頭痛を楽にして原因も

  • はてなブックマークに追加
  • 頭痛には頭痛の原因があります。北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市の徳力整体院

頭痛がどうして起きるのか?

なぜ、頭の痛みになるのか?

頭痛の原因は?

薬ばかり飲んでいても良いのか?

頭痛薬

頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きるときには多くの方が頭痛薬ばかり飲んでいますが、頭痛薬は一時的な痛み止めです。たぶん説明にも書いてあると思います。

時々、起きる頭痛、頻発する頭痛の原因から解消する事をしています。

その為には、体を整えていかなければ進めません。体を整えていく為には体調の検査をしています。体調の検査と言うのは体調が良いのか、悪いのかの2つに別れます。

今まで初診の方は全員が体調は悪くなっていますので、良い方は一人もいません。体調が良ければ頭痛、頭の痛み、偏頭痛になることは病気の場合以外ありません。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の多くは病気ではありませんから、病気の検査をしても陽性が出ることは、まだありません。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きるときには

頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きるときには、原因がありますが、多くの方は原因を見つける事が出来ない為に薬ばかり飲んでいます。その為、進行さています。原因も、いつまでも同じままではありません。

頭痛が起きる時には、多くの場合、共通してあることが原因の場合が多くなります。共通することは本人が気が付いていないし、わかっていない事が原因の場合があります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

 

それは、眠りです。

眠れていると思う方もいるでしょうが、しっかりと説明を聞いて下さい。

寝ている本人には気が付きにくい事があります。

眠れていると思う方は夜に寝ようとすると、すぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思うでしょうが、本当に寝ていれば頭痛が起きる事はありません。

寝ていても眠りが浅い睡眠があります。眠りが浅くて夢を多く見たり、寝ていても眠りが浅い睡眠です。

布団の上やベットの上で目を閉じてスースー寝息を立てていても、恰好だけみて、人は寝ていると思いますが、眠りとは脳が寝ている事を言います。

体が寝ているモノではなく、脳が寝ている事、つまり熟睡です。

例えば6時間から8時間の睡眠時間があっても、熟睡が出来る最高に多くても30分以内だと言われています。

熟睡

この30分の時間があるのか、少ないのか、全然ないのか問題なんです。

統計を取ってみると頭痛になりやすい方の多くは、全然ない場合が多いようですが、本人が寝ている為、眠りが浅いことに気が付いていません。

夜に寝ようとすると、すぐ眠れるけど、寝ながら考え事をしている睡眠になって5時間も6時間もあるけど、目が覚める瞬間に夢を見るので勘違いしている方が多くいます。

そうすると、眠りが浅い為、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくありますが痛みやコリが起きている状況でも感じなくなっています。眠りが浅いと疲れが多くなり疲労していきますから、当然、骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。背骨のズレが大きくなると椎間板ヘルニアになっている方もいますが、痛みとして感じていません。

体調が良くて頭痛になる事はありません。それこそ、トンチンカンです。

眠りが出来ていないと最大のストレス((蓄積疲労)です

眠りが浅い

眠りが浅いと脳疲労を起こして、興奮、緊張や硬縮や、それ以上の事が起こります。それから頭痛になりやすくなります。時々、頭の痛みを起こして脳が弱っていき、弱っただけではなくなります。

 

 

当院では頭痛や頭の痛みや偏頭痛を解消するためには、まず痛みから楽にすることをしていきますが楽になったらそこから原因を見つけ出すことをしていきます。

頭痛が起きる時には必ず原因が存在しますが、多くの場合原因も圧力の関係で起きていることがありますので、圧力が上がりすぎると脳を圧迫してしまい、頭痛や偏頭痛になるということが多く見受けられますので圧力を下げてしまうと一時的に頭の痛みや頭痛が楽になることがあります。

つまり何らかの原因で脳の圧力が上がってしまったままになっているということで圧力を下げる治療をしたりすると圧力が違って脳圧の減少が起き痛みが楽になっていきます。

頭痛が続くのは

頭痛、頭の痛み、偏頭痛が続くのは

何かの原因が起きているから脳圧が高くなって、脳を圧迫しているということがありますので、脳の流れを作ってあげるためにも、老廃物を流すことから始めて脳の中に、新しい血液や酸素が入りやすい状況をしていかなければいけません。

脳にも血管から新しい血液は酸素が入って特に酸素は脳が大量に消費するといわれていますので、血流を促しとかないと、脳も緊張や興奮状態が起きたりすることがあり、圧力だけでは済まなくなる場合もあります。

