわかります。もちろん腰痛に深く関係する骨盤も歪みや開きが検査することでわかります。

しかし最近の腰痛の方は、骨盤の骨まで炎症やハレが起きている方もいます。そして背骨が炎症を起こしていたりハレている方もいます。 普通は起こりませんが眠りが浅いとなんでも起きます。

今、来院した腰痛の方も整形外科で筋肉のバランスが悪いとか、内転筋が弱りすぎていると言うことを言われたそうですが、当院で検査してみると5番目の腰椎の部分に椎間板ヘルニアがありました。病院でレントゲンを撮影しても分からなかったそうですが、当院では検査する事ができますから確認と治療をすることができます。
病院でもレントゲンでもわからないことを見つけ出して改善することができますが1回で良くなることはありません。楽にはなると思いますが。

実際に骨自体に炎症やハレがあるかは検査しないと判断できません。
しかし多くの方が骨に炎症やハレがあるみたいです。特に骨盤の中央の骨の仙骨(尾てい骨)が多くの炎症やハレを起こしています。そして背骨(腰椎)も炎症やハレを起こしている方が多くいます。もし、骨の炎症やハレがある場合は、骨の炎症やハレから改善しないと腰痛はいつまでも悪いままです。

腰痛とは

腰の痛みやつらい腰痛を解消していく為には、色々な方法がありますが、当院の治療は根本的な部分から改善していく治療法です。当院では30年の腰痛の治療の専門家ですから骨盤の歪みや背骨のズレを的確に見つけることができます。
検査することで骨盤の歪みや背骨のズレも判断していきますし椎間板ヘルニアがあればレントゲンでもわかりずらい椎間板ヘルニアも見つけていく事ができます。
すべて、検査する事で確認しながら矯正することをしていきますが治療は痛くはありません。怖くもなくマッサージ感覚で腰痛を治療していく事ができる方法です。
マッサージと言うのはマッサージをしている訳ではありませんから注意して下さい。マッサージをしても腰痛の原因である歪みやズレは改善できるとは思えません。

腰痛は歪みやズレから起きています。

しかも歪みやズレを起こした原因があります。何も原因がないのに、また、姿勢などで歪みやズレが起きることはありません。歪みやズレを起こした原因があります。これが腰痛を起した黒幕です。この黒幕から改善しないと一時抑えばかりしていると黒幕は進行して違うものとして先将来につながります。

腰痛と先将来の問題は無関係ではありません。腰痛と言っても簡単なものではありません。腰痛と言うのは体が起こしているボディランゲージです。体が唯一起こすことができる一過性の痛みやコリが腰痛です。腰痛を一時押えしている方は、先将来、腰痛を起こしている原因を進行させていくと内臓の病気になります。
腰痛と言うのは体が起こしている警報です、警報をスイッチを切ることだけしていると腰痛、腰の痛みがない時でも進行していきます。せっかく体が良くないぞと知らせてくれているのに、それを人は簡単に考えていますから。

腎臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに
2019年02月01日

腰痛が痛くなったら

北九州市小倉南区で腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの解消は徳力整体院。

当院は30周年を迎える腰痛、腰の痛みの専門家です。当院は腰痛、腰の痛みを楽にしたら、普通はそこで終わりですが、そこから原因を変える治療の体質改善ができます。
腰痛、腰の痛みが起きる時には原因が裏で潜んでいます。この裏で潜んでいる原因が深く関係して腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛みの原因は

腰痛、腰の痛みが起きやすい方、腰痛が起きた方は、体調が悪く疲れやストレスがが多く蓄積した時に、切っ掛けで起こります。

体調が落ちた時には、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤不安定性が起きています。
この時に、重いものを持ったり、中腰をしたり、前かがみをしたり、同じ姿勢を長くしたり、立ったまま同じ姿勢をしたり、足に合わない靴を履いたり、歩き方が悪かったりすることで切っ掛けで腰痛、腰の痛みになります。
体調が良い時には、同じことしても起きません。体調が良い時には骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定は起こりません。

同じことをしても腰痛になったり、起きなかったりするのは、体調が原因です。
体調が落ちて骨盤の問題があるか、ないかが原因です。

腰痛、腰の痛みは骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定性で起こります。
体に多くの疲れやストレスがたまっていくと、自然と体は歪みやズレが起きていきます。この骨盤の歪み・背骨のズレがある時に、重いものを持ったりすると体を支えなれないでギックリ腰、腰痛、腰を痛める、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のシビレが起きる、などの症状が起こります。

腰痛が起きる時には重たいものを持ったり、中腰の姿勢が多かったり、前かがみになって何かをとろうとしたり、急に姿勢を変えたり、くしゃみをして腰にきたり、ハイヒールをはり、長く歩いたので腰が痛くなったり、長時間の車の運転をしたり、色々な原因が腰痛や腰の痛みになっています。
しかし本当を言うと、今あげた色々なものは、きっかけです。
このきっかけが起きる前にも原因が完成しているから、後はきっかけを待つだけです。何事もきっかけがないと腰痛や腰の痛みにはなりません。

当院では腰痛や腰の痛みが、どこから起きているのか、検査することで原因がわかります。
検査するというのは大変重要なものなので誰でもできる検査テクニックでありません。腰痛や腰の痛みもどこかに原因があって起きているので、痛いところが原因とは限りません。

普通は病院などに行くと痛いところが原因のような感じで、そこに注射をしたり湿布を張ったり電気をかけたりしますが多くの場合、痛みがあるところが原因ではない場合が多いようです。

痛みがあるところが原因ではない

痛みがあるところが原因ではなかったが、どこから起きている腰痛や腰の痛みかということを探らなければいけません。
この時に初めて検査するということが重要になります。痛みがある部分が原因ではなかったがどこか探さなくてはなりません。

その時に検査ができるかできないか重要な問題になります。
当院の院長は、この検査する技術にたけています。いつもいろいろなテクニックを研究したり開発したりする事が多く、人の体も一定ではありませんので、皆さん体の状態が違います。

体の状態が違うのに検査を正確にすること、それが一番大事になります
腰痛になるときには必ず原因があって起きています。湿布や注射、薬、電機でも一時抑えはできるかもしれませんが、原因や歪みが残っています。

この原因や歪みから解消していくことをしないと痛みやコリがないときでも歪みや原因は進行して急に出てきます。
その時には手術しないといけないほどと言うことを良く聞きます。
腰痛を悪化させてしまう前に歪みや原因から改善していかないと、と思います。
腰痛、腰の痛みは、骨盤の歪みと背骨の歪み、ズレから起きています。歪みやズレがある時には、筋肉・靭帯のバランスが悪くなっています。
この時に痛みが起きる姿勢をすると急に起きるのがギックリ腰で、徐々に痛みが起きる事もあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになると
2019年02月01日

腰痛になる時には骨盤の歪み・背骨のズレがある

北九州市小倉南区で腰痛の改善なら徳力整体院。

内臓に疲れやストレスがたまると腰痛、腰の痛みが起こります。実は、この内臓から起きる腰痛、腰の痛みが一番多く起こります。 腰痛、腰の痛みに一番関係しやすい内臓は腎臓です。 下のイラストが腎臓になります。 腰の少し上にあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腎臓から腰痛、腰の痛み

この腎臓に疲れやストレスがたまると、大腰筋、腸骨筋のバランスが崩れていきます。この筋肉群がバランスを崩していくと、骨盤や背骨の歪みが起きていきます。
大腰筋と腸骨筋のバランスから起きる腰痛、腰の痛み
大腰筋、腸骨筋がバランスを崩すと、背骨の歪みやズレが起こります。大腰筋、腸骨筋から腰痛、腰の痛みこのことから、腰痛、腰の痛みになります。

腰の痛みを悪化させると

腰痛、腰の痛みを悪化させると、椎間板ヘルニアになったり、坐骨神経痛になります。 椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になると、足の痛みやシビレが起こります。
カイロプラクティック徳力整体院は腰痛を楽にして30周年です。
① 体に蓄積した疲れやストレスを減らすこと② 体の中から元気にして疲れやストレスを減らすこと③ 体質改善で腎臓を若返らすこと  です。
腎臓が弱いから疲れやストレスがたまりやすくなっています。この弱い腎臓を強くしていく事が出来れば、繰り返しにくくなります。
そして、先将来の問題も避ける事が出来るかもしれません。 腰痛、腰の痛みは、ほぼ100パーセント腎臓から起きています。

痛みになる時には

腎臓に疲れやストレスがたまりやすい方が、腰痛、腰の痛みを起こしています。腎臓に疲れやストレスが蓄積する方は、もとから腎臓が弱い方です。
もとから腎臓が弱いから腎臓に疲れやストレスが蓄積します。
もとから弱いというのは、体質改的に腎臓が弱いということですから、この弱さは先将来の病気につながります。

先将来と言っても今すぐかもしれないし、3年先、5年先かもしれません。人間ドックで検査していても、今は病気ではないと言うだけで病気の検査をしているだけです。
病気になるときも昨日や今日で病気になることはありません。病気になるときは10年から15年かけて病気になっていきますので、いま現在、腎臓の病気になっている方は10年から15年前から始まっていたということです。
腎臓の病気になっている方は、
腎臓の弱い方は、手や足の浮腫み、血尿、急性腎炎、慢性腎炎、腎不全、高血圧、腎結石、ネフローゼ、透析などを起こしています。

腎臓の病気なる前に、腰痛、腰の痛み、ギックリ腰を起こしています。

腎臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

腎臓の病気の説明

今までも多くの方が腰痛や腰の痛みやキックリ腰を一回以上を起こしている方です。
必ず腎臓の病気になるまいに腰の痛みや腰痛やキックリ腰で、前触れが起きています。この前触れというのは一過性ですから、先将来のことまで思わないと思いますけど、前触れであったと言わざるをえません。
何事も体は我々に自分の体のことを知られてくれています。この知らせが痛みやこりです。
しかし、

人は、この体が教えてくれる知らせを簡単に考えています。
痛みやこりが起きるときには、多くの場合、一過性です。一過性と言うのは一時的で長くはないということですが、湿布を貼ったり、注射をしたり、低周波治療器や電器をしたり、ボキボキしたり、マッサージをしたりすることでも、一時的に緩和できるから、『治った』と思うでしょうが、治っていません。
これは、一時的に痛みやこりを緩和しただけです。緩和して治療院の先生も治ったと思っているし、患者さんも治ったと思っています。
しかし、、本当の原因は、もっと奥にあります。
痛みやこりだけが楽になったからと言って、治ったと思わないでください。さらに奥に重大な問題が潜んでいますから。
しかし、

腎臓の問題を変えることができます。この問題をかえることができる治療は体質改善という治療になります。体質改善という治療は体を治していく治療などで一回や2、3回では終わることはありません。
そんなに簡単に病気になろうとしている腎臓が良くなることはありません。マジックをしているわけではありませんので、体を治していくのが体質改善でありアンチエージングであり若返りの治療になるからです。
詳しくは体質改善のページで説明しています。

腰の痛みとは

腰痛とは歪みから起きる現象です。必ず腰痛が起きる時には、骨盤の歪みがあります。そして骨盤の歪みも原因がないのに歪みが起きることはありません。
骨盤や背骨、頭蓋骨は中枢神経系を守っています。大切なものを守っているのに、そんなに簡単に歪みが起きたら、守ることができません。
ですから姿勢や重いものを持って歪みが起きるということはありません。
しかし、体の中から崩されるとダメージが大きく骨盤の歪みや背骨のずれにます。

2019年02月01日

体調とは疲れやストレスの蓄積

北九州市小倉南区で疲れやストレスと体調とは、

①体調の治療

痛みやコリは体調が落ちている時にしか起きません。体調が落ちる、体調が悪くなることが歪みやズレを起こしていきます。しかし軽く歪みやズレがあっても何も感じません。

体調の低下

人は生活している、毎日の仕事、寝不足、運動、精神的なプレッシャーなどで体調が悪くなっていきます。
この時に生じるのが疲れやストレスです。
疲れやストレスは溜まる場所がありますから、それは筋肉にもたまりますが内臓に多く蓄積して内臓疲労になります。
歪みやズレは姿勢で起きるのではなく内部から崩されていくのが歪みやズレになっています。
ですから多くの疲れやストレスが内臓にたまることで内臓疲労が進行して多くなっていくと骨盤の歪みや背骨のズレになります。

歪みやズレも段階や程度があります。カテゴリー1からカテゴリー5までありますから、段階に応じて歪みやズレが起きています。カテゴリー4からは椎間板ヘルニアになる可能性もあります。
体調を上げる治療は一番、難しく簡単に上がることはありません。
内臓にも疲れやストレスはたまっていますが、最近は多くの方が眠りが浅く脳疲労にもなっているからです。夜に寝てら朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか????
夜、寝る時間になったら寝る、朝まで目が覚めないから寝ている、と言う事ではなく脳から寝ていないと寝ていません。

最近は多くの方が眠りが出来ていません。

寝ていても寝ながら考え事をしている睡眠をしています。この睡眠が最悪な睡眠です。この方がインフルエンザになると異常行動になります。マンションから飛び降りたりすることが起こります。
寝ているようで寝てない寝ながら考え事をしている睡眠は脳疲労を多く起こしていきます。この脳疲労が脳マヒを起こしていくと体調の悪さを感じません。

どんなに歪みやズレがひどくても感じません。風邪もひくことができません。
痛みやコリも脳が元気だから脳で痛みやコリをかんじます。
脳が元気だから体内に風邪の細菌が侵入したら細菌を減らそうとして熱を上げたり、セキを出して細菌を出そうとしたり、鼻水をだして細菌を出しています。
脳が起こす拒絶反応が風邪を引くことです。
眠りが浅いと回復することもできません。歪みやズレの安定が落ちていきます。
これも当院では検査することで判断していますから、自分でわからないことも検査することで院長にはわかります。
眠れているのか、眠れていないのか???

睡眠負債

②体質改善の治療

体質改善と言う治療は若返りの治療でありアンチエイジングの治療です。
体調が整っていくとできる治療になります。体質改善の治療は体の中から若返りさせることができる治療ですが一度で変わるものではありません。
治らないものを少しずつでも変える事ができるのが体質改善の治療です。

普通はカイロプラクティックの技術で体質改善ができる所は少ないようです。
歪みやズレは内臓の弱さに原因がありますから、弱い内臓は疲れやストレスをためやすく、多く蓄積していくと老化が急速に起きていきます。
この老化を防止したり、遅らせることができるのが体質改善の治療です。
老化は膝の痛みが起きる関節だけではありません。内臓、筋肉、じん帯、血管、リンパ管、神経、中枢神経なども老化していきます。

体質改善
2019年02月01日

カイロプラクティックでもボキボキしない

北九州市小倉南区でカイロプラクティックなら徳力整体院。

カイロプラクティックと言うのは骨盤の歪み・背骨のズレを矯正することで痛みやこりを楽にしていく方法です。
骨盤の歪み・背骨のズレから起きる症状は色々ありますが、代表的なものは腰痛、肩こり、頭痛、生理痛、便秘、下痢、軟便、首の痛み、首のこり、膝の痛み、疲れやすい、ダルイ、イライラしやすい、頭がボーとする、めまい、耳鳴り、目の疲れ、胃の持たれ、うつ、パニック障害、不安神経症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛のようにこれ以外のも多くの症状はカイロプラクティックの施術綱目です。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは手の技で体を整えるという意味があります。「カイロ」とは「手」と言う意味で、プラクティコス(術・技術)と言う意味がある単語を合わせて作った言葉です。

痛みやこりを治すとは

当院のカイロプラクティックの治療はボキボキしない痛くないカイロプラクティックをしています。低周波治療器や電器などで痛みやこりを散らすことはしていませんので低周波治療器や電器などは使っていません。当院は癒しでもなく体を直していくことを目的としたカイロプラクティックをしています。

当院の院長はカイロプラクティックの経験が30年ありますので、技術力、検査する技術などでは地域でも一番です。低周波治療器や電器をする治療院では当院のカイロプラクティックの技術には勝てないと思います。
本当のカイロプラクティックと言うのはボキボキするのが目的のカイロプラクティックではどうして痛みやこりが起きているのか、骨盤の歪み・背骨のズレが起きている原因まで見つけることはできません。痛みやこり、骨盤の歪み・背骨のズレは原因があって起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレが原因ではありません。骨盤の歪み・背骨のズレも陰に隠れたものが原因です。
この陰に隠れたものから改善するのがカイロプラクティックですから、原因療法と言いますので、原因療法と言いながら低周波治療器や電器などをすることはカイロプラクティックではありません。原因を見つけて変えていくのがカイロプラクティックですから、そういうカイロプラクティックをしています。いつまでも癒しているばかりでは、原因はどんどん進行していきます。

原因から変えていくことをしていきませんか。

必ず痛みやこりが起きるとき、また、骨盤の歪み・背骨のズレが起きる時には原因が潜んでいます。この潜んでいる物が、すべての原因です。
痛みやこりが起きる時には、カイロプラクティックでは骨盤の歪み・背骨のズレが原因であると言いますが、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか???骨盤の歪み・背骨のズレも理由があって起きています。骨盤や背骨は中枢神経を守っています。中枢神経を守っているのに、そんなに簡単に姿勢、重いものを持ったりすることで歪んだり、ズレしたら大事な中枢神経は守れません。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると言う事は、その中にある中枢神経も影響を受けています。中枢神経の軋轢はひどいものです。骨盤の歪み・背骨のズレが起きることで中枢神経への影響はかなり大きくなっていきます。

疲れやストレスの蓄積

中枢神経を守るのが

骨盤、背骨は中枢神経が入っています、骨盤の歪み・背骨のズレが起きると中枢神経はひどい影響を受けてきます。そして背骨の横には自律神経もあります。骨盤の歪み・背骨のズレが起きるだけで自律神経はバランスが悪くなります。自律神経のバランスが悪くなると自律神経失調症や内臓の働きが悪くなります。このことから起きる痛みやこりが多くあります。

しかし、本当は違います。

まず、体に多くの疲れやストレスが蓄積していきます。疲れやストレスは体全体にたまりながら筋肉にもたまっていきますが、多くの疲れやストレスは最終的に内臓にたまっていきます。
内臓に疲れやストレスがたまりながら、疲れやストレスが内臓にたまることで、内臓疲労が起きていきます。つまり、体の中から崩させてバランスが悪くなって骨盤の歪み・背骨のズレが起きます。
この骨盤の歪み・背骨のズレが痛みやこりになります。この内臓疲労が病気ではない状態で起きるのが、影の黒幕であり、潜んでいるものです。
痛みやこりは歪みから起きています。歪みから解消しなくても湿布を貼ったり、注射を打っても、低周波治療器や電器などの電気をしても、マッサージをしても、針やお灸をしても、一時的な緩和ができるかも知れませんは、原因は残ったままになっています。

原因は歪みです。

そして歪みも、どうして歪みが起きたのか、原因があります。
当院のカイロプラクティックは歪みから解消していくことで人気のある歪みの専門のカイロプラクティックです。

これが自然の歪みです。

疲れやストレスが多くたまると、歪みやズレを起こして、警報を鳴らす事をしています。 警報を鳴らして疲れやストレスがたまったという事を痛みやコリで知らせてくれます。この警報がないと、危ない事にもなります。 心臓が弱っていてもわかりません。

 

体に疲れやストレスがたまると、それは何処にたまるのか。たまる場所があります。このたまる場所で痛みやコリがどこで起きるか、わかります。背骨のズレを整えてカイロプラクティックで矯正
内臓と言っても病気ではなく、疲れやストレスが内臓にたまっているという事です。 疲れやストレスが多く蓄積していくと歪みやズレが大きくなります。その分痛みやコリも強くなります。

2019年02月01日

カイロプラクティックとは矯正すること

北九州市小倉南区でカイロプラクティックならボキボキしない徳力整体院。

歪みの専門家のカイロプラクティックというのは痛みやコリの専門家ですから色々な症状を改善することはできます。痛みやコリが起きたら病院に行ってみることも必要かも分かりませんが病院というのは病気の専門家ですから病気にならないと検査をしても判りません。
低周波治療器で誤魔化せれて納得しないでください。低周波治療器というのは痛みやコリを散らしてわからなくしているだけです。

低周波治療器というのは治療と言っていますが、低周波の電気をプラスからマイナスへ流すだけです。人が人工的に作った低周波の電気を流しても筋肉は疲労するだけです。
筋肉疲労があるのに、余計に筋肉を疲労させてコリをわからなくしているだけです。
痛みやコリがあるときには原因が陰に隠れています。これが本当の原因なんですが、しっかりとした検査ができないとわからないと思います。そんな簡単に潜んでいる原因は見つかりません。

疲れやストレス

痛みやコリが起きると

●病院というと痛みやコリの分野では外科や整形外科などが痛みやコリの治療をしていますが、整形外科や外科では、ケガや傷や骨折や骨のヒビ、手術が専門分野ですから痛みやコリはあまり得意ではありません。
病院以外では、
マッサージ院、鍼灸院、指圧院、整骨院、整体院、カイロプラクティック院がなどです。どこに行ったら良いのか、しっかり考えて下さい。
●マッサージ院は、筋肉のコリをほぐしていく所です。
●鍼灸院はツボを応用して針とお灸です。
●指圧院は指でツボをおして楽にしていきます。
●整骨院は、施術項目が決まっています。挫傷、捻挫、打撲、脱臼などです。腰痛、肩こりは治療項目にありませんから専門外です。しかし、法律で決まっているものでは営業できませんから、整体、カイロプラクティックの分野に出てきています。

しかし、専門外なので揉んだりしますが多くは低周波などの電気です。

●整体院やカイロプラクティック院は

痛みやコリの専門家です。痛みやコリが起きる原因は歪みになるということで歪みを解消していくのが目的です。電気を使うところも多くあります。低周波などの電気を使うと痛みやコリが楽になることもありますが、せっかくの歪みを矯正する所なのに、原因から解消しないで電気で痛みやコリを散らしてどうするか??ということもあります。
低周波などの電気で痛みやコリが治ることはありません。散らすだけです。当院でも昔は電気を使っていましたからよくわかります。
当院の整体とカイロプラクティックの治療は、低周波等の電気を使うことなく、手のみで体を整えていく治療法です。先ほどもいいましたが電気というのは痛みやコリを散らすだけなので原因から改善しないといけないのに痛みやコリを散らしていってどうするかということがあります。
問診をして痛みやコリがある部分についてお聞きします。
そして何よりも検査をして痛みやコリの原因になっているものを判断していきます。何よりも検査することが一番大事ですから、検査して歪みの度合いなどを見つけていきます。
歪みを矯正することで痛みやコリに限らず、体調を上げたり、調子を整えたり、体にたまったストレスを減らして解消したり、内臓の働きを良くして改善したりするのが当院のカイロプラクティックの施術です。
低周波などの機械をしても歪みはなくなりません。サプリメントや薬を飲んでも抑えられるかもしれませんが、歪みは残ったままです。

歪みから変えていかないと歪みを起こした原因は、痛みやコリがない時もドンドン進行していきます。歪みには歪みを起こした裏の原因があります。何も原因がなくて歪みが起きることはありません。
中枢神経を守っている背骨や骨盤が姿勢で歪みを起こすことはありません。他に原因が潜んでいます。

カイロプラクティックというと

カイロプラクティックと言うのは、背骨を矯正する施術法の事です。カイロプラクティックの施術では、体の歪み、骨格の歪み、骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉やじん帯のバランスなどを整えていく事が出来ます。
他院のカイロプラクティックの施術は、ボキボキしたり体を揉んだり低周波の電器や機械などで体の歪み、骨格の歪み、骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉やじん帯のバランスを改善することをしています。 当院のカイロプラクティックの施術法では、体の歪み、骨格の歪み、骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉やじん帯のバランスの崩れが起きた原因から施術していくカイロプラクティックをしています。 体の歪みが痛みやコリになります。
原因がないことはない

ボキボキするカイロプラクティック

しかし、体は何も原因がないのに歪みを起こすことはありません。歪みだけボキボキしたりして整えていっても、原因がすべて残っています。
この原因からまた、繰り返し起こりやすくなっていきます。 体と言うのは痛みやコリがないから良いのではなく、ないときも原因は悪さが進行していきます。 年齢も上がりながら、悪さの奥底で進行していきます。
当院のカイロプラクティックの施術は原因から変えていくことをしています。
普通のカイロプラクティックはボキボキしたり電器や機械と言う感じですが、当院ではボキボキもしませんし、電機や機械は使いません。

カイロプラクティックで電器や機械は使いません

以前は電機や機械は使っていました。
しかし、今では電機や機械に頼ることなく施術できるので、それらを用いていません。 低周波治療機やホットパック、ローラーマッサージ機などを使っていました。今では使っていない理由があります。 電器や機械は、痛みやコリを散らしているだけです。

痛みやコリを解消しないで散らして良くしたように見せているだけです。この事に気がついたのは、テクニックが向上したのが理由です。 電器や機械ばかり使って痛みやコリを散らしていると、痛みやコリの原因もわかりません。

電器や機械は簡単ですが。

痛みやコリを散らしているだけですから、原因は残っています。しかも、痛みやコリを散らされてわからなくしている間に、悪さが進行していきます。これが、当院が電器(低周波など)をやめた理由です。 当院も以前は、普通のカイロプラクティック院と同じようにボキボキしていました。しかし、このボキボキ音は、本当に骨を矯正しているのか、疑問になることがあり研究してみました。ボキボキしないカイロプラクティック

ボキボキ音とは

ボキボキ音は本当に骨の矯正の音なのか???以前に見たテレビの堺正章の世界一受けたい授業で紹介していましたが、骨の矯正音ではなく、背骨の間に椎間板があります。

この椎間板にたまる気泡の音です。背骨の歪みやズレをカイロプラクティックで矯正 上のイラストが背骨の一部ですが、骨と骨の間に椎間板があります。この中に空気のアワがたまります。この空気のアワが気泡ですが、これが多くなると、骨は歪みを起こしていきます。背骨の歪みで痛みやコリになるのでカイロプラクティックで整える
上の左の背骨は気泡が少なく歪みやズレは軽度です。しかし、右の背骨は、気泡が多くたまっています。この時に痛みやコリになります。しかし、この気泡のできる原因があります。

気泡の原因は

この気泡ができる原因は、疲れやストレスです。 疲れやストレスを軽く考えないで下さい。 疲れやストレスが多くなれば多くなるほど、体にとっては、すごいプレシャーになります。疲れやストレスが多くたまったことを、体調の低下とか、体調が悪くなるとか、体調を崩していると言います。 体に多くの疲れやストレスがたまると、体は歪みを起こしていきます。

カイロプラクティックとは
2019年02月01日

痛みやコリが起きたら

北九州市小倉南区で痛みやコリが起きたら専門の徳力整体院。

●この場合の弱いと言うのは体質的に弱いことを指しています。弱い部分を変えていくことができるのは体質改善の施術だけです。
話を戻しますが、ストレスは弱い部分にたまりますから、体の中の弱い部分を探す必要があります。その為の検査法があります。

疲れやストレス

体の中を見てみると何がある?

