ひどい生理痛を緩和

  • はてなブックマークに追加
  • 生理痛を改善するなら体調から上げていくことでも楽になりますが、原因は体質にありますから体質も変えていくことをしないと原因が変わりません。

生理痛になるのは、大きく分けて2つの原因があります。一つは体質です、もう一つは体調です。

生理痛がひどくなるのは、体調が関係しています。

生理痛になるのは体質が関係しています。

生理痛になるのをあきらめないで改善する事ができますが短期で変わる事はありません。

どこまで生理痛を改善する気があるのか!!です。

生理痛の場合、突き進めていく必要があります。ちょっことして変わる事もありません。マジックではありませんから簡単で変わることはありませんが、変えていかない限りは変わりませんから、この先ずっと、このままです。現状維持することも難しいのが生理痛です。

今のままの現状ですると生理痛を起こしている原因も同じままではいられません。

体質と言うのは老化と関係があります。しかし歳は、1年で1歳の歳をとることは暦暦でありますが、体は、そうはいきません。

弱い部分に多くの疲れが溜まりやすく、たまって多くなると、どこにたまるのかで、違いがありますが、生理痛の方は生理に関係する部分に多くの疲れがたまっていきます。

疲れが多くなった状態のことを体調が悪いとか、調子を落としていると言います。

自分で感じていないからと言って良いとは限りません。

自分でわからないくらい多くなっているから生理痛がひどくなっています。

生理の時の腰痛は:生理に関係する弱い部分に多くの疲れが溜まると、必ず骨盤の歪み・背骨のズレが起こります、そうすると腰痛、腰の痛みになります。

生理の時の下腹部は:下腹部が重いとは張るとかは、その位置にある内臓が関係しています。

生理痛が変化するのは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。特別なものではなく、毎日の生活や仕事や運動で増えていくモノです。

たまっていない方はいません。

これは疲れです。

疲れも多くなっていくと疲労になり、疲労から蓄積疲労になります。蓄積した疲労が骨盤の歪み・背骨のズレを大きくして、ひどい生理痛になります。

疲れは自分の体の中の弱い部分に多くたまっていきます。

生理に関係する部分が弱いために、生理がくると、生理痛がひどくなりながら進行していきます。

体質的に生理に関係する部分が弱くなければ生理痛になることはありません。

問題は疲れが溜まりやすい弱い部分ですから、弱い部分は体質的に弱い部分になりますから当院では体質改善をしています。

また、眠りが浅い方で体質的に生理痛になりやすい方もいます。眠りが浅いと脳下垂体ホルモンの問題や機能低下もありますから、イライラしたりすることや気分が落ち込んだりすることもあります。

 

女性の多くが生理痛で悩んでいる場合がありますので、生理痛の改善をするなら、どうして生理痛が起きてしまうのかということを考えなければいけませんので、生理だからといって生理痛が起きているわけではありませんので、何かの原因があるから生理痛を起こしています。

ひどい生理痛

生理痛がひどい・ひどい生理痛

毎月毎月の生理痛がひどく寝込むような酷い生理痛な方もいますので生理痛と言うと痛み止めを飲んで、しばらくしたら治ってしまうために薬ばかり飲んでいる方が多くいるんですが、生理痛には生理痛になる原因が存在するから、生理の時に生理痛になっているわけですから、原因から解消していくためにも原因を見つけ出すことをしています。

生理痛で病院を訪れても検査したりしても、何も原因がない場合があり、ホルモン系の問題だとかという感じでホルモンの薬をもらうことが多くありますので、生理痛というのは病名であって病気ではありませんので、病院では、分からないということが多くあるので、薬の処方だけになっている場合が多いようです。

生理痛とは

ひどい生理痛を緩和する為には

生理痛を緩和するためには生理痛の原因になるもの見つけ出すことをしなければ分かりませんので検査することをして状況判断をしながら確認して治療に当たっています。
生理痛というのは主に関係するのは、生理に関係する内臓が関係していますので一つ目はホルモン系でありもう二つは卵巣と子宮が関係しています。

しかし病気というわけではありませんので病院に行って検査をしてもし見つかれば病気になっているということであり、病院に行って治療を受けなければいけませんが、病院に行って検査をしても、異常なしだとか、健康だと言われたしまったら、どうすれば良いのかと言うと、当院のようなところが専門です。

病院というところは病気の専門家がいるところですから、病気になってしまったり病気として完成する前であれば検査することで病気が判明するので、治療を行うということです。