しかし何かの原因があるから圧力が上がったり緊張したり興奮したりということが起きるので原因を探さなければいけないのに多くの方が薬で一時的に抑えられることがあるために原因を見つけ出すことはしていないで進行状況や悪化の結果を招いています。

頭の痛みや頭痛が続いたり繰り返したりするのは原因がありますので原因から改善しなければ薬を飲んだり頭痛薬を飲んでも効果は一時的で抑えているだけですから直しているわけではありませんので当然原因もいつまでも同じままではいられませんから進行していくということが起こります。

頭痛の原因

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因

頭痛や頭の痛みや偏頭痛が起きる時には必ず何かの原因があるから起きているわけですから原因を探すこともなく原因を考えようともしないで薬ばかり飲んで楽にすることが多く見受けられますが大変な結果を招くこともあります。

頭痛には必ず原因が存在しますので原因から見つけ出すことをしなければいけませんが多くの場合毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く満たされていくものが頭にもたまっているのが原因です。

そして毎日毎日の生活や運動や仕事をする事や精神的なものだけではなく眠りの問題というのも最近、頭痛の原因になってしまっていますので検査することをして状態を確認しながら解消していくことをしています。

頭痛と薬を服用する

頭痛、頭の痛み、偏頭痛と薬

頭痛が起きた時には薬を飲むことがあるんですが薬というのは原因なんか関係なく一時的に痛みの症状を抑えているだけですから原因たるものは変わっていませんので繰り返しやすくまた痛みになってしまえば薬を服用するという繰り返しになり繰り返している間にも原因があれば進行していくということも考えなければいけません。

何も原因がなくて頭痛や頭の痛みが起きることはありませんので何かが起きているということを考えなければいけませんが何かが起きている部分というのは脳の中で起きていることです。 しかし頭痛と同時に首の痛みや首のこりまたは肩こりが起きている場合がありますので肩を揉んでマッサージして圧力を下げてしまえば頭痛も同時に楽になることもあります。

肩を揉んだり首をほぐしたりして頭痛が楽になる場合は、圧力の関係で圧力が下がってしまって痛みが取れてしまうことがあるために勘違いして、肩こりから頭痛だとか、首の痛みや首のこりから頭痛が起きていると、逆に思ってしまっているんですが、実は別で起きている現象なんです。

圧力を下げる方法というのはマッサージをしたり首の痛みや首のコリをマッサージすることで圧力が下がってしまう結果、脳圧も下がってしまって痛みが少し解消するということで一時抑えにしかなっていません。

つまり原因は残ったままになっているということです。

一時的には薬や痛み止めを使うのは構いませんが歯の痛みは生理痛と同じで一時的に解消しているだけであり根本的な原因は残ったままになっているということを考えてください。 そして頭の痛みや頭痛の原因もいつまでも同じままではいられないため進行していくということが起きます。

頭痛と吐き気

頭痛が起きた時にはあまりにも気分の悪さから吐き気を伴って起きてしまうこともあるんですがこれも先ほどと同じように状態が良くないために圧力上がりすぎて胃の部分も気持ち悪くなっている関係から頭痛と同時に起きているということがあります。

まずは頭の痛みを抑えて体調を整えていくことつまり体を整えていくことが大切になりますのでなによりも基本的なものを忘れてしまうことはできないため、一時抑えばかりしていると本当に進行しているということが起きます。

頭痛と後頭部、前頭部、こめかみの痛み

頭痛というのは後頭部であろうと前頭部であるは、こめかみであろうと悪い部分で起こしてしまいますので起きる部分で悪さの部分が違うからだと思います。

結果的には、どこで飲ん圧が上がったり緊張や興奮状態が多くなっているのかという問題があるんですが、こめかみで問題を起こしていれば、こめかみが痛くなり、後頭部で問題を起こしていれば後頭部で痛みが起き、前頭部で問題を起こしていれば前頭部で痛みが起きるということです。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛と鍼灸

頭痛とツボ、指圧、鍼灸

頭痛と言うと頭痛に効くという、ツボを押したり指圧をしたり、鍼灸をしたりという治療法がありますがツボを押してまたは指圧をして、針を刺して圧力を下げても原因は変わっているわけではありませんので、原因から変えていかない限りはという問題があります。

頭痛と病院と外来

頭痛で病院の外来を訪れても頭痛というのは病名であって病気ではありませんので、もし色々な検査をして異常が見つかれば何かの病気になっているということで、頭痛が起きてたという結果があるんですが、多くの頭痛は病気ではない状態で起きていますので病院でいくら、どんなに検査をしても検査結果は健康だということもあります。