体の中は例えば体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg なりますので水分に疲れやストレスがたまるということはないと思いますので後残った35 kg の中にストレスがたまるところが存在しています。

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と脂肪と骨と内臓しか存在していませんので大脳や脳幹や脊髄も内臓の一部として考えればこの中でどこにストレスが溜まるのかという問題なんですが筋肉にもたまりながら内臓にも溜まっていきますが内臓と言っても病気と言ってるわけではありません。
つまり内臓の病気というわけではないのに 弱 い内臓にストレスが溜まっていくと働きが悪くなり体の中の崩れが起きて歪みやズレになります。

筋肉よりも奥にあるのが内臓ですから表面層の筋肉よりもダメージが大きいのが内臓に溜まっていくストレスですから内臓に溜まっていくストレスが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし背骨のズレを起こしていきます 。
しかし何回も言いますが内臓の病気というわけではありませんのでストレスが溜まった状態で歪みやズレになり脂肪やむくみが多くなったり顔が肥大した状態で大顔になったり骨盤が大きくなるということが起きてしまいます。

体質改善の施術

弱い部分を強くしていくのが体質改善の施術になりますが体質改善というのはアンチエイジングの施術でもありますので簡単な方法で変わることはありませんし一回で全て変え切ることはできませんので体質改善の施術ができるのは早い方で3回目からになります 。

ストレスのたまる場所

ストレスを減らす為にはストレスがたまる場所を知らないと減らす事ができません。ストレスと言うのは人の弱い部分にたまっていきますから、腰が弱い方は腰痛に、肩が弱い方は肩こりに、生理に関係する部分が弱ければ生理痛に、大腸が弱ければ便秘になります。
一番、わかりやすいのは生理痛と便秘ですが、そのもの自体の問題になりますから、

便秘は

大腸で言うと便を送る力が弱いのが原因で弱い大腸にストレスがたまると働きが弱い所に、さらに弱くなり便通が停滞して便秘になります。大腸が便を送る力が弱い訳ですからストレスが大腸に多くたまると働きが低下するのは当然です。

生理痛は

生理痛のある方は生理に関係する部分が年齢とともに弱くなっていきますから、生理に関係する部分が弱くなると下腹部痛、腰痛などが起きてしまいます。弱い部分を変えていくと生理痛が軽くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積
2019年02月01日

痛みやコリが起きるのは

北九州市小倉南区で痛みやコリの改善は徳力整体院。

当院では整体とカイロプラクティックの技術で体を整えていく事をしています。整体とカイロプラクティックの施術ではボキボキしない痛くない、そして低周波治療器や電器を使うことなく手の技術力のみで歪みやズレを矯正していく事をしています。

色々な痛みやコリ、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みでも関係しているのに、美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットをする時でも関係するものがあります。
両方に関係するものを減らしていくと痛みやコリも楽になり、浮腫みも減って顔が小さくなり、骨盤が小さくなっていきます。

両方に関係するものとは疲れやストレスです。疲れが多くなると疲労になり疲労が多くなると蓄積疲労になり、蓄積疲労がストレスと言います。ストレス(蓄積疲労)には2通りのものがあります。一つ目は精神的なストレス(蓄積疲労)、もう一つは肉体的なストレス(蓄積疲労)です。

疲れやストレス

ストレスの蓄積

ストレスが自分でも気が付かないうちに体にたまっていきます。ストレスがたまっていくと限界なくたまっていきますから、限界なくたまったストレス(蓄積疲労)が歪みやズレを起こしたり、浮腫みを増やしたり脂肪を多くしたり太りを作ったり顔を大きくしたり、骨盤を太らせたりしていきます。
しかもストレスと言うのは人の体の弱い部分にたまっていきますから、弱い部分が腰であれば腰痛を起こしたり、肩であれば肩こりになり、整理になる部分が弱ければ生理痛を起こし、大腸が弱い方が便秘になります。

ストレス(蓄積疲労)がたまりやすい部分と言うのは弱い訳ですから、この弱いと言うのは弱っていると言う意味ではありません。体質的に弱い場合のことですから、一過性ではありません。
人の体には弱い部分と、そうでもない部分が存在しています。弱い部分にはストレスがたまりやすく、たまると歪みやズレになり痛みやコリが起きてしまいます。
痛みやコリが無くてもストレスがたまると、浮腫み、脂肪が増えたり、太ったり、顔が大きくなったり、骨盤が太くなったりします。

ストレスを減らすこと

ストレス解消ではありませんが、ストレスを減らす事をしていくと、歪みやズレがなくなっていきます。そうすると腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどが楽になっていきます。
ストレスをへらしていくと痛みやコリ、美容整体でも効果が大きくありますが、一番、難しのがストレスを減らす事なんです。

ストレスと言うのは弱い部分にたまっていくと説明しましたが、その弱い部分を検査することで見つけ出さなければ減らす事ができません。

実は簡単なことで減らしているようなつもりでも減っていないのがストレスです。
人はストレスがたまると運動不足だと勘違いして運動したりジョキングしたりストレッチをしたり、また食事に行ったり、焼肉を食べたりウナギを食べたり、食欲が出るものを食べたりしています。

また気分転換で飲みに行ったり旅行をしたり温泉に入ったりドライブをしたり競馬にいったりパチンコしたり家でゆっくりくつろいだりしている程度です。

本当に、これらでストレスが解消できているのかと言うと、ほとんどできていません。この蓄積したストレスが体にダメージを与えて歪みやズレ、浮腫み、脂肪を多くしてしまいます。ストレス(蓄積疲労)と言うのは悪いものですから悪いものが多くたまっていくと最大のダメージになります。

疲れやストレスが溜まると歪みやズレになる
2019年02月01日

小顔矯正で顔を小さくする

北九州市小倉南区で小顔矯正ならカイロプラクティック徳力整体院。

小顔矯正をする時には浮腫み・脂肪も減らすこと

小顔矯正

疲れやストレスが体に多くたまっていくと、顔には浮腫み、脂肪が多くなります。そして、たまるのは生活による疲れやストレスだけではありません。最近は、多くの方が不眠症と言うよりも睡眠負債になっています。多くの方が気が付いていません。
不眠症と睡眠負債は違います。どちらも眠りが浅いことは同じですが、不眠症は、寝つきが悪く、夜に寝ようとすると1時間も2時間も眠れないのが不眠症の特徴ですが、また、夜中に何回も目を覚ますのが不眠症です。
しかし、睡眠負債は違います。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債とは夜に寝ようとすると朝まで目が覚めません。睡眠負債はアメリカで研究されているものですが近年、多くなっているそうです。

睡眠負債になると、生活や仕事、運動で動いたりしてたまる疲れやストレスではなく、眠りの浅さから起きるストレス(蓄積疲労)が大脳にたまっていきます。
大脳にストレス(蓄積疲労)がたまっていくと大脳が急激にパワーを落としていきます。大脳がパワーを落とすと痛みやコリを感じなくなったり、風邪、インフルエンザなどの細菌やウィルス体内に入っても熱が上がりません。

大脳が元気だから熱を上げて細菌やウィルスを減らす事ができます。

この時に、出るのが細菌やウィルスを減らすことが自力でできる熱です。
つまり熱を上げる元気もないと言う方がいます。この時には骨盤の歪み、骨盤の開きが大きくあり背骨のズレがありガタガタ状態の背骨をしていますが、感じていません。

痛みやコリが無いからと言って体調が良いとは限りません。疲れやストレスがたまっていれば当然、体調、調子が落ちています。その時には顔は大きく感じます。そして顔だけではなく浮腫み、脂肪が増えていきます。また、体も太りやすくなります。

生活による蓄積した疲れやストレスを減らすことと、睡眠負債があれば睡眠負債を改善する事をしたり、また、体質改善の施術がありますから、体質改善の施術で体の中から変える事をしたりしていきます。

体質改善の施術

体質改善と言うのはアンチエイジングの施術になりますから、体の中から変える事ができる方法です。小顔矯正をして行くときには、誰でも初回からできる事はありませんが、体質改善は体の中ら直していく事ができます。
体質改善の施術をしていくと小顔になりやすくなることは当然ですが、顔だけではなく頭も小さくなり体全体が細く引き締まっていきますし体の中が変化してくると体調も良くなっていくからです。

2019年01月31日

骨盤矯正をしていくなら

北九州市小倉南区で骨盤矯正ならカイロプラクティック徳力整体院。

骨盤を小さくしていく為には、どうすれば骨盤が小さくなるのか、考えることも必要です。どこを、どうしたら骨盤が小さくなるのか、小さくなったでなったら維持する事ができるのか、その説明をしています。
骨盤矯正をする時には深く関係する2つのものがあります。

骨盤矯正とは

疲れやストレスと骨盤矯正

一つは疲れやストレスの蓄積、もう一つは睡眠負債です。当院では検査する事をしていますので検査してみると骨盤矯正を希望されてきた方、全員が体調が良いとは言えませんでした。
痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。体調が悪い、又は、落ちていると言う事は疲れやストレスの蓄積が多くあると言う事になります。

疲れやストレスが多くあると顔に浮腫み、脂肪が多くなります。そして何よりも顔が大きくなります。
いつの間にか、たまってしまっている疲れやストレスが顔を大きくしていきます。それを正常に戻していくと顔が小さくなり、特にアゴのラインをスッキリしていきます。
矯正する上で、一番、難しいのが疲れやストレスを減らす事です。1回ですべての疲れやストレスは減らすことは困難です。しかし疲れやストレスを減らしていくと持続力、維持する力が上がります。

疲れやストレスを減らすことで顔が小さくなると言う事は世間一般的なものではありませんので、初めて聞いたと言う方が多くいますが、それほど特殊な矯正ですから、誰でもできるものではありません。

骨盤が小さくなる骨盤矯正

当院では骨盤矯正をして小尻にする時には特徴がある骨盤矯正をしています。もちろんボキボキしない痛くない骨盤矯正は当然ですが。

骨盤矯正をしていく時には、どうやって骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくのか、と言うことが気になると思いますから説明していきたいと思います。骨盤を小さくする為には骨盤の歪み・骨盤の開きだけではありません。
そして小さくなったら小さくなったで維持することができるのか、持続力があるのか、と言うことを聞かれますから説明していきます。

多くの方が骨盤矯正にきていますが、ただ顔を小さくする為にだけ来ていますから骨盤を小さくするということは骨盤部分だけ小さくすれば良いと言う訳ではありません。

よ~く考えて下さい。骨盤矯正と言うのは骨盤です。つまり骨です。

骨盤矯正というと、よくわかっていない方がいますから骨盤矯正と言うのは骨を小さくしろと言う事です。
骨盤矯正をする時には骨盤周辺のの脂肪を減らしたり、浮腫みを減らすことも、もちろんですが。
浮腫み、脂肪を減らすだけではありません。
骨盤矯正をしていく時には、骨盤にには何があるのかと言うと、皮膚、筋肉、じん帯、骨(骨盤)、脂肪、浮腫み、神経、リンパ、血管しかありません。

この中で骨盤をを小さくする為には、どこを小さくすれば骨盤が小さくなると思いますか。?????
骨盤にはの皮膚、筋肉、じん帯、骨(頭がい骨)、脂肪、浮腫み、神経、リンパ、血管で、まず先に除外されるのは神経と血管とリンパです。

骨盤矯正と内臓

脂肪と浮腫み

あとは脂肪を減らすことや浮腫みを解消することで骨盤が小さくなります。しかし、それだけでは少ししか小さくなることはありません。いくら表面上のものを減らす事をしても、どうして脂肪や浮腫みができたのか、と言うことが問題です。
あとは筋肉、じん帯、皮膚、骨(骨盤)しかありません。この中で小さくできるものがあります。それを小さくすることは誰でもできるものではありませんが、小さくすることができれば特に小尻になることができます。
この中で小尻にすることができるのは、脂肪や浮腫みを減らす解消することと骨を小さくすることができれば骨盤が小さくなり小尻になります。骨盤の骨を小さくする事なんかできるのか。

実は、それができるんです。しかも安全です。危なくもなく危険でもなく顔を小さくすることができます。
しかし骨を小さくすると言うことは簡単でもないし超がつくくらい特殊です。しかし、できるから簡単そうにしています。これも30年の技術があるからです。
骨盤矯正をする時には自分で骨盤の幅を触っておぼえてもらいます。その時には左右差を感じようとして触って下さい。

骨盤に炎症やハレ

骨を小さくすることも意味があります。実は骨が炎症やハレを起こしているからです。顔の骨が炎症やハレを起こすことが多きあります。本人も気が付いていないし、わかっていませんが骨盤の骨が炎症やハレをある理由から起こしています。
これが、わかったのも検査できるからです。骨盤の歪み・骨盤の開きではなく骨盤自体を検査してみると多くの方が骨盤の皮膚や筋肉、じん帯、脂肪、骨に炎症やハレを起こしています。
骨盤の炎症やハレを起こす原因もわかっています。何も原因がないのに炎症やハレが起きることはありません。当然ですよね。

炎症やハレが起きるのは毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。
多くなるものが実は骨盤の骨にもたまっていきます。たまるものは疲れやストレスです。
疲れやストレスは誰でもあります。疲れやストレスがないと言う方はいません。
その疲れやストレスが顔にもたまっていきます。筋肉、じん帯も炎症やハレを起こしていきます。そうすると脂肪、浮腫みも多くなります。

そして実は骨にも炎症やハレを起こしていきますから骨が炎症やハレを重ねていくと顔が気が付いていないうちに大きくなって自分の顔になります。
これを、少しずつ正常に戻していくと骨盤が小さくなります。特に骨盤全体が変わりますが骨盤が小さくなるとウエストも細く引き締まっていきます。

骨盤矯正と疲れやストレス
2019年01月28日

骨盤矯正で小尻に

北九州市小倉南区で骨盤矯正ならカイロプラクティック徳力整体院。

当院では初回から骨盤が小さくなりますが3通りの骨盤矯正があります。

① 1回のみの骨盤矯正

骨盤矯正

1度でもお試しで骨盤矯正を受けて見たいと言う方の骨盤矯正をしています。本当に骨盤が小さくなるのか不安な方の骨盤矯正をしています。気に入ってもらえたら本格的な骨盤矯正に進むことができます。しかし骨盤矯正と言っても1回で終わることはなく関係する部分がありますから関係する部分や先に進める施術も必要です。
骨盤矯正と言っても骨盤だけを小さくすれば良いと言う訳ではありません。もし骨盤矯正で骨盤が小さくなったらとしたら中にある内臓はどうでしょう。内臓を圧迫しませんか。構造的に考えても小さくなったら大腸、小腸、膀胱、子宮、卵巣を圧迫しています。そう言うことがないようにする為には検査する事をしています。

骨盤矯正で一番の悪影響は疲れやストレスの蓄積と睡眠負債です。今は多くの方が気が付かないで睡眠負債になっています。疲れやストレスは体にもたまりますが骨盤にも骨盤の中にもたまります。骨盤の中とは内臓ですね。ですから単純に骨盤の歪みや開きを整えれば良いと言う訳ではありません。

骨盤の中に疲れた内臓があると維持することはできません。体にも多くの疲れやストレスがたまっていると骨盤の歪み・骨盤の開きが大きくなります。

② 本格的な骨盤矯正

当院ではしばらく骨盤矯正を続けて受けると骨盤だけではなくウエストも細く引き締まって体全身が変わっていきます骨盤矯正をしていく時も検査する事をしていきますが検査してみると骨盤の歪み・骨盤の開きが大きくあります。骨盤の歪み・骨盤の開きがあると骨盤は肥大しながら大きくなります。

③ 体質改善で骨盤矯正

当院では特殊な骨盤矯正をしています。

当院では初回から骨盤が小さくなる小尻になることで人気があります。当院の骨盤矯正はボキボキしたり痛くもない怖くもない骨盤矯正をしています。

骨盤矯正をしていく時に、本当に初めから骨盤を小さくしていく事ができますが、その為にも初めは骨盤だけ触って小さくしていきますが、2回目、3回目からは体も整えていく事をしていきますが、体を整えたりする事でも骨盤が小さくなりやすくなります。

そして最近は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが眠りと言うのは脳が休養を取って寝ていることを言います。脳から寝ていないと寝ているとは言えません。脳から寝るということは深い眠りになります。脳から寝ていない方は夢を見ている方と寝ながら考え事をしている睡眠をしているかたがいます。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。目が覚める数分前に見ているから目が覚めた時に夢を見ていた記憶だけが残ります。しかし夢を見る前は寝ているからわかりません。このわからない時間に寝ながら考え事をしている睡眠をしていると体調はすごく悪く落ちていきます。

体調が落ちると骨盤の歪み・骨盤の開きなども大きくなって骨盤が肥大しながらお尻が大きくなります。骨盤の歪み・骨盤の開きが大きくなると骨盤周辺に浮腫み、脂肪が多くなります。寝ている間に大きくなっていきます。太りも多くの場合、寝ている間に太っていきます。

朝は体が引き締まっていなければいけません。動いていない訳ですし今まで寝ていたわけですから。しかし朝から顔が浮腫んでいたり、だるかったりすると眠りが浅いと言う事になりますが、もう一つ最近、多くなっているのが眠れていなのに動ける方が多くいます。朝、目が覚めたらすぐに動ける方ですが、眠れたからと思うでしょうが、実はハイテンションになっているからかも知れません。

小尻になる骨盤矯正

脳が弱りすぎているとハイテンションになります。ハイテンションになれば疲れ知らずで動けます。動けるから疲れ知らずで働けます。だから元気だと思っている方も多くいます。

骨盤矯正の訪れる方に体調を聞いてみると「体調は良いです」とか「体調は悪くありません」と言う方が多くいます。その方を検査してみると骨盤の歪みや開きが無茶苦茶大きくある方ばかりです。普通でしたら腰痛、腰の痛み、生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、膣炎、股関節の痛みなどが起きていても不思議ではない歪みやズレが有るのに、それを言いません。
最近は隠れインフルエンザ、隠れ心筋梗塞などの言葉があるように、隠れ歪み、隠れズレ、隠れ痛み、隠れコリがあります。

つまり自分で悪さを感じていない方です。歪みやズレ、痛みやコリがあるのに感じていない方です。
この方は眠りが浅いから体調が無茶苦茶、悪くなっていますが、それを感じていないしハイテンションになっています。

最近は、骨盤矯正を希望されてくる方の多くが、この状態になっている場合もあります。そのため体調が悪すぎると維持する力が、ご自分にありません。維持する力、持続させる力は自分の体の状態にあります。骨盤を小さくして小尻にしました、けど終わった瞬間から崩れていくような体調では維持することなんかできないのは当然です。

2019年01月28日

小尻になるから

北九州市小倉南区骨盤矯正ならカイロプラクティック徳力整体院。

骨盤矯正と言うのは、わかっていない方が多くいますので骨盤矯正の説明をします骨盤矯正をしていく時には、もちろん骨盤周辺の脂肪や浮腫みを減らすこともできますが、それでは骨盤矯正とは言えません。

骨盤矯正とは

骨盤周辺の脂肪や浮腫みを減らすなら、骨盤矯正と言うよりも骨盤周辺矯正です。骨盤矯正ですから骨盤をどうにかしていくことが骨盤矯正です。骨盤を小さくしていくことができるから骨盤矯正ですよね。
では骨盤は中央の仙骨(尾てい骨)と寛骨(恥骨、坐骨、腸骨)から構成されています。仙骨と寛骨の骨を小さくしていくことができれば骨盤は小さく小尻になります。しかも無理やりでもなく自然にキレイに見えるように骨盤矯正で小尻にしていきます。

骨盤矯正と言っても小尻に見えるようにするものではく、小尻にしていきます。
しかも、無理にではなく骨盤矯正をしていきます。
何度も言いますが骨盤周辺の脂肪や浮腫みを減らすのもしていますが、骨盤自体を変えていくことが骨盤矯正です。
当院では30年で骨盤矯正を希望される方が多くきて骨盤矯正をしていますが、多くの方の骨盤を検査してみると骨盤に異常があるかたばかりです。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤に異常とは骨盤の歪みや骨盤の開きは当然起きていますが、それ以上に骨盤の骨が炎症を起こしていたりする方もいます。
多くの方が骨盤の骨が炎症を起こしています。
骨が炎症を起こすと骨が大きくなります。それを改善していけば骨盤は正常になって、骨盤が小さくなります。
つまり小尻になることができます。

普通は骨が炎症を起こすことはありませんが、最近は多くなっています。
当院では検査することで骨盤の歪み・骨盤の開き・骨盤の骨の炎症を確認していきます。
ある方は骨盤を正常に戻していくと小尻になることができます。
そして骨盤の骨の炎症から起きる症状の改善も可能になります。
骨盤が炎症を起こしていると脂肪になりやすく、浮腫みが多くなります。

当院の骨盤矯正は

当院では30年記念で初回5000円が期間限定で3000円になる骨盤矯正をしています。
当院の骨盤矯正は、ただの骨盤矯正ではありません。

当院では骨盤矯正をする時には、検査することを重要視しています。
検査することで骨盤の色々な状況が判断できます。
多くの骨盤矯正を希望される方の骨盤を検査してみると全員に骨盤の歪みや骨盤の開きがありました。

そして骨盤の炎症やハレがあると言う方までいました。
特に骨盤の中央の骨の仙骨(尾てい骨)まで炎症やハレがあると、骨盤の中央の骨の骨自体が大きくなって変形していることもあります。

仙骨が炎症を起こすと骨自体がジュクジュクしている方もいます。骨が炎症やハレを起こすと骨が変形して骨盤を大きくすることも起こります。
この骨盤の炎症やハレを改善していく事をしていくと骨盤が小さくなることもあります。

普通では起きませんが当院では検査する事ができますから検査してみると、そんな変なことが起きているのがわかりました。
当院では、一風変わった骨盤矯正をしています。当院には多くの方が、小尻になるために訪れていますが、初回から骨盤が小さくなるようにしています。
ただし、当院では目的をもって骨盤矯正をしていきますので、マッサージでもないし、癒しでもないし、エステとは違います。

そして他の整体院やカイロプラクティック院とも違います。
ですから電気類、機械類は一切使うことなく骨盤矯正骨盤を小さくして小尻にしていきます。
当院の骨盤矯正は手のみで骨盤を整えることで変えていく骨盤矯正をしています。

当院の院長の手が特殊だから手で骨盤を整えていくだけで骨盤が小さくなりますから、院長が骨盤矯正に入る前に、必ず、毎回、骨盤を触って幅などをおぼえておいて下さい。
骨盤矯正を始める前に、どれくらい骨盤が1回で小さくなるのか、と言うことはわかりませんが、小さくなりますので幅を触っておぼえるようにしてください。

骨盤矯正で骨盤の歪み・骨盤の開き
2019年01月28日

骨盤矯正で本当に変わる

北九州市小倉南区小尻になれる骨盤矯正ならカイロプラクティック徳力整体院。

院長の施術法を説明すると、ただ骨盤のあたりを、もんでいるだけで、本格的に小尻になります。 時には、上向きで、お腹のあたりや骨盤を触ります。
基本的には、

骨盤矯正

院長には、小尻にする場合も、変わりやすい所は、悪いところを変えていきます。だれでも、悪いところはあります。 自分で気が付かないで、弱っている所や悪い所を施術で変えると骨盤が小さくなります。 無理な施術ではなく、悪いところを減らしていくと、骨盤が狭くなります。だから、体を元気にしていく方法で、骨盤矯正ができて、小尻になれるから人気なんです。

数回受けようと思う方は、回数券をご利用ください。と言うのは、体調も良くなって調子が上がります。 体も細くなる施術もあります。 浮腫みが減って体が引き締まることで、本当に喜ばれています。 人によっては、上半身が細くなります。
小尻になれる骨盤矯正をすると、生理痛や生理不順、便秘などが改善する場合もあります。 又、骨盤の開きなども良くなります。
そして、ウエストがクビレが起きます。

体質改善の施術

当院には、体質改善 アンチエイジング 若返りという施術法もあります。 体質改善 アンチエイジング 若返りのレベルから骨盤矯正をしていく方法です。 体を根本的なレベルから変えると、もっと変わります。
体を直していくと、本当に小尻になれる骨盤矯正は変わります。 体の中から変える事ができる、唯一の施術法です。 小尻になれる骨盤矯正を希望の方も、この方法でキレイに骨盤の幅を小さくしていきませんか。 体の中から変えると、キレイに顔が小さくなります。
※ 又はもっと体質レベルの施術で改善していくと、もっと体全体から変わります。 骨盤の幅を変えていく場合、体質改善で骨盤を変えて行くと、もっと変わります。
しかし、体質改善は初回からはできません。 体の準備ができていないと体質改善 アンチエイジング 若返りはできません。

定期的に来院していない方はできません。

体質改善

この作業はいい加減にしないで、しっかり触って下さい。
いい加減に触る方ほど、骨盤矯正後、よくわかっていない場合が多いからです。
幅が変化したのを確認するわけですが、これはメジャーで計測するのと違って難しいことです。
難しいことを簡単に考えないで、しっかり触りましょう。
どんなに良い骨盤矯正をしても便秘、生理痛、生理不順があっては骨盤に影響が大きく、リバウンドが起こります。骨盤矯正と言っても骨盤の中の内臓状態が影響することが当然、ありますから、便秘、生理痛、生理不順、膀胱、卵巣などの改善もしていく必要があります。
多くの方が骨盤が小さくなることで人気があって小尻になると評判の良い専門家のいる当院に来院しています。
当院の骨盤矯正は骨盤矯正グッズなどよりも効果があって、ストレッチするよりも骨盤が小さくなる骨盤矯正なので、おすすめの矯正をしています。

骨盤矯正は当院の特徴の一つなので、初回から骨盤が小さくなる小尻になる骨盤矯正です。
当院では人気の骨盤矯正をしています。当院の骨盤矯正は電器や機械は使いません。手のみで骨盤矯正をしていく施術をしています。手で骨盤矯正をしていくのは、手だからできる骨盤矯正があります。
逆に電器や機械で、もし、骨盤矯正ができるなら簡単でいいですが。電器や機械は、余計に浮腫みを起こしてしまいますが、当院の手で行う骨盤矯正は、即効性があります。
即効性がありますので、初回から骨盤の幅が変わって小尻になることができますが、必ず数回は受けるようにしてください。
それには、理由があります。
その理由が、もっと変わる事が出来るのと、骨盤だけではなく、ウエストがクビレてくる矯正も同時にできるからです。
骨盤矯正で骨盤だけが小尻になっても、ウエストが太ければ意味ありません。
ウエストがクビレて細くなることも、同時ですができるからです。
しかし、初めからすべて行うことはできませんので。
小尻になれる骨盤矯正は1回受けてみたいと言う方は、骨盤を小さくする施術をしています。もし、変わることがわかったら、初めは数回は受けて見ようと思ってください!!
理由は、もっと変えられるからです。 受けると、本当に骨盤の幅が狭くなり小尻になリます。

骨盤矯正

カイロプラクティック徳力整体院の小尻になれる骨盤矯正は、痛くもないボキボキしない、 電機任せにしない手のみの骨盤矯正です。
いくら電機で骨盤矯正ができてもキレイには見えません。 骨盤はお尻なので、柔らかくして張りがあるお尻をしていないと、後ろ姿が悪くなります。 固そうな骨盤では、ヒールの靴を履いても、歩き方が悪くなります。ヒップアップにもなります。

臀部(お尻)が上がると、足と骨盤の境がハッキリしてスッキリしていきます。

骨盤矯正

だから簡単に小尻にしているように見えるけど、本当に小尻になれるから人気なんです。こんなに簡単に小尻になれるから喜ばれています。
簡単にしているように見えるけど、すごく高等テクニックで難しい技術だけど、 使える人が使うと簡単にしているように見えるから困っています。
そんなに簡単に、小尻にしている訳ではないけど、なぜか簡単にしているように見えるけど。高等技術なんですよ。

骨盤矯正とは
2019年01月28日

肩こりになるのは

北九州市小倉南区で肩こりならカイロプラクティック徳力整体院。

肩こりを楽にしていく為には筋肉のコリから解消していくようにしています。肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージが多くありますが肩こりを起こす筋肉のコリと言うのは、どうなっているのか、単純に肩こり、肩こりと言いますが、肩こりのコリとは筋肉がどうなっていることなのか、と言う事は説明できる方は多くいません。肩こりを解消している施術院の方も知りもしないし考えもしない方が多くいます。

肩こり

肩こりとは

肩こりを起こしている筋肉のコリとは筋肉が緊張したりしていることです。では、どうして筋肉が緊張して固くなっているのか、と言う事なんですが、肩に限らず筋肉は毎日の生活、仕事、姿勢、荷物を持つ、維持する力、運動、ストレッチ、筋トレなどで多く使っていますが、筋肉を使う事をすると筋肉は仕事をしていますから動かしたり使う事で疲れが多くなり蓄積していきます。

この積み重ねの筋肉疲労が肩こりになります。筋肉疲労が起きていくからリンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積していきます。これでも肩こりになります。肩こりと言うのは筋肉に疲れが溜まることで感じるのが肩こりです。軽いうちは肩や腕を動かすことでリンパの流れが改善されて老廃物が流れ循環が良くなります。
しかし筋肉の疲れ=筋肉疲労が多くなると簡単には回復できなくなります。
当院では肩こりを検査して筋肉のコリを確認しながら施術していきます。筋肉のコリが解消できてきたら次に進んでいきます。

肩こりがどうして起きる

肩こりと言うと見た目でみて見えない原因が潜んでいますから筋肉ばかりに注目してコリをほぐしたり、柔らかくしたりしようとしていますが検査も確認もしていません。確かに筋肉を揉んだりしてもマッサージしても肩こりは楽になるでしょうが、肩こりを楽にすることと、肩こりの原因を見つけて直していくこととは大きな違いがあります。
肩こりを楽にする施術と言うのは湿布を貼ったりしても楽になることもあります。肩こりを楽にすると言うとサプリメント、

医薬部外品でも肩こりは楽になることもあるでしょう。マッサージしても筋肉を揉んでも肩こりは楽になると思います。低周波治療器や電器をしても筋肉のコリが散ってしまってわからなくなることで楽に感じるかも知れません。
しかし肩こりには目で見えない、目でみても、わからない原因が潜んでいます。原因も いつまでも同じままではいられません。体が歳をとるように原因も進行していきます。進行するスピードも関係します。急速に進行する場合と普通に進行する場合など色々です。

何回も言いますが肩こりを楽にすることと、肩こりの原因を見つけ出して解消していくことは違います。肩こりの原因を見つけることは大変、難しい為、多くの治療院が対症療法ばかりしています。対症療法と言うのは原因なんか関係ありません。対症療法という施術法は湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器、ボキボキしたりすることです。

当院では肩こりの原因を見つけ出していく施術をしていますが、その前に肩こりを楽にしていく対症療法をしています。

肩こりになる理由

肩こりとは

肩こりには、どうして肩こりが起きるのか??
何をしたら肩こりになるのか??
肩こりと言うのは何なのか??
という事を考える方は少ないようです。

ただ、肩こりがつらいとか、しか考えません。
その為、肩こりと言うと筋肉のコリをほぐして終わりと言う治療が多くあります。実際に筋肉をほぐせば、その時は楽になったように感じます。
それで『肩こりが良くなった』、『肩こりが治った』、『肩こりが楽になった』と思う方が多くいます。

本当に、そうでしょうか????????????
肩こりと言うのは、どうして起きるのか、原因があって肩こりになっています。

この原因を見つけていく事をしないと形が変わって症状を起こしていきます。しかし原因は同じなんです。
肩こりに関係するものは筋肉のコリと背骨の歪み、首の骨のズレ、内臓が関係しています。
内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。

疲れやストレスの蓄積が肩こりになる

肩こりは筋肉のこり、筋肉疲労、緊張、硬縮、弛緩、リンパの流れが滞って老廃物の蓄積などが原因で起きています。
筋肉の問題だけでも、多くのトラブルを起こして肩こりになります。
いつも肩や腕はよく使うことが多く筋肉疲労は日常茶飯事です、最近はスマホの発展で細かい字を見たり、ディスプレイで目の疲れを起こしやすく、目を使う事でも肩こりになります。
スマホの使う事が多いので肩や腕を使う事で肩こり。
同じ肩や同じ方に荷物を持つことで肩こりになる。

事務仕事で肩こり。
パソコンを使う事で肩こり。
腕や肩を使う仕事で肩こり。
横向きに寝て腕を立てて頭を支える姿勢で肩こりになります。
長く運転をすることで肩こり。
免疫力低下で肩こり、風邪を引いて肩こり。

肩こりとは
2019年01月28日

肩こりを改善

北九州市小倉南区で肩こりはカイロプラクティック徳力整体院。

肩こりになる方は無意識に肩こりになることをしています。
体の疲れやストレスがたまっていくと、疲れやストレスを感じないで肩こりになる方がいます。

肩こり

肩こりとは

肩こりを感じる時には筋肉の緊張でコリを起こしているから肩がこるということで肩こりになります。肩が凝っているときには筋肉がコリを起こしているので硬くなってきます。
筋肉が硬くなると循環も悪くなってリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまります。この老廃物が多くたまることでも筋肉はコリを起こします。

そのため、検査というのが重要なものになっていきます。まず何よりも検査をしっかりすること。当院の院長は筋肉のコリの部分を確認することができます。
当院の検査方法は、肩凝りがどこから起きているのか検査をすると、すぐにわかります。

肩こりの場合、肩の筋肉を触れば筋肉残りから肩凝りが起きているのかということが、すぐに検査でわかります。
簡単に言うと、筋肉がコリを起こしているか、筋肉以外から起きている肩こりなのか。

本当の肩こりの原因は主には3つです。

筋肉の問題、内臓疲労の問題、脳疲労の問題から起きています。
これを見た時に、疑問に思う方もいるかも知れませんが、これが本当のことです。ただし、内臓といっても病気ではありませんので勘違いしないでください。

疲れやストレスは内臓にも多くたまります。もちろん筋肉のもたまりますよ。しかし、多くの疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。内臓に疲れやストレスがたまると働きが悪くなるし、働きが悪くなることで内面から崩れていき、骨盤の歪み、

骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。
この骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きると筋肉もコリを起こしたり、これを悪化させると椎間板ヘルニアになります。頸椎のヘルニア、胸椎のヘルニアになります。

内臓に蓄積する疲れやストレスが体の歪みを起こしていき、骨の歪みやズレになります。この時のは歪みの程度・状態により筋肉のコリになります。これが通常の肩こりです。
何かをしたら疲れが発生します。この発生した疲れがたまるのが筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していくと歪みができて肩こりを感じだします。

肩こりとは、どうして

肩こり

① 筋肉で起きる肩こり
② 歪みから起きる肩こり
③ 内蔵疲労から起きる肩こり
多くの場合この三つの肩凝りがあります。

ほとんど多くの場合、筋肉だけで起きる肩こりはあまりなく、ほとんどが3番目の原因から肩凝りになります。歪みが起きるときもゆがみが起きる原因が内臓を疲労なので、本当の肩こりというのは疲れやストレスが内臓に蓄積して背骨の歪みになって歪むことで筋肉が引っ張られたりしてコリを起こして肩こりになっています。
病院に行っても、まずはじめはどんな症状を問診をして肩こりの場所を聞いてみて検査することからはじめて見ると思います。