しかし、なんでもかんでも健康な細胞から、一気に病気の細胞に変化することは、一年や二年では、おこりませんので10年やそれ以上かけながら進行していくというのが病気ですから、病気として完成したものは病院に行って検査する必要があります。

生理痛と薬

生理痛と薬

生理痛が起きたら多くの方は、痛み止めの薬を使うことが多くありますので、生理痛でも最近は多くの専用の薬が売られていますから飲んでしまえば、しばらくすると痛みが楽になるということもあるかと思いますが、一時的に楽にしているだけであり、原因を見つけ出して解消しているわけではありません。

生理痛になるのは生理だからなるわけではなく何かの原因があるからトラブルを起こしてるところを見つけ出さなければいけないということなんですが多くの薬というのは一時的に症状を感じなくさせてるだけであり楽にするということよりも感じなくさせているだけだということです。

痛み止めをしているだけだから、また次の生理の時には同じようなことが繰り返し繰り返し起きているわけですから、何かの原因を見つけ出して改善していくことをすれば起こらなくなるというのが、一番の理想だと思います。
しかし簡単な方法ではありませんので短期では無理なことです。

生理痛が起きてる時にはマッサージをしたりすることでも楽になることも可能かも分かりませんがマッサージというのは筋肉に対してきているだけであり生理痛の本当の原因になるものを見つけ出すことも検査もしていませんので改善はできていません。

生理痛と下腹部痛

生理痛と腹痛

生理痛を起こす時にはか腹部の痛みや腹痛が起きることがあるんですが主にか腹部で起きるものというのは、膀胱で子宮や卵巣が入っている部分で起きている場合が多くあるので何かの問題が、そこで起きているということが言えると思います。

多くの場合はいであれば肋骨の胃のある部分で症状を感じる場合が多くありますので内臓のある部分で感じてしまうことが多くありますからか腹部というのは特に膀胱や子宮や卵巣が治っている部分ですからその部分に何らかのトラブルが生じているということが考えられると思いますが病気という理由で起きていることはないと思いますので何かが起きているのを検査することで見つけ出さなければいけません。

当院ではか腹部の部分を触らしてもらうと中の状況がわかることがあるのでか腹部の部分の下にある内臓の部分が腹膜炎を起こしていたりしっかりしなくなったり膿が溜まっているということがたまにあります。

しかしそういう状況が起きていても病院で検査しても病気ではないために分からないことがありますので確認をしながら治療をしていけばぶよぶよした、皮膚がしっかりと引き締まってくるという効果もありますので、引き締まれば 奥にある内臓の状態も改善してくると思います。

院長が触ってみて柔らかさがあれば、ご自分でも触ってもらうようにしていますので、分かってもらうと変化がしっかりとわかるので改善しやすいと思います。

腰痛、腰の痛みと生理痛

生理痛と腰痛

生理痛を起こす時に腰痛が起きてしまう方がいるんですが腰の骨の5番目と腰の骨の3番目というのは膀胱と子宮に関係する部分ですから膀胱と子宮、卵巣に関係する部分が何かのトラブルを起こしていれば不安定になったりズレを起こしていますので骨盤の歪みも伴いながら背骨のズレを起こして行きますので腰痛になります。

●腰椎の5番目は膀胱と子宮に行く神経が出るところです。
●腰椎の3番目は卵巣に行く神経が出るところです。

内臓の問題から腰椎のズレが起きたり不安定になることで腰の痛みが起こります。

生理痛の方は必ず骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていて腰椎のズレがありますので整えていくことでも腰痛は楽になっていくと思います。
後はどういう状況になっているのかという詳しいことは検査してみないと分かりません。

生理痛と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

生理痛を起こしてる方が頭痛を起こすこともありますので自律神経の働きが悪いと海流な現象を言われているんですがあることが原因で生理痛と同時に起きている問題だと思っています。

ある問題というのは自分でも気が付いていないかも分かりませんけど眠りにトラブルを抱えている可能性があるんです。

生理痛と吐き気

生理痛を起こしている時にホルモンのバランスが急激に悪くなっていくためいろいろな内臓の不調状態が現れてくると吐き気を催したりすることもありますので、ご自分の体調の悪さの関係から起きる問題です。