検査結果が健康なのに痛みが起きることはありませんので病院では病気の専門家のため病気になっていなければ分からないと考えてください。

病院の外来というのは病気の専門家ですからレントゲンを撮ったりエコを取ったり MRI を撮って異常が見つからなければ異常なしということで痛み止めの薬を処方されたりということが多くあると思います。

これは一般的な見解ですから該当しないこともあるので詳しくは病院でも聞いてください。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とマッサージ

頭痛とマッサージ

頭痛が起きた時には同時で首の痛みは首のコリや肩コリが起きてしまっている方がいますので、肩こりから頭痛だとか首の痛みや首のこりから頭痛が起きているとテレビなどでも特集で言っていることがありますので、圧力を下げて頭痛を楽にするという方法がありますが、原因が残ったままになっていますので、原因は肩こりとは別に、または首の痛みや首のこりとは別に頭に原因があります。

 

頭痛の治し方

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の治し方

頭痛の治し方は検査することでどういう状況になっているのかということを見た目では判断することができないため検査する方法を用いて状況判断をしていきます。

頭痛の形や頭痛になりやすい方または頭痛を繰り返している方はあることが多く起きていますので頭痛にも関係することや肩こりや腰痛でも関係すること又は生理痛でも関係することが多くなっているのが原因です。
あらゆるものに関係するものが体に溜まっていて体だけではなく脳にも溜まっていることが原因で起きている現象が頭痛です。

頭痛と疲れやストレス

頭痛、頭の痛み、偏頭痛と疲れやストレス

疲れやストレスの蓄積というのは毎日毎日生活や仕事をすることや運動することで多くの疲れやストレスが生み出されていくため生み出されたものが弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が頭痛を起こしていくということで痛みになります。

体には必ず弱い部分と強いというわけではありませんが、そうでもないという部分がありますので、そうでもない部分は痛みに関係することもありませんが、弱い部分はそうはいきません。
弱い部分というのは疲れやストレスをためやすくためてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きが起き背骨がズレてガタガタ状態になっていて頭の何かの問題が起きているから頭痛になっています。

自分でも気が付かないうちに弱い大脳に疲れやストレスが溜まってしまうことがきっかけで徐々に眠りのトラブルを起こしながら頭痛になりやすくなっていきます。

眠りの問題と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

眠りと頭痛、頭の痛み、偏頭痛

誰だってそうなんですが本当に眠りたいのに眠れないことが多くあったりするのは不眠症ですけど最近多くの方が睡眠負債の方が多くなっていますのでどちらも不眠症や睡眠負債になっているということを考えていない、または思っていない方が多くなっています。

眠りというのは例えば6時間睡眠時間がある方が最高に良い睡眠をしても30分の熟睡しかできていません。
つまりこの30分の熟睡ができているかできていないかで本当に眠れているのか眠れていないのかということがわかります。
しかし寝ている本人は寝ているから熟睡しているのか、していないのか、ということはわかっていません。

人というのは布団の上で目をつぶってスースー寝息を立てていれば寝ていると思っていますが脳の中まで考えていません。

脳が寝ていることが熟睡です。

脳が熟睡していなければどんなに長い時間睡眠時間を取ってもだ民にしかなりません。 人というのは寝ることで疲れやストレスを減らすことはできるんですが眠れていなければ疲れやストレスは眠ることでも多く生み出されて積み重なっていきます。
生み出されたものが積み重なるのは体にもたまりますが脳にもたまっていきます。
脳に溜まることで頭の痛み、頭痛になります。

不眠症と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

不眠症と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

不眠症というのは夜寝ようとする時に一時間も二時間も3時間も眠れなかったり寝つきが悪いのが不眠症の特徴なんです。

しかし、多くの方は、夜中に何回も目を覚ますことがあるのに、すぐ眠れるから不眠症とは思っていない方が多くなっています。

長時間、連続して眠ることができなければ不眠症です。

眠りが浅かったり不眠症になったり夜中に何回も目を覚ましたりしていると脳が、徐々に疲れやストレスを多く食べてしまい働きが悪くなっていきますので、一番やられている問題は精神的に、イライラしやすいとか物忘れが多いとかうっかりの部分が多くなってしまい、それがもっと酷くなっていきます。