しかし病院では検査でわかることは病気になってからです。
多くの肩こりの場合、病気ではないので検査をしてもおわかりません
肩こりも原因がありますから原因から改善していくようにしていかないと、湿布や注射、薬、電機でも一時抑えはできるかもしれませんが、肩こりが感じないときも原因は進行していきます。
肩こりがない訳ではなく感じないだけということも多くあります。肩こりも起きる時には歪みと歪みを起こした原因が潜んでいます。

つらい肩こりは、普通は、筋肉のコリと言う感じですが、肩こりほど、色々な原因あるものもありません。
肩こりには肩こりが起きた原因があります。当院ではこの原因も考量に入れながら改善していく事をしていきます。

コリを解消するには

肩こりを主に起こしているのは僧帽筋と言う筋肉になります。
この僧帽筋は、頭の付け根から首から背中まである筋肉です。
ですから肩こりだけではなく、首の痛みと首のコリまで起きる方も多くいます。僧帽筋がコリを起こしている時には、体調も落としていることが多くなります。つまり体に疲れやストレスがたまっていると言う事になります。
疲れやストレスが多くたまると、体調が悪くなって循環や代謝なども悪くなります。体調を落として悪くなると肩こりが起こりやすくなるからです。

コリは

肩こりが筋肉のコリからとしたら普通は、肩や腕、手を使う仕事をすると、筋肉のコリは起こります。筋肉のコリが起きると、循環も悪くなります。

循環の関係の代表的なのもは、リンパです。 筋肉の間にあるリンパ液が吸収して老廃物を減らしていきます。ただし、何も原因がなくて、リンパ液が働かないわけありませんが。リンパ管やリンパに命令を出すホルモンが出ていないとリンパは働きが悪くなります。 筋肉の間を循環して老廃物を取るリンパ液も、いつも働いている訳ではなく命令が来た時に働きをします。

背骨のズレと肩こり
2019年01月28日

肩こりの解消

北九州市小倉南区で肩こりと疲れやストレス。

体調が悪いと、
① 循環が悪い。② リンパの働きが低下する。③ 体に疲れやストレスがたまる。④ 歪みやズレが起こります。⑤ 筋肉が固くなっている方もいます。これらの原因が肩こりを起こしています。

肩こりとは僧帽筋のコリ

肩こり

肩こりの原因になるものは肩こりは簡単に考えないで下さい。 電器や機械、ボキボキしたり、揉んだりししていると原因がわからなくなります。① 筋肉のコリから肩こり② 体調が悪いと歪みやズレができるので肩こりになる③ 肩や首の骨が椎間板ヘルニアになっている④ 筋肉が固いことから肩こりになる方もいます。⑤ 内臓から起こる肩こりもあります。
簡単に上げて見ても5つありますので、これ以外で起きるものもあります。

①体調が落ちているから肩こりになります肩こりが起きるときには、疲れやストレスがたまっています。 疲れやストレスがたまると、体の歪みが起きています。 体の歪みが起きて、疲れやストレスが蓄積すると、筋肉だけの肩こりではなくなります。
体に疲れやストレスがたまると、リンパの流れが悪くなります。リンパだけではなく血流も悪くなります。その他の体液の流れも悪くなって、色々な所に疲れやストレスがたまっています。 疲れやストレスは際限なく限りなく蓄積することができます。

あまりに多くの疲れやストレスがあると、マヒする方もいます。
疲れやストレスは、どこにでもあるし、何かをして起きるものもありますが、原因がない場合も多くあります。

① 筋肉のコリから起きる肩こり

使いすぎやパソコン作業、レジ打ち、手仕事などの繰り返しで、肩を使いすぎると肩こりになります。
この時の肩こりは、筋肉のコリで起きています。
肩こりは筋肉の循環が悪くなって起きています。 肩で筋肉がコル、だから『肩こり』です。コリとは肩の筋肉が緊張している事を言います。
肩の筋肉が緊張すると、血流が悪くなります。 血流が悪くなると、老廃物もたまります。 肩を使って起きるコリと肩を動かさないで血流が悪くなって肩こりが起きる場合があります。
筋肉のコリは、肩を上下させるとか、肩や手を回したり動かすと、軽くなる場合もあります。 軽くならない場合は、

疲れやストレスと肩こり

② 背骨などの歪みやズレから起きる肩こり

首の骨や背骨まで歪みが起きたり、骨のズレが起きると肩こりは、筋肉だけでは済まなくなります。この歪みやズレは、疲れやストレスの蓄積で起きています。

①の場合も、②の場合も、肩こりになっている原因は、個人個人違いますから、肩こりの原因を見つけて改善する施術をしていきます。

しかし、肩こりに関係する筋肉は、循環が悪い時間が長いと、筋肉も固くなります。 一時的に固くなって、肩の筋肉が張る場合と筋肉が老化して固くなっている場合があります。 一時的な筋肉の張りでしたら、柔らかくするだけで良くなります。
その原因を見つけていくためにも、筋肉から柔らかくしていく方法で、どれくらい改善できるかやってみて判断していきます。椎間板ヘルニアが起きているかもしれません。
又は、

肩こりは内臓から

肩こりも内臓から起きているかも知れません。(病気ではありません)本当は、内臓の疲れから起きている肩こりも多くあります。 単純に肩こりも筋肉のコリと思わないでください。 疲れやストレスは内臓にたまっていきます。
内臓の疲れやストレスの蓄積だけではなく脳にも関係して肩こりになります。 脳と言うと、眠りにも関係しています。
眠りが浅いと、脳が弱ります。

肩こりとは
2019年01月28日

小顔矯正で顔を小さくできる

北九州市小倉南区で徳力整体院は小顔矯正をして30年。

小顔矯正をするなら浮腫み、脂肪を減らすだけではありません。
小顔矯正をしていく時には、顔には何があるのかと言うと、顔の皮膚、筋肉、じん帯、骨(頭がい骨)、脂肪、浮腫み、神経、リンパ、血管しかありません。この中で顔を小さくする為には、どこを小さくすれば顔が小さくなると思いますか。?????

小顔矯正

顔を小さくする為には

顔の皮膚、筋肉、じん帯、骨(頭がい骨)、脂肪、浮腫み、神経、リンパ、血管で、まず先に除外されるのは神経と血管とリンパです。あとは脂肪を減らすことや浮腫みを解消することで顔が小さくなります。しかし、それだけでは少ししか小さくなることはありません。いくら表面上のものを減らす事をしても、どうして脂肪や浮腫みができたのか、と言うことが問題です。あとは筋肉、じん帯、皮膚、骨(頭がい骨)しかありません。この中で小さくできるものがあります。それを小さくすることは誰でもできるものではありませんが、小さくすることができれば特にアゴのラインをスッキリさせることができます。
アゴのラインをスッキリさせることができるのは骨です。

つまりアゴの骨を小さくすることができれば顔の形が大きく変わっていきます。実は、それができるんです。しかも安全です。危なくもなく危険でもなく顔を小さくすることができます。しかし骨を小さくすると言うことは簡単でもないし超がつくくらい特殊です。しかし、できるから簡単そうにしています。これも30年の技術があるからです。

顔に炎症やハレ

骨を小さくすることも意味があります。実は骨が炎症やハレを起こしているからです。顔の骨が炎症やハレを起こすことが多きあります。本人も気が付いていないし、わかっていませんが頭がい骨の一部である骨が炎症やハレをある理由から起こしています。これが、わかったのも検査できるからです。顔を検査してみると多くの方が顔の皮膚や筋肉、じん帯、脂肪、骨に炎症やハレを起こしています。顔に炎症やハレを起こす原因もわかっています。何も原因がないのに炎症やハレが起きることはありません。当然ですよね。炎症やハレが起きるのは毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

多くなるものが実は頭や顔にもたまっていきます。それは疲れやストレスです。
疲れやストレスは誰でもあります。疲れやストレスがないと言う方はいません。その疲れやストレスが顔にもたまっていきます。筋肉、じん帯も炎症やハレを起こしていきます。そうすると脂肪、浮腫みも多くなります。

そして実は骨にも炎症やハレを起こしていきますから骨が炎症やハレを重ねていくと顔が気が付いていないうちに大きくなって自分の顔になります。
これを、少しずつ正常に戻していくと顔が小さくなります。特にアゴのラインをスッキリして細く引き締まっていきます。

当院の小顔矯正は無理な小顔矯正でもありませんし手の技術力だけで顔を小さく正常に戻していく小顔矯正です。

小顔矯正と

小顔矯正をする時には

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。当院の小顔矯正は3通りの小顔矯正をしています。

① 1回のみの小顔矯正

お試しで小顔矯正を受けて見たい方、本当に顔が小さくなるのか不安な方、他で小顔矯正を受けてみたけど小さくならなかったと言う方、小顔矯正を受けに行って痛かったり怖かったりした方、小顔矯正を受けたことがないけど一度は受けて見たいと思っていた方などのコースです。もちろん気に入ってもらう事ができたら②に進むことはできます。3つの小顔矯正のうち持続力は下の方です。
小顔矯正と言っても顔だけ小さくすれば良いと言う訳ではありません。小顔矯正に必要なことがあります。それは体調と脳の力です。

最近は院長から「体調はどうですか」とか「調子は悪くないですか」と聞かれると多くの方が「体調は良いです」とか「調子は悪くありません」と言う答えが返ってきます。
しかし検査してみると骨盤は大きく歪んでいたり骨盤が大きく開いていたり、背骨のズレが大きくあってガタガタしていたりボロボロの方が多くいます。本当に体調が良いのであれば歪みやズレはありません。歪みやズレがあると小顔矯正をしても維持することはできません。持続力もありません。

最近は睡眠負債の方も多くいます。睡眠負債とは夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。眠りというのは大脳が寝ていることだけを言います。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。最悪な睡眠の寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が増えていますが寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。
寝ながら考え事をしている睡眠は一番、眠りが浅い睡眠です。

この睡眠が多くなると脳疲労を起こしていきます。脳疲労が起きるとハイテンションになり痛みやコリを感じなくなります。眠れていないのに朝から動けます。

疲れ知らずで元気だと思っています。だから体調が良いと思っている方もいます。脳疲労は物忘れが多くなったり、うっかりが増えていきます。小顔矯正をする時には疲れやストレスの蓄積、睡眠負債が最大の厄介者になります。疲れやストレス、睡眠負債が多いと体は脂肪が多くなりブヨブヨしていきます。浮腫みも多くなります。

② しばらく小顔矯正を受けて見る方

小顔矯正をしていく時には疲れやストレス、睡眠負債を減らすことで顔が小さくなっていきます。

疲れやストレスが多くたまると顔にも脂肪が多くなったり浮腫みが多くなります。そして顔の歪みも起こります。疲れやストレスは体にもたまりながら顔にもたまっていきます。体に疲れやストレスがたまると骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていきます。

そして背骨のズレが起こります。背骨がズレてガタガタになります。
そして睡眠負債があると大脳にもたまっていきます。大脳が弱ってくると体の歪みやズレが大きくなります。骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていきます。

そして背骨のズレが起こります。背骨がズレてガタガタになります。最近は疲れやストレスと睡眠負債の両方から歪みやズレが起きている方が増えています。
ですから疲れやストレスの蓄積を減らすと顔が小さくなります。睡眠負債を解消していくと顔が小さくなり頭が小さくなります。大脳疲労を解消すると頭の大きさが変わります。頭と言うのは頭がい骨です。顔が小さくなっても頭が大きいままだとバランスも悪くなります。頭でっかちです。

③ 体質改善で小顔矯正

当院では体質改善と言う施術があります。体質改善は別名アンチエイジングの方法であり、若返りの施術になります。小顔矯正をする時も体の中から変えていくと持続力、維持する事をしやすくなります。体が変わってきます。サプリメントよりも運動よりも筋トレよりも効果的です。体質改善は施術期間を開けるとできません。

体質改善
2019年01月28日

肩こりは筋肉のコリから

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックで矯正で30年。

脳が弱ると、脳と心臓と関係が密接なので、心臓が弱って首の付け根が緊張して凝ったり、 骨のズレになったりヘルニアになります。

肩こり

肩こりとは

この場合も、内臓を元気にしていく事で改善していきます。 又は、繰り返さないように体質改善 アンチエイジング 若返りで変えていきます。 詳しくは、体質改善 アンチエイジング 若返りで簡単ですが説明しています。もっと詳しくは来院されて今の体の状態をチェックして説明します。
いつもでも肩こり体質でいないで原因から変えていきませんか??そして、肩こり体質から抜け出しませんか?? 肩こりが起きやすい方も、肩こりが起きらなくなることが目的です。
肩こりを体質改善で
当院には肩こりを体質改善で変える施術法があります。 例えば、肩こりに関係する僧帽筋と言う筋肉が固くなってる方がいるとします。

筋肉のコリが

首の痛み、首のコリから肩こり

首から肩の下の方にまである筋肉です。だから、肩こりと首の痛みと首のコリが連動している場合があります。筋肉のコリで肩こりこの僧帽筋が、高くなっている方がいるとしたら、電機や機械、手で揉んでも柔らかくなるかと言うと、一時的には、循環を良くすることはできます。どんなに、うまい人がしても、循環が一時的に良くなるだけです。 循環が良くなってリンパの働き良くなり老廃物も流れるでしょ。

しかし、それだけで、筋肉は柔らかくなりません。
一時的な状態を作ることと、永久的に柔らかくすることは違います。それ理由は、固い筋肉は老化しているからです。 老化している筋肉は、揉んでも、電機をしても柔らかくなりません。

何をしても、柔らかくならないものが老化です。

持続的に肩こりを感じる方と、繰り返し肩こりを感じる方は、筋肉が固くなっています。つまり、肩の筋肉が老化しています。

老化からくる肩こりは、いくらもんでも一時的で、また繰り返す場合が、ほとんどです。
理由は、いくら筋肉をもんでも、もう柔らかくならないと言うことです。

この方の場合、筋肉を、柔らかくなるように若返らせる必要があります。肩の筋肉を若返らせて良くするためには『体質改善アンチエイジング若返り』の施術をする必要があります。その老化して固くなった筋肉を柔らかくすることが体質改善でできます。しかし、体調と体力がないとできません。 筋肉が柔らかくなる「力」が必要だからです。

当院では老化した筋肉を柔らかくする施術のことを体質改善 又は、アンチエイジング 又は、若返りと言っています。
この施術は筋肉だけではなく、他の内臓なども対象として施術することができます。
何も原因がないのに、肩こりは起きません。 運動しないと言っても、肩こりは起きません。 姿勢が悪いからと言っても、それだけでは、肩こりは起きません。

当院のカイロプラクティック徳力整体院は、痛くない方法で肩こりを楽にすることをしています。 北九州市小倉の近隣から多くの方が来院されて肩こりを解消しています。

2019年01月28日

小顔矯正とは

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックで矯正で30年。

当院の小顔矯正は30年の研究と努力により、ただの小顔矯正ではありません。小顔矯正をする時には自分で確認ができるようにして小顔矯正をしています。ボキボキもしないし痛くもない危険なこともない小顔矯正で効果があります。

小顔矯正とは

小顔矯正をするなら

小顔矯正をしていく時には、毎日の生活で多くなったものを減らしていくと顔が小さくなっていきます。小顔矯正をしていく時には顔を小さくする為には邪魔なものがあります。

①疲れやストレスの蓄積、②睡眠負債です。

この2つが多くなっていると小顔矯正をする時の障害になります。小顔矯正で顔だけ小さくなっても体に多くの脂肪や浮腫みが多くなっていたりすると、どうでしょう??
顔が小さくなっても、体は太っていればバランスが悪いと言うか、逆に変じゃないですか!!。顔は小さいいのに対して体は大きいと変ですよね。

毎日の生活、仕事、精神的な抑圧などで多くの疲れやストレスがたまります。疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレが起きていきます。疲れやストレスは誰でもあるものです。

しかし疲れやストレスもたまる所があります。疲れやストレスがたまる所というのは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

疲れやストレスがたまるのは

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。
この中で疲れやストレスがたまる所があるとすれば筋肉ですね。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓の一部です。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。内臓が働くことで疲れやストレスは多くなるばかりです。

小顔矯正をする時には体の調整も必要になりますが、大脳にも多くの疲れやストレスがたまります。大脳に疲れやストレスがたまると大脳と骨が同時に大きく肥大します。さらに睡眠負債で脳の弱りが起きていると両方から大脳と頭がい骨が炎症やハレを起こしたりしています。炎症やハレが起きると頭が大きくなります。
顔だけ小さくしても頭が大きくて頭でっかちになっているとバランスも見た目も悪くなります。まるで宇宙人と言う感じです。

疲れやストレスと小顔矯正

顔を小さくするには

小顔矯正をする時に顔だけではなく頭も小さくすることができれば顔も小さくなり、頭も小さくなり、そして体も整ってくると体が徐々に引き締まって脂肪、浮腫みなども減ってきます。

大脳を小さくすると言うことも危険なことではなく正常に戻しているだけです。当院の院長は異常がある部分を検査することで見つけることができます。今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが、全員があるトラブルです。

脳に疲れやストレスが多くたまっていくと脳の働きが悪くなります。脳には中央に空間があります。この空間のことを脳室と言いますが脳室には、「脈絡しょう」と言う部分に血液が入ってきて脳せき髄液が生産されますが、脳の働きが悪いと生産量は落ちて大脳が浮かぶことができません。大脳は脳せき髄液の中に浮かんでいますから生産量が減ると大変なことなんです。

小顔矯正をする時には大脳にたまった疲れやストレスを減らす事をすると頭は小さくなります。脳の中にある血液の流れの問題も老廃物も流れができると解消して頭が小さくなります。
あくまでも正常に戻していくだけです。

疲れやストレスは毎日の生活でも睡眠負債でも多くなっていきますから、筋肉にも疲れやストレスはたまりながら内臓疲労にもなります。内臓の中には大脳も入っています。
特に脳が疲れやストレスをためていくと顔にも脂肪や浮腫みが多くなります。さらに顔の変形が起きて歪みになることもあります。

これらの症状を1回で解消できることはありません。定期的な来院と小顔矯正でのみ整える事ができます。しかし初回から顔が小さくはなります。
小顔矯正をする時には疲れやストレスが大脳や頭がい骨にたまると炎症やハレを起こしたりしながら骨も変形を起こして肥大して多くなります。大脳も同じで肥大して大きくなります。これを正常に戻していく訳です。

2019年01月28日

小顔矯正するなら

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックで矯正で30年。

小顔矯正をしていく時には顔だけではなく体の調整も必要になります。しかし初回は顔を触って顔を小さくしていくことから始めて顔が小さくなると言うことをわかってもらいます。わかってもらう為に顔だけ触って小さくしていきますが小顔矯正と言うのは顔に影響がある部分が多くあります。

小顔矯正

小顔矯正するなら

小顔矯正をしていく時には、多くの小顔矯正の施術院、エステなどが顔だけだと専門家の方も思っていますが、実は顔だけではありません。

顔と体は深い関係があります。顔を小さくしていく時には無理やり顔を押さえつける荒々しい小顔矯正もあります。発汗作用を促すクリームを塗ってマッサージしたり冷気で肌に刺激を与えて引き締めたりする機械もあります。しかし、そんなことをするよりも体を整えて体の中から改善していく方が効果があります。いくら表面上で良くしても中から改善していく方が違いが大きくあります。発汗作用で汗をかいても意味ありません。サウナと同じで脂肪は減るかも知れませんが浮腫みは多くなります。

つまり負担になっているからです。浮腫みが多くなると体調は落ちてきます。しかしある限界を超えると浮腫みも起こしません。

脂肪も減って浮腫みも出なくなって骨ばって細くなっていきます。そうすると気持ち悪さが体から出てきます。良い状態で痩せることができません。

ボキボキしない痛くない小顔矯正

超がつくくらいの小顔矯正をしています。当院の小顔矯正の方法はボキボキしない痛くない小顔矯正をしていますが矯正と言うよりも顔の治療と言う感じの小顔矯正をしています。
『なにそれ」、と思う方もいるでしょうが、意味合いとして一番、近いのが顔の治療と言う事になります。

当院では小顔矯正をする時に検査する事をしています。小顔矯正と検査が何のつながりがあるのか、と言う事になると思われるでしょうが、大きな意味があります。

変な話なんですが顔にも疲れやストレスはたまります。
顔の疲れやストレスがたまると顔には炎症やハレが起こります。この炎症やハレを解消することができれば顔が小さくなってアゴの部分などが引き締まっていきます。骨の炎症やハレが起きると骨は肥大して大きくなります。
つまり骨の変形です。

炎症やハレですから、大きくなっていたり、浮腫みなども起きやすくなっています。
ほとんどの方が寝ている間に変化していきます。また朝と夕方の顔の違いがあると思います。これが朝になっても戻っていないとしたらどうでしょう??

その積み重ねが炎症やハレになっているとしたら。

だから炎症やハレを改善することができれば顔が小さくなる、と思いませんか!!
しかし検査して炎症やハレを見つけることをしないとできませんし、炎症やハレを改善できる技術力が必要になります。
そこで検査することが必要になります。しかし検査ができても炎症やハレの治療ができないと意味ありません。
当院で行う検査も誰でもできる検査ではありませんし、治療も変わっていますからマネはできません。30年間、研究を積み重ねた結果です。

ですから顔の炎症やハレを治療することで顔が小さくなっていきます。
特にアゴの部分は炎症やハレが強くありますから、アゴの部分を治療することができればアゴの部分はスッキリして細くなって引き締まっていきます。

小顔矯正

小顔矯正とダルさ

大きく顔が変化しますので変化に体力がついていかないと「ダルクなる」ことが起こります。
このダルクなることだけは要注意です。

当院の小顔矯正は、初回から変わる小顔矯正ですが、当院の小顔矯正を受けるときの条件があります。
その条件とは顔を触っておぼえることです。顔の大きさをおぼえると言うことは簡単なようで簡単ではありません。簡単に触った方ほど、よくわからない方がいますから、しっかり触っておぼえるようにして下さい。
この、おぼえることが当院の小顔矯正を受ける条件です。
例えば10人の方が小顔矯正希望の方が来て、小顔矯正を受ける前に触ってもらうと、同じような触り方をしても2人くらいの方が、どんなに変えてもわからない方がいます。大きく変化させても分からなければ喜びもありませんが、このわからない方は、重要な意味を持った方ですが、年齢に関係なく変化がわからない方が増えています。

例えば友人と2人で来て、一人が小顔矯正を始める前に2人で顔をおぼえてもらって、小顔矯正したあとに比べてもらっても友人は小顔になったね、と言っているのに、小顔矯正を受けた本人がわからないことがありました。
手で触ると言う事はすごく大変なことなんですが、睡眠負債や睡眠不足の蓄積から脳疲労が起きていると脳の菅家区のマヒが起きています。この方が小顔矯正をしても、わかりません。当院で簡単ではありませんが脳疲労を解消していくと徐々にわかるようになりますが、期間はかかります。期間が、かかるくらいの状態だからです。

話を戻しますが、当院の小顔矯正は顔や頭をマッサージするようにしているだけで顔が小さくなっていきますので痛くもないし怖くもありません。マッサージすると言いましたが、マッサージしている訳ではありません。マッサージして顔が変わる訳ありませんから。

当院の小顔矯正をするときにわからないくらいに秘密の技術を使います。

2019年01月28日

小顔矯正で顔が痛くない矯正で小さくなる

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックで矯正で30年。

顔が小さくなります。
秘密のレシピみたいにして小顔矯正をするときに、秘密の技術で誰でもマネできないから当院の小顔矯正は変わると評判が良いし人気があります。

小顔矯正

秘密の技術を使うから小顔矯正をしても、マッサージするようにするだけで顔が小さくなります。何回も言いますがマッサージするようにしてもマッサージではありません。
秘密の技術ができるからマッサージするようにして小顔矯正ができます。
だから怖くもなく痛くもありません。
痛くも怖くもなく顔が小さくなります。
先ほどの書いたようにマッサージ感覚で小顔矯正をしていきます。

小顔矯正の1回目

当院では小顔矯正に入る前に顔を触ってもらいおぼえてもらいます。これを守ってもらいます。一番わかりやすい触り方を説明しますので、そのように触れば良いだけです。
小顔矯正に入る前の触り方は言いますから、触っておぼえておくようにして、院長が小顔矯正に入ります。本当は体調から上げていくことをしないと体調が悪いと戻りやすく歪みがあると戻りますから。
しかし、初回は、小顔になることを希望してきていますから、できるだけ小顔にしていくことにしています。しかし、2回目の小顔矯正は体全体から変えていく小顔矯正をしていきます。
小顔矯正をうけた後、ダルクなることがあります。これは回復力がない方ですから、悪い訳ではありません。小顔矯正をするときも代謝が良くなります。この代謝が良くなることで老廃物の処理量が増えてしまいます。この増える老廃物が処理できないと一時的にダルクなります。

2回目の小顔矯正

2回目の小顔矯正は体と顔を両方から整える事をしていきます。普通は小顔矯正をする時には、顔だけと言う場合が多いのですが、当院の小顔矯正はほんとうに顔が小さくなる小顔矯正なのでからだの方も変えていくことをして顔を小さくするようにしています。体から変えていくことをすると持続時間が長くなりますし効果も大きくなるからです。2回目の小顔矯正ではウエストも細くなります。そして小尻になっていきます。
誰でもある疲れやストレスの蓄積から減らしていくと体調も良くなるし骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレも改善して内臓の働きも良くなっていきます。

3回目の小顔矯正

3回目も3回目と同じようにして小顔矯正をしていきますから骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレが、さらに改善していくと疲れやストレスも減っていき小顔になっていきます。ウエストも細くなって小尻になっていきます。

4回目の小顔矯正

4回目からは今までとは違って体質改善による小顔矯正がやっとできるようになると思います。(個人差があります)体質改善と言うのは若返りの治療になります。体を中から変えていくことで若返りをさせて小顔になる小顔矯正をしていきます。
小顔矯正を体質改善の治療ですると内臓から若返ってさらに小顔になってウエストが細くなって引き締まっていきます。

小顔矯正
2019年01月28日

小顔矯正で顔を小さくしたいと思うなら

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックで矯正で30年。

お勧めの矯正です
当院の小顔矯正は初めから顔が小さくなるので有名な効果の高い人気でおすすめの小顔矯正です。
顔を小さくする機械よりも、小顔マッサージよりも、顔に何か巻くよりも、ローラーでコロコロさせるよりも人気の小顔整体をしています。

当院の小顔矯正は初めから顔が小さくなっていきますので、小顔矯正に入る前に必ず顔の大きさを触っておぼえてもらいます。

ただ小顔矯正をするよりも小顔になることができるので人気のある小顔矯正です。
小顔矯正も1回で終わりではありません
、数回は受けるようにしてください。数回かかる理由があります。

1回だけで小顔矯正をしても、戻りやすくなる理由がありますので、この理由から改善していくようにしてください。
続けて数回受けるだけで、小顔矯正をするたびに顔の形が変わりますし、2回目か3回目で体質改善、アンチエイジング、若返りの施術の小顔矯正をしていくと、維持する力も上がります。
当院の小顔矯正は、当院だけの特徴があることで人気の顔が小さくなる小顔矯正をしています。
女性があこがれる小顔になることができるので人気の理由です。顔が小さくなると色々、良いことが起こりそうな予感がしませんか??

最近は男性の方も小顔矯正で来院されています。

当院に予約されて小顔矯正を希望の方は、他院でも小顔矯正を受けたことがあるからが多く来院されますが、あまりに簡単に小顔にしているように感じるので、誤解されますが、簡単な小顔矯正ではありません。
専門家が見ても、どうしてそんなに簡単に変わるのか、不思議がるほどの小顔矯正をしています。
良くセミナーで整体やカイロプラクティック院の院長先生に会いますが、デモンストレーションで小顔矯正をしてみると、顔を揉んだいるだけですが、顔の大きさが変わる小顔矯正です。

しかし、他の先生が同じようにしても、院長ほど変わりません。
それ以上にまったく効果がないこともあります。

院長だからできる小顔矯正なので院長がすると、顔を手で揉むようにすると顔の大きさが変わる小顔矯正です。
院長が顔を単純に揉むようにするだけで顔がドンドン小さくなっていきます。しかし、1度で変わる範囲がありますから、数回から数回以上かかります。

小顔矯正

1度で小顔矯正をしても変えられるのには限界があります。
このため、数回は必ず小顔矯正を受けて下さい。
小顔矯正のやり方は、ボキボキしません。痛くもない小顔矯正ですけど、顔を触るので、薄化粧で来院して下さい。

小顔になれる小顔矯正

当院では、小顔になれる小顔矯正は、本当に好評なんです。と言うのも、痛くもないし電機や機械は使いません。 簡単にしているように見えますが、簡単にしているように見える施術法は、すごく高等技術です。 変わるから簡単にしているように見えるだけです。 実際は、誰がしても簡単には変わりません。
手のみで顔をもんだり、又は、触っているだけで、何故か、院長がすると、だんだんと小顔になっていくからです。

ウソと思うなら、1回受けてみてください。 小顔になっていくのがわかります。わかったら数回は小顔矯正を受けてください。 理由は、色々な体調の不調が軽くなっていくからです。そしてもっと小顔になれるからです。

最近、多いのが、顔の中でもアゴのエラを減らして欲しい方が多いようです。 顔のエラの張りは、体が原因としている場合が多いようです。エラが張っている方は共通して言える事は体の体調が悪い方がエラが張りやすいと言うことです。だから、エラの張りは、顔だけではなく、体全体から改善していく必要があります。

小顔矯正

顔を小さくする小顔なら、顔だけで施術するだけでも、顔は小さくなります。しかし、エラの場合は、体全体と、脳の疲労から起きている場合が多いので顔を小さくするのと、アゴのエラを減らす施術法は顔だけではなく、体全体から施術していく方が変化します。
顔の形を変えると言うのは、頭がい骨の一部が顔だから、頭がい骨の形を変える事です。しかし、今まで、小顔にしてと言って来院された方は、、全部顔のむくみがひどい方が多くいました。ご自分では、体調は悪くないと思う方もいるかも知れません。

小顔矯正とは

体調はご自分の判断よりも、院長の検査の方が的確に反応します。

眠りが浅くて脳が弱ると、痛みやコリなどの、状態が脳が鈍感になると、ご自分の体調がわからなくなるためです。
いつのまにか、体調が落ちている状態も、わからなくなっている方もいます。 体調が悪いのに元気な訳はありません。

顔が浮腫むと、顔の骨まで浮腫んでしまいます。

顔の骨と言うのは、顔面骨です。 顔の輪郭が、大きくなったり、顔の幅が大きくなります。 顔の輪郭が大きくなる原因は、体調にも関係しています。 体調を落とすと、前はもっと顔の幅が、狭かったと言うことになります。

顔の浮腫みを解消

つまり、一般的には、小顔矯正と言うのは、顔のハレが原因です。 他の整体では、力で顔を押さえつけたり、電器をしたりして小顔にしています。しかし、当院では、先ほども言いましたが、顔を揉むようにして小顔にしていきます。 当院の院著の施術法は、体を確認して原因から施術していきますので、顔のハレや浮腫みが減ります。 浮腫みは皮膚と脂肪で起きています。
顔のハレは、頭がい骨で起きています。 体調を上がることをすれば、顔のハレは取れていきます。 首のリンパにも関係しますが、リンパが働きが低下している原因は、体調にあります。 なぜ?リンパの働きが低下しているのか??