治療を進めてことでいろいろな問題や吐き気などは起こらなくなり出来たら生理痛が起こらなくなるぐらいまで治療進めたほうがいいと思います。

短期では難しいですが色々な関係する部分が多すぎるため整えて矯正していくためには回数がかかるということです。

生理痛とツボ

生理痛とツボ

生理痛に効くツボというのも色々なものがあると思うんですが骨盤の周辺を押すことも多くあるため改善が望まれる場合もあるんですが原因が変わっているのかなと思っていますしツボを押すというのは集中的に一定に経略を応用して押すことをしていますので内臓の刺激を加えられるということだと思いますが内臓の刺激をするよりも内臓の確認をしたほうがいいと思います。

腰痛を起こし方などに説明してましたが、腰痛を起こしてる原因は、腰椎の5番目と腰椎の3番目が原因だと言いましたが腰椎のズレを起こしたり、不安定になる原因は内臓にあると説明しましたので、内臓から解消していくことができればツボを押すことなく直接的に進めると思います。

生理痛の原因

生理痛の原因として一番に挙げられるものは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されていくものが原因なんですが根本的な原因は体質の方の弱さにあります。
生理に関係する体質の部分が弱いために毎日の生活や運動することで仕事をすることで疲れやストレスが多く溜まっていくんです。

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が生理に関係する部分であれば生理痛になり骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし背骨がずれてガタガタ状態になっていきホルモンの働きも悪くなっていくことから生理痛になっていきます。

疲れやストレスと生理痛

生理痛と疲れやストレス

疲れやストレスの蓄積というのは誰でもあるものなんですが、生理の関係する部分にどれぐらいの弱さがあるのかで、起きる程度と言うか、段階と言うか酷さが違います。

全員が一列に同じように内臓が弱いわけではありませんのでレベルと言うか深さの問題がありますのでどれぐらい悪いのかどれぐらい弱いのかという問題があるということです

疲れやストレスというのは内臓にたまっていきますので筋肉にも溜まりながら最大限内臓に多く蓄積していくため内臓の細胞自体が徐々に悪くなっていきますので疲れやストレスの蓄積が弱い部分に溜まることが原因で生理痛がひどくなっていくということが起きていまいます。

もし生理痛の関係する内臓が弱くなければひどい生理痛は起こりません

生理痛に関係する部分が弱いために疲れやストレスが溜まり疲れやストレスがたまると生理痛がひどくなるわけです。

眠りと生理痛

生理痛と眠り

生理痛と眠りというのは各関係がありますので眠りがしっかり出来ていない方が最近多くいますのでほぼ全員の方が眠りのトラブルを抱えていると言えます。

しかし多くの方は気が付いていない方が多くいますので眠りというのはどういう状況なのかということを説明していきたいと思います。

眠りというのは大脳が寝ていること = 熟睡の状態だけです。

例えば6時間から8時間睡眠時間のある方が本当に良い睡眠をしている熟睡状態の時間は30分以内です。
つまりどんなに良い睡眠をしている方も、30分しか取れないということなんですが、この30分の時間があるのか、ないのかが、寝ているのか、眠れていないのかということになります。

他人が寝ている方を見て、布団の上で目をつぶって横になっていてスースー寝息を立てていれば寝ていると勝手に思っていますが、脳の中のことを確認しなければ、本当に寝ているとは言えません。

熟睡が少しでもできていない方は、内臓の働きが全て悪く低下していて、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくありホルモン系の問題を起こしていたり、膀胱や子宮や卵巣の問題も起こしていることが考えられます。
そして眠りの浅い形は脳内ホルモンの脳内麻薬が多く出て分泌している場合もありますので、モルヒネに似た物質が痛みやコリを感じなくさせているという事も起きています。

脳内麻薬が多く出てモルヒネに似た物質ですから、自分の状態がわからなくなって限界まで悪くなった部分しか感じていないということもあるということです。

不眠症と生理痛

不眠症と生理痛

不眠症の方は夜寝ようとする時に寝つきが悪く一時間も二時間も3時間も眠れない方が不眠症です。
また多くの方が気が付いていませんが夜中に何回も目を覚ますことがあってもすぐ眠れるからと思っている方も多くいますので夜中に何回も目を覚ましてすぐ眠れても不眠症は不眠症です。

不眠症の方は体調がいいことはなく、ホルモンの働きも低下して中枢神経系のトラブルを起こしていて、中枢神経系で支配される自律神経の問題も乱れて内臓の働きが低下したり、低下しただけでは済まないことが起きていますので当然、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きく起きて背骨がズレているということは確実に起きています。

眠りが浅かったり夜中も何回も目を覚ますのに体調が良いということは変な話なんですが麻痺していれば体調が分からなくなっているため自分でも体調が良いと思っている方がいますので、こういう方は、院長が説明をしてもあんまり話を聞いてもらえないこともあります。