不眠症の方を検査すると異常と思えるほど体調が落ちていてかなり悪くなっているんですが、本人が体の状態をそこまで感じていない場合がありますので感じていない場合は脳が弱りすぎていると、脳内麻薬が多く分泌されてしまいモルヒネに似た物質で痛みやコリが分からなくなっているということがあります。

分からなくなっていても限界まで悪くしてしまった状態で頭痛や頭の痛みは偏頭痛起こしているということが厄介な状況になっています。

睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

睡眠負債の方は夜に寝ようとする時に、寝つきが良くて朝まで目が覚めることがありませんが、眠りが浅い睡眠しかしていません。 しかし寝ている本人は寝ているから目が覚める瞬間に夢を見るから夢しか覚えていられません。

そのため寝ていると思っている方が多いようです。

不眠症の方と同じように睡眠負債の方も夜寝ようとする時に寝つきが良くて朝まで目が覚めないから寝ていると思わないでください。

睡眠作用の方は夜寝ようとする時にすぐ眠れて眠った瞬間から寝ながら考え事をし睡眠が5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ているから夢しか記憶に残っていなくて寝ていると思っています。

眠れていないからだという結果に気が付いていませんので夜、寝ようとする時に寝つきが悪く一時間も二時間も3時間も眠れないということがないために分からなくなっています。

夜、寝ようとする時に朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで、時間よりも質を気にしてください。

眠りの質というのは熟睡しているのかしていないのかということなんですが自分ではわかりません。

もし熟睡していれば頭痛や偏頭痛何か起きることもなく骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなることもなく内臓の働きが低下するということはおこりません。

頭痛の治療は

治療は

頭痛を訴えている方が、今、現在進行形で痛みのある方を改善するのは簡単な方法ではありませんが、一回でほぼ楽にすることができるんですが楽になったら体を整えていくことや原因を見つけ出すことをしなければ本当の意味で頭痛を解消することはできません。

頭痛のある方は多くの場合眠りに問題を抱えていますので眠りの問題というのが一番厄介な状況ですけどしかも大脳で痛みを起こしているということが問題になりますので、一度ですべて解消することは難しいため検査することで見つけ出すことをしながら解消していきます。

今まで頭痛で訪れた方全員の検査をしてみると眠りが浅いので異常と思えるほど体調が悪くなっているんですが自分の状態がわからなくなるぐらい体調落としていますので、体調とすということは、先ほども説明したようにモルヒネに似た物質が遅れている可能性があるので麻痺しているということがありますので急激に行ってしまうと、ご自分の体調が分かってしまうため寝込むような状況になったら大変ですから徐々に変えていかなければいけません。
少し前のテレビの特集で 脳梗塞や脳溢血を起こしている方の約半数の方が以前、頭痛を起こしていたというデータがあるそうです。
当院の院長が考えるのも、脳梗塞や脳溢血になるという断言はできませんが、可能性としては大きいと思うので大きい可能性を減らしていくことをしなければ、本当の意味で頭痛の進行を止めることは難しいと思いますので、簡単にマッサージすれば良い、肩こりを解消すれば良い、首のコリを解消すれば良いというわけではありません。

肩こりや首のこりなどをマッサージしたりして頭痛がしばらくよくても原因は残ったままになっていますので進行していくということが起きてしまうのが頭痛の怖さになります。

しかし今は仕事中かも分かりませんが完成するか完成間近にならなければ分からないしなってしまわなければ病院ではわかりませんので、進行途中というのは病気でもありませんので病院でいくら検査してもわからないということがあります。
進行する前に悪くなる前になんらかの手段を用いて改善しなければいけませんので、当院ではそういう治療の専門家です。

しかし、ある程度完成したり完成間近になってしまったら遅いので病院に行かなければいけませんから、その時には病院に行って何らかの 検査を受けてもらわなければいけません。

体質改善と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

体質改善と頭痛

当院では体質改善という治療がありますが体質改善の治療というのは悪くなったりする部分を改善して履いていくことができる唯一の治療法なんです。

一度でも頭痛が起きた方というのは、必ず何かの原因がありますので原因も、いつまでも同じままではいられませんので、結果的には大変なことになってしまうこともありますので、病気になったりしないうちに、なんらかの方法で改善をしなければいけないということで、当院ではそういう治療をしています。

当院では病気の治療をしているわけではありませんので病気の可能性がある場合はまず病院を訪れて詳しく検査してみることをお勧めしています。もし、病院に行って分からなければ原因がなければ当院が専門だと思っています。

 

 

北九州小倉からカイロプラクティック徳力整体院