小顔矯正と
2019年01月28日

どうしたら顔を小さく小顔に

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

体調が悪いと、血液の循環が悪くなります。 リンパも流れが悪くなります。 内臓にも疲れが、いっぱいたまります。 内臓も疲れがたまります。 内臓が疲れると、肌あれが起きます。 内臓が疲れると、顔が大きくなります。 ほほ骨が出っ張っていきます。 当院は内臓から元気にしていく施術です。 内臓が疲れるから、顔の浮腫みが起きます。 体が疲れると、顔の骨がハレます。

小顔矯正

小顔になれる小顔矯正の施術法は

当院では、体調も考量して、体調が上がるようにして小顔矯正にしていきます。でも大丈夫ですよ。 1回目から小顔になります。 ウエストがクビレてきます。顔の浮腫みが減る小顔矯正せっかく小顔になっても、体にストレスがたまっている状態ではキレイに見えません。ましてや、小顔になっても、体が疲れていては、小顔も台無しです。

当院では無理な施術はしていません。 安全で痛くない施術です。

① 院長に、どこを減らして欲しいのか、部分を言ってください。
② 施術は、まず立ったままで、  顔の幅を触って覚えて下さい頭の大きさを覚えて下さい。(頭の大きさも変わります)
③ 上向きで施術台に寝てもらって院長が施術に入る前に、もう一度、院長と一緒に顔の大きさと顔の幅を触って覚えましょう。 今の顔の大きさを覚えて下さい。
④ 院長が顔を触って施術は始まります。 もんだり又は触っているだけで顔の幅が変わります。 わかる方でしたら、施術途中でも『顔の形が変わっていくのがわかる』と言う方もいます。
⑤ 3分から5分くらいで、『もう一度触って』と院長が言います。というには、もうそれくらいの時間で、小顔に少しなっているからです。

中には顔の形を一生懸命触って覚えていられない方がいます。

この方は顔の形を触ってもわかりにくいようにですね。わからなかった方は、もう一度ここで触って覚えて下さい。 最後に、小顔になりましたよと言われて、わからないことがないように。

本当に小顔になった率100パーセントなのですが残念ながら小顔に変えても顔の形がわからない方もいます。 小顔になりましたから、触ってくださいと院長から言われて、顔を触っても『??』では「小顔にしたのに!!何故わからないんだ~』と言うことです。

小顔矯正の触り方

この方も、数回受療してもらうと、わかっていきます。 主に鈍い方がわかりません。 本当に小顔になったのに!!
だから、

 

初めは顔を一生懸命触りましょう!!

又は、家族の方や友人から、「最近、顔が小さくなったような感じがするんだけど?』と他の人に言われても、本人がわからなければ、小顔の意味は薄いと思います。
1回で顔が小さくなるのが実感できたら、もっと変えていきませんか!! 当院では体質改善 アンチエイジング 若返りと言う施術もしています。 顔を体質改善で、もっと深いところから変える施術です。 体の深いところとは、老化した内臓です。
内臓も強く変える事が出来るんです。 体を芯から変えると、キレイな小顔になっていきます。 当院の体質改善で、内臓を直しても小顔になります。

体質改善で内臓を直して体を元気にしていくと、小顔を維持できます。 弱いところや、老化した内臓を改善してアンチエイジングすると、もっと顔が小さくなります。

体の中から直していくと、もっと体も元気になって小顔になります。 体から直していくとウエストもクビレていきます。 体の中から変えると小尻になれます。
当院の小顔矯正は、小顔矯正の専門家ですから小顔矯正を30年もしていると技術力も向上して研鑽していると色々な部分を技術が高くなるようにしています。

疲れやストレスと小顔矯正
2019年01月28日

痛みやコリが起きるのは

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは弱い部分にストレスがたまって起きますから、弱い部分が腰にある方が腰の痛みになります。腰痛には何が関係するのかと言うと筋肉と内臓ですが、なんでもかんでも病気というのを結びつけることなくストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

内臓の中でも腰の痛みに関係するのは腎臓です。腎臓はウエストのあたりにある内臓ですが両側にありますが、何も腎臓を元気にしなくても腰の痛みを楽にする方法はあります。

それが湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器などをすることです。これらは、歪みやズレ・腎臓の問題なんか関係なく楽にすることをしています。
楽にばかりしても歪みやズレも残ったままだし腎臓から起きる骨盤の歪み・背骨のズレも解消できていませんから痛みがなく

でも原因が残ったままですから進行していきます。
当院では体質改善と言う施術をしていますがストレスは弱い部分にたまる傾向がありますから弱い部分を少しずつ変えていくのが体質改善の施術になります。

肩こりの方の場合も

肩こり

肩こりと言うと筋肉のコリだと思うでしょうが、今まで30年間、肩こりの治療をしてきて、一人として筋肉のコリだけの方はいません。全員が背骨のズレを同時に起こしています。しかし背骨のズレを直さなくても筋肉さえ揉んだりマッサージすると表面上は楽に感じるからです。
しかし筋肉と言うのは骨から骨へ引っ付いていますから骨がズレて動くと筋肉は引っ張られていきます。これが肩こりです。しかし背骨のズレも何も原因がないのにズレを起こすことはありません。背骨のズレを起こす原因があります。検査することができますから原因を見つけることができます。
当院では体質改善と言う施術をしていますがストレスは弱い部分にたまる傾向がありますから弱い部分を少しずつ変えていくのが体質改善です。別名、アンチエイジングとも言います。

小顔矯正の方は

小顔矯正で顔を小さく小顔にしていくなら、一番、減らすことが難しいストレスを減らす事です。ストレスと言うのは、たまる所を選ぶことはありませので顔にもストレスはたまっていきます。顔にストレスがたまると顔に脂肪や浮腫みが多くなって顔全体が大きくなります。
これを正常に戻していくと顔が小さく小顔になる事ができます。しかし顔を小さくしただけではダメです。維持することや持続力がないと戻りますから。
小顔矯正をする時にも持続性と維持することが基準ですから体質改善の施術が一番になります。

小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット

骨盤矯正の方も

骨盤矯正をするときも身体全体に溜まったストレスを減らさなければいけませんがまずは初回から骨盤を小さくするためにも骨盤にもストレスが溜まっていきますからストレスを減らすことをすれば骨盤が小さくなっていきます. 骨盤矯正といっても骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというものではありませんので骨盤にストレスが溜まってしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きだけではなく筋肉や皮膚や脂肪や骨盤の骨自体にも炎症や腫れが起きてしまいますから炎症や腫れを改善することと骨盤の歪みや骨盤の開きを改善していくことをすれば骨盤が小さくなり小尻になることができます。
そして体質改善の施術で身体の中から変えていくことをすると持続する力が大きくなっていきますので大きくなるだけでなくさらに骨盤が小さくなっていきます。 小顔矯正をする時にも持続性と維持することが基準ですから体質改善の施術が一番になります。

体の不調やストレスの蓄積と睡眠負債

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みでも、美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットでもストレスを減らすことからしていますが。

最近は多くの方が夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないことがあるから眠れていると思っている方が多くいます。眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますのでスースー寝息を立てて目をつぶっていれば寝ているわけではありません。

大脳が休養とって寝ていることを熟睡状態をしているといいますが熟睡状態が少しでもできていれば眠れていますが多くの方の場合、熟睡ができていない場合が多くあります。熟睡する時間と深さがないと眠れているわけではありませんので体調が悪くどん底の体調になっていても分からなかったりすることがありますので大脳が麻痺した状態になっている方も最近は多くなっていますので小顔矯正でも骨盤矯正でもむくみを解消する時でも腰痛や肩こりや頭痛などを直して行く時でも睡眠負債の状

態が多いと治りにくくなっていくようです。
睡眠負債の方が腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み、などになると厄介な状態が起こります。簡単には楽になりません。

睡眠負債
2019年01月25日

腰痛になるのは

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

腰痛を楽にしていこうと思うなら湿布を貼ったりしてもマッサージをしても低周波治療器などをかけても楽になることはありますが、そんなことばかりしていると原因も残ったままになっていますので原因がいつまでも同じままではいられません。

疲れやストレスと腰痛

体に何かの異常が起きる時には原因が常に存在していますので原因を見つけ出すこともなく表面上の痛みだけを楽にすることの治療が多くありますので湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器などをかけたりすることや病院に行って注射などを打ったりすることは対症療法の一つですから原因を改善しているわけではありません。

腰痛になる時は、どうして起きる?

腰痛は腰の痛みが起きる時にはどうして起きるのかと言うと重たい物を持ったりすることや体をひねったりすることや運動でも起きてしまいますし何かを取ろうとして手を伸ばした瞬間に腰を痛めてしまったり前かがみになることで腰が痛くなったり車の運転をしていると腰が痛くなったりと色々なことで起きてしまいますので中にはくしゃみをしただけで 腰痛になってしまう方もいるくらいです。

布団やベッドなどに寝ることでも柔らかすぎたりすると腰が痛くなるということがよく聞くと思いますので低反発を買ったり高反発を買ったりという色々な工夫が必要だと思います。
腰痛が起きてしまう時には必ず原因があると説明したように原因とは多くの場合骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがある時に腰が痛くなる場合が多くありますので骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるときに重たい物を持ったりすると体を支えることができなくなりますしバランスが悪くなりますので腰を痛めてしまう原因になってしまいます。

骨盤に問題がある時に痛くなる

腰痛は腰の痛みと言うと骨盤のトラブルがあるときに重たい物を持ったり前屈みをしたり同じ姿勢をしたりすることで痛みになってしまうことが多いようです。

もし同じような事をしても痛くない時もあるのは骨盤のトラブルが少ない時です。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのもいつも変化していますので大きく変化してしまうこともあれば歪みやズレが少し良くなる方向に行くこともあります。

しかしある限界を超えてしまうとも取りにくくなってしまい長期間悪くなるのが腰痛です。

腰痛と内臓

慢性化するのは

長期間悪い方ほど椎間板ヘルニアに進行したり坐骨神経痛に進歩したりということが起きてしまいますので足のしびれや足の痛みを伴っていることがあります。

腰痛が進行してしまったものが椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアというのは骨と骨の間にある軟骨が飛び出てきたり膨らんだりすることが椎間板ヘルニアということなんですが椎間板ヘルニアと言うと手術しなければ治らないということをよく聞きますが、そんなことはありません。
腰痛は腰の痛みを改善していくためには一番関係しているものはストレスの蓄積です。

ストレスの蓄積

ストレスというのは疲れが多くなったものが体に溜まり疲労に変化していき疲労が蓄積した状態をストレスと言いますので蓄積疲労のことをストレスと言います。
普通一般的には体に溜まってしまったストレスのことを言う場合がありますので体に溜まったストレスが多くなると骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレで起きてしまいます。
骨盤の問題が起きた時に集合しよう下に同じ姿勢をしたり重たい物を持ったりすることでバランスが悪くなり体を支えることができないと腰が痛くなります。

ストレスがたまると痛みになる

ストレスというのは蓄積した疲れが大きくなったものが疲労になり疲労からストレスになったものです。
ストレスというのは体の弱い部分にたまる傾向がありますので腰の部分が弱い方が腰痛になってしまいます。
腰が弱くない方はどんなにストレスをためても腰痛になることはありません。

腰痛になる時には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていることなんですがどうして歪みやひらきや擦れが起きるのかという原因がありますので原因も改善していかなければいけませんがストレスというのは弱い部分にたまる傾向があると説明したように弱い部分の部分というのはどこなのかということなんです。
弱い部分というのは腰の部分であれば関節もあれば背骨も骨盤もありますし皮膚も筋肉も人体もありますからどこなのかということです。

どこにたまるストレス

例えば体というのは100 kg の方が入るとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg になりますので半分以上は水分で構成されているということなんですが水分にストレスがたまるということはないと思いますので後残った35 km の中にストレスがたまるところが存在しています。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。

この中でストレスをためやすい所というのは筋肉と内臓ということになりますが内臓と聞くと多くの方が病気というのを連想してしまいますが病気と言ってるわけではなく内臓にもストレスがたまるということがあるんです。
内臓にストレスが溜まると骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきますが特に便秘の方が下痢を起こしやすい方や生理痛や生理不順起こしやすい方又は膀胱炎を繰り返し安い方などは骨盤の中に入っている内臓にストレスが溜まったことが原因で起きていますので女性の多くは便秘の方が多くいますので骨盤の問題が必ずあると思います。

歪みやズレと疲れやストレス
2019年01月15日

小顔矯正で本当に小顔にできるのか

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

小顔矯正で顔を小さくして小顔になる為には、何をしますか。
変顔なんかして顔を動かしたりしても顔が小さくなるかもわかりません。
顔に何かを巻いて圧迫しても顔が小さくなることがあるかも分かりません。

小顔矯正とは

小顔矯正とは

口の中に何かを入れて口を動かしたりすることでも顔が小さくなることもあります。
顔を無理やり押さえつけて小顔矯正をしても顔が小さくなることがあるかも分かりません。
自分でも顔をマッサージしたりして顔が小さくなることがあるかも分かりません。

しかし小顔矯正というのは単純にそれだけではありません。
多くの方が小顔矯正をする時に失敗しているのが単純に顔だけを小さくすればいいというわけで治療していることです。
小顔矯正をして顔を小さくするためには何をしたら顔が小さくなるのかどういう風にしたら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけません。

顔を小さくするとは

何も考えずに顔を小さくすることはできませんし何も考えていない方ほど顔を無理やり押さえつけたり頭を押さえつけたりして小顔矯正をしている場合がありますからそういうものではありません。

小顔矯正をする時には、痛くもないポキポキもしない小顔矯正をしています。
小顔矯正の方を院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞いていますが多くの方が同じ答えを返してきますので同じ答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんと簡単に答えていますが、 痛みやコリがないからと言って

体調が良いとは限らないということです。

多くの方が勘違いしていますが痛みやこりがないからといって体調が良いとは限りませんし生理痛は生理不順があるだけでも体調の悪さを表している場合がありますし便秘で便通が悪くなっているときも体調の悪さで便が出ないということもあります。

疲れやストレスがたまる

色々な症状が起きる時には体調と体質が関係していますので生理痛や生理不順が起きやすい体質または便秘が起こりやすい体質というのがありますから返しつの弱さ悪さがある方が体調を落としていると余計に便秘がひどくなったり生理痛がひどくなったり生理不順がひどくなります。

小顔矯正をしていく時には顔だけではなく体の状態も検査しなければいけませんので体の状態が悪い方や調子を落としている方や体調を落としている方ほど維持することができませんし持続力なんかはあるわけはありません。
体調が悪い肩ほど顔のむくみや脂肪が多くなっています。

体調が悪いから浮腫み、脂肪が多くなる

調子を落としている方ほど顔のむくみや顔の脂肪が多くなっています。

体調を落としていると顔の変形が起きたりすることもあります。
体調というのは意味不明な言葉でもありますので痛みやこりがないからといって体調が良いとは限りませんのでどれほど疲れやストレスが溜まっているのかで体調の段階が決まっていきます。

体調というのも段階がありますので軽いものから中程度のものから重症程度のものからひどすぎるものからもっと酷いものから色々な状態がありますが最近は僕の方が体調を落としている場合がありますので後半の程度のものが多く見受けられますが感じていない方が多くいます。

当院では検査することをしていますので検査をしてみると単純に骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったりすると体調が悪いということが伺えます。

歪みやズレ

そして背骨がズレが大きくあったり椎間板ヘルニアで起きていたりすると体調の悪さになっています。

体調の悪さというのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどを加えられることや睡眠負債状態でどんどん多くなっていき生み出されていくものが体に蓄積していきます。
体に蓄積していくものというのは疲れやストレスが一番のダメージにつながっていきます。

しかも

疲れやストレスが溜まっていない方は一人もいません。

生活している限り運動している限り仕事をしている限り多く生み出されていくのが疲れやすトレスです。

疲れやストレスというのは一番厄介なものなんですが簡単に減ることもなくマッサージをしても減ることはありませんし疲れやストレスというのは溜まるところがあるから、たまっていくわけですけどたまるのは弱い部分に溜まっていきます。

疲れやストレスというのは弱い部分に溜まるという風に説明しましたが弱い部分が筋肉であれば筋肉にもたまりますが、 例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg 出て来るそうですから体重の半分以上どころか6割から7割が水分で構成されているということなんですが水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水が出てきます。

水をに疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、あと残った部分に疲れやストレスがたまるところがあるわけです。

疲れやストレスの蓄積

あと残ったところというのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉にもたまりながら筋肉よりも最大に多く溜まっていくのが内臓なんです。

しかし多くの方が内蔵と言ってしまうと病気というの関係付けてしまいますが病気と言っているわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まっていくということですから病気と言ってるわけではありませんので勘違いしないでください。
疲れやストレスが多くとまって行くと顔が大きく肥大していきます。
疲れやストレスが多くなっていくと脂肪やむくみが多くなります。

弱い部分にたまる疲れやストレス

疲れやストレスが多くを体に溜まっていくと顔全体が大きくなります。
小顔矯正をして行く時には大脳の問題もかなり深く関係しますので頭蓋骨矯正というわけではありませんが小顔矯正というのは頭蓋骨の一部を小さくしていくことなんです。

たまる疲れやストレス

頭蓋骨というのは総商ですから頭にあるもの全てが頭蓋骨になりますので顔の部分も頭蓋骨の一部ですから化学コツや上顎骨や頬骨や前頭骨というのは頭蓋骨の一部になります。
頭蓋骨の前面の部分つまり前側の顔の部分を小さくしていくのが小顔矯正ですから顔だけ小さくしてしまうと頭でっかちになり頭が大きく張った状態で宇宙人みたいになってしまいます。

小顔矯正をしていく時には顔だけ小さくすることではなく頭全体を小さくしなければ顔が小さくなることはありませんので当院では顔だけ小さくすることをもしていますが大脳も元気にしていくためには頭を小さくするということをしなければいけませんが頭にも疲れやストレスが多く溜まっているということですから頭というのは大脳なんです。

体にたまる疲れやストレス

大脳に多くの疲れやストレスが溜まっていくと顔の部分にむくみが脂肪が多くなっていき顔の変形が起きたり目の下のクマができたり顔色が悪くなったり肌のツヤがなくなったりするのは当然です。
体調が悪くなったり体に疲れやストレスが多くとまっているとお化粧のノリが悪くなったり肌がパサパサになっていきます。

小顔矯正をして行く時には顔だけ小さくすればいいというわけではなく総合的な体の体調や調子の悪さを解消していかなければ維持することができませんし持続力はありません。
当院では小顔矯正をする前に自分の両方の手のひらを顔に当てて顔の大きさや幅などを覚えてもらうことをしていますが単純に手を当てただけでは顔の大きさを把握することはできませんので感じようとしなければ小さくなっても小さくなったということがわからないという方がいます。

体も整える事もしないと

小顔矯正をして行く時には顔が小さくなったのか分からなければ意味ありませんので鏡で見て顔の左右を比べてもらいます。
顔というのは左右が同じではありませんので必ず顔の左右の違いが出ています。
例えばですけど右側が全体的に大きいとか左側はホホ骨の部分だけが出っ張っているとかいう感じがあると思います。
鏡に自分の顔を映して顔の左右を比べてみてください。
比べたのがわかったら今度は目を閉じて手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってみてください。

単純に触っただけではわかりませんので左右を比べてみてください。
左右を比べたときに鏡で見たと同じように感じるかどうかということです。

顔の左右差

顔を触って大きさを覚える

人の手というのは、まやかしと同じような状態で謝ってしまうことがありますので左右が違うように感じてしまいます。
鏡で見た顔の左右差と手で触った左右さが違うという風に感じてしまうことがあるということなんです。
それほど手の感覚神経だけで触るということは難しいですから簡単に触ってしまったかたほど顔が小さくなったらも、わからないという方がいます。

顔が小さくなったにも関わらず分からないという方は手の感覚神経と大脳を働かせることができていませんので大脳の感覚神経をめいっぱい働かせて感じようとしてみてください。
睡眠負債状態が大きくあると感じようとする力が減退してしまいますので感じることができないでただ手を当てているだけになってしまっています。

顔の左右差

顔が小さくなったにも関わらず分からないという方は重要な問題を潜んでいますので体を治していくことを考えた方がいいと思いますが小顔矯正どころではない可能性もあります。

当院では必ず全員に対して顔を触って覚えてもらうことをして小さくなったのがしっかりわかるようにしていますが手で触って顔の小ささがわかれば笑顔が違います。

スタッフがメジャーや計測する機械で測ったりすることはありませんので自分で感じ取ることを重要視しています。
重要視できるのは顔が小さくなるからです。
顔が小さくならなければスタッフがメジャーで計測する機械で測っています。
ごまかすことができないのが自分で触った手の感覚です。

そのためしっかりと触ることをしてください。

いい加減に触ったかたほど小さくなったとかわかりません。

小顔矯正をして行く時には頭蓋骨を小さくしていくわけですから簡単な方法ではないので美容的な小顔矯正では意味がありません。

触り方
2018年12月07日

つらい肩こりのコリを、どうする

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りばかりほぐしていないで原因を見つけ出すことを考えていきませんか。
肩こりというのは原因があるから肩が凝っているわけですから肩こりの原因を見つけ出さずに対症療法ばかりしていると原因もいつのまにかそのままではいられませんので進行している場合が多くあります。

肩こりとは

肩こりとは

肩こりを楽にするためには二つの 治療法があります。

対症療法という治療法と根本療法という治療法のた通りに分かれています。
腰痛の治療法の対象療法という方法は湿布を貼ったりすることも対症療法ですから湿布を貼って楽になる程度であれば楽になっていきます。

対症療法の中にはドラッグストアで売っているサプリメントや健康食品を飲んでも肩こりを楽にすることができますので対症療法の一つですけど栄養を服用することで解消できるものであれば解消できる可能性もあります。

家族の方や専門家の先生にマッサージをしてもらったり揉んでもらったりすることでも肩こりを楽にすることはできますので筋肉がほぐれて肩こりを楽になると思いますが対症療法の一つになります。

対症療法と根本療法

低周波治療器や電気などをかけても対症療法の一つですから低周波なんかは特にプラス端子からマイナス端子に定電流の電気を流すことで筋肉を刺激して運動させることでほぐれることもありますから対症療法の一つになります。

しかし低周波治療器を利用している治療院なんかは低周波治療器の意味も分かっていないでただかけている場合がありますので単純に誰でもできるものですから低周波治療器の機械を持っていれば誰でもかけられるものです。

何もわからない素人な方も低周波治療器の機会さえあればかけることができますからタイマーセットして強さをセットするだけですから誰でもできるものが低周波治療器ですから筋肉がほぐれるというよりも筋肉を運動させるという感じでほぐすことをしているのが低周波治療器です。

対症療法というのは中間に存在しているのが整体院やカイロプラクティック院で行う背骨の矯正や骨盤の矯正のレベルです。
単純に骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正すればいいというわけではないしどうしている紙は何が起きたのかということを見つけ出すことはしていないから対症療法の分野というよりも中間レベルだと考えた方がいいと思います。

ボキボキする矯正

ボキボキする矯正も

つまり中間レベルというのは対症療法でもないし根本療法でもないという方法です。
というのも整体やカイロプラクティック院でも低周波治療器や電気などをよく使うことがあるからです。
筋肉をほぐしたりしてボキボキしたり調整したりすることをして後は低周波治療器や電気などをかけて終わりという感じなんです。

対症療法と根本療法という違いは検査することができるのかということなんですが対症療法というのは検査することもなく原因を見つけ出すこともなく治療を進めています。
一番簡単な方法が低周波治療器や電気などをかけたりすることです。

対症療法というやり方を繰り返ししていると原因も進行する場合があります。

整体院やカイロプラクティック院で行っている骨の矯正というのも原因なんかを見つけ出すこともなく表面上の症状を緩和していることが中間レベルだということです。

整体やカイロプラクティックでも

整体院やカイロプラクティック院の先生はそういう風には思っていないでしょうが単純に背骨の矯正や骨盤の矯正をすればいいというわけではなくどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたりするのか背骨がずれたりするのかという原因がありますので原因を見つけ出すことをしなければ表面上の調整をしても指をボキボキしたりすることと同じレベルですから。

普通一般的に行っている骨盤の矯正や骨盤の開きや背骨のズレというのは指の関節をポキポキするのと音を鳴らすのと同じことをしていますのでしばらくはなりませんがまたもうしばらくするとポキポキ音がするような状況になっていますので改善していないということなんですが一時的には改善することもあります。

筋肉のこり 

治療法という状態のレベルになっています。

整体院やカイロプラクティック院で行っている矯正というので ボキボキと音がするのは疲れやストレスが体に溜まっていくと椎間板の中にも溜まっていきますので椎間板の中に溜まっていく疲れやストレスが気泡を多くしてしまいます。

空気の泡が多くなった状態で弾けた音がボキボキッと矯正音のようなものとして聞こえますが現実には基本を弾けさせている音ですけど貴方が多く溜まれば溜まるほど椎間板が三角形に歪んでしまいますので歪みが起きると傾きが増長させてしまいますが単純にズレを矯正しているわけではなく歪みを矯正しているわけではないし骨の矯正をしているわけではないので気泡を弾けさせているだけの音です。

ボキボキ音は矯正ではない

背骨をボキボキしたりする音というのは指の関節の音を鳴らす行為と同じことですから 指の関節を鳴らして矯正していると思う方はいません。
肩こりを改善してきて今まで30年経ちましたが筋肉だけで起きている肩こりという方は一人もいませんでしたので筋肉をほぐしたらその先にある背骨のズレが全て筋肉を引っ張ったり筋肉のバランスを狂わしたり筋肉を緩んだり状態になっている場合で肩こりになっています。

筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨がずれて動くことで筋肉は引っ張られたり緩んだりしますので引っ張られたり緩んだりした時にリンパの流れが悪くなって老廃物が多くてあまり循環が悪くなります。
何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありませんし老廃物が溜まるということは考えられませんので単純に体を動かしたりすることでも腕や肩を動かしたりすることや歩いたりすることでもリンパの働きは、よくなっていきますがどれぐらい良い状態が続くのかというのは疲れやストレスの蓄積に関係があります。

単純にリンパ療法という方法やリンパマッサージというのがありますが軽いマッサージという感じでありリンパだけを対象にしたものではありませんのでリンパを本当の意味で流すためには検査をすることをして検査した状態を改善していかなければ単純な軽いマッサージにしかなっていません。

リンパの流れと老廃物

逆に何も原因がなくてリンパの働きを悪くなっていたら大変なことが起きている可能性がありますので何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありません。
肩こりというのは筋肉が凝りや緊張や筋肉疲労を起こしてこりになっていくわけですけど背骨がズレて緊張したり緩んだりすることで肩こりになっていきますが背骨がずれたりするのも姿勢が悪かったりするとズレるということもないしねこれでも背骨がズレたりすることはありません。
姿勢でズレたりしたら中枢神経系を背骨を守っていますので守ることができなくなってしまいます。

背骨がズレたりするのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張を加えられることで疲れやストレスが生み出されていきますので生み出された疲れやストレスが体の弱い部分に溜まっていきます。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在していますので、そうでもない部分は何も症状につながることもなく先将来につながることはありませんが弱い部分というのはそういうわけにはいかないんです。
弱い部分に疲れやストレスがたまる 体は歪みやズレを起こしていきます。

疲れやストレスがたまるところというのは弱い部分にたまると説明しましたが体には何があるのかということを消去法で考えると体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg にもなるそうです。

つまり体重の半分以上6割から7割が水分で構成されているということなんですが水分と言っても血液であったりリンパ液だったり体液だったり細胞の中の水だったりというのが6割から7割あるということですけど水に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので、あと残った中間を取って35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

筋肉のコリと問題

体には何がある?