睡眠負債と生理痛

生理痛と睡眠負債

不眠症とは違って睡眠負債という言葉があるんですが、睡眠負債というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めることがないから寝ていると思っている方なんですが眠りがめちゃくちゃと言っていいほど浅い睡眠しかしてないので気が付いていないんです。

先ほども説明したように眠りというのは、大脳が寝ていること、つまり熟睡状態のことを言いますので、自分はどれぐらい熟睡ができていないのかということもわかっていないんです。

睡眠負債の方は夜寝ようとするとすぐ眠れて、すぐに寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的に長くなっていて、目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残りません。

こんな状態がひどい生理痛になるのは当然だと思いますのでまずは体から整えていくことをしなければいけません。

 

生理痛の治療

当院の生理痛の治療は

当院では生理痛を解消していくためにはまずは体調からあげたり整えたりすることをしなければいけないと思っていますので、まずは単純に骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正していかなければいけませんし、内臓の働きも上げていかなければいけませんし、内臓だけではなく中枢神経系の問題があれば改善していくことをしなければいけませんので、色々な分野から攻めていかなければいけないと思っています。

体質改善と

体質改善と生理痛

生理痛というのは弱い部分に疲れやストレスがたまる傾向があり弱い部分を解消しなければどんなに良い矯正をしてもまたは治療をしてもサプリメントを飲んでも薬を飲んでも効果は半減どころではないため基本的なものは体質が関係しているというわけです。

しかし体質改善というのは、すぐに出来るわけではありませんので、体を整えたり、体調あげたりして、骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正したり、背骨のズレを矯正したり内臓に溜まってしまった疲れやストレスをある程度減らしたりしなければ体質改善の矯正を進めることはできません。

 

ダルクなる

体調が悪かったり眠りが浅い方ほど治療を受けたり矯正を受けた後に、揉み返しのようなダルさやプールに入ったあとのダルさのような感じが起きることもありますので、注意しておかなければいけませんが徐々に回復することが前提でしていますので安心して受けてください。

 

生理痛

 

生理痛が起きると多くの方が薬にばかり頼っていますが、薬は一時おさえにしかなっていません。歯の痛み、頭痛、生理痛に使う薬はおおもとは痛み止めです。

生理痛には生理痛の原因が

生理痛になる方、生理痛になる時、生理痛を繰り返す方は、どうして生理痛になるのか、考えて下さい。

生理になると生理痛が起きるのは、当然と思わないで下さい。生理痛になる時には、生理痛になる原因が潜んでいます。しかし病気ではありませんから、いくら検査してみても分かりません。

普通は生理痛と言うと生理薬ばかり飲んで楽にすること、抑える事をしていますが生理痛になっている原因もいつまでも同じままではいられません。

例えばですが骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると中にある内臓は正常ではいられません。骨盤が不安定になっている時に生理がくると生理痛になる言います。

しかし骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが、どうして起きるのか、原因があります。何も原因がなくて姿勢や猫背でも歪みやズレは起こりません。

簡単に歪みやズレが起きると中には脊髄がありますから守れなくなります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になる原因があります。

生理痛の原因

疲れやストレスの蓄積

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ、あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。水と言っても血液だったり、リンパ液だったりと言う水です。

この中で疲れやストレスがたまる所は内臓と筋肉です。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

疲れやストレスは何をしても多く生み出されていきます。また、何もしなくても多くなります。

毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが、どこにたまるのか、問題は、そこなんです。

疲れやストレスは自分の体の弱い部分に多くたまっていきます。弱い部分が関節であれば膝の痛みなどになります。

内臓にも弱い部分とそうでもない部分があります。そうでもない内臓には疲れやストレスが溜まりにくく、弱い内臓には多くの疲れやストレスがたまります。

生理痛になる方は、弱い部分が子宮や卵巣、ホルモン系となった時に生理痛になりやすくなります。条件がそろった方が生理痛になります。

毎日、毎日の生活や仕事や運動で疲れやストレスが弱い内臓に蓄積していきます。子宮や卵巣、ホルモンが弱い方が骨盤の歪み・骨盤の開きになります。骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると中にある子宮や卵巣は正常に働くことができません。

これが生理痛です。

生理痛の方の下腹部を触るとブヨブヨになっている方もいます。ブヨブヨとは炎症やハレが起きていると言う事はもあります。単純に疲れやストレスが溜まりすぎて弱っているだけではないこともあります。

 

 

生理痛を改善する北九州小倉からカイロプラクティック徳力整体院