35 km の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスを一番食べやすい所というのは筋肉にも貯まりますが筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうのが弱い内臓なんです。
誰でも年齢層の内臓もあれば弱い内臓もありますので弱い内臓が色々な症状を起こしていきます。
胃の痛みが起こりやすい可愛いが弱いわけです。
生理痛や生理不順が起きやすい方や便秘が起きやすい方は該当する内臓が弱いから起こりやすい理由です。

弱い部分には多くの作りやストレスですが溜まっていきますので疲れやストレスを置くためこんな弱い部分というのは細胞を変化させながら時々痛みやコリになっていきますので痛みやコリになった部分というのは内臓が起こしています。

背骨のズレと肩こり

特に背骨のズレというのは内臓に直結していますので肩の部分では心臓の部分が弱った時には肩の部分が背骨のズレを起こし肩こりになる場合もありますし腰痛であれば弱い腎臓に疲れやすですが溜まった時に腰痛を起こしていきます。

しかし内臓と言っても病気というわけではありませんので何でもかんでも直結に内臓の病気と疑うことなく内臓に疲れやストレスがたまるということで色々な症状が起こります。
最近の肩こりの方は筋肉だけを揉んだり背骨を矯正すればいいというものでもなく内臓の働きを改善すればいいというわけではないぐらいこじらせている方が多くいます。

内臓が弱れば全て背骨のズレとして起きています。
肩こりになってしまうと 内臓が全て関係しています。

2018年12月07日

小顔矯正で本当に小顔になれるのか

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしている当院ではボキボキもしないし痛くもないし怖くもない小顔矯正をしていますから評判がいいことで人気があります。

小顔矯正をしていくときには必ず小顔矯正を希望されて訪れた方に変化をわかってもらうようにしていますので、ご自分でも顔が小さくなったのがわかるということで人気があります。

小顔矯正

小顔矯正とは

しかし自分で顔の変化が分かるということは顔を触ってみないとわかることがありませんので顔を触ってみると小顔矯正をした後と小顔矯正をする前を比べることができるんです。

しかし鏡で見て目で見て変化を見るよりも両方の手のひらで顔を触ってもらうことをしていますが手のひらで顔を触るということは簡単ではありませんので簡単に触ってしまったり顔に手を当てただけの方や感じようとしない方は小さくなってもわからないということがあります。
小顔矯正と言っても10 CM 20 CM を30 CM も顔が小さくなることはありませんので小顔矯正をするときには1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなっていきますので例え一cm 変わってもわかるように触っておいて欲しいんです。

もちろん小顔矯正をしていくときには脂肪やむくみなども減らすこともしていますが単純に脂肪やむくみだけを減らすことをして小顔矯正というわけではありません。

顔を小さくする為には

小顔矯正をしていくときには顔を小さくしていくわけですから表面上にある顔のむくみが脂肪を減らしても表面の部分が減っただけで小顔矯正というレベルではありません。
矯正をしていく時にはボキボキもしないし無理矢理、顔を押さえつけたりすることもない小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていく時には顔の触り方に特徴がありますが一番わかりやすい触り方を説明するようにしていますので全員の方に同じ説明をするようにしています。

矯正に入る前に説明をして触り方を言いますから同じようにして触ってください。
まずは鏡で見て顔の左右を比べてみてください。
鏡で顔の左右を比べる時には歯をというのは左右が同じではありませんので左右に違いがあります。
例えばですけど顔の右側が全体的に大きい感じがしたり、左側の頬骨の部分だけが出っ張っているという感じで目で見てください。

顔の左右差

顔の左右差

人においては左右が逆転している場合がありますので人それぞれで見た目が違います。
自分の顔を鏡で見て顔の左右がわかったら今度は目を閉じて顔を触ってみてください。
小顔矯正をしている時の触り方というのは両方の手首を合わせるようにして触って顎の部分に当てます。

そして次に手のひらと指を浮かさないようにして顔に密着させます。
できるだけ顔から 手のひらや指を浮かさないようにして触ることが一番肝心なことですが顔に密着させるようにして手のひらと指を触ったら今度は顔の左右を感じ取るようにしてください。
先ほど鏡で見たように感じるかどうかを確認してください。

人においては左右が逆転してしまっているような感じで感じ取ることもあります。
それほど自分の顔を触るということも難しいんです。
難しいために簡単に手を置いただけの方はわかりませんので手の集中力と頭の感覚神経を動員して左右を感じようとしてください。

顔の触り方

顔の触り方

単純に顔に手を置いただけではわかりませんので簡単に考えて触らないでほしいところですけど。
小顔矯正をしていくときに顔が小さくなったらなったで維持することができるのか持続力はあるのかと聞かれますが多くの方はないと答えています。
持続力や維持する力ということはご自分の体に関係がありますので小顔矯正をする技術の力ではありません。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと多くの方が同じ答えを返してきます。
同じ答えというのは調子は悪くありませんとか体調はいいですと簡単に答えてしまっていますが検査をすると逆の事が分かります。

検査をして客のことがわかるということは体調が悪くて骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がズレすぎて片方状態になっているからです。
骨盤の歪みがあるということでは体調の悪さを示しています。
背骨がズレがあるということは 調子の悪さを示しています。
調子が悪かったり体調が悪いからといって何かを感じているかと言うとそうではありませんので痛みやこりになっていないだけということがあります。

体調と小顔矯正

体調の悪さというのは疲れやストレスが多く溜まっているとわいなんですが疲れやすいですがたまっているからといってなにかの症状を感じているのかと言うとそうではないということなんですが生理痛は生理不順や便秘なども体調の悪さから起きている場合もあります。

また最近は多くの方が睡眠負債状態を抱えていますが睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますから勘違いされてる方が多くいます。

不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてトイレに行くことがあったりすることが不眠症ですから睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めることがありませんが眠りが浅い睡眠をしている状態なんです。

睡眠負債というのは目が覚めないのが特徴なんですが目が覚めないぶんだけ眠りが浅いことが挙げられますが寝ている本人はわかりません。
というのは目が覚める瞬間に夢を見ているからです。

睡眠負債と小顔矯正

寝ていることは目が覚めなければ寝ているというわけではありませんので目を閉じてスースー寝息を立てていれば寝ているかと言うとそうではありませんので寝入っているというだけであって熟睡を取っているわけではありません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていられますが寝ながら考え事を知る睡眠というのが睡眠負債の特徴なんですが一番、浅い睡眠の一つです。
夢よりも夢を見ている時よりも浅い睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠になります。

例えば6時間睡眠時間のある方でしたら眠る時間に5分目が覚める時間にご飯夢を見ている時間が5本あったとします。
あと残りの5時間45分の時間が寝ながら考え事をしている時間になってしまっています。
一番最悪なのは寝ながら考え事をしてる時間が目が覚める瞬間にまで及んでしまっているのに 目が覚める瞬間に夢を見ている時間になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠負債

目が覚める瞬間に夢を見ているため夢の方が眠りが深いですからねながら考え事をしてる時間は頭に残ることがなく記憶にも残る事もなく夢だけが記憶に残ってしまっています。
眠りが一番浅い睡眠が寝ながら考え事をしている時間が長くあればあるほど大脳は急激に弱っていき体も体調がどんどん落ちていきますので寝ながら考え事をしている睡眠負債というのはかなり重大な問題になりますが痛みはくりおどん館にしてしまいました状態に陥ってしまいますので風邪を引くような生活をしていても風邪を引き込むこともありませんしインフルエンザウイルスを引き込んでいるような状態でも発症することもなく熱を上げる元気もなく大脳が弱ってしまっています。

体調が悪い方ほど元気だと考えています。
体調が悪い方ほど元気だと思いあちらこちらで人に移してしまっています。
最近風邪をひかないし元気になったという感じだと思っていますが体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く痛みはコリも感じないぐらいになっているということもあります。

体調がいいんであれば骨盤の歪みや骨盤の開きはありません。

体調が良ければ背骨がずれてガタガタ状態になっていることもなくズレが大きくなって椎間板ヘルニアが起きてしまっているということもありません。

小顔矯正をする時には単純に顔を小さくすればいいというわけではなく体に溜まってしまった疲れやストレスと睡眠負債が深く関係します。

睡眠負債と小顔矯正
2018年12月04日

小顔矯正で顔を小さくする

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

小顔矯正をして顔を小さくしたいと思うなら基本的なものから変えていかないと顔が小さくなりにくいとか維持することや持続性がないということがあります。

小顔矯正とは

単純に何も考えないで小顔矯正をするのではなくどうやったら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんが多くの方は基本的なことを忘れてしまっている場合がありますので専門家の先生も知らない先生も多くいますから基本的なものというのは体の状態になります。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには顔を無理やり押さえつけるような感じで小顔矯正をする矯正もありますが当院ではそういうこともしていませんし無理やり顔を押さえつけても持続性はありません。

小顔矯正をしていくときには電気、機械を使うこともなくての技術だけで顔を小さくすることをしています。

小顔矯正をしていくときには手の技術だけで手だけで顔を小さくすることをしていますが先ほど説明したように二つの重要なものがあると説明しましたが二つというのは体の状態に関係するものだと言いましたので体に関係するものというのは体調なんですが体調というのは意味不明な言葉でもありますので自分で体調が良いと思えば体調が良くなってしまいますが検査をしてみるといろいろな状況がわかってきます。

体調の検査すること

疲れやストレスから骨盤の歪み・背骨のズレ

検査をしてみると色々な状況が分かってくるということはご自分で感じていない部分ですごく体調落としている場合があります。

院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると小顔矯正を希望されて訪れた方の全員が体調はいいです調子は悪くありませんと簡単に答えてしまいますが検査をしてみるとそんな状況じゃないということがわかりますが、自分で何かの症状を感じていない限りはいくら説明してもわかってもらえないこともあります。

体調が悪い時には体はどういう状況になっているのかということを説明すると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれすぎてガタガタ状態になっていることもあるし背骨のズレから椎間板ヘルニアになっている方もいます。

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤のトラブルが起きていたり背骨のズレが大きくあるということは、体調が悪いということを指しています。
体調が落ちるということは疲れやストレスが蓄積しているということなんですが疲れやすですが蓄積していくと骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりすることが起こります。

逆に体調が良い時には骨盤が歪んだりすることはありません。
体調が良い時には背骨がずれてガタガタ状態になっていることはありません。
ということを考えれば体調が落ちている方ほど骨盤が歪んだり骨盤が開いているということであり背骨がずれてガタガタ状態になっているということなんです。

背骨のズレ

しかし背骨がずれたり骨盤の問題が起きているからといっていた京都りの症状を感じているかと言うとそうでもありません。
骨盤のトラブルが起きたり背骨がずれたりするのは疲れやストレスの蓄積度合いが大きくあることが原因で起きていますので痛みやこりとして直結していなくても、よく話して聞いてみたりすると生理痛がひどかったり便通が悪いということもあります。

小顔矯正をする時には疲れやストレスの蓄積から起きる体調の低下の問題が大きく変わっていますので顔にも疲れやストレスが溜まっていることがありますので疲れやストレスが溜まるのは身体だけではありません。

疲れやストレスが多く溜まっていくと顔のむくみや脂肪が多くなっていきます。
疲れやストレスが多くなっていくと全員ではありませんが顔の歪みとして現れる場合があります。
小顔矯正をする時にもう一つ関係するものというのは疲れやストレスと睡眠負債状態が関係します。

睡眠負債

睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。不眠症というのは夜中に何回も目を覚ましてあり寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症です。
しかし睡眠負債状態というのは一度、寝たら目が覚めることはありません。だから多くの方が出ていると勘違いしていますが寝ているということは熟睡状態のことだけをいいますので大脳が休養とって寝ていることだけをいいますから体が寝ている状態が眠りではありません。

多くの方が睡眠負債状態を不眠症と勘違いしてしまいますが不眠症というのは先ほど説明したように目が覚めたり眠れなかったりするのが不眠症です。

睡眠負債状態というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないけど眠りが一番浅いんです。
目が覚める力がないから朝まで目を開けることはないということなんです。
こういう状態の方が異常に増えていますので睡眠負債状態があると大脳が急激に弱っていき大脳が炎症を起こしたり腫れたりということが起きています。

単純に睡眠負債状態で眠りが浅いだけではすみません。

眠りが浅いということは大脳が急激に弱っていきますので弱った結果脳細胞の急激な現象が起きたり記憶力が低下したり目が見えづらくなってかすんだりすることがあります。
また大脳の急激な低下からイライラしやすくなったり精神疾患ぽくなったりうつっぽくなったりパニくることがあります。
大脳が弱るということは脳細胞の急激な減少を招いていきます。 脳細胞の急激な現象が起きるということは認知症ぽくなりますので先将来につながることになりますから早めに治療をしていかなければいけませんが小顔矯正というよりも大脳の治療になります。

睡眠負債と眠り

睡眠負債状態で眠りが浅いのに体調が良いことはありませんので感じていないということなんです。
睡眠負債状態で起きていると眠りは浅いわけですから眠りは浅いことに大脳が弱ってしまっていますから大脳が弱るということは内臓を支配している自律神経の働きも低下し免疫力も低下し体調はすごく悪くなっていきますが、その悪さを感じていないということになります。

普通だったら寝込んでいるような状態でも感じていなければわかりませんので体調がいいと勘違いしてしまっています。
勘違いしている方ほど記憶力が落ちたり、物忘れが多くなったり、うっかりが多くなってしまいます。

眠れていないのに眠れていないことがわからないということが色々な結果を招いていきますので本当は小顔矯正ところではありませんが希望が小顔矯正ですから顔を小さくすることに専念していきます。

初回から顔が小さくなる

初回は顔だけ触って小さくすることをしていきますが本当は顔を触らなくても顔というのは小さくなることもあります。
しかし小顔矯正を希望されて訪れているわけですから顔を小さくするためには顔を触って小さくしなければ納得してもらうことができませんので顔を触って小顔矯正をしていきます。

小顔矯正と言っても一回で終わる小顔矯正はありませんので体を整えることもしていただければいけませんが悪くなってしまった部分や細胞を若返らせることが必要なることもありますので、その場合は一回で終わることはありません。

体調と骨盤の歪み・背骨のズレ

当院では小顔矯正をして行く時にはしょかいたら顔が小さくなることで評判が良い小顔矯正をしていますが顔だけしても持続性はありませんので数回受けてもらうことを希望しています。
体がガタガタ状態になっているのに顔だけ小さくしても意味はないような感じがしますが表面的なものだけを装っても効果は半減しますし持続性は落ちていきます。

小顔矯正をして顔が小さくなったらこの顔の小ささを維持することができますかと聞かれますが体の状態のことを確認したり検査をしたりしなければいけませんので一概に応えることができません。
しかし多くの方は体調が悪いと先ほど説明したように疲れやすですが多く溜まっていますので疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていく傾向がありますから弱い部分にたまれば溜まるほど骨盤の歪みや背骨のズレが大きくを着ていきますからそれらを整えていかなければいけませんので溜まる部分と骨盤矯正や背骨矯正が必要になります。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院。

2018年11月27日

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

腰痛を楽にしていくためには何をするのかということを考えなければいけませんが強い痛みに見舞われている時には考える余裕はないと思いますので強いためになる前に慢性化する前に考えなければいけないと思います.

腰痛や腰の痛みになった時には運動やストレッチをすることでもよくなることもあります。
湿布を貼ったりすることでも腰痛や腰の痛みを楽にすることもできます。

腰痛とは

家族の方や専門家の先生にマッサージをしてもらったり揉んでもらったりすることでも腰の痛みを楽にすることができます。
電気や低周波治療器などをかけても腰痛は楽になることもあります。
しかし楽にすることと直していくということは全然意味が違いますので楽にしてから直していかなければ本当の意味で腰痛を治しているということは言えないと思います。

腰痛を治すためにはサプリメントや健康食品でも腰痛を楽にすることはできますが楽にすることと原因を見つけ出して改善していくという意味の二段階の方法があるということです。
腰痛というのは原因があるから起きているわけですから原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために表面上の痛みを楽にする治療を「治した」と言っています。

腰痛の痛み止め

痛み止めの注射などを打ったりすることでも腰痛が楽になることもあります。
痛み止めの注射と同じように痛みを止めているだけですから直しているわけではないということですから痛み止めをしている治療を楽にする治療と言います。

痛み止めをする治療のことを対症療法といいます。対症療法というのは多くの治療法が範囲に入りますので直しているわけではありませんので楽にしているだけです。

楽にしている治療ばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくということがあるということですが 腰痛や腰の痛みを悪化させたものが椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったりしていますので腰痛が治ったと思っていても急に椎間板ヘルニアが起きたり振興したりすることもありますし一気に坐骨神経痛に進行していくということもあります。

骨盤の歪み・骨盤の開き

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのも特別なものではありませんので誰でも起きていても不思議ではないし進行してもおかしくはありません。
当院でも検査することをしていますがヘルニアがあると患者さんに説明するとビックリすることも多くいます。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になるのも、また、それらが慢性化してしまうことも多くありますが特別なものではなく誰でも起きても不思議ではないものです。

腰痛を起こしてしまう一つの原因として多くの方が思っていることは重たいものを持ったりして急激に腰が痛くなったとか中腰をして何かをしている時に急に立とうとしたら腰が痛くて体をまっすぐ伸ばせなくなったとか、靴下、ズボンを履こうとして腰が痛くなったとか何かを取ろうとして体を飲ました時にグキッと音がして腰が痛くなったとかくしゃみをしただけで腰が痛くなったとか夜寝て朝起きたらいつも腰が痛いとか色々なことを言われますがこれらは全て切っ掛けです。

痛みの切っ掛け

腰が痛くなる時には切っ掛けが必要ですから切っ掛けで起きてしまいますが、切っ掛けは原因ではありません。
腰が痛くなる時には切っ掛けと原因の二つが重なった時に初めて起こります。
両方の条件が揃った時に腰が痛くなります。
あとはタイミングです。

腰痛を起こすもう一つの原因は骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレにあります。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正しなくても湿布を貼ったりすることでも痛みを抑えるクリームを塗ってもサプリメントを飲んでもマッサージをしても低周波治療 などの電気をかけても楽になります。

しかし何度も言いますが楽にする治療と原因を見つけ出して直していくという意味は全然違いますがまずは何と言っても楽にすることからしなければいけませんので楽にする治療のことを対症療法というよりも体調を上げていく治療と当院では入っています。

対症療法

対症療法と腰痛

対症療法という治療法は湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり電気をかけたりという治療になりますので当院ではそういう治療法はしていませんので対症療法というよりも体調を上げていく治療と言った方が性格だと思いますから体調を上げていく治療で痛みを緩和する行為をしていきます。

体調を上げていくためには何をすればいいのかという問題なんですが単純に湿布を貼ったりしても体調を上げることにはなりません。

マッサージをしたり電気治療器をかけたりサプリメントを飲んだりしても体調を上げることができません。
実は体調をあげる方法というのは大変難しく簡単にできるものではありません。
何をしてもあげることができないのが体調を上げる事です。

一度、落ちてしまった体調を上げるというのは大変、難しい事になりますので簡単に上げることはできないと思います。第一に最近多くの方が眠りが浅い形が多くなっていますので本人に気がついていなくても検査をすればすぐにわかりますが夜寝ようとすると、すぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので熟睡状態のことを言います。

睡眠と痛み

つまり目が覚めないから寝ているとは言えないということなんです。
人は寝ている時に夢を見ると思いますが夢というのは目が覚める瞬間に見ているのが記憶に残り覚えています。
寝ている時も何回か夢を見ているということですが寝て夢を見る時間というのは数秒の時間だったり数分の時間だけです。

どんなに長く夢を見ていたという記憶があってもたった数秒の時間だったということがあります。
人は長く夢を見ることはできません。

例えばですけど11時頃に眠りについてに着くまでに約5分、目が覚めるまでに1分。どちらかと言うと目が覚める時間の方が急激に潜水艦が浮上してくれた状態で目が覚めてきます。

潜水艦の浮上する時よりも潜っていく時の方が時間がかかります。
潜水艦のような状態ではありませんが人の眠りというのも表せば同じようなものです。
この中で夢を見ている時間を1分とします。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

眠りと痛み

目が覚める時間が6時だとしたら7時間で眠りがあるということですから本当に寝ている時間がどれくらいあるのかという事が問題になりますので少なければ少ないほど、朝ければ多いほど寝ていないということになります。
眠りが浅いということは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きやすくなっています。
眠りが浅い時には大脳が急激に弱っていきますので限界まで悪さを食べてしまわないと分からないということがあります。

眠りが浅いということは大脳が弱っていくだけではなく麻痺状態に陥っていくこともありますので麻痺してしまうと限界まで悪くしてしまわないとわからないということがありますので分からない方ほど急激に椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛に進行していきます。
普通はなっていく過程がありますので一気になるというよりもまずは腰痛が起きて腰痛が治りきらない状態が次第に椎間板ヘルニア起こし神経を接触してしまうと坐骨神経痛になっていくという過程があります。

しかし大脳が弱ってしまったかたほど過程を通り越してしまいますので一気になることがあります。
大脳が弱った方ほど大脳にある回復する治癒能力というのが停滞してなくなっていきますので回復できない状態まで落ちてる方もいます。

治る力、回復する力

自然治癒能力というのはほっとけばいいというわけではなく自然治癒能力の根源にあるものは大脳にありますから大脳が弱った方ほど慢性化状態を起こしやすくなっていますので慢性化状態になってしまった方ほど腰がいつまでたっても治りません。
眠りの問題とは別にもう一つ毎日毎日の仕事や運動することや生活することや精神的なプレッシャーを加えられることで人は疲れやストレスを多く生み出していきます。

疲れやストレスを多く生み出した結果、体に溜まっていきますが体のどこにたまるのかという問題を考えている一般の方も少なく専門家の先生も知らない場合が多くがあります。
疲れやストレスがたまるところを考えればわかると思いますが人の体には何があるのかということを考えなければいけませんのでひとつひとつ分解してみると神経と血管とリンパがあり皮膚と皮下脂肪とその他の脂肪と筋肉と靭帯と骨と内臓しか存在していません。

疲れやストレス

例えばですけど体をぎゅっと絞ってみると体重が100 kg の方がいるとしたら60 kg の水分が出てくるそうです。
体重の半分以上は水分で構成されているということですから水分といっても血液だったりリンパ液だったり体液だったり細胞の中の水だったり色々な部分に水が存在していますが水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、あと残った部分に疲れやすストレスがたまるところがあるということです。

疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきますが先ほど説明したように水分が60 kg にもなるということですから神経と血管とリンパと脂肪と筋肉と靭帯と骨と内臓の重さは40 kg にもなります。
この中で疲れやストレスを貯めやすくなっているところというのは筋肉と内臓しか存在していません。
しかし内臓と言うと多くの方が病気というのは勘違いしてしまいますが病気と言っているわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まることが原因でいろいろなものが起きるということなんです。

疲れやストレスが多く貯まれば溜まるほど骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起こります。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きた時に重たいものを持ったりすると体を支えることができませんし何をしても体を支えることができなくなってしまっています。
支えることが出来ない時に何をしても何もしなくても痛みになります。
これが腰痛起こしている原因になります。

2018年11月20日

腰痛を楽にする為には

腰痛

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

腰痛を楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものを見つけ出さなければいけませんが強い痛みが起きている時には湿布を貼ったりすることでも腰痛は徐々に楽になっていくこともありますし腰痛を楽にするというサプリメントを飲んでも腰痛が楽になることはありますが原因が残ったままになっています。
腰痛を改善していくためには二つの大きな方法があります。

腰痛とは

一つ目は対症療法という方法で痛みをまずは楽にしていく方法なんですが、 多くの治療法が対症療法になります。
当院でも対症療法をしていますが湿布を貼ったりすることもなくマッサージをすることもなく電気などをかけたりすることもない対処療法をしています。

当院では筋肉に対して揉んだりすることはしていますがマッサージという意味ではありませんのでマッサージではないという風に答えています。
筋肉に対しても 揉むような感じで筋肉に対して少しはしていますが目的が全然違いますので筋肉だけを 揉みほぐしたりしてマッサージをすることが目的ではありません。
しかし多少の気持ちを騒がなければいけませんので筋肉を揉んだりマッサージすることはしています。

しかしそれが目的ではありません。 腰痛を起こしている時には筋肉や靭帯は緊張したりコリを起こしている場合もありますので緊張やコリをほぐすなければいけませんので緊張やコリをほぐすためにマッサージをするような感じをしていますが、その先にあるものが目的です。

痛みの原因を見つけ出すこと

普通のマッサージでは筋肉に対してこりをほぐすことをしていますが当院では腰痛の方は多くの場合、炎症や腫れを伴って痛みとして起きていますので炎症や腫れを抑えていくことをしています。

普通一般的にはマッサージをしたり筋肉を問題にして炎症や腫れが取れるかと言うと取りにくいと思います。
痛みというのは炎症や腫れを伴って起きている場合が多くありますので炎症や腫れがある場合は急性状態ということですから急性状態の場合は温めることなく冷やした方が良いと思います。
慢性化になってしまったら温めても冷やしてもいいと思いますので何をしても構いませんが急性状態の場合は冷やした方が安心です。

急性状態の時に温めたりすると間違った治療法になりますので慢性化になりやすく長期にわたり痛みを伴うことがあります。
痛みというのは炎症や腫れを伴って起きていますのでなによりもお風呂に入って温めたりすることもなく温湿布を貼ったりすることもなく冷やした方がいいと思います。

痛みは炎症やハレ

疲れやストレスの

炎症や腫れが起きている時には触るとわかると思いますから患部が熱を持っている場合がありますので、暑すぎるということはありませんけど他の部分と比べて暖かいなと思ったら冷やした方がいいと思います。
多くの場合、どこであろうと痛みになっているところは冷やした方が安全です。

冷やすときも徐々に冷やした方が、いい場合もあれば急激に冷やした方がいい場合もあります。
痛みになっている部分の幹部が温かい場合は何よりも冷やしてください。
または悪すぎて触ると冷たくなりすぎている場合もありますが冷たすぎる場合も悪すぎるために冷たい感じ起こしていますので冷湿布を貼って冷やした方がいいと思います。
安心なためにまずは冷たすぎるのを貼ったり開けたりすることなく少しの間、離して様子を見た方がいい場合もあります。

急に冷たいものを張ったりしたりすると患部がびっくりする場合もありますので急に当てるのは良くありません。

何よりも冷やす

痛みが強い場合は安静状態を保った方がいい こともありますから無理をしない方がいいと思いますが何でもかんでも無理をしても長期に慢性化状態になってしまうと意味はありません。

腰痛の方が慢性化状態になってしまうと1年も2年も3年も治らなかったりという方も多くいます。
また腰痛を起こしている時には坐骨神経痛や椎間板ヘルニアになっているかと思いますので椎間板ヘルニア、坐骨神経痛も特別なものではありませんので誰でも起きてしまいます。

腰痛が悪化したものが椎間板ヘルニアになり坐骨神経痛に進行していく場合も多くありますので徐々になる方もいれば一気になるかと思います。
腰痛は腰の痛みやぎっくり腰が起きる時にはどうして起きるのかということを考えなければいけませんがぎっくり腰というのは体調が悪いことから起きる捻挫です。

ネンザがギックリ腰

足首や手首などの捻挫と同じように関節が大きいため体支えることができませんから強い痛みとして感じられますが急激に起きてしまう捻挫と同じですから寝違えも捻挫です。
足首であろうと手首であろうと寝違えであろうとぎっくり腰であろうとすべては体調の悪さから落ちていますので足をひねっても痛くない時もあります。

手首を痛めてしまったと思っても痛みがないことがありますので痛みがあるかないかというのは体調に全て関係していますので体調が悪ければ少しのひねりでも痛みになります。
痛みやコリが起きる時には必ず体調が落ちていますが体調が落ちたことを感じない方が多くいますので体調が落ちるということは疲れやストレスが多く溜まっている時なんです。

疲れやストレスから腰が痛くなる

疲れやストレスが多く蓄積していくと人の体は骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが必ず起こります。
しかし疲れやストレスが溜まったら普通一般的に何をするかというと栄養をとることしかしていません。
疲れやストレスが溜まったりすると人においては運動不足だと思うかも分かりません。
体を動かしたり運動したりすることで疲れやストレスを感じているという場合もあるかも分かりませんが多くの場合は逆です。

疲れやストレスがなにかの原因で抜けにくくなっているわけです。疲れが抜けない状態で解消できない状態では積み重なるものが多くありますので積み重なったものが体の痛みやこりの原因になる歪みやズレに進行していきます。

疲れやストレスというのは何をしてもたまるものですし何もしなくても溜まっていきます。

疲れやストレスというのは生活して生きていくことでも疲れやストレスは多くなっていきますしさらに運動したりすることでも多く蓄積していき生み出されていきますし仕事をする時でも疲れやストレスは多く生み出されていきますので何をしても多くなってしまうのが疲れストレスです。

弱い部分にたまる疲れやストレス

しかし人は多く生み出されてしまう疲れやストレスを減らすことはあまり考えていませんし考えていても運動不足だと感じたり栄養とったりすることばかりですから疲れやストレスは減ることはなく多くなるばかりです。
疲れやストレスというのは一体どこにたまるのかという問題なんですが体に溜まっているということは分かっていると思いますが体には何があってどこにたまるのかということが問題なんです。
人の体というのは例えば体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると60 kg の水分が出てくるそうです。
しかし水分つまり水に疲れやストレスがたまるということはないと思いますので、あと残った40 kg の中に疲れやストレスが溜まる所が存在しています。

60 kg が水分ですからあと残りは40 kg になりますので40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。

この中に疲れやストレスが溜まっていくことがあるわけですから溜まっていく部分を限定しなければいけませんので筋肉にたまるということは分かっていると思いますから筋肉にも疲れやストレスは溜まりながら内臓に多く蓄積していくんです。

しかし誰もが内蔵と聞くと病気というのを予想すると思いますが病気というわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まるということですから病気と言ってるわけではありませんので注意して説明を聞いてください。

内臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因

内臓に多くの疲れやストレスが溜まることで内臓の働きが悪くなっていきますので数値的内容が出ることはまだありません。
しかし実は内臓と関係がないことはありませんが今すぐというわけではありません。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しますのでそうでもない部分は先将来に何も関係することもなく痛みやコリを起こしてしまうことはありません。

しかし弱い部分というのは、そういうわけにはいきません。弱い部分というのは筋肉だったり関節だったりという部分もありますが多くの場合、関係するのは内臓が深く関係してしまいますので内臓に疲れやストレスが溜まっていくことが多くなると内臓の細胞が変化していくこともありますので働きだけの低下だけではすみません。
働きの低下ということなので病的段階のような数値的な異常が出ることはあまりないと思います。
しかし疲れやストレスが弱い部分に多く溜まっていくと細胞の変化が起きて徐々に病気の方に進行していくということがあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは内臓から
内臓に疲れやストレス

内臓が病気になって行く時には半年や一年や2年でなることはなく20年前後かけながらなっていくと思ってください。
その期間中に徐々に疲れやストレスが溜まりながら健康な細胞から病気の細胞に変化していくということが起こります。

人の体というのは弱い部分がありますので弱い部分が内蔵であれば内臓の細胞が徐々に20年かけながら変化していくことで最終的には病気ということで判明してしまい数値的な異常が出てしまいます。
健康な細胞から1年や2年で変化するということはありません。
病気というのは老化ですから弱い内臓が疲れやストレスを食べてしまうと徐々に細胞が変化していきますから変化の最終形態が病気ということになりますが腰痛や腰の痛みの方も同じ現象で進行していきながら進行途中で腰痛として起こります。

腰痛を起こす時には一番、関係する内臓というのは腎臓です。 腎臓に弱さのある方が疲れやすくレスは腎臓に貯めていきやすく腎臓に疲れやストレスが溜まった状態が多くなると骨盤の歪みや骨盤の開きが起こります。
腎臓には関係する筋肉がありますが関係する筋肉は腸腰筋という筋肉と大腰筋という筋肉ですがこの二つの筋肉は骨盤の安定状態を保っている筋肉ではありますので骨盤のバランスが悪くなった状態で骨盤の歪みは骨盤の開きを起こします。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年11月16日

肩こりを解消すること

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

肩こりを楽にしようと思うなら筋肉のコリばかり注目していないで肩こりの筋肉のコリがどうして起きているのかということを見つけ出さなければいけませんが多くの肩こりを解消している治療法というのは原因を見つけ出すこともなく楽にすることばかりしています.
肩こりと言うと多くの治療方が筋肉ばかりに注目してしまってこりをほぐすことばかり中心にしていますが今まで30年以上

肩こりを研究してきて実際に治療もしてきましたが今まで肩のこりが筋肉だけで起きている方は一人もいませんでした.。
しかし肩こりというのは筋肉のコリをマッサージしたりほぐしたりすることで楽になってしまうことがありますが楽になってしまうのは一時的なものです。

肩こりとは

肩こりのコリとは

肩が凝っている時にはこりを起こしているということで肩こりになっていますがこりというのは日本語にとって意味不明な言葉ですからコリを説明しろと言われてもどう説明していいのか迷ってしまうこともあります。
肩こりのこりとは筋肉疲労や緊張や固くなる現象なんですが硬くなるというのも一時的に揉みほぐしたりすれば柔らかくなるレベルの硬さのことだけです。

当然筋肉が疲労してあり緊張したり硬くなったりするとリンパの働き悪くなって老廃物が多くたまるということが起きてしまいます。
筋肉が硬くなってしまえばリンパの働き悪くなっている老廃物が多くたまり循環が悪くなります。
肩というのは意外に多く物事で使用していますので多くの方がバッグを持ったりすることでも方は落ちないようにしていますので筋肉はより多く使っていることが多くあります。
スマートフォンや携帯を扱う時にも細かい文字を扱ったりタッチしたりすることをしていますので腕の筋肉や肩の筋肉をより多く使っています。

肩を使うことが多くある

キーボードで操作する時でも肩や腕の筋肉を使っていますので筋肉疲労が積み重なっていくことでコリになっていきます。
単純に肩こりの コリというのは筋肉疲労のことを言いますのでリンパの働きを悪くなるということは筋肉疲労が起きてしまえば当然、起きていると考えた方がいいと思います。

子供さんがゲームをしたりするときにも肩に異常に力が入っていますので力が入ることが原因で筋肉疲労が起きたりすることがありますので子供さんでも肩こりが起きてしまいます。
ということを考えれば買ったというのは運動したり仕事をしたりスマートフォンや携帯などを操作したりキーボードを打ったり字を書いてありバッグを持ったりすることで肩の筋肉をより多く使っていますのでより多く使うことで筋肉疲労が起きたりすることで肩こりになるということです。
しかし今まで30年間、肩こりを解消することをしてきましたが未だに一人として筋肉のこりだけで起きている方はいません。

筋肉のコリから肩こりになる

筋肉のコリが起きてしまう時には必ず背骨のズレが重なって起きていますので背骨がずれることが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動いたりすることで引っ張られたり緩んだりして老廃物の流れが悪くなりリンパの働きを悪くなって循環が悪くなり肩こりになっています。

しかし背骨のズレも何も原因がないのに中枢神経系を守っている背骨が簡単にずれることはありませんし姿勢が悪いからと言って背骨がずれたりすることもありませんし猫背だからといって背骨がずれることもありません。
背骨というのも中枢神経系の脊髄を守っているものですから簡単に姿勢で曲がったり猫背で曲がったりすることはありません。
背骨がズレることで脊髄は何らかの影響を受けてしまうからです。
背骨がズレてしまうことが原因で筋肉は引っ張られたり緩んだりして肩こりになります。
しかし背骨のズレを直さなくても矯正しなくても筋肉さえ楽にすることをすれば肩こりは楽になって感じてしまいます。
背骨のズレがあるから筋肉が引っ張られてるのに筋肉をマッサージをしたりほぐすことをすれば背骨のズレを矯正しなくても肩こりを楽にすることができます。

筋肉が緊張する肩こり

背骨のズレも肩こりになる

しかし背骨のズレというのも原因があるから起きているのと長期にわたり背骨のズレが残ったままになっていると筋肉や靭帯も引っ張られたり緩んだりしたままですから単純に戻せなくなることもあります。
筋肉や靭帯が引っ張られているのに正常に戻すことができるのか元に戻すことができるのかということは確認してみなければ分かりませんし矯正をしてみなければ分かりません。

筋肉や靭帯が引っ張られたり緩んだりする時間が多くなればなるほど筋肉や靭帯は血行不良を起こしていきますので血行不良を起こすと筋肉や靭帯は固くなっていきますので硬くなるということは老化していくということですからいくらマッサージしても揉んだりしても何をしても、やらかくなるレベルではありません。
もんだりしてもやらかくなる時もあれば、何をしても柔らかくならない筋肉もあります。

肩こりになる時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで体には多くの疲れやストレスは生み出されてイキ生み出したものが体に溜まっていきます。
体に溜まった疲れやストレスが中から体の崩れを起こし背骨のズレになり筋肉が引っ張られたり緩んだりして肩こりになっていきます。

歪みやズレが起きればリンパの流れが悪くなる

当然、この時にはリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積しているということです。

しかし毎日毎日の生活で運動することで仕事をすることや体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスが生み出されて体に溜まっていきますが体のどこにたまるのかということが肩こりを解消していくときに重要なことになります。
もちろん体に溜まるということですから体の全身に溜まっていきますが体には弱い部分と、そうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分というのは痛みやこりなどに関係することはありません。

しかし弱い部分というのは誰でもある部分ですから弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスが溜まることが原因で急速に老化が進んでいきます。
疲れやストレスが弱い部分に多く蓄積していくと細胞の変化が起きて老化しながら内臓の病気に近づいていきます。
病気というのも1日や二日で病気になることもなく健康な細胞から病気の細胞に変化していくには10年以上かかると言われています。

健康な細胞から病気の細胞になっていく過程では、まだ病気ではありませんのでいくら病院で検査をしても数字的な異常は出ることもなく見つかることはありません。
病気として完成したものは病院に行って何らかの検査を受けて数字的なものや異常が発見されれば病気ということになります。
しかしなっていく過程ではわからないということです。
例えば数字で説明すると分かりやすいと思いますので簡単にわかりやすく言うとゼロの時点ではまだ病気ではありませんのでいくら検査をしても異常は見つかりません。

なっていく過程では異状なし

10の時点でもまだ病気ではありませんので検査をしても病気ではありません。
20でも30でも40でも50まで進行していても病気ではありませんから検査しても異常はありませんから健康だと言われます。
数値が60を超えて70や80まで来るといよいよ数値的な異常が出やすくなってくる場合があります。
80を超えるまで内臓の細胞が変化していき老化していくということが起きるといよいよ検査をすると数値的な異常が確実になってきます。

これは単純な数字ですから80といっても数値的な異常が出ていないということもありますので半年後にもう一度、検査をすると病気という診断が降ってくる場合もあります。
1度以上が出たものは数値が下がっても数値だけは落ち着いてきますが内臓が変化したのかと言うと変化したということは少ないと思います。

肩こりのコリと筋肉

当院で肩こりを検査する時には筋肉のコリが起きているのかということを見つけ出して解消することから始めていきますが筋肉の解消ができたら先にあるものは背骨のズレですから背骨のズレを矯正することをしていきます。
そして背骨のズレがどこから起きたのかということを見つけ出すためにも検査することをしています。
多くの背骨のズレの場合、内臓疲労が原因で弱い内臓に疲れやストレスが溜まったことが原因で背骨のズレとして起きています。

弱い内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で肩の部分の背骨がずれを起こしていき背骨がずれを起こすことが原因で筋肉が引っ張られたり緩んだりして肩こりになります。
肩こりに関係しやすい内臓を上げるとしたら心臓と肺と横隔膜が主になります。
肩こりを起こしている方や繰り返しやすい方、よくマッサージや整骨院などに行くかたや整体院やカイロプラクティック院などを訪れている方も時々感じているかも分かりませんが症状としては息苦しさや胸苦しさや時々急に咳が出たりすることがあります。

筋肉だけではない肩こり

一瞬で時々なんですが胸の辺りでちくっとする痛みがある方もいます。
何も原因がないのに息苦しさを感じたりすることはありません。

何も原因がないのに胸苦しさを感じることはありません。
何も原因がなくて心臓の辺りでちくっとする痛みが起きたりすることはないと思います。
ということは何らかの病気ではない状態で何かが起きていると考えなければいけないと思います。

肩こりを感じている方は心臓と肺と横隔膜に病気ではない状態で異常が起きています。
しかし最近は疲れやストレスの蓄積ではなく睡眠負債状態の方が多くなっています。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。

不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。

不眠症と肩こり

また夢を多く見るということも不眠症のひとつです。

しかし睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴ですが普通に考えれば良い眠りをしているように思いますが実は眠りが無茶苦茶と言っていいほど浅いんです。

睡眠負債状態の方の眠りを簡単に説明すれば寝ながら考え事をしている睡眠をしていますが寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもありますので寝ていると思っています。
本当に毎日毎日寝ている方が肩こりを起こすことはありません。

もし肩こりを起こすようなことをしても回復が早くなって肩こりは治りやすくなります。
寝ていることで筋肉のコリは解消していくからです。
眠れていないと筋肉のコリは解消することはできません。

睡眠負債と肩こり

睡眠負債状態というのは寝ている本人は気がついていないことが多くありますので目が覚めなければ寝ていると単純に考えている方が多くいますし夜、寝ようとするときと朝目が覚めた時にあくびが出ないのが特徴です。

日中にはあくびが出るかも分かりませんが肝心な夜寝ようとする時にあくびが出ないのが睡眠負債状態の特徴でもありますので、あくびをしているかどうかというのも肩こりに関係します。
肩こりに関係する背骨のズレというのは肩の部分に関係しますので肩の部分には胸椎の1番目と2番目と3番目がありますが1番目と2番目は心臓に関係する骨です。

胸椎の3番目は灰に関係する部分ですから肺が弱った時には咳が出やすくなったり息苦しさや胸苦しさを感じてしまうこともありますから背骨の3番目の骨がズレを起こします。
はいに何らかの異常が起きる場合があると横隔膜も異常を起こしますので首の骨の3番目と4番目と5番目と6番目と7番目の骨がずれを起こします。
背骨がずれれば筋肉は引っ張られて肩こりになります。

睡眠負債と肩こり

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年10月29日

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

腰痛を楽にしていこうと思うならまずは痛みを楽にすることからしていきます。
しかし楽になったからといって治ったというわけではありませんので、そこから原因になっているものを見つけ出して原因を解消というよりも減らすことをしていかなければ本当の意味で腰痛を治すということは言えません。
腰痛には腰痛になっている原因がありますが、まずは痛みを楽にすることからしていきます。
腰痛や腰の痛みが起きた方や慢性化した方もしっかりとした原因が改善できていないから繰り返し安くなっていきますので長期間、悪いかなとも何が原因で長期間、腰の痛みが起きているのかということを見つけ出さなければいけないということです。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛や腰の痛みを楽にする方法というのは楽にしているだけであり、直しているわけではありません。
腰痛や腰の痛みの治療法というのは大きく分けて三通りの治療法があります。
一つの治療法は対症療法という治療法です。
もうひとつの治療法は歪みやズレを改善していく方法です。
そしてもう一つの治療法というのは体質改善で大元中の大元から改善していく方法です。
まずは何と言っても腰の痛みを楽にすることから始めていかなければいけませんので腰痛は腰の痛みのある方は筋肉や靭帯にも炎症や腫れを起こしていることもありますので炎症や腫れを改善していかなければいけませんし場合によっては熱を持っているという場合もあります。

腰の炎症やハレがある

炎症や腫れや熱を解消していくことから始めていきます。
そして次の段階にあるものは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のずれがあります。
多くの腰痛の場合、骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが存在していますが椎間板ヘルニアになっている方もいますので椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく誰でも起きても不思議ではないものです。
腰の痛みがある方の場合多くの場合骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがある時に同じ姿勢をしたりすることで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが拡大していきます。

ズレやゆがみや開きなどが拡大することが原因で骨盤が不安定になっているのに体を支えることができない姿勢をすると痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると

腰痛や腰の痛みがある方は必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていますがズレや開きや歪みを直さなくても楽にすることはできます。

腰が痛くなっている原因は骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレなのに、これらを解消しなくても楽にすることができるために残ったままになっています。
原因を残したまま楽にすることができます。

背骨のズレで腰が痛くなる

原因を残したまま楽にする方法というのは湿布を貼ったりしても楽になることもありますしドラッグストアで売っているサプリメントを飲んでも楽になることもあるでしょうしマッサージをしても楽になることもあるでしょうし鍼を打っても楽になることもあるでしょうしお灸をしても指圧をしても楽になることもあるでしょうし低周波治療器や電気などをかけても楽になることはありますが腰痛の原因になっているものは変わっていません。

腰痛の原因になっているものは骨盤の問題ですから骨盤の問題を改善していかなければ矯正して整えていくことをしなければ繰り返しやすく戻りやすく腰の痛みがないからと言って安心してはいられません。
というのも骨盤の問題というのは進行していくからです。

こじらしたりすることもありますし悪化させたりすることもありますし慢性化になることもありますが一番、怖いのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが、どうして起きているのかという問題なんです。
何も原因がなくて骨盤の問題が起きることがありませんのでどうして起きてしまっているのかどこから起きてしまっているのかという原因があります。

骨盤のトラブル

骨盤の問題というのは姿勢が悪かったり猫背で起きることはありません。
姿勢が悪いのも猫背になっているのも原因がしっかりとあります。

骨盤の問題が起きるのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで体を動かしたりすることが原因です。
毎日毎日の生活で体を多く使うことをしていますので多く使ったぶんだけ疲れやストレスが生み出されていきます。

多く生み出されてしまう疲れやストレスなんですが疲れやストレスは体の弱い部分に溜まっていきます。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しますが強いというわけではなくそうでもないという状態なんです。
一般的には強いという状態で説明しているテレビや特集などがありますが強いというわけではなくそうでもないという正常レベルのものです。

正常レベルの者には疲れやストレスは溜まりにくくなりますので弱い部分はそういう状態にはいきません。
弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

弱い部分に疲れやすいですが、たまることが原因で体は歪みやズレや開きを起こしていきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分の水です。

水分に疲れやすですがたまるということはありませんので後残った40 kg の中に疲れやストレスが多く蓄積していくところがありま。

腰痛は疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは所を選ばず溜まっていくのが疲れやストレスがです。
あと残った40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスを溜め安く問題になるのは筋肉と内臓なんです。
内臓と言うと多くの方が病気というのをイメージしますが内臓の疲れやストレスを溜めてしまい疲弊状態に陥っていくということですから病気というわけではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけてしまうことなくしっかりと話を聞いてください。

体には毎日の生活や体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスを満たされていきますが減らすことを考えている方はいません。
体が疲れたとか言うと美味しい鰻を食べたり焼肉を食べたりという感じで済ましています。

確かにこれらは栄養源ですから疲れやストレスも少しは減ることがあるかも分かりませんが唯一疲れやストレスが経ることができるのは寝ている間だけですが最近、多くの方が眠れていない状態の方が多くなっていますので眠れていない状態の方は睡眠負債状態と言います。

不眠症と腰痛

不眠症というのがありますが不眠症というのは睡眠負債とは違いますので不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりするのが不眠症です。
睡眠負債というのは不眠症とは違いますので睡眠負債は夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴なんです。
普通でしたら良い睡眠をしているように思いますが寝ているだけであり眠りがすごく浅いということなんです。
眠りというのは大脳が休養をとって寝ていることだけをいいますので熟睡状態の事を寝ていると言います。
熟睡ができている時間がどれくらいあるかで寝ているということになりますがただ寝ている状態では睡眠が浅い状態ですからねているということはありませんので、この状態のことを睡眠負債と言います。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていることができますが睡眠負債状態というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

目が覚めた瞬間に忘れる

目が覚めた瞬間に忘れてしまうため寝ていると勘違いしています。

本当に熟睡状態ができている方は寝ようとする少し前からあくびが出ます。
どんなにいい睡眠ができたとしても朝に目が覚めた瞬間にあくびが出なければいけません。
簡単なバロメーターなんですがあくびというのは眠れるか眠れないかの差になります。
しかしあくびが出て寝ようとしても布団をひいたり冷たい布団の上に乗っかっただけで目が覚めてしまうということもあります。

あくびが出たら歯を磨いたりせず本当は寝た方がいいのですがそういう状態ではいきません。
寝ようとする時間がある程度一定であれば30分か1時間前には徐々に寝る体制に入っていきますので寝る体勢に入るということはあくびになります。

本当に眠れていればアクビが出ます

あくびが出ない限りは眠れているとは言えないこともあります。
睡眠負債状態というのは最近多くなっているものなんですが新しい言葉で 寝ているようで眠れていないのが特徴です。
大脳が休養とって出ていない限りは体調はどん底だのような体調をしていたり、奈落の底のような体調をしています。

しかし大脳が弱ってしまっていますので痛みやコリを感じにくく鈍感になったり麻痺した状態になりますので大変な状況になっていることもあまり分からない方もいます。
眠りが浅いということは体調が良いわけではありません。
熟睡ができなければ体調はすごく落ちています。

大脳の弱りで腰痛になる

大脳が弱ってしまうということは脳細胞の急激な現象が起きていくこともありますから精神疾患になりやすく鬱やパニックや認知症ということも先将来考えられます。

しかしわからないような状況であれば進行状況を招いていくということもあります。
自分で体調が分からないようなことが起きているのに検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃあって内臓が下がっていたり背骨がずれすぎてガタガタ状態になっていて椎間板ヘルニアが起きていても平気な顔をして体調は良いと思っています。

 

こういう方が腰痛を起こすと厄介な状況になっていますので簡単に楽にならないこともあります。
というのも骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正して寝ている時には整って良い状態になっても立った瞬間に崩れていくからです。

睡眠負債と腰痛

それほど大脳が弱っている方が多くなっています。
治療が終わって立った瞬間に崩れていき骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていくほど滞納が弱っていく方が多くいますが

生命機能の中枢である大脳が弱るということは大変なことなんです。

しかしそういうことを言われてもしっかり考えている方はいませんから右の耳から入って左の耳に抜けていくという感じになって考えてもらうことができません。

当院では検査することをしていますので検査をしてみるとどういう状況になっているのかということがわかりますがすべてがわかることはありませんので治療を進めていくことでわかる何回もあります。

そのためにはまずは腰の痛みですから腰の痛みの原因になってるものは目先にある筋肉靭帯の炎症ということもありますし骨盤の歪みは骨盤の開きということもありますからそれらを改善していくことからしていかなければいけませんので改善できて楽になることができるのかということで次の問題が控えています。

不眠症と睡眠負債tと腰痛

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年10月29日

骨盤矯正で小尻にするには

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

当院では骨盤矯正をしていますが骨盤矯正をして行く時には骨盤を小さくして小尻にすることをしていますがどうやったら骨盤矯正をして骨盤を小さくすることができるのかということを考えています。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤矯正と言うと多くの方が骨盤の矯正をすればいいだろうと思って訪れていますがもちろん必然的に骨盤矯正をしていく時には骨盤の歪みは骨盤の開きを対象として矯正することをしていきますが単純にそれだけではありません。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行く時には骨盤の歪みや骨盤の開きを調整することで骨盤を小さくなることはありますが多くの場合、単純に

それだけでは少ししか小さくなることはありません。

骨盤矯正をする時には骨盤矯正に入る前に自分の骨盤を触って覚えてもらうことをしていますので変化が分かるように小さくなったのが分かるようにしているのが当院の特徴です。

骨盤矯正というのは骨盤を小さくすることなんですが骨盤というのは関節がありますので関節は二つの大きな関節と恥骨の関節になります。

骨盤には関節があります

二つの大きな関節というのは仙腸関節という関節ですが真ん中の仙骨という三角形の骨と右側と左側の寛骨という骨の重なった状態のことを言います。

仙腸関節というのは強固な人体につながっていますので足の部分と上の体をつなげている部分ですからそんなに大きくずれたり歪んだりすると歩くこともできません。

骨盤の歪みと言ってもそんなに大きくずれたり動いたりすることはありません。
仙骨という中央の骨を中心として右側の上部が前側にずれたりすることはあります。

骨盤の歪み・骨盤の開き

中央の仙骨を中心として左側の上部が前側に歪んだりすることはあります。
またこの逆も両方起きてしまいますし外旋と内旋という状態の言葉がありますが外側に広がったり内側に入りすぎたりということもあります。

骨盤の矯正をして行く時には骨盤矯正をしていくわけですから骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていくことは最低条件だと思いますので多くの方の骨盤を矯正することをしていきましたが最近は多くの方が単純な骨盤の歪みは骨盤の開きだけではないということなんです。

骨盤矯正をしていくときに骨盤の歪みは骨盤の開きがあると骨盤の周辺の部分というのは脂肪やむくみが多くなりますのでむくみや脂肪を減らすことでも骨盤は小さくなってくれます。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると股関節が出る

骨盤の歪みやズレがあると股関節が出っ張ってくることもありますので股関節が出っ張ってくると足が大きくなるということもあります。

しかし骨盤矯正をしている時には体に蓄積している疲れやストレスが関係しています。
一見考えると骨盤矯正で押していくときに疲れやストレスが関係するのかということがありますが骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは体に蓄積してしまった疲れやストレスが原因だからです。

体には毎日毎日の生活で疲れやストレスが多く満たされていきますので運動することでもストレッチをすることでもジョギングをしたりすることでも筋肉を鍛えたりすることでも多くの疲れやストレスは多くなっていきます。

何をしても疲れやストレスが多くなるばかりです。
何もしなくても疲れやストレスが多くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積と骨盤矯正

つまり何をしても何もしなくても疲れやストレスが多くなることがあります。
疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということが骨盤矯正をしていくときに問題になるんです。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなります。
つまり体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水だということです。

疲れやストレスが水にたまるということはないと思いますので、あと残った40 kg の中に疲れやすですが溜まり骨盤矯正をしていくときに問題になるものがあります。
残った40 kgの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。

疲れやストレスの蓄積する所

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは全てに溜まっていきます。
つまり皮膚にもたまにながら筋肉にもたまりながら人体にも食べれながら脂肪にもたまにながら骨にもたまにながら内臓にもたまにながら溜まっていくということです。

信じられないことかも分かりませんが実際には溜まっていることが多くあります。
疲れやストレスというのは貯まるところを選べません。

しかし最大限、多く溜まっていくところというのは筋肉にもたまにながら内臓にたまっていきます。
骨盤矯正をしていくときには骨盤の内臓が関係していることもあります。
骨盤の内臓というのは大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣になります。

骨盤の内臓と言うと変な意味に聞こえるかも分かりませんが便秘が起きている方は腸の働きが悪いわけですから腸の働きを悪く便が溜まっていると調和を大きく膨らんでいきますので腸が膨らむということは骨盤の歪みを起こし骨盤の開きを起こしていきます。

骨盤矯正と内臓

骨盤の内臓も関係する

生理痛や生理不順がある方も骨盤の下の方が開いた理由頑張り起こしていきますので開いたり歪んだりすることで股関節が出っ張ってくるということもあります。

内臓のある位置を考えたらわかると思いますが内臓のある位置が全て関係しています。
毎日毎日の生活で運動することで仕事をすることでいろいろなものを取れ体を動かしたりすると多くなっていく疲れやストレスが生み出されて体に溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし歪みや開きが起きると代謝が悪くなり老廃物が多くたまりリンパの働きを悪くなります。

そうするとむくみや脂肪が多くなっていきます。
骨盤矯正をしていくときに骨盤の歪みが中心で考えるだけではなく中にある内臓が中心で考えた方が正解です。

内臓の働きが悪いと骨盤の歪みは骨盤の開きが起こります。

しかし最近はそれだけではありません。

疲れやストレスの蓄積度合い

先ほども説明したように皮膚にも脂肪にも筋肉にもじん帯にも骨にも疲れやストレスが溜まっていきます。

これらに溜まっていくと炎症を起こしたり腫れたりということが起こります。
炎症や腫れを起こすということは大きく肥大します。

最近は多くの方が骨盤矯正を希望されて訪れていますが検査をしてみるといろいろな状況がわかってきますので骨盤の歪みは骨盤の開きをもちろん強制することをしていますが単純にそれだけではなく皮膚や筋肉や靭帯や脂肪などにも炎症や腫れを起こしていたり骨盤の骨、自体が大きく膨れ上がっているということもあります。

普通では起こらないような状況が起きているのが最近ですから多くの方が睡眠負債状態に陥っているということが伺えると思いますが新しい言葉として睡眠負債状態という言葉がありますが不眠症とは違います。

不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりするのが不眠症で寿司夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。

睡眠負債と骨盤矯正

しかし睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。
睡眠負債状態というのは熟睡状態まで深く眠ることができないのが睡眠負債状態です。
つまり眠りが浅い状態だということですが寝ている本人には寝ているから分からないということがありますが夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

しかし睡眠負債状態というのは夢よりも浅い睡眠ですから最悪ですから大脳が急激に弱った状態になり弱っただけでは済まなくなって脳細胞の急激な減少を招いていきます。

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをして小尻にしていますが初めに体調はどうですかとか調子悪くないですかとか聞くと多くの方が調子は悪くありませんとか体調はいいと思います簡単に考えていますが検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きがむちゃくちゃあったり背骨がずれて片方状態になっている方ばかりたんですが普通はこういう状態になっていると体調が悪いはずなんです。

しかし多くの方が体調の悪さを感じていません。

体調の悪さと小尻になること

つまり麻痺した状態、鈍感になっているということなんですが麻痺した状態が起きたりすることは普通では考えられませんし

鈍感になることはありませんから睡眠負債状態が大脳を弱らせてしまって痛みやコリを感じなくなってしまっているということです。

大脳が元気だからゆがんだりしたら痛みやこりとして感じさせるようにしています。
大脳が元気だから風邪の細菌が体内に入って増殖しても発熱させてウイルスや細菌を減らそうとします。
骨盤矯正をして行く時には単純に骨盤を小さくすればいいというものではありません。

例えばですけど骨盤が小さくなったぶんだけ大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣というのはどういう状況になっているのかということがあります。
骨盤が横に広がるということは多くありますので狭くなったぶんだけ圧迫する可能性もあるということです。

しかし骨盤矯正で整えていく骨盤というのは歪んだり開いたりすることがありますが歪んだり開いたりすることは中の内臓の状態から起きています。

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると

何も原因がなくて骨盤が歪んだり開いたりすることはありませんので何かの原因があるということですが何かの原因というのは体の中に原因がありますので体の中に何があるのかということを考えれば必然的に多くは内臓ということになります。

しかし 内臓と言っても病気というわけではありませんので直接的に内蔵と言うと病気というのを考えることなく内臓にも疲れやストレスが溜まるということで骨盤が歪んだり開いたりしていきます。
普通一般的に骨盤矯正と言うと骨盤ばかりに注目してしまっていますが体の中から直さないと骨盤が小さくなりにくく戻りやすくなります。

そして骨盤矯正をしていく時には体調というのも深く関係しますので体調が悪かったり調子が落ちていたりすると骨盤を持続させることができませんし維持させることはできません。
骨盤矯正をしていくときに単純に骨盤を小さくすればいいというわけでもないしお尻にすればいいというわけではありませんので体調からあげたり疲れやストレスを解消したりすることをしなければ 維持することや骨盤が小さくなりにくくなります。

不眠症と睡眠負債

そして骨盤矯正をするときにも言えることなんですが睡眠負債状態があったりすると大脳が急激に弱っていきますし脳細胞の減少が伺えますので体調が無茶苦茶と言っていいほど落ちています。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。

不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまったり夢ばかり見ているような気がするというのが不眠症です。
しかし睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴です。
普通でしたら良い眠りをしているような感じなんですが眠りがすごくあさく単純に浅い眠りをしているだけです。

眠りが浅い睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
睡眠負債状態の方は寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっています。
睡眠負債状態の方は寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていると大脳が急激に弱っていき脳細胞の急激な現象を起こしていきます。

睡眠負債と不眠症

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年10月26日

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

頭痛は偏頭痛や頭の痛みを薬を飲んで楽にしていくことをしている方が多くいると思いますが一時的に痛みを止めることをしているだけですから楽にすることばかりしているということです。
頭痛は偏頭痛、頭の痛みには原因があるから起きていますので繰り返す原因を見つけ出さなければ色々な状況が進行して言ってしまうということがあります。

何も原因がなくて頭が痛くなったり偏頭痛が起きたり頭痛になるということはありません。
頭の痛みを訴える方の検査をしてみると体調がすごく悪い方が多くいますが自分の体調の悪さを感じていない方が多くいますしわかっていない場合が多くあります。

体調と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

体調と言っても頭の痛みだけを感じてしまっている場合が多くありますので体調というのは意味不明な言葉でもありますから体調が悪いということはどういうことなのかということを説明していかなければいけません。
最近見たテレビで特集を組んでいる番組がありましたが脳梗塞や脳出血などの方が頭痛は偏頭痛や頭の痛みを起こしていたと説明をしていました。

病気の脳梗塞や脳出血などがあったりすると大変な結果を招いてしまいますが一年や2年で脳梗塞になることはありませんしなっていく過程があるということなんです。

病気になっていくためにも期間が必要ですからどれぐらいの期間がなっていくのかということは厳密に言うとわかりませんが進行状況がすべて違います。

痛みが起きるのは

頭痛は偏頭痛や頭の痛みを訴えるということは何かの原因があるから痛みになっているわけですからその原因を見つけ出さなければいけませんが病気になっていない限り病気として完成していない限り病院で検査をしても異常な数字が出ることもなく何かが見つかるということもないと思います。

病気になっていくためには半年や一年という期間ではなく5年や10年や20年かけながら悪くなっていきますので時々頭痛や偏頭痛や頭の痛みなどを起こしながら徐々に細胞が変化していくことが起こります。
しかし病気として完成していない限りは頭の痛みの原因はわかりませんので痛み止めの頭痛薬ばかりを飲んでしまうという場合が多くあります。

痛みの原因は

しかしになるのを待つわけでなく頭痛頭の痛みや偏頭痛の原因をならないうちに見つけ出さなければいけません。
頭痛は偏頭痛頭の痛みは訴える方の多くは不眠症という状態な方も多くいます市不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夢を多く見る時間があったり夜中に何回も目を覚めてしまう方が不眠症です。

不眠症というのは脳が興奮している状態や脳が緊張している状態で最初は起きてしまいますが徐々に期間が長くなっていくと単純な興奮や緊張だけでは済まないということも進行していきます。

しかし最近多くの方が眠れているけどと思っているか違いますが眠れているけどと思っている方は睡眠負債状態になっている場合が多くありますので眠れているのに頭痛は偏頭痛頭の痛みがあるということは大変おかしな現象です。
睡眠負債状態というのは自分でも寝ているから分からないと思いますが睡眠負債状態の方が異常と思えるほど増えてしまっています。

薬で抑えてばかりいると

頭痛は偏頭痛は頭の痛みになりやすい方は普通一般的には頭痛薬ばかり使って楽にすることをしていますが楽になっているだけであって一時的なものですから原因を改善して解消しているわけではありませんので繰り返し安く悪化させやすく慢性化状態になっていくということがありますが頭痛は偏頭痛や頭の痛みというのはしっかりと原因があって起きていますので原因から改善していくことをしないと大変なことになる可能性もあります.

頭痛は偏頭痛頭の痛みになりやすい方というのは頭を触ってみるとわかることが多くあります.

最近は多くの方が自分では眠れていると思っていても眠れていない場合が多くありますので眠りが浅いと脳は興奮状態を起こしたり緊張したりすることが起きて腫れたり炎症したりということが起こります.。
眠りというのはだいのうが休養とって寝ていることだけを眠りと言いますので単純にスースー寝息を立てて寝ていることが眠りだけではありません.。

不眠症と睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

不眠症と睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

不眠症という言葉がありますが不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりする方が不眠症です.。

不眠症からも頭痛は偏頭痛、頭の痛みが起こりやすくなります.。
新しい言葉なんですけど睡眠負債という言葉があります。
睡眠負債という言葉は寝ているようで眠れていないのが睡眠負債ですから夢を見るよりもさらにあさく大脳が考えながら寝ている状態です。

夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいるため目が覚めた瞬間に寝ていると思っています。

眠りとは

大脳が休養とって寝ていない限りは眠っているわけではありません。

睡眠負債状態の方は多くの方が寝ながら考え事をしている状態になっていますので寝ながら考え事をして睡眠をしています。
目が覚めることとは違いますので目が覚めないから寝ていると思いがちなんですが寝ながら考え事をしている睡眠というのは大変よくない睡眠の方になるというよりも悪い睡眠になります。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは大脳を急激に弱らせていきますので興奮や緊張どころの話ではありません。
寝ながら考え事をしている睡眠が多くなって行けば行くほど大脳は急激に弱っていきますので大脳が弱ることが原因で緊張や興奮どころではない状態が起こりますから脳細胞の急激な減少が起きたりすることがあります。一度、脳細胞が減ってしまったら蘇ることはないと思います。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の方は

脳細胞の急激な減少は痴ほうや認知症を起こしやすくなりますので若くしても起きてしまうのが若年性認知症、若年性痴呆症です。

最近は多くの方が頭痛を起こしていなくても腰痛でも肩こりでも睡眠負債状態の方が多くなっています。
単純に考えても目が覚めなければ寝ていると思いやすいのが普通ですけど。

しかし眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。
大脳が休養とって寝ていることができないと体調はすごく悪くなって奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調している場合が多くなっています。

こういう結果から頭痛は偏頭痛や頭が痛くなるというのは当然、起こります。
当院では今現在起きている頭痛を解消していくこともできますが一時的に楽にすることよりも原因を見つけ出すことをしていますので今現在起きている頭痛の方も多くの方が来院していますが、その場で楽になることをしています。

原因から変えていく

しかし頭痛を楽にすることと頭痛の原因を見つけ出して直していくということは全然意味が違いますので、まずは体調を上げたり体を整えたりしなければいけません。

体調を上げて体を整えていくことで多くの症状は改善していき歪みやズレも解消できるからです。
体と言うのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで多くの疲れやストレスを生み出してしまいます。
疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まっていきますので体の弱い部分に溜まることが原因で色々な症状を起こしていきますから頭痛は偏頭痛や頭の痛みになりやすい方は大脳の脳細胞が悪いということになりますから悪いのを直さない限りは解消できるものではありません。

体の弱い部分に疲れやストレスが多くたまりやすくなっていきますから疲れやストレスが溜まることが原因で頭痛や偏頭痛や頭の痛みになっていきます。

原因も進行する

薬ばかりで抑えていると原因がいつのまにか進行してしまって頭の痛みとは違って形を違った状態で表に出てくることもあります。

頭痛は偏頭痛、頭の痛みのある方はまずは体調を上げて楽にすることから始めてきますので疲れやストレスを減らすことから始めていきます。
弱い部分に疲れやストレスが溜まることで頭痛になってしまっていますので肩こりや首のこりということも起こりやすいのは

当然ですからそれが直結して肩こりから頭痛になったり首のこりから頭痛になったりということもあるかも分かりませんが多くの場合は別物として考えるようにしたほうがいいと思います。
別物というのは原因が、いくつも重なっているということです。

しかし肩こりがある方が頭痛になりやすいというのは普通一般的によく言われていることなんですが二つが重なっているということですから肩こりと頭痛が同時に起きている場合が多くありどちらかを解消することでも両方取れてしまうということが起きてしまいます。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛を起こす原因

しかし両方を楽にしても原因は残ったままになっています。
首のコリや頭痛が起こりやすい方も場合も同じように首のこりと頭痛が同時に起きているという結果でどちらかを楽にすることで圧力が下がってしまって楽になるということはありますが楽になっただけであって治ったわけではありません。

楽にすることと直すということは意味が全然違うからです。
楽にすることは簡単に一回や二回でできるかも分かりませんが原因を直していくということは一回や二回で治ることはありません。

原因がそんなに簡単に治ってしまったらまたは変わってしまったら苦労はしません。
そんなに簡単に変わってしまう原因であれば本当の原因ではありません。
原因を直していくということは体質改善の治療でのみ行うことができる問題です。
頭痛持ちという言葉がありますが頭痛持ちという言葉は体質レベルの悪さから起きている問題のことを指しています。

頭痛は偏頭痛や頭の痛みのある方は頭痛薬ばかり飲んで抑えることなく、どうして起きるのかどうして頭痛になるのかということを考えなければいけません。

原因を見つけること

頭痛は偏頭痛やたまの痛みのある方は原因を見つけ出すためにも目の前にある体調や疲れやストレスの蓄積状態を減らしていくことが第一に必要になります。

そのためにはまずは頭の痛みを楽にすることからしていきます。
頭の痛みを楽にして体を整えて歪みやズレを解消して疲れやストレスの蓄積したところの部分を解消していくことをしていきますが単純にそれらをしていくのは体質改善の治療ではなく体調を上げていく治療になります。

体調を上げれば上げるほど色々な症状は取れていきますが、とりにくくこじらせているものもあります。
頭痛というのも一回や二回で楽になっていくこともありますし悪化させたり拗らせている場合はしばらく楽になるためには期間がかかる場合もあります。

検査をしてみないとどういう状況になっているかということはわかりませんがダイレクトに悪い部分だけ検査することはできませんので悪い部分の上に色々な物が重なっているという状態で起きている場合が多くあります。
そのために体を揃えていくことをしていかなければいけないということですから歪みやズレを揃えたり矯正したり体調をあげたり疲れやストレスを溜まっているところから減らす作業が必要になります。
体調や調子が上がってくると体が整ってくるので体質改善の治療に進むことができます。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になるのは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年10月16日

肩こりは筋肉のコリから

肩こりとは

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

肩こりを改善しようと思うなら肩こりの原因を見つけ出すことも必要だと思います。肩こりには原因が潜んでいますので原因を見つけ出すことなく湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器などの電気をかけても一時的に楽になることはできますが原因が残ったままになっています。

肩こりを起こしている時には何かがあるから肩が凝っているわけですから原因を見つけ出すことも大切だと思います。
普通一般的に肩こりというとマッサージをしたり湿布を貼ったりすることが多く見受けられますがマッサージをしてもんでも湿布を貼ったりしても楽になることはありますが肩こりの原因が残ったままになっています。

肩こりとは

肩こりを起こしている時にはどうして肩こりが起きているのか肩が凝っているのかということを考えなければいけません。
肩こりと言うと専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器をかけてもらうこともいいかも分かりませんが原因が残ったままになっていると繰り返し安くを取りやすく効果がなかったりすることも多くありますので肩こりの原因というのは単純な簡単なものではありません。

肩こりを起こす時には確かに毎日毎日の仕事や生活することで肩や腕や指を使うことが多くありますので筋肉疲労からコリが起きるということもあると思いますが普通は筋肉の凝りが起きるとホルモンが分泌されて筋肉のこりを解消することをしますが正常に働いている場合だけです。

毎日毎日の生活で仕事をすることで多く腕や肩を使っていますので連続的に使うことが多くなっていくと積み重なっていくものが多くなってしまい改善できない状態になっていくと肩こりになっていきます。

肩こりになる時には

しかし肩こりというのは積み重なるものだけではありませんので疲れやストレスが毎日毎日の生活や仕事をすること、運動することや腕や肩や指を使うことで多くの疲れやストレスが生み出されていきます。

疲れやストレスが生み出されて多くなってしまうと体に溜まっていきますので体に溜まるのがどこにたまるのかということを考える必要もあるということです。

疲れやストレスは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということを限定しなければいけません。

体にたまるところがあるからいろいろな症状になったり体の不調状態になったりしますのでどこに溜まっているのかということを見つけ出すことをしています。

肩こりになる筋肉

弱い部分にたまる

人の体というのは体の中に弱い部分とそうでもない部分が存在しています 。

そうでもない部分というのは強いわけではありませんが症状に関係することはあまりありませんし先将来につながる可能性は少ない部分です。

人の体というのは弱い部分が存在していますので弱い部分に疲れやすストレスが多く貯めやすくなっていくと体は必ずどこかが歪んだりずれたりしていきます。

毎日毎日の生活で運動することで仕事をすることで多くの疲れやストレスが生み出されてしまいますが生み出された疲れやストレスは体の弱い部分に蓄積していきます。

生み出された疲れやストレスが多く蓄積していくと体は必ず補正的に歪みやズレを起こしていきます。
筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いたりすることで筋肉は引っ張られたり緊張したりしていきます。

筋肉は骨から骨へ

普通一般的に筋肉が引っ張られたり緊張したりすることが凝りになります。
筋肉が凝りを起こすとリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなります。

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなったり老廃物が多く蓄積していくということはありません。
もし何も原因がなくてリンパの働きが悪くなったり老廃物が多く蓄積していくということが起きていれば大変なことになります。

筋肉が引っ張られたり緊張したりすることでリンパの働きは当然、悪くなっていきますし血液の流れも停滞気味を起こしていきますから緊張したりすることを起こすと堀に進行していきます。

筋肉疲労でも筋肉は緊張したり、こりを起こしたりしていきますので、その上に積み重なるものがあると余計に緊張したりコリを起こすということになります。

筋肉疲労で肩こりになる

筋肉疲労に積み重なるものというのは背骨のズレです。
肩こりで 来院してきたかの検査をしてみると筋肉の凝りも必ず存在していますが筋肉のコリだけで起きている肩こりは少ないようです。

筋肉の強いこりから背骨が引っ張られるという場合が考えられますがあまり筋肉の強いこりから背骨が引っ張られるということはありません。

しかし筋肉というのも加齢とともに硬くなることがありますので固くなってしまうことが原因で筋肉が徐々に短くなって縮んでしまって背骨を引っ張ることはあります。

加齢とともに縮んでしまって短くなった筋肉はいくらもんでもマッサージをしてもどんなことをしても柔らかくなることはありません。

筋肉が

硬くなる筋肉

唯一固くなってしまった筋肉を柔らかくすることができる治療法は体質改善の治療だけです。
加齢による筋肉の固くなった問題がない方は筋肉疲労と背骨のずれが原因で肩こりを感じていますので筋肉を揉みほぐしたり

柔らかくしたり背骨のズレを矯正する必要がありますが背骨のズレを矯正することを同時に筋肉をもみほぐしながらすると肩こりは楽になっていきます。

しかし疲れやストレスというのは弱い部分に蓄積していくという風に説明をしましたので弱い部分が筋肉であれば筋肉が硬くなっていくということが起きて行きますが筋肉だけで肩こりは起きることはないと説明したようにある部分が多く肩こりに関係しています。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てくるそうです。
体重の半分以上は水分で構成されていますので単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分に体は水を存在させています。

体には何があるのか

体にある水が何かを起こすということはありませんので症状につながることは水はありません。
後残った35 kg の中に肩こりに関係するものが存在するということですから35 km の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。

この中で肩こりに関係するところというのは筋肉も関係してしまいますが他には内臓しか存在していません。
しかしに内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも内臓と聞いてしまうと病気と考えるのはやめてください。

内臓にも日々の疲れやストレスが多く蓄積していきます。

体には弱い部分があると説明したように弱い部分には疲れやストレスがたまりやすくなりますので弱い内臓が肩こりに関係する部分であれば肩こりになっていくということです。

肩こりを起こす時には必ず筋肉の緊張やこりだけではなく背骨の歪みが起きていますので背骨の歪みというのは関係する内臓が存在しています。

背骨の位置で内臓が関係する部分が違います。
テレビなどの特集で内科の先生がよく入っているように病気というわけではないことで起きてしまうことが背骨の歪みやズレです。

肩こりのもコリとは

テレビで特集を組んで心臓の問題起きている時には左肩が張ってコリを起こすということを言われていると思いますがこれと関係が深くありますが病気というわけではありません。

しかし病気というわけではないけど深く心臓に関係することが多くありますので最近は多くの方が息苦しさや胸苦しさを感じたりすることが時々あったり胸の辺りでちくっとする痛みが一瞬ですけどあることが感じている方が多くいますので、これらの問題が肩こりになっていきます。

しかし最近は眠りが浅いのに気がついていない方が多くいますので眠りが浅いということは心臓が弱っていくということも考えられるので大脳が弱ってしまうと心臓が一生懸命働いて血液酸素を大脳に送ることをします。
大脳に血液酸素を送ることが出来ると大脳が普通は元気になっていくのですが大脳を元気にすることができないと心臓は一生懸命働いて血液酸素を大脳に送るしかありません。

睡眠負債と肩こり

最近は多くの方が自分でも気がついていないくらい睡眠負債状態になっています。

睡眠負債というのは目が覚めません。
目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいるということです。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので大脳が休養とって寝ていることを熟睡状態と言います。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていることができます。
夢よりも浅い睡眠がありますが浅い睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは一番浅い睡眠のことですが目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります。
夜に寝て朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいるのがこの現象です。 夜寝ようとすると朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが夢を見るというよりも寝ながら考え事をしていて目が覚める瞬間に夢を見ているということになります。

この状態のことを睡眠負債と言います。

睡眠負債というのは 寝ているようで眠れていませんので大脳が急激に弱っていきます。
大脳が弱ることが原因で心臓も弱っていきますので肺も弱っていきますので咳が出やすくなったりするのが特徴だと思います。

しかし心臓や肺が弱っても病気というわけではありません。 内臓に日々の疲れやストレスが多く溜まっていくことが原因で心臓や肺の関係する部分の背骨がずれて肩こりになるということです。
肩と首の境目にある背骨というのは心臓と肺に関係する部分でもありますから心臓や肺が疲れることが原因で何が起こります。
当院では病気の治療をしているわけではありませんので心臓や肺という内臓の名称が出てきた場合は疲れやストレスが溜まっているということですから勘違いしないでください。

多くの疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に多く溜まっていきます。

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かすことで多くの疲れやストレスが生み出されてしまいますが疲れやすいですが多くなるばかりですから多くなったものは内臓に溜まっていくということです。
当院では検査することをしていますので検査をしてみると胸椎の1番目と2番目の骨がズレている方が多く見受けられますが胸椎のズレというのは心臓と肺に関係する部分ですから肩こりになっていくということです。
まずは何と言っても肩こりを楽にすることから始めていきますので筋肉をマッサージしたり揉んだりすることで肩こりを楽にすることをして筋肉が徐々に柔らかくなっていくとその次には背骨のズレを矯正しなければいけませんので背骨のズレもマッサージをするような感じで調整することができます。

不眠症と睡眠負債

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年09月28日

腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレから

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

腰痛を改善しようと思うなら腰痛をまずは楽にすることを先にしてどうして腰痛が起きてしまったのかどこから腰痛になってしまったのかということを見つけ出さなければ本当の意味で腰痛を楽にすることはできません。

腰痛を改善する方法というのは二通りの方法があります。
一つの方法は楽にする方法ともう一つの方法というのは腰痛がどこかが起きたのかどうして起きたのかということを見つけ出すことをしていく方法です。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を改善していく方法の多くは楽にする施術が多くありますので対症療法という方法になります。
対症療法という腰痛を治すと思われる治療法というのは原因なんかは関係なく楽にすることを優先的にしていく方法です。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

多くの腰痛を楽にする治療法というのは対症療法という治療法ですから対症療法というのは湿布を貼ったりしても楽になるレベルであれば楽になるでしょうしドラッグストアなどで売っているサプリメントを飲んでも楽になるレベルであれば楽になることもありますし家族の方に腰を揉んでもらっても専門家の先生に揉んでもらってマッサージをしてもらっても楽になることもありますし整骨院や整体院やカイロプラクティック院などで多く用いられている低周波治療器や電気などをかけても楽になることもあります。

しかし楽になっても腰痛を起こした原因は残ったままになっています。
腰痛を治そうと思うなら原因を見つけ出すことをしていかなければいけませんが検査することができなければ見つけ出すことはできません。

当院では30年間、腰痛を改善することをしていますので腰痛を楽にする技術と腰痛を治す技術と検査する技術を磨くことをしています。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのは

どうして腰が痛くなったり腰痛が起きたのかということを本人に聞くと重たいものを持った時に急に腰が痛くなったとか車の運転をしている時にいつも腰が痛いとか中腰で座っている時に腰が痛くなるとか座ってしばらく仕事をしていると急に立とうとすると腰が痛くて体を伸ばせないとか布団に寝ている時に朝起きたらいつも腰が痛いとか色々な腰痛を言われますがこれらのことを全て切っ掛けと言います。

切っ掛けという限りは原因ではありません。
違うところに原因が存在するということです。

腰痛や腰が痛くなる時には切っ掛けと原因が両方揃った時に腰が痛くなります。
切っ掛けは先ほど説明したように重たいものを持ったり前かがみで何かを取ろうとしたりというのが切っ掛けです。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いのは骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛を起こしている、もうひとつの原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。普通は骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きたりすると姿勢が悪いとか猫背が起きているからだとか説明されることも多く見受けられますが本当は違うものが存在しているから起きています。

単純に背骨がずれたりすると脊髄を守っていますので脊髄を守ることがずれるとできなくなりますのでそういう事が起きることはないと思います。
ではどうして骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレが起きるのかという問題なんですが毎日毎日の生活や仕事や運動することや

精神的な緊張が加わることが原因で多くなったりするものがありま。
多くなっていくものは何をしても多くなってしまいますので何もしなくても積み重なっていくこともありますので何もしない方が腰痛になってしまっている方もいます。

生活している限り生きている限り積み重なって多くなっていくものです。
腰痛を改善しようと思うなら原因を見つけ出すことをしなければいけませんが多くの治療というのは原因を見つけ出すことをしていません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛の原因になるのは

病院というところは病気の検査をする専門家ですから病気としてなってしまったら病院に行って検査をして MRI 検査やレントゲン検査はエコー検査や血液検査、尿検査などをすると陽性反応示してしまうのはもう病気として完成している場合だけです。

しかしあるものが多くたまることが原因で骨盤が歪んだり背骨がズレたりしていきます。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多くなっているものは疲れやストレスです。
体には多くの疲れやストレスが溜まっていくばかりなんですが何もしなくてもたまりますし何かをしたら、さらに溜まっていきます。

疲れやストレスが溜まるということは多くの方が分かっていると思いますがどこに溜まるのかということを知らない方が多くいますし溜まったものを減らすことを考えていません。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは焼肉を食べても減っていくこともあるかも分かりませんが多くのものは残ったままになっていますし油文が多いものを食べれば食べるほどアルコールを飲めば飲むほど内臓にも負担が起きています.

体を動かしたり生活をしたり仕事をしたり運動したりすることでも多くの疲れやストレスは体に溜まっていくということもありますからそれ以上に食事で脂っこいものを食べたりアルコールを飲んだりしたりタバコを吸ったりすることでも多くの疲れやストレスは分解や消化に働くことをしますので働けば働くほど疲れやストレスは自分自身つまり内臓に溜まっていきます。
何もしなくても疲れやストレスは多くなっていきますし何かをしたら余計に疲れやストレスが多くなっていきます。
色々な物事で疲れやストレスは多くなっているばかりですから減らすことをしていかないと溜まったところは大変なことになっています。
疲れやストレスが溜まっているということは体は補正的に歪みやズレを起こしていくということです。

そして疲れやストレスというのは溜まるところがあるから溜まっていますので先ほども少し説明をしましたが例えばですけど体重が100キロの方がいるとしたら100 kg の体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てきます。

水分と言っても単純なものではありませんので血液だったりリンパ行きだったり体液だったりという水分です。
水分に疲れやストレスがたまるということは考えられませんので後残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

疲れやストレスのたまる所

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。

この中に疲れやストレスがたまるところがあります。
疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉にもたまりながら筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスが内臓に蓄積していきますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので内臓に疲れやストレスが溜まるということを説明していますので勘違いしないでください。

色々な症状を起こす時には必ず疲れやストレスが内臓に溜まっています。
ありとあらゆる症状というのは内臓の部分に疲れやストレスが溜まったことが原因で体の歪みやズレが起きて痛みやこりになっています。
腰痛や腰の痛みやぎっくり腰が起きたりするのはある部分の内臓に多くの疲れやストレスが溜まったことが原因です。
腰痛や腰の痛みやぎっくり腰が起きる時には骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。そして背骨のズレが起きています。

多くの腰痛は腰の痛みというのは、この三つが重なっている時に重たいものを持とうとしたり前かがみになったり同じ姿勢をしたりして骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなった状態で腰の痛みとして腰痛になっています。
腰痛と関係する内臓というのは骨盤に関係する内臓ですからそれは腎臓だと思います。

疲れやストレス

腎臓疲労

しかも体には弱い部分とそうでもない部分がありますのでそうでもない部分は何も症状を起こしたり関係することは来ませんし先将来に繋がることもありません。

しかし弱い内臓というのは疲れやストレスを溜めてしまいやすく、ためてしまうと関係するものを悪くしてしまいます。

人それぞれで弱い部分が違いますので腰痛を起こしたり腰の痛みを繰り返したりぎっくり腰になる方は腰痛になる内臓が深く関係をしています。

腰痛になる内臓というのは主には腎臓ですから腎臓に関係する筋肉は骨盤に付着しているのが骨盤のバランスを悪くしてしまい骨盤が開いたり歪んだりしていきます。

腎臓が弱ってしまうと腎臓というのは一時的に言うと骨盤の上の方の肋骨の下の部分にありますので触ってみると固く張っていることが多くあります。

腎臓に疲れやストレスが

腎臓に疲れやすレスが溜まっていくと腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり収縮したり弛緩したり伸びきったりしますので骨盤を支えることはできませんから骨盤が開いたり骨盤が歪んだりしていきます。

腎臓が弱いかたが腰痛を繰り返したりしますのでいつも起きてしまうものではなく2年に1回だったり一年に一回だったりという感じで腰痛を起こすこともあります。
そして一週間のうち3日ぐらいは腰が痛いとかいう方もいますから色々な腰痛があります。

全ての原因は腎臓に関係するものなんですが病気ではありませんのでいくら検査をしても健康ですよという感じで異常が見つかることはありませんが何かが起こっているということは何かが起きているということなんですが病気として完成していないためわからないということです。

人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分は何も起こすことはありませんし先将来につながることはありません。

弱い腎臓にたまる

しかし弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすくなっていきますのでためてしまうことが多くなればなるほど長期になればなるほど細胞が徐々に変化していきます。
腎臓も疲れやストレスが多く溜まってしまうと何も起こらないということはありませんから徐々に進行していくということがあると思います。

しかし病気と言ってるわけではありません。

腰痛や腰の痛みを訴える方が治療に来てくると腎臓のある部分を触ると固く張っていたり出っ張っていたりハレていたりということがあると思いますし、またはブヨブヨの方もいます。

腎臓に疲れやストレスがたまる
腎臓の疲れやストレス

普通の整体院では腎臓に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことはできませんので単純に表面上にある骨盤の歪みや背骨のズレを矯正しているだけですが、それだけでも腰痛は楽になってしまうこともあります。
しかし骨盤の歪みは骨盤の開きを起こしたり背骨がずれたりする原因は腎臓疲労に原因がありますので腎臓が疲労してしまうと効果がなかったりすることがありますが腎臓疲労と言うのは簡単に解消できるものではありません。
内臓に溜まってしまった疲労というのは多くの方に見受けられる現象なんですが簡単に1回や2回で減ったりすることもありません。

腎臓の問題

しかし根本的な原因は腎臓疲労が腰痛を起こしていますので腰痛を良くするためにもまずは筋肉のバランスを整えたり炎症や腫れを改善したり背骨のズレを矯正したり椎間板ヘルニアが検査することで見つかれば解消したりすることや骨盤の歪みは骨盤の開きを改善しながら腎臓の働きを良くすることをしていきます。

しかし腎臓の働きというのは体調レベルですから腎臓が元気になったということだと思いますので腎臓が元気になれば終わりというわけではなくそこから元来治らない細胞レベルを直さなければ腎臓良くすることはできませんから元気になることも一時的でありまた疲れやストレスが溜まるという弱さがあるということです。
それらを治す治療を体質改善と言います。

腎臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年09月03日

肩こりを改善するには

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

肩こりを楽にしていくためには肩こりの原因になっているものから改善しなければいけませんが肩こりと言うといろいろな原因が考えられますので筋肉だけという肩こりはあまりないと思いますが肩こりと言うと筋肉中心で考えた方がいいと思いますので筋肉から改善していくことをしています。

肩こりになるのは

肩こりと言うと考えなければいけないのはどうして筋肉のコリが起きてしまうのかということなんですが多くの方は考えていない方が多くいますので肩こりのこりというのはどういう意味があるのか。
こりというのは意味不明な言葉でもありますのでこりというのを日本語で訳すと緊張とか疲労とかいう感じが一番近いと思います。

肩こりとは

筋肉のコリが起きてしまうとリンパの働きを悪くなっている老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなっていきます。
何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありませんし老廃物が多く蓄積していくことはありません。
どうして筋肉のコリが起きるのかということを考えなければいけませんが多くの方は単純に肩こりということしか言いません。

筋肉のコリが起きる時にはどうして筋肉のこりが起きているのかという問題がありますが毎日毎日の生活や仕事をすること、運動することやいろいろなものごとで多くなるものがあります。
何をしても多くなるものですから何もしなくても多くなったりします。
多くなるものが体に蓄積していくのが原因になりますので肩こりを起こす時には毎日毎日の仕事や生活することや運動することやいろいろな物事で肩や筋肉を使っていますので肩や筋肉を使うということは筋肉疲労が起きて蓄積していくことがあります。

意外と肩や腕や指というのは多くを使っていますので最近は多くの方が携帯やスマートフォンを持っていますので操作することでも指の操作でも肩に力が入っています。

毎日、筋肉を使うことが肩こりに

肩に力が入っていることが原因で筋肉疲労がいつのまにか積み重なっていくということで肩こりになっていきます。

いつのまにか筋肉に疲労が積み重なっていき疲労が筋肉を硬くしてしまいますので固くなったものがリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまり循環が悪くなるということで肩こりになります。

肩こりを慢性化したり長く肩こりを感じてしまうといつでもありか筋肉も硬くなっていきます。
この硬くなるという現象 一時的なものでもなく長期間慢性化した状態で起きてしまうと老化していくということが起こります。

年齢が一才歳をとることがどうかだけではありませんので筋肉も老化していくということが本当に起きてしまいます。
筋肉が老化したものが原因で肩こりになってしまうということがありますし筋肉が老化して硬くなると 背骨を引っ張ってしまう可能性もあります。

肩こりは

筋肉が緊張したり収縮する

筋肉が硬くなると短くなりますので短くなったものは骨を引っ張ってしまいます。
筋肉というのは骨から骨にくっついていますので筋肉が短くなることが原因で骨を横に引っ張ってしまい余計に肩こりになるという方もいます。

老化から起きる筋肉の硬さというのはいくらもんでも揉んでいる時だけいい感じがしますがすぐに戻ってしまいます。
老化した筋肉というのはそんなに簡単なものではありません。

老化した筋肉は揉んでも電気をかけても針を打ってもお灸をしても何をしてもやらかくなることがありません。
単純に簡単な筋肉とだけは考えないで欲しいところです。

肩こりと言っても筋肉疲労から起きている肩こりの方もいます。

しかしどれくらい慢性化してしまったかで筋肉も硬くなって老化するかと思います。

筋肉疲労が肩こりに

筋肉疲労だけではなく背骨のズレが落ちて筋肉を引っ張ってしまい肩こりになっている方もいます。

色々な肩こりがありますので検査をすることが中心で原因を見つけ出すことができます。

検査をしてみると多くの肩こりの方の問題が見つかっていくことも多くありますので検査ができると大変便利な反面、重大なものがわかるということもあります。
というのも背骨がずれる原因が深く関係しているからです。

背骨のズレというのも姿勢や猫背が原因でズレたりすることはありませんし背骨というのは中枢神経系を守っているものですから簡単に曲がったりすることはありません。

姿勢や猫背で曲がったりすることはありませんので何の原因で曲がってしまうのかということを見つけ出さなければいけません。

多くの肩こりの方の場合は原因が必ず存在しますので単純に湿布を貼っても肩こりを楽になってしまうことはありますが楽にすることと肩こりを治していくということは全然意味からして違います。

栄養でも運動不足でもない

ドラッグストアなどに売っているサプリメントや肩こりを楽にするという何かのエキスが入っている 飲んでも栄養やエキスで解消できるものは背骨のズレではありません。

いくら栄養とってもどんなに栄養豊富なサプリメントを飲んでも背骨のズレは取れることはありませんし背骨のズレが起きた原因が改善されることはないと思いますが楽になることはあります。

マッサージや鍼やお灸をしても刺激という意味にはなりますがマッサージ感覚や呼吸や指圧をしてもらうことで楽になることはありますが治るということの意味が全然違います。

低周波治療器や電気などをかけても単純に電流で筋肉を運動させることをしますので筋肉疲労が多くなりますがリンパの働きが悪くなったのが解消できるし老廃物が多く流れていくということは起きて循環は一時的にしているときは良くなります。

低周波治療器や電器は

一番簡単な方法というのが低周波治療器やシップを当てることです。
低周波治療器というのは痛みやこりなどを楽にすることができますが散らしているだけですからチラシていても原因が存在しますので楽にすることばかりしていると大変なことになり進行していきます。

低周波治療器というのは多くの整骨院や整体院やカイロプラクティック院などで用いられている電気なんですが単純にプラス端子からマイナス端子に電気を流して筋肉を動かすことをして疲労させていることをしています。
低周波治療器を当てている先生もよくわかっていないでただあてていることが多くありますので研究してみると低周波治療器というのは痛みやコリを散らしているだけです。

肩こりになる時にはどうして肩こりになってしまうのかということを見つけ出さなければいけませんが多くの治療というのは見つけ出すこともなく楽にすることをしていますから背骨のズレが徐々に固着状態に入るということもありますし原因もいつのまにか進行していくということもあります。

いつまでも背骨がゆがんだままでは柔らかいままではありませんので周辺にある筋肉や靭帯が徐々に硬くなっていき老化していくということで固まってしまいます。

低周波治療器や電器

コリの筋肉も老化する筋肉も

固まってしまったものは簡単にはやらかくなってはくれませんから揉んでも老化ですから意味はありません。
肩こりを起こす時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで疲れやストレスが多くなり疲れやストレスが体に溜まっていくのが原因です。

しかし体に溜まった疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていくわけですから貯まるのはどこなのかという問題が出てきます。

疲れやストレスが溜まってしまうところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg も出てきますので体重の半分以上は水分だということですが水分と言っても単純な水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったりという感じの水分になります。

水分に疲れやストレスが溜まるということは言いませんので、あと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。

疲れやストレスの蓄積

あと残った35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。

この中で疲れやストレスが一番多くたまりやすいところというのは内臓と筋肉になります。

中枢神経系も内臓の一部だと考えれば内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まっていきます。

しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも内蔵と言うと病気というのを関係づけるのはやめてください。

体には何があるのかということを先ほど体重で表したように多くのものは水分で構成されていますので水分に何かが起きるということはありませんが疲れやストレスがたまると水分も流れが悪くなります。

水分というのは血液だったりリンパ液だったりですが流れが悪くなることが原因で老廃物が多く蓄積していくということが起こりますが一般的に言うリンパ療法というのは軽いマッサージだと思います。

表面上にリンパがあるから軽く流していくことでマッサージをしていくことをしているという感じだと思いますのでリンパ療法というのはあまり意味がないような感じがします。

それよりも重要なものは疲れやストレスが溜まったところの内臓が深く関係していますので内臓が働かないと全ての中心は内臓です。

疲れやストレス
体を動かすことで肩こりに

体を動かしたり仕事をしたり生活したり運動したりするだけではなく人は食事をすることをしますので食事をするということは内臓が働かなければ分解や消化できません。

内臓は分解したり消化したりすることで働いていますので働くことでも疲れやストレスは多くなっていくということが起きています。

いろいろなものごとをしたり体を動かしたりすることや食事をしたりすることでもアルコールを飲んだり 焼肉を食べたり油文を消化したりすることでも内臓は働いてくれていますしいつも呼吸することでも肺が働いてくれているから酸素を取り込むことができます。

ハイが働いてくれているから血液の中に酸素を混ぜることをしてくれていますので血中酸素が増えることで大脳が酸素で満たされるということが起きています。

睡眠負債から肩こりになる

最近は多くの方が睡眠負債状態を抱えています。
睡眠負債状態だとわかっていない方も多くいます。

睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないんです。
夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勝手に勘違いしてる方が多くいます。
不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまうのが不眠症です。

しかし睡眠負債というのは目が覚めることはありませんので朝まで寝ていると勝手に思っているということです。
夢というの目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

寝ながら考え事をしている睡眠

しかし夢というのは長く夢を見ていたと思ってもたった数秒の時間だったり数分の時間だったりという感じです。
夢よりもさらに浅い睡眠が存在しています。

この睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは一番浅い睡眠ですから夢を見るよりもさらに悪い睡眠になりますので眠りが浅いということは大脳が弱っていきますから大脳が弱った方は痛みやコリを感じなくなり麻痺した状態になっていきます。
こういう方が肩こりになってしまうと限界まで悪くしてしまっていることが多くあります。

肩こりになるのは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月27日

どうしたら顔を小さくできるのか

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正はボキボキすることもなく痛いこともない小顔矯正をしています。
小顔矯正をするということは顔を小さくすることなんですが顔を小さくするということはどういうことなのかということを知ってもらうために説明をしていきます。

小顔矯正

小顔矯正

今まで多くの方の 顔を小さくすることをしていますが全員と言っていいほど小顔矯正の意味をわかっていませんので単純に美容的な小顔矯正では持続力もないし維持することもできませんし顔が小さくなることは、なりにくいと思います。
小顔矯正をしていくときに何をしたら顔を小さくなるのかということを考えなければいけませんが多くの方は単純に顔を小さくしたいというだけでを持ってきていますのでしっかりと小顔矯正の意味をわかってください。

小顔矯正で顔を小さくするというのは顔というのは何があるのかということを厳密に分けて考えてください。
顔を小さくしていくわけですから顔には何があるのかということが分からないと小さくすることはできません。
顔には分別して考えればわかると思いますが皮膚と筋肉と脂肪と骨しかありません。
例えばですが顔のむくみを減らすことでも小さくなることはあります。
顔の脂肪を減らすことでも顔は小さくなることはあります。

あとは筋肉と靭帯と骨しかありません。

どうしたら顔が小さくなる

顔に多くなってしまったむくみを減らしたり脂肪を減らしたりすることも小顔矯正の一部だと言えば一部なんですが単純にそれだけでは少ししか小さくなることはありません。

ではどうすればもっとさらに顔を小さくすることができるのかという問題があります。
むくみや脂肪を減らすことをしてどうすればさらに顔を小さくすることができるのか。
あと残ったものは筋肉と靭帯と骨しか存在していません。
小顔矯正をしていくときに顔の骨というのは顔面骨ともいいますが頭蓋骨の一部でもあります。
頭蓋骨というのは頭の骨という意味もありますが顔の骨も頭蓋骨の一部になります。

首の上に乗っかっているもの全てが頭蓋骨ですから顔の骨も頭骸骨のひとつです。
頭蓋骨を小さくするということが小顔矯正になります。
顔の骨を小さくすることが小顔矯正ですから顔の骨は頭蓋骨ですから頭蓋骨を小さくするという意味になりますが頭蓋骨矯正とは意味が違います。

小顔矯正が2つある

当院では小顔矯正をしていく時には二通りの小顔矯正が存在しています。
一つ目は体調を良くすることで顔が小さくなる小顔矯正で初回から行う小顔矯正でもあります。
もう一つは体調が良くなってからできる 体質改善による小顔矯正です。

しかし体質改善の小顔矯正は初回からはできませんし準備が整っていないとできません。
まずはじめに行う小顔矯正というのは体調による小顔矯正ですから体調と言うと疲れやストレスの蓄積になりますので疲れやストレスを減らすことをして行くと顔が小さくなるという小顔矯正です。

毎日毎日の生活や仕事をすることや体を動かしたりすることや座っているだけでも映画を見ているだけでもテレビを見ているだけでも多くなるものが存在しています。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスと小顔矯正

多くなるものというのは疲れやストレスです。
体に多くの疲れやストレスが溜まると顔にも疲れやストレスが溜まっていきます。
顔に疲れやストレスが溜まると脂肪が多くなったりむくんだり顔が歪んだりすることもあります。
体にも多くの疲れやストレスが溜まりながら顔にも疲れやストレスが溜まることが起こります。
顔には全体に疲れやストレスが溜まるということも起こりますがどこに溜まっているのかということを検査して見つけることをしています。

当院の小顔矯正は美容的な小顔矯正というよりも治していくことで顔を小さくしていく小顔矯正です。
体にも多くの疲れやストレスが溜まりながら顔にも疲れやストレスが多く溜まっていきますので疲れやストレスを溜まっているところから減らしていくことで顔がずいぶん変わってくるということがあるんです。
初回は顔だけ触って疲れやストレスを減らすことをして顔を小さくすることをしていますが多くの方の顔の部分で言うと顎のラインは疲れやストレスが多く蓄積している部分ではあります。
ということは顎の部分は疲れやストレスを減らすことですっきり引き締まって細くなっていくという効果があるということですね。

疲れやストレスのたまる部分

体には自分でも気がついていないで多くの疲れやストレスが溜まっていきますが疲れやストレスが溜まっているからといって痛みやコリが起きているということはないです。
疲れやストレスの蓄積というのは大変多くの方に溜まっていますから溜まっていないという方はいません。

全員の方に院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと同じ答えが返ってきます。
もちろん同じ答えというのは体調が悪くありませんとか調子はいいですという感じなんですが院長が検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃあったり背骨がずれてガタガタ状態になっているという方が多くいます。
これらの歪みが開き背骨のガタガタ状態というのは体調の状態を表しています。

自分でも気がついていないことが多くある体ですから何かの不調上体が起きるということもあるでしょうが起きていないことも多くあります。

睡眠負債と疲れやストレス

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態というのは大脳を弱らせていきますので大脳が弱ってしまったかは痛みやコリを感じにくくなるということが大変な状態を招いていてもわからないという方がいます。

大脳が弱っていて睡眠負債状態があるなと検査でわかっても説明してもなかなか分かってくれない方もいます。
睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて目が覚めなくて朝を迎えるという感じなんですが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることをいいます。

つまり熟睡状態です。

多くの方が目が覚めないから寝ていると思っています。
人が見てスースー寝息を立てているような眠りをしていても格好だけ見ていますので大脳の中のことまでわかっていません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが長く夢を見ていたと思っても脳が起こすトリックであり数秒の時間だったり数分の時間だったりということです。

不眠症という言葉がありますが不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ます方が不眠症です。

睡眠負債と小顔矯正

不眠症と睡眠負債

不眠症というよりも睡眠負債というのは目が覚めない状態で眠りがすごく浅い状態のことを言います。

この睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは大脳を急速に弱らせて行けますので痛みやコリが起きているような体をしていても感じにくく麻痺した状態になっていきますので風邪を引くようなことをしても風邪はひきにくくなります。
体に風邪の細菌やインフルエンザウイルスが体内に入ってきて増殖傾向を起こすと大脳が元気だから熱を上げることをしています。

大脳が弱ってしまった方は風邪を引くこともできません。
大脳が弱ってしまったかたはインフルエンザにもなりにくく隠れインフルエンザという状態になります。

風邪やインフルエンザになっていないのではなく発症しないということですから発症する力がないと言えます。
睡眠負債で大脳が弱っていくと弱っただけではすみませんので痛みやコリを感じなくなるぐらい頭が弱ってる脳が弱っているという方がいますので骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくを着ていても何も痛みやコリを感じていない場合がありますし生理痛,、生理不順や便秘などで起きている方もいます.。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくためには何をしたら顔が小さくなるのかということを考えなければいけませんが先ほども説明したように顔には皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨しか存在していません。

普段からあるものではありませんがむくみを減らしていくことでも顔は小さくなることもあります。
顔に多くなってしまった脂肪を減らすことでも顔が小さくなっていくことはありますが志望というのは主に皮下脂肪が中心ですから皮下脂肪というのは皮膚の下の脂肪という意味です。

浮腫みというのは代表的に言うとフシュという意味になりますのでフシュというのは体調が悪いことを表して多くなっているものですから朝から顔がむくんでいるという方は眠れていないし大変なことが起きていると言えます。
多くの方が勘違いをしていますがむくみというのは体調が悪くて起きているので単純にリンパの働きが悪くなったり老廃物が多くかまっているというのが原因ではなく結果です。

ですからいくらリンパの働きを良くしても老廃物を流すことをしても、またすぐに元に戻ってしまいます。
朝から顔がむくんでいるという方は体調がすごく悪かったり眠れていない方ですから朝が一番顔が引き締まっていなければいけません。

顔の浮腫み

しかし朝から顔がむくんでいるという方は体の状態が良くなくて良くないということは骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレがあるということを指しています。

朝から体を動かしたり仕事をしたりすることや生活したりすることで徐々に疲れをためていき顔がむくんでいるということは起きる可能性もあります。

朝からむくんでいる方ほど睡眠負債状態になっている可能性もありますから自分で気がついていて眠れていないんだと思う人もいるかも分かりませんが多くの方は眠れていないことが分かっていないので目が覚めないから寝ていると思っている方が本当に睡眠負債状態になっています。

睡眠負債状態になればなるほど異常になるほどが多くありますので異常というのは体が麻痺した状態になっていきます。
睡眠負債状態になった期間が長くあったりすると脳細胞の急激な現象が起きて物忘れや記憶障害が起きたりうっかり状態が多くなったりしていきます。

大脳疲労

イライラしたりすることや頭が重たくなったりすることは何かの原因があると考えた方がいいと思いますので一過性の場合もありますし時々出てくるということで症状を感じている方が多くいますから、いつも起きているわけではありません。

多くの症状というのはいつも起きているような感じがしますが時々起きてしまうのが色々な症状です。
そのため多くの方が気がついていなくて理解もしていなくて調べてもいない方が多くいますので最近はスマートフォンの普及からすぐに検索できるのに全然意味を分かっていないという方がいますがあまりでも情報が多すぎると惑わされる原因になってしまいます。

情報というのも研究所の方が書いている場合もありますが実際に治療を行う方が書いていることもありますからそれを分けて考える必要があります。

検査もできないで想像だけで書いていることもありますから。

小顔矯正とは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年08月25日

カイロプラクティックで痛みやコリが楽になる

カイロプラクティック

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

カイロプラクティックというのは手の技という意味がありますので手の技で体を整えていくことがカイロプラクティックの意味になりますので電気が機械に頼ってしまうと手の技になりません。

多くの整体院やカイロプラクティック院や整骨院では低周波治療器や機械などに頼ってしまっている傾向がありますので低周波治療器というのは低い電流を+端子からマイナス端子に電気を流すことで筋肉を刺激して運動させることでリンパの働きが解消されて老廃物が多く流れていきますが筋肉を運動させることで筋肉疲労をより強めてしまいます。

体を整えるカイロプラクティック

当院でも低周波治療器を昔は使っていましたが低周波治療器というのは何をしているのかどんなものなのか体に影響がどういう状態で出ているのかということを研究することをしてみましたので研究してみると大変なことがわかりました。
それ以来、低周波治療器や電気などを使うことはしていません。

そのため低周波治療器で痛みやコリを散らすことはできなくなりましたので研究して手の技術を上げることをしました。
しかし手の技術を上げるだけではダメなんです。

検査が出来なければいくら技術を持っていたってどうなっているのかということはわかりません。
カイロプラクティックというのは多くの方は練習などで覚えることはできますが一番、肝心な検査することができていない先生が多くいます。

カイロプラクティックとはボキボキする矯正

検査することができない先生ほど骨盤の歪みや骨盤の開きが本当にあるのかということがわかっていないでやってる先生もいますし単純にボキボキしている先生も多くいます。
また低周波治療器や電気など多く使っている先生もいますので検査することができないとどういう状況になっているのかどこから痛みやこりが起きているのかということを見つけ出すことはできません。

当院の院長も30年の経験になりますが今でも研究したりテクニックを向上させたり検査する技術を磨くようにしています。
体というのは本当に一筋縄ではいきませんので目で見えないものを見つけ出さなければいけませんから。

カイロプラクティックというのは 骨盤の歪みや背骨のズレを矯正することなんですが歪みやズレを矯正するだけではなく身

痛みやコリがある部分だけではない

体全体を整えていかなければいけません。
単純に痛みやコリを矯正すればいいというわけではありません。

カイロプラクティックで扱う歪みやズレというのはどうして起きるのかという原因が存在しています。
ですから単純に歪みやズレを矯正して終わりというわけではありません。

どこから歪みやズレが起きるのかどうして歪みやズレが起きたのかという原因が関係しているからです。
原因から改善して行かない限りは対症療法になります。

低周波治療器や電器

対症療法とは

対症療法という治療法は原因なんかは関係なく楽にすることを中心にしていく方法です。
対症療法という治療法は多くの治療院で用いられている治療法でもあります。
整形外科や外科などに入って痛み止めの注射を打ってもらうことも痛み止めですから原因なんかは関係なく痛みを止めているだけですから対症療法の一つです。

湿布を貼ったりしても痛みやこりは楽になることはありますがどうして起きたのかという原因が潜んでいますので湿布を貼ったりすることで肩こりは楽になったり腰痛が楽になることはありますが原因が残ったままになっています。

ドラッグストアなどに売っているサプリメントや健康食品を飲んでも痛みやこりなどの症状が楽になることはありますが原因が残ったままになっていますので対症療法の分野に入ります。

揉んでもマッサージしても

家族の方に揉んでもらったり専門家の先生に揉んでもらうことは大変良いことなんですが筋肉が疲労したり筋肉が緊張したりすると老廃物が多くたまりリンパの働き悪くなってしまいますので解消するためには有効な手段ですがどうして老廃物が溜まったのかリンパの働きが悪くなってしまったのか筋肉が緊張したのか疲労したのかということが原因がある可能性がありますので対症療法になります。

整骨院、カイロプラクティック院や整体院などで用いられている低周波治療器は先ほど説明をしました。
ツボを使って針を打ったりお灸をしたりすることも対症療法の一つですから遠くから刺激することなく実際にその部分に対して行った方がいいと思います。。

カイロプラクティックとは

ツボを押しても対症療法

確かにツボを使った方が有効だと思うこともありますが実際にはその部分を触って行った方がいいと思います。
当院のカイロプラクティック矯正というのは全てにおいて検査することをしていますので腰痛であろうと肩こりであろうと頭痛であろうと生理痛であろうと便秘であっても小顔矯正であっても骨盤矯正であっても検査することをしています。

小顔矯正や骨盤矯正でも検査するという風に言いましたがすべて関係があるからです。
最近は多くの方が体調が異常と思えるほど悪くなっていますので体調の悪さから解消していかなければ治りが悪くなっています。
しかしまずは何と言っても症状を感じているところを楽にしなければいけませんので楽にすることを中心にしていきますが、その先にあるものはそれからになります。

筋肉の緊張やコリだけではない

単純に肩こりだと思ってきた方が筋肉のコリだけではなく厄介な状態になっている方が多くいます。
肩こりというのは筋肉のこりというイメージがどうしても強いために簡単に考えてしまっていますがテレビの特集などでも言うように心臓や肺の問題が深く関係をしています。しかし病気というわけではありませんので病院で検査をしても意味はありません。

例えばですけど背骨の部分というのは内臓と深く関係を持っていますので内臓に疲れやストレスが溜まってしまうと背骨がずれてしまいます。

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で疲れやストレスは多く溜まっていきます。
この疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっているわけですからどこにたまるのかという事が問題になります。

疲れやストレス

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが溜まったところは骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレになっていきます。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなって出てきます。
水分に疲れやストレスが溜まるということはありえませんので後残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは中枢神経系も内臓の一部ですから内臓と筋肉になります。

内臓疲労から歪みやズレ

多くの疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していきます。
内臓に多くの蓄積をしていく疲れやストレスは骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレを起こしていきます。
特に背骨のズレというのはアルコールに関係なく肝臓が弱っている方は背骨の8番目の骨がずれています。

胃が弱っている方は背骨の5番目の骨がずれています。
風邪を引いた方は背骨の7番目の骨がずれを起こしています。

一時的に起きるズレもあれば、長く関係するずれもあります。
人の体というのは生まれつき弱い部分とそうでもない部分に分かれます。
強い部分というのは存在していないと思っています。
そうでもない部分というのは症状を起こすことはないと思います。

弱い部分に疲れやストレス

しかし弱い部分というのはそうはいきません。
弱い部分というのは疲れやストレスを溜めてしまうと骨盤の歪みが骨盤の開きそして背骨のズレになっていきますが単純にそれだけではすみません。

弱い部分というのは疲れやストレスを置くためてしまうことがありますので疲れやストレスを多くためてしまうと細胞自体が変化していき老化していきます。

細胞の変化したものがゆくゆくは病気になっていく可能性があるとこですが可能性と言っているわけでなると断言しているわけではありませ。

全てにおいて数値的な異常が出るかと言うとそうではないので弱いだけで進行してしまい数値的な異常が出てこないという方までいます。

内臓の問題が

内臓が病気になっていくことは半年や一年でなることはありませんので内臓の細胞が変化していく過程がありますからこの過程というのは10年以上であり20年かけながらなっていくということです。

どれぐらい急速に進行していくのかということはその人の持っている内臓に関係しています。
つまり弱さの度合いが皆さん違うわけですから生活状態も違うわけですし進行状況はわかるわけはありません。
人の体というのは赤ちゃんで生まれた時から老化が始まっていきます。
弱い内臓ほど早く急速に老化していくので成長という名前でごまかされてしまいますが成長という名の老化です。
体が大きくなることが発達途中だということですが発達というのではなくどうかして言って大人になっていくということです。

歪みやズレ
体質改善

よくなるというのは若返るという意味だけです。
一番若い時は産まれたすぐの状態が一番若々しく一年年をとるごとに年を取っていきながら体は大きくなっていきます。
弱い部分というのは急速に老化をしていきますので老化を進めながら色々な症状を起こしていくということですね。
人は生まれつきに親からもらった遺伝子が関係していますので遺伝子というのはもう何かの弱さを持っているものなんです。

例えば親が何かの病気を持っていれば子供も病気になる可能性があるということですがどれぐらい弱いのかどれぐらいスピードがあるのかということが違います。
遺伝が関係する部分というのはクリームを塗ったりすることでも変わることはありません。
カイロプラクティックというのはアメリカから入ってきた背骨関節の矯正術です。

整体とカイロプラクティック

日本には整体というのがありましたのでカイロプラクティックと整体は同じやり方なんですが日本の正体は先生からでしに受け継がれるものでしたから広まることはありませんでした。
広まることがないうちにカイロプラクティックがアメリカから入ってきたので混乱した状態になっていますが同じようなものだと思ってもらえればいいと思います。

普通のカイロプラクティックというのはボキボキしたり電気をかけたりすることが中心だと思いますが当院ではマッサージをするような感覚で筋肉だけではなく背骨の歪みやズレ骨盤の歪みが開きを調整することができます。
何も痛い思いしなくても背骨の歪みやズレを矯正することも出来ますし骨盤を整えていくこともできます。
しかし他の先生はできることはありませんので当院のような治療というのは特殊な方に入ります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月23日

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるのは

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

腰痛を楽にしていくためには腰痛の原因になってるものから改善しないと根本的には楽になることはなく繰り返しやすくぎっくり腰にもなりやすく進行状態が多くあります。

急性状態で起きる腰の痛みというのはぎっくり腰でも捻挫ですから捻挫は3日から一週間ぐらいで回復していきます。
多くの方は知らないと思いますがぎっくり腰というのは捻挫です。
手首足首なのと同じように起きるのが捻挫ですか関節が大きいために痛みが強く体を支えている部分でもありますから痛みが強くて動けないということがありますが捻挫です。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには

しかしぎっくり腰になったということは体調が良くないということを示して警報として知らせてくれています。
これを安易に簡単に考えてしまうと腰痛やぎっくり腰が治ったとしても楽になったとしても体調やぎっくり腰起こした原因が治ったわけではなく命の危険があることもあります。
体というのは何も原因がなくて起きることはありませんが体が起こすボディーランゲージというのは痛みやこりなどの症状として警報として示してくれていますが人は簡単に考えてしまいます。

もしかしたら腰痛やぎっくり腰で起きなければ倒れてしまっている可能性もあるんです。
それほど体調が良くない時にぎっくり腰が起こります。

急性腰痛も

ぎっくり腰で死ぬことはないと思いますが体調の悪さというのは心臓にも負担を起こしている可能性もありますし血管にも問題を持っているかも分かりませんがまずはぎっくり腰として気付かせて休ませようとしているという感じですね。
ぎっくり腰などをしたらまたね違いも同じことなんですが急用取らないと大変な結果を招くこともある可能性もあります。

後ろでドクロの顔をした鎌を持った人が立っている可能性もあります。
体というのは何も原因がなくて痛みが起きたりすることはありませんので何かの原因があるということなんですが痛みさえ楽にしてしまえば治ったと思います。
原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために難しいものにな おから簡単な方法に逃げている方が多くいます。
原因なんかは調べてもわからないために見つけ出すことをしていなくて楽にする方法というのは対症療法という方法になります。

対症療法の低周波治療器や電器

 

対症療法ばかりしていると

対症療法という方法は原因なんかは関係なく楽にすることばかり中心的にしています。
楽にする治療というのは湿布を貼っても楽になることもありますしドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品を飲んでも楽になることはありますし家族の方に揉んでもらっても楽になることはあるでしょうし専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽に感じてしまうこともありますし低周波治療器や電気などの物理を用いてかけてもらっても楽になることはあります。

しかし楽にすることばかりに逃げていると原因もいつまでも同じままではいられません。
原因があるとしたら進行していくということなんですが腰痛というのは原因がしっかりとあります。
しかし多くの先生は原因を見つけ出すことはできません。

腰痛を検査する

検査をすると言うのは簡単なものではありません。
見た目で見てわかるものではありません。

足の長短だけでわかるものではありませんし足の長短を揃えれば骨盤が揃ったということもありません。
当院では足の長短を確認をしていませんので足というのは初回では違っているのが当たり前だからです。それを揃えたからといって骨盤のゆがみが取れたわけではありません。

腰痛を改善していくときにはもちろん筋肉靭帯の炎症や腫れを改善していかなければいけません。
そしてそれだけではありませんので単純に筋肉靭帯の炎症だけで治ることはありません。
その先にあるものというのは骨盤の歪みや骨盤の開きなんですが当然、腰痛ですから骨盤の歪みは骨盤の開きが起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレから腰痛に

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時に重たいものを持ったりしたら腰が痛くなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きで不安定になっている時に何かを取ろうとしたら体を支えることができないために腰が痛くなります。

骨盤の歪みは骨盤の開きがある時に車の運転をして姿勢が悪かったりすることで骨盤の歪みは骨盤の開きが拡大して大きくなっていきますので骨盤の不安定状態がさらに広がっていきますから腰痛や腰の痛みが大きい車から出ようとした時に体が伸ばせなくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると

骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときにくしゃみをしただけで腰が痛くなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに足を組んで座っているだけでも腰が痛くなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに横座りをしているだけで腰が痛くなります。

骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに布団で寝ている時に腰が痛くなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きというのは寝ても取れることはありません。

しかし骨盤の歪みは骨盤の開きだけを矯正すればいいというわけではなく、どうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きているのかという裏側に原因があります。

何も原因がないのに歪みやズレが起きることはありません。
腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みは骨盤の開きがありますが普段から骨盤の歪みは骨盤の開きは誰でも起きているものです。

歪みやズレがない方はいない

逆に歪みやズレがない方は一人もいません。
しかし程度があります。

程度というのは骨盤の歪みや骨盤の開きが軽い方もいれば、中程度の方のいれば、重症程度の方もいれば、ひどすぎる方もいるということです。

骨盤の歪みがその人にとって最大限に広がった時に腰が痛くなります。
後はきっかけが必要ですからきっかけというのは重たいものを持ったり前かがみをしたりくしゃみをしたりすることです。

この両方が重なった時に腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレから

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きを起こすのは何が原因なのかということを説明しなければいけませんのでもうしばらくお付き合いください。

人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分けられます。
弱い部分に疲れやストレスが溜まりやすくなります。

そうではない部分というのはあまり痛みやこりになることもなく関係することもなく先将来につながることもありません。
しかし弱い部分というのはそうはいきません。

弱い部分に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に多くなっていき細胞の変化を起こしていきます。
細胞が変化したものが病気の可能性が強くなります。

腰痛は腰の痛みだけでは済まない

これが腰痛と先将来の問題の関係です。
しかしなって行っている途中ではいくら病院で検査をしても異常は見つかりません。

病気になる時には半年や一年で病気になることはなく10年以上かけながら進行をしていきいつかは完成状態をします。
病気になるためには健康な細胞から一気に病気の細胞になることはありません。

ある程度完成状態を細胞が起こさないと病院で検査をしても健康だと言われます。
色々な症状というのは弱い部分に疲れやストレスが溜まっていき弱い部分の細胞が徐々に変化していき最終的には病気として完成して数値的な異常が出るまでになります。

疲れやストレスがたまりやすいところというのは例えばですけど体重が100キロの方がいて体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てきます。

腎臓疲労

腰痛になる体の構成は

体重の半分以上は水分で構成されているということですが水分と言っても単純な水ではなく血液、リンパ液だったりという水です。

水に疲れやすストレスがたまるというのは考えられませんので後残った35 kg の中に疲れやストレスが溜まりやすく問題になる部分があります。

35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系と内臓しかありません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところと考えられるのは中枢神経系も内臓の一部だと考えれば内臓と筋肉になります 。

しかし病気と言ってるわけではありませんので内臓に疲れやストレスが溜まるということが実際に起きていきますが数値的な異常は出ていないということですね。

腎臓疲労が

腰痛を起こす原因というのは腎臓疲労が原因です。
弱い腎臓に疲れやストレスがたまりやすくなると腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり骨盤を歪ませたり開いた状態をしていきます。

多くの腰痛の場合必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが存在しています。
骨盤の歪みは骨盤の開きを起こすのは腎臓疲労が原因です。

しかし腎臓が直に起こすわけではなく腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなることが原因で骨盤が歪んだり開いたりします。

大腰筋、腸骨筋の問題

腎臓に関係する筋肉というのは大腰筋という筋肉と腸骨筋という筋肉の二種類になります。
両方合わせて腸腰筋ともいいます。

この腸腰筋は腎臓に関係する筋肉ですが一旦は股関節の内側についていてもう一方は腰の腰椎5番目の骨から横隔膜のところまである筋肉です。

この筋肉が緊張したりして短くなってしまうことがありますので短くなったぶんだけ体を起こすことはできませんしその時には骨盤の歪みや開きも起きていますから体を支えることができません。

患者さんから腰痛が起きていると聞くと腎臓というのをイメージするのは当然だと思うぐらい腎臓が深く関係しています。
腰痛の方の腰の少し上の部分を触ると腎臓の位置になりますので、その位置を触ると腫れていたり炎症を起こしたりして出っ張っていることが多くあります。

腎臓が炎症起こしたり腫れたりまたはぶよぶよした状態になっているということは明らかに腰痛を起こしやすくなっているということなんですがこういう状態でも病院で検査しても数値的な異常は出てきません。

しかし実際に触ればわかることなんですが。

腎臓を触ると炎症やハレが

腰痛の方の場合筋肉や靭帯の炎症を改善できたら骨盤の歪みは骨盤の開きを整えていきなおかつ腎臓の働きを良くしなければいけません。

そのため一度で全て治ることはありませんが楽になるとは思います。
しかしそれで治ってしまったわけではありませんので弱い腎臓を強くしていかないと、もしかしたらですが先将来につながることが起きる可能性があります。

腰痛を起こしている方の多くは透析になっている場合があります。
これはあくまでも可能性ですからなると断言しているわけではありません。

しかし今は病気ではないし透析でもありません。

腎臓に疲れやストレス

腰痛を楽にしていくためにはまず楽にしていくことを優先していきます。

腰痛が楽になったらそこから体質改善という治療がありますので体質改善で弱い腎臓を強くすることができます。
腰痛が起きてしまう時には必ず体全体にも疲れやストレスが溜まっています。
疲れやストレスは弱い腎臓にだけ溜まっていることはありません。

身体全体に疲れやストレスが溜めながら弱い部分に疲れやストレスがさらに溜まっていきます。
人の体は色々疲れやストレスが溜まっていても、あらゆるところが悪いということはあまりありません。

多くの方の場合、腰痛を楽にしたらここも悪いとか言われます。
体に何かの症状が起きる時には警報だと思ってください。 警報が起きてしまった時には休養とることも必要ですが休養とっても改善しないということもあり。

なんでもかんでも休養を取ればいいというわけではなく体が回復する力があるのかということを考えなければいけません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど



北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月21日

小顔矯正になる為には

北九州市小倉南区で徳力整体院は整体とカイロプラクティックでボキボキしない矯正で30年。

当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。
小顔矯正をしていく時にはボキボキしたりすることもなく痛いこともないと思われる子顔矯正をしています。
小顔矯正をしていく時には顔を無理やり押さえつけたりすることはしていませんので安心してください。
小顔矯正をする時にはマッサージをするような感じだと思ってもらえば一番近いと思いますのでマッサージ感覚で顔を小さくすることができます。

小顔矯正

小顔矯正とは

しかしマッサージ感覚と言ってもマッサージをしているわけではありません。マッサージをするような感じで顔を揉んでいるだけで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。
しかし院長もマッサージをして顔が小さくなることはないと思っていますので院長だけができる小顔矯正なんですが本当にマッサージをしているような感じで徐々に顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をして行く時には今まで30年間で多くの方の顔を小さくすることをしていますが院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと必ず同じ答えが返ってきますので同じ答えというのは体調は悪くありませんとか調子は悪くありませんという答えなんですが検査することができますので検査をしてみると全員が骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタ状態になっている方が多くいました。

背骨のズレと小顔矯正

背骨のズ